初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

コンビニでクレジットカード使えるの?

コンビニでクレジットカード使えるの?

クレジットカード払いなら、コンビニが24時間もっと便利に! 毎日使うコンビニでクレジットカードを使えたら、便利そうですよね。 ちょっとお腹がすいたとき。ちょっと喉が渇いたとき。ちょっと雑誌を買いたくなったとき…。コンビニは、24時間いつでも気軽に使える“便利=convenience ”な存在です。そんなコンビニで、クレジットカードが使えることを知っていますか? 使ってみれば意外なほど簡単で、一度使ってみたら止められないほど便利です。 コンビニでクレジットカードを使うメリットや注意点などをまとめてみました。

<この記事でわかること>
・コンビニでクレジットカードが利用できる。
・クレジットカードが使えるコンビニチェーン。
・コンビニでクレジットカードを使えば小銭いらず。
・コンビニでクレジットカードを使えばサインレスでスピーディー。
・コンビニでクレジットカードを使うのは恥ずかしい?
・高額なお買物ではサインが必要なことも。
・クレジットカードでは一部購入できない商品がある。
・コンビニと連携したクレジットカードなら、ダブルでポイントが貯まる!

コンビニの支払いでクレジットカードを利用できるの?

コンビニの支払いでクレジットカードを利用できるのか。結論から言えば、一部のローカルチェーンを除き、利用できます。いわゆる大手のコンビニでは、利用に関しては何の心配もいりません。

<クレジットカードが利用可能な主なコンビニチェーン>

・セブン–イレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・サークルKサンクス
・デイリーヤマザキ
・セーブオン(ローソンに転換中)
・スリーエフ(ローソン・スリーエフ)
・セイコーマート
・ポプラ

コンビニでクレジットカードを利用するメリット

コンビニでクレジットカードを利用するメリット

コンビニでクレジットカードを利用するメリットは、たくさんあります。どんなメリットがあるのか、一つひとつ説明しましょう。

(1)小銭を持ち歩かないで済む

コンビニでのお買物といえば、ソフトドリンクやお菓子、アイスクリーム、雑誌など、比較的少額の商品がメインです。たまたま紙幣(お札)しか持ち合わせていないときは、会計でお札を崩すことになり、たくさんの小銭で財布が膨れるのは、どうも見た目がよろしくありません。

そんな悩みを解決してくれるのが、クレジットカードです。コンビニでの支払いをクレジットカードに切り替えれば、現金払いよりもはるかにスマートにお買物できます。

(2)サインレスでスピーディー!

コンビニでクレジットカードを利用する場合、よほど大きな金額でない限り、サインの記入や暗証番号の入力は必要がありません。会計時、お釣りのやり取りなどの手間が不要になるので、現金払いよりもはるかにスピーディーな支払いができます。レジが混んでいるときや、急いでいる時などには、時間短縮になるのでたいへん便利です。

(3)クレジットカードのポイントが貯まる!

コンビニでクレジットカードを利用すれば、使った金額に応じてクレジットカードのポイントを貯めることができます。

1回だけならわずかな額にしかなりませんが、日常的にコンビニを利用するなら、知らず知らずのうちにポイントが貯まります。

(4)おサイフケータイ(Apple Pay、Google Pay)と連携できる

スマホをおサイフケータイとして使えば、コンビニのショッピングがさらにスマートになります。

iPhoneならApple Pay、AndroidならGoogle Payにクレジットカードを登録すれば、スマホ本体だけでコンビニの支払いを済ますことができます。小銭はおろか、クレジットカードの持ち歩きすら不要になるので、たいへん便利です。

また、カード会社によっては各種新規入会キャンペーンを行っているので、チェックしてみてください。

コンビニでクレジットカードを利用するデメリット

コンビニでクレジットカードを利用する上でのデメリットは、正直あまり存在しません。「強いて言えば」というレベルのデメリットです。

(1)コンビニでクレジットカードを出すのが恥ずかしい

「100円や200円のドリンクやアイスを買うのに、クレジットカードを出すのはあまりに大げさ」。「カッコつけてると思われたらイヤ」。そんな恥ずかしさから、コンビニでクレジットカードを使うことをためらう人がいます。しかしクレジットカードの普及により、今では少額の支払いでもクレジットカードの利用をためらわない人が増えてきています。コンビニのスタッフからも、お釣りを用意するより楽だと評判です。

また、クレジットカードの利用に関しては、日本よりも外国の方がはるかに進んでいます。外国では、犯罪防止のためにそもそも現金を取り扱わない「クレジットカード専用」のお店も少なくありません。

(2)高額のお買物ではサインが必要になる

コンビニでクレジットカードを使うときは、数百円単位の少額というケースがほとんどでしょう。しかし、たくさんお買物をする機会もあります。

通常はサインレス決済のコンビニですが、一定以上の金額を超えると、クレジットカードのお買物にカード名義人本人のサインが必要になります。

(3)クレジットカードの支払いは1回払いのみ

コンビニでクレジットカードを利用する場合、1回払いのみとなります。分割払いやリボ払いはできません。もちろん、リボ払いに支払いを変更することもできます。コンビニで高額のお買物をする場合は、注意しましょう。

(4)コンビニではクレジットカードで購入できない商品がある

コンビニで取り扱っている商品は、すべてクレジットカードで支払えるわけではありません。一部の商品は、クレジットカードで支払いができないので、あらかじめ現金や電子マネーを用意しておく必要があります。

<クレジットカードで支払うことができない主なコンビニの商品>

・プリペイドカード(クオカード、iTunesカードなど)
・切手やはがき、年賀状、収入印紙など
・各自治体指定のゴミ袋

コンビニと連携したクレジットカードなら、ポイントも連携取得!

コンビニと連携したクレジットカードなら、ポイントも連携取得!

コンビニでクレジットカードを利用した場合、クレジットカードのポイントが利用金額に応じて貯まります。

セブン–イレブンではnanacoを、ファミリーマートではTカードを、ローソンではPontaカードを提示してカードで支払えば、両方のポイントが貯まります。

ちなみに、セゾンカードなら事前にカード番号を連携させることで、nanacoの提示がなくても両方のポイントが貯まるサービスがあります。

【まとめ】

いかがでしたか?コンビニのクレジットカードに関する記事は以上ですが、コンビニでクレジットカードを利用すると、たくさんのメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

今までコンビニでクレジットカードを利用していなかった人も、ぜひ試しに利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事