初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

カード会社が解説!クレジットカードの選び方

カード会社が解説!クレジットカードの選び方

現在、クレジットカードの所有枚数は、日本人1人あたり平均で2.5枚となっています(平成28年3月末時点 日本クレジット協会調べ)。

しかしそれでも、新社会人や学生など、まだクレジットカードを持っていない人も少なくありません。

持っていれば、何かと便利なクレジットカード。「1枚くらいクレジットカードを持っていたい」と、クレジットカードの所有を検討している人もいると思います。

しかし、クレジットカード未経験の人の中には、こんな疑問を持っている人がいるかもしれません。

・クレジットカードの選び方の基準がわからない!
・クレジットカードを持つと、何が得になるの?
・クレジットカードを持つと、不正利用されない?

そんな疑問や不安を、ここで解消したいと思います。クレジットカードの初心者にもわかりやすく、クレジットカードの選び方についてのポイントや注意点をご紹介します。

クレジットカードにはどんなメリットがあるの?

クレジットカードの選び方を考える前に、そもそもどうしてクレジットカードを持っていると便利なのかを説明します。

(1)スマートなキャッシュレス生活ができる
クレジットカードを持っていれば、お買物のたびに小銭をやりとりする必要がありません。
コンビニや家電量販店、ファミリーレストランなど、使える場所はさまざまです。
キャッシュレスで支払いができるので、現金の持ち合わせがなくても大丈夫です。

(2)クレジットカードを使えば使うほどポイントが貯まる
クレジットカードを使えば使うほど、ポイントが貯まります。そのポイントが貯まると、後々支払いに充当したり、さまざまな商品と交換できてお得です。

(3)支払いの管理を一元化できる
クレジットカードで日ごろのショッピングの支払いはもちろん、電気、水道、ガスなどの公共料金もクレジットカードで払えば、利用明細を一目で確認することができます。
毎月の利用明細を見ながら、自分の利用金額を調整することができます。

クレジットカードを選ぶ時は、まず年会費をチェックしよう

クレジットカードを選ぶ時は、まず年会費をチェックしよう

クレジットカードには「年会費」が必要なものがあります。
「えっ、クレジットカードは年会費がかかるの?」と、クレジットカードを作ることに不安を持つ人もいるかもしれません。
しかし、安心してください。クレジットカードには、その種類に応じて

・年会費が「無料」のクレジットカード
・年会費が「有料」のクレジットカード があります。

年会費が無料と有料のクレジットカードでは、何が違うのでしょうか。

(1)年会費無料のクレジットカードのメリット
年会費無料のクレジットカードのメリットは、何よりも、年会費が無料なこと。
「とりあえず1枚、クレジットカードを持ちたい」という人には、お試しという意味でも手軽に持つことができるので便利です。

(2)年会費有料のクレジットカードのメリット
年会費有料のクレジットカードのメリットは、クレジットカード特典・サービスが多いので、使い勝手が非常に良いことです。
たとえば、海外旅行などに行った時にも、旅行傷害保険がついているので、万が一のケガや病気の時に安心です。

年会費で選び方が変わる、クレジットカードの種類

クレジットカードの年会費は、クレジットカードを選ぶにあたって、とても重要です。
年会費は無料のものから数万円単位のものまで、さまざまな種類があります。
クレジットカード初心者の方に合わせて、年会費無料から10,000円までのクレジットカードでその比較をしてみましょう。

自分のライフスタイルや、クレジットカードの使い道によって申し込むクレジットカードのグレードを検討しましょう。

(1)年会費が無料のクレジットカード
年会費が無料のクレジットカードは、クレジットカードを初めて持つ人にとっては、持ちやすいかもしれません。

(2)年会費が2,000円〜3,000円のクレジットカード
年会費が2,000円〜3,000円のクレジットカードは、年会費無料のクレジットカードよりもサービスの幅が広く、なおかつ年会費の金額も低く抑えられています。
クレジットカード初心者が最初にクレジットカードを選ぶときには、ベターな選択といえます。

(3)年会費が5,000円〜10,000円以上のクレジットカード
年会費が10,000円以上のクレジットカードは、空港ラウンジや、旅行傷害保険など、よりグレードの高い特典・サービスがついています。
グレードの高いクレジットカードは、頻繁に海外旅行に行くような方やステータス重視の方には、たいへん好評です。

クレジットカードのポイント還元率も、選び方の選択肢の一つ

クレジットカードの選び方で、大きな要素の1つとなるのが、ポイント還元率です。

クレジットカードは、利用する額に応じてクレジットカードのポイントが付与されます。
貯まったポイントは支払いに充当したり、マイルやAmazonギフト券、人気の家電アイテムなど、さまざまな商品に交換することができます。

また、nanacoポイントやTポイントといった他のポイントに交換して、ショッピングなどに利用することもできます。
ポイント還元率を理解し、クレジットカードの選び方を検討することで、よりお得に賢くクレジットカードを利用することができます。

(1)クレジットカードの還元率はどれくらい?
クレジットカードのポイント還元率は、「0.5%」が一つの目安といわれています。
これは簡単にいえば、クレジットカードで1,000円使うごとに、ほぼ5円に相当する1ポイントが貯まる計算になります。

ポイントが貯めやすい、マイルが貯まるなど、ポイントの種類で選んでみるのもいいでしょう。

(2)クレジットカードの還元率よりもポイントの有効期限が重要!
クレジットカードのポイントは、貯まるまでには時間がかかります。
そのため、クレジットカードによってはポイントの有効期限が、ポイントを利用する前に失効してしまう場合もあります。

そのため、ポイント還元率にばかり注目するよりも、ポイントの有効期限もチェックしておく必要があります。
その意味では、セゾンカードの「永久不滅ポイント」など、ポイントに期限がないクレジットカードはうれしいものです。

有効期限があると、たとえポイント還元率が高くても、ポイントの有効期限が間近にせまってくると、欲しくないものでも交換するしかなくなってしまいます。
ポイントの期限がなければ、自分の好きなタイミングで好きな商品にポイント交換することができます。
ポイントの有効期限は、クレジットカードを選ぶにあたって非常に大きな要素なのです。

クレジットカードの選び方で、ポイント交換商品も気になる!

クレジットカードを利用して貯まったポイントは、カードの年会費や支払いに充当したり、さまざまな商品や、マイルなどと交換することで、より活用の幅を広げることもできます。

クレジットカードの選び方ではセキュリティやサポート体制も大切!

クレジットカードの選び方ではセキュリティやサポート体制も大切!

クレジットカードの選び方として、一つの要素にセキュリティやサポート体制があります。

初めてクレジットカードを持つような人は、クレジットカードの使い方がわからなかったり、戸惑う場面も出てくることでしょう。
そんなときに利用するカード会社のサポート体制が、自分に合っているかどうかもクレジットカード選びの一つのポイントになります。

特に、海外旅行によく行く人なら、海外でのサポートデスクを完備しているかどうかも、クレジットカード選びの重要なポイントになるでしょう。

まとめ

クレジットカードの選び方では、年会費の有無やその金額、ポイント還元率、ポイントの有効期限の有無など、そしてサポート体制などが大きなポイントになります。

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを見つけて、自分なりのクレカライフを送ってみてはいかがでしょうか。

ポイント無期限のセゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード 目的に応じてお選びいただけます!
年会費お得(初年度年会費無料・年1回利用で次年度年会費無料 
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カードはこちら

26歳まで年会費無料!
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス®・カードはこちら

圧倒的なポイント優遇!ポイント国内1.5倍、海外2倍
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードはこちら

海外旅行傷害保険付き(自動付帯)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードはこちら
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス®・カードはこちら

個人事業主・経営者様向けビジネスカード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードはこちら

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事