初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

クレジットカードのポイント還元率とは!

クレジットカードのポイント還元率とは!

クレジットカードはポイント還元率が重要! クレジットカードを利用すると、利用金額に応じて、お得に使える「ポイント」が貯まります。 そのポイントの貯まる割合は「ポイント還元率」によって決まります。クレジットカードのポイント還元率はどれくらいなのか。どれくらい利用すれば、どれくらいのポイントが貯まるのか。クレジットカードのポイント還元率についての知識を正しく把握していれば、クレジットカードをさらに上手に使いこなすことができます。 今回は、クレジットカードのポイント還元率を理解することで、効率のいいポイントの貯め方などについて、紹介していきたいと思います。

<この記事でわかること>
・クレジットカードのポイント還元率を理解しよう!
・クレジットカードのポイント還元率の基準とは?
・クレジットカードのポイントを上手に貯める方法とは?
・クレジットカードのポイント還元率よりも、有効期限に注意!

クレジットカードのポイント還元率を理解しよう!

今までクレジットカードを持ったことがない人にとって「ポイント還元率」という言葉自体、なじみがないものだと思います。

まずは、クレジットカードのポイント還元率について理解しましょう。

クレジットカードを利用すると、その金額に応じてポイントが貯まります。貯まったポイントは、支払いに充当したり、マイルやAmazonギフト券、人気家電など、さまざまな商品に交換したりできます(つまり、利用者に利益が“還元”されます)。

いくらクレジットカードを使えば、いくらポイントが還元されるのか。それは、クレジットカードの種類などによって異なります。それを数値化したのが、「ポイント還元率」と呼ばれるものです。

クレジットカードのポイント還元率は、一般的には0.5%が平均的といわれています。これは、クレジットカードの利用額から、0.5%が利用者に還元されるということ。つまり、200円分のクレジットカード利用なら、1円分のポイントが貯まります。同様に、1,000円分のクレジットカード利用なら、5円分のポイントが貯まるということになります。

1回ごとのカード利用額に対するポイントは少なく感じても、年間の利用額をトータルすると、たくさんのポイントが貯まります。

例えば、年間で、50万円分のクレジットカード利用をするとします。
上記にあげた金額で計算してみると、0.5%のポイント還元率として
500,000円×0.5%=2,500円
と、なります。

なお、ポイント還元率の表記の仕方は、クレジットカードによって異なります。
ここで問題です。AクレジットカードとBクレジットカードはどちらがお得でしょうか?

Aクレジットカード 1,000円の利用で1ポイント(1ポイント=5円相当)
Bクレジットカード 200円の利用で1ポイント(1ポイント=1円相当)

正解は「同じ」。この2つのクレジットカードのポイント還元率は、実は両方とも0.5%です。

クレジットカードのポイントを上手に貯める方法

クレジットカードのポイントを上手に貯める方法

今までご説明したとおり、クレジットカードのポイントは、ポイント還元率に応じて、使えば使うほど貯まります。とは言え、まとまったポイントを貯めるには、かなりの利用額が必要になります。では、ポイントを上手に貯めるには、どうしたらいいのでしょうか?

それは単純に、クレジットカードの利用額を増やすことです。ここで誤解していただきたくないのは、無駄遣いを増やすということではありません。毎月必要な出費(固定費等)の支払いを、クレジットカードに集約するということです。

日常的なお買物などの用途以外に、携帯電話料金や新聞代、そして電気・ガス・水道代といった公共料金などの支払いにもクレジットカードを利用すれば、その支払い金額分のすべてが、クレジットカードのポイント対象になります。

例えば、毎月必ず支払う、公共料金の固定費を例に取りましょう。ここでサンプルにあがるのは、電気代、ガス代、水道代、携帯電話料金の支払いなどです。

一人暮らしの人で、ポイント還元額を0.5%と設定しても
・電気代年間=約40,000円=40ポイント
・ガス代年間=約40,000円=40ポイント
・水道代年間=約20,000円=20ポイント
・携帯電話料金年間=約96,000円=96ポイント

これだけでも、年間で約1,000円分のポイントが貯まる計算になります。もちろん、ファミリー世帯の料金帯での計算になれば、さらにポイントが貯まることになります。

さらにいえば、世帯ごとに衛星放送やインターネットのプロバイダ料金など、さまざまな固定費があると思います。それらをすべて、クレジットカード決済にするのです。

固定費をクレジットカード払いにしておくと、支払日がまとめられるので、口座にお金を入れておくのを忘れた!という心配もなくなります。また、毎月の利用額が利用明細書に記載されるので、管理がしやすいといったメリットもあります。

毎月かかる出費といえば、食費も家計の大きな比重を占めるものです。スーパーマーケットのお買物や、レストランでの食事など、食費をなるべくクレジットカードで支払うようにすれば、ここでもたくさんのポイントを貯めることができます。

例えば、1人暮らしで毎月食費に30,000円使うとすると、年間で、360,000万円の食費が必要です。それをポイント還元率0.5%のクレジットカードで支払うと、年間1,800円分のポイントが貯まります。これがファミリー世帯なら、それ以上の額になります。

なお、クレジットカードによっては、特定のスーパーマーケットやお店と提携しており、クレジットカードと提携しているスーパーマーケットで購入することに決めておけば、よりたくさんのポイントを貯めることができます。

こういった一つひとつの支払いを積み重ねれば、年間で考えると、まとまったポイントになります。貯まったポイントで「1年に1度のご褒美」を実現すると考えて、その日を楽しみに貯めるのもいいものです。

クレジットカードのポイント還元率よりも、ポイントの有効期限に注意!

クレジットカードのポイント還元率よりも、ポイントの有効期限に注意!

クレジットカードのポイント還元率は、当然ながら高い方がお得です。最近では、一般的な0.5%よりも高い1%や、それ以上のポイント還元率を謳うクレジットカードも出てきました。

しかし、クレジットカードのポイント還元率にばかり注目して、見落としてしまいがちな点もあります。それは「ポイントの有効期限」です。

クレジットカードのポイントを貯めるには、ある程度の時間が必要です。その一方で、クレジットカードのポイントには、有効期限が設定されているものが少なくありません。ポイントの有効期限を忘れて、せっかくのポイントをムダにしてしまうケースもあるわけです。

また、有効期限がある以上、ポイントはその期限内に利用しなければなりません。その結果、一定以上のポイントが貯まりにくく、結局は期限間際になって慌てて必要のない商品と交換してしまう、という状況にもなり兼ねません。

【まとめ】

この記事で、クレジットカードの還元率について理解は深まりましたか?クレジットカードのポイントは、何となく意識しているだけでは損をしてしまいます。

クレジットカードのポイント還元率はもちろん、その有効期限にも着目しましょう。自分に最適なクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事