初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

クレジットカードで税金って支払えるの?メリットは?

クレジットカードは、税金の支払い(納税)もできます。 クレジットカードで税金の支払いができることは、意外と知られていないようです。 クレジットカードには、お買物やレストランの支払いというイメージがありますが、公共料金や新聞代などのさまざまな支払いの他、実は税金の支払いにも利用することができます。 ここではクレジットカードで税金を納付する仕組みと、そのメリット・デメリットを説明します。

<この記事でわかること>
・クレジットカードで納付できる税金の種類。
・クレジットカードで税金を納付するメリット。
・クレジットカードで税金を納付するデメリット。
・クレジットカードでの税金の納付方法。
・クレジットカードでふるさと納税ができる。

どんな税金がクレジットカードで支払えるの?

平成28年度の税制改正(平成29年1月4日施行)で、クレジットカードによる税金を納付できる制度が創設されました。それまでも地方税は、クレジットカード納付が可能な自治体もありましたが、この税制改正で対象が国税にも広がりました。

各自治体のシステム整備により、クレジットカードで納付できる税金は多岐にわたるようになりました。ただし、まだクレジットカードの納税システムが整備されていない自治体や、納付に制限がある場合もあるので、あらかじめ自分が住んでいる地域の税務署や各市町村役場の税務課に問い合わせておきましょう。

なお税金ではありませんが、国民健康保険料や国民年金保険料、社会保険料もクレジットカードでの納付が可能です。

<クレジットカードで支払えるおもな税金>

・国税
所得税、消費税、法人税、相続税 など
・地方税
住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税、都市計画税、償却資産税、不動産取得税 など

クレジットカードで税金を納付するメリット

クレジットカードで税金を納付するメリット

クレジットカードによる税金の納付には、さまざまなメリットがあります。
項目ごとに説明しましょう。

(1)クレジットカードのポイントを貯めることができる

税金をクレジットカード納付する最大のメリットは、納付することでクレジットカードのポイントを貯められることです。

税金にはいくつも種類があり、しかもまとまった金額を納付します。トータルすると大きな金額なので、クレジットカードを利用することで、節税になっているようなものです。

(2)クレジットカードなら、24時間いつでも税金を納付できる

クレジットカードでの税金納付は、インターネット端末があれば、どこからでも行うことができます。また、税務署や金融機関で納税できる時間は、平日の日中に限られていますが、クレジットカードでの納付なら、24時間いつでもどこでも手続きができて、とても便利です。

(3)税金の支払いをカードで一元管理できる

クレジットカードで税金を納付すると、その税金の種類と金額が、クレジットカードの利用明細書に記載されます。そのため、何の税金をいつ納付したのかを一元管理することができます。

税金以外でも、普段のお買物や支払いをクレジットカードでまとめていれば、税金を含めた家計全体の収支を利用明細書で把握することができます。無駄遣いのチェックなどの支出の見直しをすることは、家計の節約にもつながります。

(4)税金の支払いで現金を持ち歩くリスクが軽減される

現金で税金を納付する場合、コンビニエンスストアや金融機関、税務署の窓口に出向く必要があります。税金の納付をクレジットカード払いにすれば、現金を持ち歩く必要がなく、もちろん、窓口まで出向く手間も省けます。

(5)分割払いができる

現金で納付する場合は、原則として一括払いとなります。しかし、クレジットカードで税金を納付する場合、あとから支払い方法をリボ払いなどにすることで、分割払いが可能になります(※)。また、1回払いでもカード会社からの請求を待つため、現金より実際の支払日が後ろ倒しになり、お金のやりくりができて便利です。
※カード会社により異なります。

クレジットカードで税金を納付するデメリット

メリットの多い税金のクレジットカード納付ですが、その反面、デメリットもあります。どんなデメリットがあるのか、項目ごとに説明しましょう。

(1)手数料が必要になる

税金をクレジットカードで納付する場合、手数料がかかります。

(2)クレジットカードで税金が支払えないケースがある

クレジットカードで税金を納付できる環境は年々進化し、クレジットカードで納付できる税金の種類も増加傾向にあります。ただしそのシステムは自治体がそれぞれ独自に整備しています。そのため、自治体によってはクレジットカードで納付できる税金が限定されていたり、そもそもクレジットカード払いに対応していない場合もあります。心配な場合は、事前に確認をしましょう。

(3)クレジットカードでの納税は領収書が発行されない

税金をクレジットカードで納付すると、個別の領収書は発行されません。支払い内容は、クレジットカードの利用明細書で確認することになります。

領収書は発行できませんが、納税証明書は発行可能な場合もあります。例えば自動車税などの納税証明書は、各都道府県の税事務所窓口で納税証明書の発行申請をすれば発行可能です。

ただし納税証明書の発行は、クレジットカードで納税の手続きをした日から日数がかかる場合があります。「車検が近いため納税証明書が早急に必要」という場合は注意しましょう。(車検時の自動車税納税確認は、確認の要・不要や確認方法が都道府県によって異なります。クレジットカードで納税をご利用の際は、あらかじめお住まいの税事務所などへお問い合わせください)。

税金の納付をクレジットカードで行う方法

税金をクレジットカード納付にするには、いくつかの方法があります。代表的な方法をご紹介します。

(1)「Yahoo!公金支払い」を利用する

「Yahoo!公金支払い」は、地方自治体の税金(地方税)や各種料金を、Yahoo!JAPANのウェブサイト上で支払えるサービスです。扱っている税金は、住民税や自動車税、固定資産税、個人事業税、不動産取得税など多岐にわたります。ウェブサイトを利用したクレジットカード決済になるので、もちろんポイントも貯まります。

「Yahoo!公金支払い」のメリットは、税金の納付通知書とクレジットカードがあれば簡単に実行できます。「ご利用ガイド」もあるので、初めての方でも安心です。
「Yahoo!公金支払い」のデメリットは、対応している自治体の数がまだまだ少ないこと。徐々に増えてはいますが、利用できる自治体はまだ限られているので、あらかじめ利用できるか確認してからにしましょう。

【参照Yahoo!公金支払い】

(2)各自治体のホームページから手続きをする

国や都道府県、市町村など自治体の専用サイトから、クレジットカードで税金を納付することができます。その一例として、東京都の事例を紹介します。

東京都では、「都税クレジットカードお支払いサイト」というサイトが運営されていて、100万円未満の税金をクレジットカードで納付することが可能です。
ここで納付できる税金は、自動車税、固定資産税・都市計画税(23区内のみ)、固定資産税(償却資産)(23区内のみ)、個人事業税、不動産取得税、その他(法人都民税・法人事業税等)です。

ただし、固定資産税・都市計画税、固定資産税(償却資産)、個人事業税の納付に口座振替を利用している人は、クレジットカードによる納付はできません。

国税をクレジットカードで納付する場合は、「国税クレジットカードお支払サイト」から手続きを行うことができます。

ここで納付できる税金は、申告所得税及復興特別所得税、法人税(連結納税)、相続税、贈与税,法人税など27種類です。
(※2018年5月現在)

(参照)都税クレジットカードお支払サイト

クレジットカードでふるさと納税がオススメ?

クレジットカードでふるさと納税がオススメ?

「ふるさと納税」も、クレジットカードで支払いができます。

ふるさと納税は、実際には都道府県や市区町村への「寄附」となります。寄附した額のうち自己負担金の2,000円を除いた額が、確定申告で所得税及び住民税から控除されるため、実質的に税金を支払っていることになります。

ふるさと納税のメリットは、税金を支払地域や使い道を自分で選べることと、返礼品として地域の特産品などが(実質2,000円で)特産品などがもらえることです。

ふるさと納税は、様々なサイトから申し込みをすることが可能です。お気に入りのサイトを見つけて手続きをとってみてはいかがでしょうか。また、カード会社によっては、ふるさと納税サイトと連携しているところもありますので、チェックしてみましょう。

【最後に】

いかがでしたか?
税金をクレジットカードで支払う場合、メリットが大きいことがおわかりいただけたでしょうか。手数料がかかることなどの注意点を考慮したうえで、税金でクレジットカードのポイントをどんどん貯めましょう!

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事