クレジットカードは本人以外の使用はNG!使用した場合のリスクについても解説します

クレジットカードは本人以外の使用はNG!使用した場合のリスクについても解説します

クレジットカードは、原則、本人以外の利用が認められていないことをご存じでしょうか。クレジットカードを貸すなどして、本人以外がカードを利用した場合は契約違反となり、本来受けられる補償が受けられないなどのリスクが生じる可能性もあります。

今回は、クレジットカードを本人以外が利用できない理由や本人以外が利用するとどうなるのかを解説します。

即日発行可能なクレジットカード

クレジットカードを本人以外が使用するのはNG

一般的にクレジットカードは、申込者本人とカード会社との契約になるため、本人以外の使用はできません。

また、クレジットカードの所有権はカード保有者にあるわけではなく、カード会社にあります。

実際に、どのカード会社でもクレジットカードの利用規約(約款)に「本人以外の利用を禁止」、「クレジットカードはカード会社に所有権がある」などと明記されていることがほとんどです。

たとえば、セゾンの場合であれば、セゾンカード規約(第1章、第2条)に以下のことが明記されています。

・カードはセゾンが所有権を有している
・カード及びカード情報は会員本人に限って利用できる
・会員は、カード及びカード情報を管理し、利用する

つまり、クレジットカードの利用は、友人、知人はもちろん、家族であってもNGとなり、カード契約者本人がしっかりと管理する必要があるので、安易にカードを貸すようなことがないようにしてください。

クレジットカードを本人以外が使用する場合のリスク

クレジットカードを本人以外が利用した場合は契約に違反することになるため、本来受けられる補償などを受けられなくなる可能性があります。

一般的に、クレジットカードには紛失や盗難によって不正利用された損害額を補償してくれる保険が付帯していますが、この保険は、カード会社が調査をおこない、明らかな不正利用が認められたときのみに適用されます。

クレジットカードを貸した場合はもちろん、カードの管理が不十分である場合も、保険の適用外となる可能性が高くなるので、基本的に補償を受けることが難しくなることを覚えておきましょう。

金銭トラブルなどに発展する可能性もあるため、どのような理由であってもクレジットカードを貸すことはせずに、カードの管理をしっかりとおこなうことを心がけましょう。

ちなみに、クレジットカードの管理をしっかりとおこない、カード会社が会員に故意または過失がないと判断した場合は、不正利用による損害額の補償を受けられる可能性が高いです。万が一、紛失や盗難などによる不正利用に気がついた場合は、すぐにカード会社に連絡をおこなうようにしましょう。

家族がクレジットカードを使用した場合は?

家族がクレジットカードを使用した場合は?

家庭を持っている方などの場合は、家族がクレジットカードを利用していたというケースも考えられます。

たとえば、家族でパソコンを共有している場合など、クレジットカードの情報を記憶させてしまうと、ネットショッピングの際に家族がクレジットカードを使用したという可能性もあります。

上記のように家族がクレジットカードを利用した場合であっても、本人以外がカードを利用したことになるので、契約違反となってしまいます。このようなケースでもカード会社に返金を求めることは基本的に難しくなりますので、覚えておきましょう。

家族が勝手にクレジットカードを使用するのを防ぐには?

クレジットカードは、家族であっても本人以外の利用がNGとなるため、カードはしっかりと管理する必要があります。

家族がクレジットカードを使うのを防ぐためには、主に下記のような対処法があります。

・暗証番号を教えない
・カードは家族が手の届く場所に置かない
・カードは常に持ち歩き、管理する

基本的なことではありますが、家族であってもクレジットカードは貸さない、カードの情報は教えないということを心がけましょう。

家族内でクレジットカードを使いたいなら家族カードがおすすめ

クレジットカードは、本人以外の利用がNGとされているため、家族であっても貸すことはできません。そのため、家族内でクレジットカードを使いたいのであれば、家族カードの発行をおすすめします。

家族カードであれば、利用規約に違反することなく家族もクレジットカードを利用できますし、下記のようなメリットもありますので、覚えておきましょう。

・家族カードでもポイントが本会員と同様にたまり、ポイントは本会員と合算されるため、たまりやすい
・家族カードの利用明細、カード利用分の引き落としは本会員に一本化されているため、家族のカード利用状況を把握できる
・本会員とほぼ同等のサービス(一部利用できないサービスもあります)を受けられる

家族カードの年会費が永年無料の「セゾンパール・アメリカン(R)・エキスプレス・カード」
家族カードの発行を検討する方は、家族カードの年会費が永年無料のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

アメリカン・エキスプレスのカード会員が利用できるお得な優待情報が掲載された「アメリカン・エキスプレス・コネクト」の閲覧が可能です。

また、ネットショッピングの際は、会員専用の「セゾンポイントモール」を経由することで最大30倍の永久不滅ポイントを獲得することも可能です。インターネット上での不正利用に対して補償を受けられるオンライン・プロテクションが付帯しているので、安心かつお得にネットショッピングを楽しむことができます。

家族カードであれば、このような特典が無料で利用できるので、申込みを検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、本会員の年会費は、初年度無料、通常1,100円(税込)となりますが、年1回以上のカード利用で翌年度の年会費が無料になります。

セゾンパールセゾンパール

クレジットカードの本人以外の使用についてのまとめ

クレジットカードは、本人以外の使用がNGとされているので、カードの管理はカード契約者がしっかりとおこなう必要があります。

本人以外がクレジットカードを使用した場合は、契約違反となってしまうため、本来受けられる補償などを受けられなくなってしまう可能性が高くなるので、注意しましょう。

また、家族内でクレジットカードを使用したいときは、家族カードの発行がおすすめです。セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、家族カードが年会費永年無料で発行できますので、家族カードの発行を考えている方は、ご検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事