【クレジットカードのことならCredictionary】

陸マイラーにおすすめのマイルの貯め方を解説!効率よく貯まるクレジットカードも紹介

陸マイラーにおすすめのマイルの貯め方を解説!効率よく貯まるクレジットカードも紹介

陸マイラーの方にとって、マイルをいかに効率的に貯めるかは非常に重要です。

普通にマイルを貯めるよりも効率よく貯められる方法があるならば、ぜひとも実践したいところでしょう。

また、マイルを貯める際や貯めたマイルを交換する際に、注意すべきことについても把握しておく必要があります。

本記事では、陸マイラーの方の効率的なマイルの貯め方や、クレジットカードでマイルを貯める際の注意点、陸マイラーの方におすすめのクレジットカードについても紹介します。

陸マイラーとは飛行機に乗らずマイルを貯める人のこと

一般的にマイルは、飛行機に乗ることで貯まります。

しかし、クレジットカードの中には支払いをすることでマイルを貯められるものと、貯めたポイントをマイルに交換できるものがあります。

クレジットカードを日々の生活で利用して、飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを、「陸マイラー」と呼びます。

陸マイラーのマイルの貯め方

陸マイラーの方が効率的にマイルを貯める方法としては、マイル還元率が高いクレジットカードを利用したり、ポイントサイトを利用したりします。

それぞれの方法について、以下で説明します。

マイル還元率が高いクレジットカードを利用する

クレジットカードによって、支払った金額に対してマイルが貯まる割合である「マイル還元率」は異なります。

マイル還元率が0.5%のクレジットカードと1.0%のクレジットカードで、それぞれ100万円の支払いを行ったシミュレーションをしてみましょう。

マイル還元率が0.5%のクレジットカードの場合、100万円×0.005=5,000マイルになります。

マイル還元率が1.0%のクレジットカードの場合、100万円×0.01=10,000マイルが貯められます。

効率よくマイルを貯めたいのであれば、マイル還元率が高いクレジットカードを利用することが重要です。

ポイントサイトを利用する

カード会社はそれぞれ、自社のカードを利用することでお得にポイントを貯められる「ポイントサイト」を設けています。

所有しているクレジットカードの発行会社が運営しているポイントサイトを利用して、支払いもクレジットカードで行うことで、通常の何倍ものポイントが貯められることが多いです。

マイルはポイントから交換することが多いので、ポイントが貯めやすければその分マイルも貯まりやすくなります。

ポイントサイトでは日用品なども購入できることが多いので、日々の生活に必要なものをポイントサイトを経由して購入するだけで、ポイントがどんどん貯まっていきます。

セゾンでもセゾンポイントモールというポイントサイトを運営しており、最大で通常の30倍のポイントを貯めることが可能です。

貯めたマイルの主な使い道

貯めたマイルにはさまざまな使い道がありますが、主な使い道としては以下のようなものが挙げられます。

・特典航空券に交換
・座席のアップグレード
・電子マネーのポイントに交換

それぞれの使い道について、説明します。

特典航空券に交換

マイルの使い道としてもっとも代表的なのは、特典航空券との交換です。

お得にフライトが可能な特典航空券は国内線にも国際線にも設けられているので、自分の乗りたい路線の特典航空券と交換すると良いでしょう。

フライトの距離が長くなるほど、特典航空券との交換に必要なマイル数も多くなります。

JALのマイルとANAのマイルで交換できる路線、および交換に必要なマイル数は異なります。

座席のアップグレード

マイルを利用して、座席のクラスをエコノミー→ビジネスやビジネス→ファーストといったようにアップグレードさせることも可能です。

座席を予約するタイミングでアップグレードすることも、フライト当日にアップグレードすることも可能ですが、利用する便や座席によってはアップグレードに対応していない場合もあります。

座席のアップグレードを検討している場合は、アップグレードに対応している便や座席かどうかを、あらかじめ確認しておきましょう。

電子マネーのポイントに交換

マイルを電子マネーと交換することで、より汎用的に利用できます。

マイルの種類によって交換できる電子マネーは異なるため、JALのマイルとANAのマイルで交換できる電子マネーの種類および必要マイル数を、一部以下に示します。

・JALのマイル
電子マネー 必要マイル数
Suica10,000円相当 10,000マイル
dポイント10,000ポイント分 10,000マイル
TOKYU POINT10,000ポイント分 10,000マイル

・ANAのマイル
電子マネー 必要マイル数
楽天Edy10,000円分 10,000マイル
Tポイント10,000ポイント分 10,000マイル
ヤマダポイント10,000ポイント分 10,000マイル

JALとANAのマイルで、どちらを貯めて、どのように利用するか決められない場合は交換レートや、交換できるポイントの種類などを判断基準に考えるのがおすすめです。

クレジットカードでマイルを貯める際の注意点

クレジットカードでマイルを貯める際の注意点としては、「マイル移行手数料がかかる場合がある」「マイル移行上限がある」ということが挙げられます。

それぞれの注意点について、以下で説明します。

マイル移行手数料がかかる場合がある

ポイントをJALのマイルに交換する場合の手数料はかかりませんが、ANAのマイルを貯めるためには移行手数料を支払わなくてはならないクレジットカードがあります。

マイル移行手数料はクレジットカードによって異なりますが、おおよそ5,000円~6,000円前後になります。

移行手数料が気になる方は、移行手数料がかからないクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

マイル移行上限がある

マイルに移行できるポイントには年間で上限が設けられており、上限以上のポイントをマイルに移行することはできません。

マイル移行上限は、ANAのマイルかJALのマイルか、オプションサービスを利用しているかどうか、などによって異なります。

生活の中で普通にマイルを貯めている程度では、上限をオーバーすることはほぼありません。

しかし、高額な買物をして一気にポイントが貯まったような場合などは、移行上限には注意しておいたほうが良いでしょう。

陸マイラーのクレジットカードの選び方

マイルが貯まるクレジットカードや、貯まったポイントをマイルに交換できるクレジットカードはいくつもあります。

それらの中から発行するカードを選ぶ際には、以下に挙げるような点に着目して比較検討すると良いでしょう。

・マイル(ポイント)還元率
・年会費
・付帯サービス

それぞれについて、説明します。

マイル(ポイント)還元率

上述したように、マイル(ポイント)還元率が高いクレジットカードのほうが、同じ金額の支払いを行った場合にたまるマイル(ポイント)が多くなります。

そのため基本的には、マイル(ポイント)還元率が高いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

ただし、マイル(ポイント)還元率が高めのクレジットカードは、年会費が発生する傾向にあります。

年会費と貯まるマイル(ポイント)のバランスや、付帯サービス・特典などを比較したうえで、判断しましょう。

年会費

年会費が発生するカードは、1年に1回維持費として年会費を支払う必要があります。

カードを利用する立場としては、年会費の支払いがないほうが良いかもしれません。

しかし、年会費が発生するクレジットカードのほうが、マイル(ポイント)還元率が高かったり、付帯サービスや特典が充実していたりする傾向があります。

年会費を支払っても十分な特典や付帯サービスがあれば、年会費が発生するクレジットカードを選ぶのも良いでしょう。

付帯サービス

クレジットカードにはさまざまなサービスや特典が付帯されていますが、その中には日常生活の中で役立つものも多々あります。

クレジットカードに「マイルを貯める」以外の機能を求めるのであれば、どのような付帯サービスや特典があるかは、比較する際の重要なポイントです。

例として、セゾンカードに付帯しているサービスや特典の一部を、以下に挙げます。

・優待ショップでの割引&サービス
・旅行傷害保険
・ショッピング安心保険
・国内空港ラウンジサービス
・カーシェアリングサービスの優待
・海外アシスタンスサービス

同じカード会社が発行しているカードでも、カードによって付帯しているサービスや特典が異なる場合があります。

発行を検討しているクレジットカードにはどのようなサービスや特典が付帯しているか事前に確認しておきましょう。

陸マイラーにおすすめのクレジットカード

陸マイラーの方には、JALのマイルをためたい方もいれば、ANAのマイルを貯めたい方もいます。

JALとANA、それぞれのマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードを、以下で紹介します。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は11,000円(税込)で、初年度は年会費無料で利用できます。

高い還元率が特長で、国内では通常の1.5倍、海外では通常の2倍の永久不滅ポイントが貯められます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、永久不滅ポイントが自動的にマイルに交換されるサービス「SAISON MILE CLUB」に年会費4,400円(税込)で加入できます。

移行上限マイルは150,000マイルです。登録期間内に上限マイルに達した場合、次年度更新まではマイル移行は停止し、永久不滅ポイント(1,000円につき1ポイント)がたまります。

SAISON MILE CLUBは一部のカードでしか加入できないサービスです。通常、セゾンカードの支払いでは永久不滅ポイントが貯まりますが、SAISON MILE CLUBに加入することで、永久不滅ポイントが自動的にJALのマイルに交換されます。

ためられるマイルはショッピング1,000円(税込)につき10マイルなので、例えば100万円を本カードで支払うことで、10,000マイルのJALのマイルがたまります。

さらに永久不滅ポイントも、2000円(税込)で1ポイント貯まるので、とてもお得なクレジットカードです。

付帯する海外・国内の旅行傷害保険は、適用条件を満たすことで、どちらも最高5,000万円まで補償されるので旅行時も安心です。カード会員だけでなく家族に対する補償も備わっています。

また、本カードを提示するだけで国内の主要空港のラウンジが無料で利用できるので、フライト前の時間を落ち着いた空間で過ごせます。

海外の空港でもラウンジを利用したい場合は、世界的なラウンジサービスである「プライオリティ・パス」の通常年会費429米ドルかかるプレステージ会員に、優遇年会費の11,000円(税込)で登録可能です。

セゾンカード会員専用の旅の予約・問い合わせデスクであるtabiデスクを利用することで、大手旅行会社のパッケージツアーが最大8%オフで申し込めるので、海外旅行・国内旅行ともにツアー旅行をお得に楽しめます。

アメリカン・エキスプレス・コネクトでの会員限定の優待や、一休プレミアサービスの「プラチナステージ」を体験できる優待などを利用すれば、生活のステージがワンランク上に上がったように感じられるでしょう。

カード自体の年会費およびSAISON MILE CLUBに加入するための年会費と、付帯しているサービスや特典のバランスが非常に良いので、JALのマイルをためたい方にはおすすめの1枚です。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、お得な特典やサービスが多数付帯したカードで、年会費は22,000円(税込)です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード同様に、国内では通常の1.5倍、海外では通常の2倍の永久不滅ポイントが貯まります。

本カードでも、「SAISON MILE CLUB」に年会費無料で加入できるため、とても大きなメリットと言えます。

付帯する海外・国内の旅行傷害保険は、適用条件を満たすことで海外旅行で最高1億円、国内旅行で最高5,000万円が補償され、本会員の家族も海外・国内で最高1,000万円まで補償されます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード同様に、本カードを提示するだけで国内の主要空港のラウンジが無料で利用できるだけでなく、プライオリティ・パスのプレステージ会員にも無料で登録可能です。

ほかにも、プラチナカードならではのものとして、以下のような特典やサービスが付帯しています。

・コンシェルジュ・サービス
・プレミアムホテルプリビレッジ
・Tablet Hotels
・セゾンプレミアムゴルフサービス
・セゾンプレミアムセレクションbyクラブ・コンシェルジュ

JALのマイルをためたい方にとっては、SAISON MILE CLUBに年会費無料で加入できるという点が非常におすすめです。

そのほかの付帯サービスや特典も非常に充実しているので、JALのマイルをためつつプラチナカードならではの特典やサービスを利用したい方には、ぜひ検討してほしいカードです。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカードは、カード利用でポイントの代わりにマイルを貯められるカードで、年会費は1,650円(税込)です。

本カードの基本的なマイル還元率は0.5%ですが、オプションサービスである「マイルアップメンバーズ」(年会費税込5,500円)に登録することで、最大で1.5%のマイル還元率で利用できます。マイルアップメンバーズによるマイル換算は、年間(毎年3月4日~翌年2月4日お引落とし分)30,000マイルが上限です。

貯められるマイルはユナイテッド航空の「マイレージプラス」のマイルですが、このマイルには有効期限が設けられていないので、自身のペースでマイルを貯められます。

ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスに加盟している航空会社なので、ANAのマイルとの相互利用が可能です。

国内旅行傷害保険は付帯していませんが、海外旅行傷害保険は適用条件を満たすことで最高3,000万円まで補償されます。

国際ブランドをVisa・Mastercard・American Expressから選ぶことができ、国際ブランドをAmericanExpressにすると、2年目以降継続時にサンクスマイルとして500マイルが付与されます。

高いマイル還元率で利用するためにはマイルアップメンバーズに登録する必要がありますが、それでも年会費の合計は7,150円(税込)です。リーズナブルな年会費でマイルを効率よく貯めたいという方には、おすすめのクレジットカードです。

おすすめのクレジットカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカードは、最大で1.5%という業界最高水準の還元率で、ポイントの代わりにマイルを貯めることができ、年会費は22,000円(税込)です。年間獲得マイルに上限はありません。

貯めたマイルはユナイテッド航空やANAなど、スターアライアンスに加盟している航空会社の特典航空券などと交換できます。

獲得したマイルには有効期限が設けられていないので、好きな特典航空券と交換できるマイル数になるまで、自身のペースでマイルが貯められます。

旅行傷害保険は適用条件を満たすことで海外・国内ともに最高5,000万円を補償され、本会員の家族も海外・国内で最高1,000万円まで補償されます。

本カードは、国際ブランドをVisa・Mastercard・American Expressから選べますが、国際ブランドをAmerican Expressにすると、2年目以降継続時にサンクスマイルとして1,500マイルが付与されます。

また、国内主要空港のラウンジを無料で利用可能です。

非常に高いマイル還元率でマイルを効率よくためることができ、American Expressの場合は毎年自動的にマイルが付与されます。国際ブランドにこだわりがない場合はAmerican Expressを選ぶのがおすすめです。

おすすめのクレジットカード

MileagePlusセゾンプラチナカード

MileagePlusセゾンプラチナカードも、最大で1.5%という業界最高水準の還元率で、ポイントの代わりにマイルを貯めることができ、年会費は55,000円(税込)です。

本カードで貯められるマイルも、ユナイテッド航空の「マイレージプラス」のマイルなので有効期限がなく、加算マイルの上限もありません。

貯めたマイルはユナイテッド航空やANAなど、スターアライアンスに加盟している航空会社の特典航空券などと交換できます。

また、2年目以降のカード継続で5,000マイルがプレゼントされ、空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」の利用パスを、毎年2枚(118米ドル分)進呈されます。

旅行傷害保険は適用条件を満たすことで海外・国内ともに最高1億円を補償してくれます。本会員の家族も海外・国内で最高1,000万円まで補償されます。

ほかにも、プラチナカードならではのものとして、以下のような特典やサービスが付帯しています。

・コンシェルジュ・サービス
・プレミアムホテルプリビレッジ
・Tablet Hotels
・セゾンプレミアムゴルフサービス
・セゾンプレミアムセレクションbyクラブ・コンシェルジュ

マイルを貯めることに特化したクレジットカードでありつつ、便利な特典やサービスも多数付帯しているので、ANAを利用する機会が多い方におすすめです。

おすすめのクレジットカード

まとめ

まとめ

陸マイラーの方が効率的にマイルを貯めるためには、マイル(ポイント)還元率が高いクレジットカードを利用したり、カード会社が設けているポイントサイトを有効活用したりすることが重要です。

マイル(ポイント)還元率が高いクレジットカードでは年会費が発生する傾向にあるので、マイル(ポイント)還元率・年会費・付帯している特典やサービスなどを総合的に判断して、発行するカードを選びましょう。

セゾンではJALのマイルをためたい方、ANAのマイルを貯めたい方、それぞれにおすすめできるカードを取り扱っているので、どちらのマイルを貯めたい場合でもぜひご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事