Credictionary

クレジットカードが不正利用されたときの対処法や紛失・盗難時の手続きを徹底解説!

クレジットカードが不正利用されたときの対処法や紛失・盗難時の手続きを徹底解説!

みなさんは、クレジットカードの不正利用について考えたことはありますか?不正利用にはさまざまな原因があり、なかには紛失・盗難などでうっかり第三者の手にわたってしまい、不正利用されてしまうこともあるのです。

ここでは、クレジットカードを不正利用される原因や対処法、もし不正利用されてしまった場合に受けることができる補償について詳しく解説します。カードの不正利用被害がいつ自分の身に起こるかは誰にもわかりませんので、万が一のためにぜひ最後まで読んでみてください。

クレジットカードを不正利用されるのはなぜ?気になる原因は

クレジットカードを不正利用されるのはなぜ?気になる原因は

カード会社から心当たりのない請求が届く、クレジットカードの不正利用。一体どのような原因で、クレジットカードは不正利用されてしまうのでしょうか?
まずは、不正利用の原因として考えられる例を見ていきます。

・盗難
・紛失
・なりすまし
・フィッシング詐欺
・ネットショッピング詐欺
・情報漏洩
・スキミング

フィッシング詐欺とは、不正利用者がカード会社や銀行、ネットショッピングサイトのふりをしてメールやSMSを送り付けて、クレジットカード番号や暗証番号、ログイン情報などを不正に入力させて情報を盗み取る行為のことです。メールやSMSで誘導される先は偽サイトで、本物のサイトとそっくりにデザインされているため注意しなければなりません。

ネットショッピング詐欺もフィッシング詐欺と同様にクレジットカード番号や暗証番号、ログイン情報などを不正に入力させて情報を盗み取る行為のことで、有名なネットショッピングサイトのふりをした偽サイトや人気商品を破格の値段で販売しているサイトに誘導してショッピングさせるという特徴があります。

スキミングは聞きなれない言葉かもしれませんが、スキミングとは、クレジットカードの磁気データを特殊な装置で盗み取り、ほかのカードにコピーして不正使用する手口です。
サウナやスポーツクラブのロッカー、飲食店の壁などに掛けた上着のポケットからクレジットカードを抜き取り、磁気データだけをコピーしてカードを戻すことで発見を遅らせる巧妙な手口です。

このように、クレジットカードを不正利用される原因にはさまざまなものがありますが、原因を理解して常に気を配っていても、巧妙な手口が多い以上誰にでも起こり得るということを覚えておく必要があります。

不正利用に注意!クレジットカードの紛失や盗難に遭ったときの対処法

不正利用に注意!クレジットカードの紛失や盗難に遭ったときの対処法

クレジットカードを不正利用される原因に、紛失や盗難があります。これらは不正利用につながるリスクが高いので、気付いた時点ですぐに正しい対処をして、不正利用を未然に防ぐことが重要です。以下では、その正しい対処手順についてご紹介していきます。

1. 紛失・盗難に気付いたらすぐにカード会社に連絡する(電話やネット)
2. 近隣の警察署や交番に遺失届もしくは盗難届を提出する
3. 警察の受理番号をカード会社に連絡する

まずは、紛失・盗難に気付いた時点で、一刻も早くカード会社に連絡をする必要があります。カード会社は、紛失・盗難に関する問い合わせ専用の窓口を設けているので、電話で申し出ておきましょう、ネットで手続きを進めることができる場合もあります。24時間年中無休で対応しているところが多いので、すぐに対処することが可能です。

紛失・盗難に遭った旨を伝えると、カード会社はクレジットカードの利用停止手続きを進めてくれます。これは、クレジットカードを手に入れた第三者がカードを使うことができないようにするためです。ちなみに、1度利用停止にした時点でこのカードは二度と使えなくなってしまうので、再発行の手続きも進めてもらうことができます。

カード会社に連絡を済ませたら、次は近隣の警察署や交番に行って、紛失なら遺失届、盗難に遭ったなら盗難届を提出します。「カードの利用停止してもらったし、警察にまで伝える必要ないのでは?」と思うかもしれませんが、遺失届もしくは盗難届を提出していないと、カード会社の補償を受けることができない可能性があるので、必ずおこなっておきましょう。

警察に遺失届もしくは盗難届を提出すると受理番号がもらえるので、再度カード会社に連絡してその受理番号を伝えます。カード会社が発行したクレジットカードが紛失・盗難に遭ってしまった以上、情報を共有しておく必要があるので、忘れないようにしてください。

また、万が一海外で紛失・盗難に遭ってしまった場合は、海外用の紛失や盗難お問い合わせ窓口が別途で設けられていることがあるのでそちらに連絡したうえで、現地の警察署や交番で届け出をするようにしましょう。

セゾンが発行するクレジットカードが紛失・盗難に遭ったら?

ここでは、セゾンが発行するクレジットカードが紛失・盗難に遭ったらどうすれば良いかを解説します。まず、紛失してしまった場合は、Netアンサーの「カード紛失のお届け・再発行のお申し込み」から手続きをするか、「紛失・盗難お届け」に記載の電話番号まで電話をする必要があります。

一方で、盗難に遭ってしまった場合やすでに不正利用されていることが判明している場合に関しては電話連絡をするようにしましょう。「紛失・盗難お届け」に記載の連絡先は24時間年中無休なので、紛失・盗難に気付いたらすぐ電話しましょう。連絡先は、以下のとおりです。

■国内における紛失・盗難お届け
0570-064-107
フリーダイヤル:0120-107-242

もし海外で盗難に遭ってしまった場合は「セゾンカード紛失受付係」に連絡する必要がありますが、連絡先は滞在国によって異なるので、ご注意ください。こちらも24時間年中無休です。

滞在国による連絡先はこちら

セゾンに連絡したら、警察署や交番への遺失届もしくは盗難届の提出、受理番号のカード会社との共有もおこなっておきましょう。

時には、手元にクレジットカードが見当たらないけれど、紛失・盗難の確証がない場合もあるかもしれません。

セゾンならそのようなとき、クレジットカードの利用を一時停止することが可能です。最長24時間は国内・海外でのショッピング・キャッシング機能がストップするので、その間にじっくり探すことができます。24時間経過すると自動的に利用停止が解除されますが、経過前でも解除申し込みをすればカード利用を再開できます。一時停止の手続きは、NetアンサーやセゾンPortalから簡単に完了するのでおすすめです。

もし24時間経過しても見つからなかったら、ここまで見てきたような紛失・盗難の手続きをとることを検討した方が良いかもしれません。

クレジットカードが不正利用されても補償を受けられることがある

クレジットカードが不正利用されても補償を受けられることがある

身に覚えのない請求があると多くの方が不正利用を疑うかと思います。しかし、このような請求があったときでも、実は不正利用ではなく勘違いというケースもあります。そこで、身に覚えのない請求があったときに本当に不正利用されたのかを見極めるためにチェックするべき3つのポイントをご紹介します。

  • ・家族が使っていないか
  • ・ご利用明細書の日付にタイムラグが生じているだけではないか
  • ・店舗名とカード会社に登録されている支払い先名が異なっているだけではないか

多くのクレジットカードでは、本会員の家族が同じ種類の家族カードを発行することが可能です。家族カードの利用分は本会員のご利用明細に記載されるため、身に覚えのない請求が実は家族カードの利用分だったという可能性もあります。家族カードを発行している方で身に覚えのない請求があった場合は、まず家族に確認してみましょう。

また、ご利用明細書には項目ごとに日付が記載されていますが、その日付は必ずしもクレジットカードを利用した日とは限りません。というのも、クレジットカードの決済処理には時間がかかるもので、実際に利用した日からかなりタイムラグが生じて処理されることがあります。

身に覚えのない請求があったら、支払い先名や利用金額などを照らし合わせてみることも必要です。このような事態に備えて、クレジットカードで支払ったときに受け取る控えを、ご利用明細書に反映されるまで保管しておくのも良いでしょう。

また、ご利用明細書に記載されている支払い先名は、実際の店舗名と異なっていることもあるので注意が必要です。知らない支払い先名が記載されていると不正利用を疑ってしまいがちですが、店舗によってはカード会社に経営会社名で登録していることもあるので、利用金額などと照らし合わせて確認することをおすすめします。

以上3つのポイントをチェックしたうえで不正利用が疑われる場合、多くのカードには不正利用発生時の保険が付帯しているため、不正利用で被った損害額の補償を受けられることがあります。セゾンでも、セゾンに連絡があった日を含んで61日前までさかのぼった分について、明らかな不正利用があった場合には補償を行っています。

不正利用の可能性が出てきたら、すぐにカード会社に連絡して不正利用があったかどうかの調査をしてもらいましょう。セゾンの場合は、クレジットカードの裏面に記載してあるインフォメーションセンターまで連絡すると、調査を進めてもらえます。

また、補償を受けるには、警察署や交番への遺失届もしくは盗難届の提出を必須条件としていることもあります。そのため、その時点で不正利用があってもなくても、紛失・盗難に気付いた時点で届け出ることが大切なのです。

不正利用による被害を最小限に抑えるためには、素早い・正しい対処が必要不可欠になるので、ぜひここまでの解説を参考にしてください。

セゾンが提供するサービス「オンラインプロテクション」

セゾンが提供するサービス「オンラインプロテクション」

セゾンでは、身に覚えのない請求のうちネット上での不正利用による損害を補償する「オンラインプロテクション」というサービスを提供しています。

ネット上とはすなわちネットショッピングのことで、調査の結果セゾンが不正利用と確認できたもののみ補償の対象になります。調査には60日程度を要することがあるので、ご注意ください。

セゾンアメックスセゾンアメックス

クレジットカードの不正利用についてのまとめ

クレジットカードの不正利用についてのまとめ

本記事では、クレジットカードを不正利用される原因や対処法、カード会社から受けることができる補償についてご紹介しました。不正利用にはさまざまな原因があり、だれもが被害者になりえるものです。

とくに紛失・盗難に関しては、その時点では不正利用の痕跡がなくても、いつかは不正利用されてしまう可能性があります。なので、クレジットカードが紛失・盗難に遭ったら、カード会社にすぐ電話やネットで連絡して、カードの利用停止と再発行の手続きを進めましょう。そうすることで、第三者による不正利用をいち早く防ぐことが可能です。

万が一不正利用されてしまった場合でも、明らかな不正利用の損害分についてはカード会社による補償を受けられることが多いです。警察署や交番への届出などをきちんと行うなど正しい対処をしていることが条件となっているので、忘れないようにしてください。

クレジットカードを持つからには、本記事でご紹介した不正利用のリスクと対処法を覚えておいてくださいね。

おすすめのクレジットカード

人気記事