【クレジットカードのことならCredictionary】

ETCカードとは?利用方法や割引制度を解説し年会費無料で作れるカードも紹介します

ETCカードとは?利用方法や割引制度を解説し年会費無料で作れるカードも紹介します

ETCカードとはどのようなカードなのでしょうか。車に乗る機会が少なく、ETCカードを持つ必要はないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかしレンタカーやカーシェアを利用する際など、自分用にETCカードを一枚持っていると便利です。

この記事ではETCカードの作り方や利用方法、メリット、注意点だけでなく、ETCカードを発行するにあたりおすすめのカードもご紹介します。これからETCカードを作ろうか悩んでいる方はぜひお役立てください。

【ETCカードのメリット】セゾンパール・アメリカン・エキスプレスR・カード Digitalのご紹介

ETCの概要

ETCとは高速道路や有料道路での料金支払いシステムであり、「Electronic Toll Collection System」の頭文字をとってETCシステムと呼ばれています。

ETCシステムを利用する一番のメリットは「スムーズな料金支払い」です。

ETCカードを車載器に挿入しておくことで、高速道路や有料道路の料金所などに設置されているアンテナと通信が行われ、通過時に、料金が自動で支払われます。

従来の支払い制度と異なり料金所で停車する必要のないETCシステムは、料金所周辺の渋滞緩和・目的地へのスムーズな移動などを可能にしています。

ETCとETC2.0の違いは何?

ETCは2001年から現在までサービスが続いていますが、2015年には「ETC2.0」に対応したカーナビ、車載機の販売が開始されました。

ETC2.0とは、料金収受システムと運転支援情報システムを複合させた新たなプラットフォームです。

従来のETCシステムが持つ料金支払い機能に加え、車線規制などの道路交通情報、渋滞情報などを音声や映像で共有してくれます。

ETC2.0はETCと比較して大量の情報を送受信できるようになっており、渋滞対策や交通安全対策だけでなく、料金施策や物流支援など、幅広い道路政策への活用が期待されています。

ETCカードの特長と作り方を種類ごとに解説

従来は、有料道路を走行する際は料金所で都度停車する必要がありましたが、ETCシステムが登場してからは、ETCカードを車載器に挿し込んでおけば停車せずに利用できるようになりました。

また、一部の有料道路では、深夜割引・休日割引などの各種割引を受けることも可能です。こうした利便性やお得な施策を目的に、ETCカードは全国で発行・活用されています。

発行・利用できるETCカードの種類は「ETC専用カード」「ETCパーソナルカード」「ETCコーポレートカード」の3つです。それぞれのカードの特長をご紹介します。

ETC専用カード

ETC専用カードはクレジットカード会社が発行するETCカードで、クレジットカードに申し込む必要があります。クレジットカードを発行する際には審査が行われ、無事に審査に通ればクレジットカードの追加カードとして、ETCカードを発行できます。

ETC専用カードは、ETCパーソナルカードとくらべ比較的短期間で発行が可能なため、ETCカードをすぐに利用したい方におすすめです。通行料金は、一般的にカード利用分とまとめて請求されます。

作り方
すでにクレジットカードを持っているという場合は、そのカードの追加カードとしてETCカードを申し込みすることが可能です。

まだクレジットカードをお持ちでない方は、セゾンの場合インターネットでお申し込みするかセゾンカウンターでカード発行の手続きと同時にお申し込みができます。

以前はETCカード機能をクレジットカードに搭載した、「一体型ETCカード」というものがありましたが、現在では新規の発行はされていません。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは高速道路6社が共同で発行するETCカードで、有料道路通行料金の支払いに特化したカードです。年会費は1,257円(税込)、クレジットカードの発行が必要ないかわりに、デポジット(保証金)の預託が必要となります。

デポジットの金額は平均利用月額の約4ヵ月分が推奨されており、最低金額は20,000円です。デポジット額の80%までが、有料道路を利用できる限度額となります。

作り方
以下どちらかの利用申込書に必要事項を記入のうえ、ETCパーソナルカード事務局あてに郵送します。

・ETCパーソナルカードWebサービスにて作成した「ETCパーソナルカード利用申込書」
・サービスエリアなどのコンシェルジュカウンターで用意している「ETCパーソナルカード利用申込書」

ETCパーソナルカード事務局にて利用申込書の内容を確認したのち、デポジット振込みのご依頼書が郵送されます。同封されている払込取扱票を確認して、最寄りの郵便局取扱窓口やコンビニエンスストアにてデポジットを振込みましょう。

デポジットの入金が確認でき次第、ETCパーソナルカードが郵送されます。申し込みからカード発行までの期間は、審査やデポジットの入金が速やかに行われた場合で、約1ヵ月です。

ETCコーポレートカード

ETCコーポレートカードとは、東/中/西日本高速道路株式会社がETCの利用を前提とした大口・多頻度割引制度のために事業者向けに発行するカードです。車に搭載されている車載器にETCコーポレートカードを挿入することで、ETCゲートをノンストップで通過できます。

なお、ETCコーポレートカードには車両番号が登録されるため、1枚のETCカードで複数の車両を使いまわしたり、レンタカーで利用したりはできません。

作り方
ETCコーポレートカードの申込書は、各高速道路会社のホームページよりダウンロードできます。申込書に必要事項を記入して、窓口となる会社に提出。窓口となる会社が申込内容を確認します。

次に、郵送されてくる結果通知書にならって、支払い保証の書類を返送すると、窓口の会社が確認後に、ETCコーポレートカードを郵送してくれます。カードを受け取ったら、カード受取書を返送して、利用開始となります。

ETCカードを利用するメリット

料金所で現金で有料道路の通行料金を支払うのではなく、ETCカードを利用して決済するメリットを3つご紹介します。

①高速道路の料金所での支払いがスムーズ

ETCカードの大きなメリットは、何といっても料金所での支払いが簡単でスムーズになることです。

ETCカードを利用すれば、料金所の入口で通行券を受け取る必要も、出口で通行券を出して支払いを行う必要もありません。減速してETCレーンを通過するだけで通行料金の清算ができるので、料金所前で小銭を用意する必要はありませんし、料金所の係員と現金をやりとりする手間も省けます。

また、ETC利用照会サービスを活用すれば、支払情報を後からインターネットで確認できる点も魅力です。

最大15ヵ月前までの利用明細を確認できるので、個人の収支管理や企業の経費管理にも役立てることができるでしょう。

②ETC割引が受けられる

ETCカードには、さまざまな割引制度があります。

例えば、NEXCO3社(東日本、中日本、西日本)が設定するETC限定の高速料金割引プラン「ETC周遊割引」を利用すれば、対象となるエリア内の高速道路を定額料金で利用可能です。

高速道路の乗り降りが何度でも自由にできる割引となっているので、エリア内の観光名所を巡る際に役立つでしょう。

「ETC周遊割引」には、周遊エリア内が乗り放題となる「周遊パス」と、さらに対象とされる発着エリアから周遊エリアまでの往復料金も含まれる「発着プラン」の2種類が存在します。

利用する割引がどちらにあたるかは、各高速道路会社のホームページでチェックできますので、お出かけ前にご確認ください。

また、「休日割引」や「深夜割引」を利用すれば、条件を満たすことで、30%割引を受けることも可能です。なお、詳しいETC割引の内容は後述の「高速道路のETC割引制度について」をご確認ください。

③ポイントが貯まる

ETCカードの利用には、ポイントが貯まるメリットもあります。

例えば多くのETC専用カードでは、ETCカード利用分に応じて各クレジットカードのポイントが付与されます。貯まったポイントはギフト券や家電商品などと交換でき、とてもお得です。

付与されるポイントは各クレジットカードのポイント還元率で異なるため、ポイント還元率の高いカードを選択すると、よりお得に有料道路を利用できます。

また、後述する「ETCマイレージサービス」に登録を行えば、走行距離に応じてETCマイレージが貯まり、クレジットカードのポイントとマイルの2重取りが可能です。

なお、ETCマイレージサービスに登録可能なETCカードは、セットアップしたETC車載器1台につき原則1枚となっています。

一方で、クレジットカードのポイントは発行しているETCカードの支払い全てで付与されます。例えば、ご家族で複数台の車を運転する際にも、それぞれの支払いでポイントを獲得可能です。

専用ポイント「ETCマイレージ」について

ETCマイレージサービスとは、有料道路の利用金額に応じてポイントが貯まるサービスのことです。ETCマイレージサービスへの登録は無料であり、年会費もかかりません。

貯まったポイントは「無料走行分」(還元額)として、通行料金の支払いに利用可能です。

ETCマイレージサービスの実施・運営は、以下の5社が共同で行っています。

● 東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)
● 中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)
● 西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本)
● 阪神高速道路株式会社
● 本州四国連絡高速道路株式会社

なお、上記5社が管理する道路だけではなく、さまざまな地方道路公社が管理する道路でも、ポイント付与や還元額利用の対象になります。

ただし、ポイントは道路事業者ごとに貯まり、基本的に付与率は道路事業者によって異なることにご留意ください。

例外的にNEXCO東/中/西日本および宮城県道路公社の間ではポイントが合算されますが、それ以外の道路事業者間では合算を行えません。また、複数のETCカード間でポイントの合算を行えないことにも注意が必要です。

ポイントの有効期限(還元額に交換できる期間)は、ポイントが付いた年度(4月から翌年3月まで)の翌年度末までです。

なお、交換後の還元額には有効期限が存在しません。期限を気にせず活用できるので、獲得したポイントは早めの交換がおすすめです。

ETCカードの利用方法

ETCカードの利用方法

ETCを利用するには、ETCカードを持っているだけでは不十分です。ここからはETC専用カードを利用するまでの流れについて解説します。

①クレジットカード会社またはETCカード発行事業者に申し込む

クレジットカードを作っても、自動的にETCカードが発行されるわけではありません。別途、クレジットカード会社にETCカードの発行を申し込む必要があります。詳しい申し込み方法は前述のとおりです。

②ETC車載器を購入する

ETCカードを利用するには、ETC車載器が必要です。ETC車載器が車に搭載されていない場合はカー用品店やインターネットから購入しましょう。なお、レンタカーにETC車載器が搭載されている場合は、お手持ちのETCカードを挿入して利用できます。

③ETC車載器のセットアップをする

ETC車載器を利用するには、使用する車両情報を暗号化して登録する「セットアップ」が必要です。セットアップでは、不正利用防止など高度なセキュリティ処理を行う必要があるため、個人では行えません。ETC車載器を購入したお店やセットアップ取扱店で、取り付けと一緒にセットアップもしてもらいましょう。

④ETC車載器にETCカードを挿入する

ETCカードとETC車載器の組み合わせは自由。レンタカーやカーシェアの車載器にご自身のETCカードを挿入して使用できます。そのため車を持っていない方でも、ドライブや旅行などでレンタカーやカーシェアを利用する際に、ETCカードを一枚持っておくと便利です。

高速道路のETC割引制度について

高速道路には、ETCカードを利用することで、割引される制度があります。例えば、NEXCO東日本が行っているETC割引や各種割引は以下の通りです(2021年8月現在)。

● 平日朝夕割引
● 休日割引
● 深夜割引
● ETC2.0割引
● ETC 外環道迂回利用割引
● ETC アクアライン割引
● 関越特別区間(水上~湯沢間)のETC料金
● 大口・多頻度割引
● 障がい者割引

さまざまな割引制度がありますが、上記のなかでも多くの人が利用できそうな3つの割引について、紹介していきます。

平日朝夕割引

平日6時~9時、17時~20時まで、毎月(1日~末日)の対象走行回数により、区間の最大100km相当分までの通行料金を最大50%分還元する割引制度です。対象はETCマイレージサービスへ登録した方となります。

休日割引

土曜、日曜、祝日の終日、通行料金が30%割引される制度です。対象車種は普通車や軽自動車など(二輪車)に限定されているため、ご注意ください。

深夜割引

毎日0時~4時まで、通行料金が30%割引される制度です。対象は全ての車種となっており、0~4時の間にNEXCO3社または割引対象道路を走行すると適用されます。

ETC割引の具体的な金額

「ETC割引の制度があることはわかったけど、実際にはいくらお得なの?」と思われているかもしれません。そこで、ここからは具体的な事例を取り上げて説明していきます。

例えば、深夜1時に東京ICから静岡ICまで、東名高速道路を走行したケースを考えてみましょう。

車種は普通車です。このケースでは「深夜割引」が適用されるため、通常4,300円かかる通行料金が、ETC割引で3,010円となります。1,290円お得になる計算です。

とくに土日、祝日を利用してドライブや旅行に行く場合、対象車種には休日割引が終日適用されるため、大きな割引を受けられます。高速道路の利用が多い方にとって、ETCカードはメリットの多いカードです。

ETCカードを利用する際の注意点

ETCカードを利用する際は、以下の2つの点に注意しましょう。

①車を降りる時に必ず抜く

ETCカードは精密機器です。盗難防止の観点以外にも、車内など高温下でのETCカードの保管や放置は、カードに変形や故障が生じ、機器の誤動作、またはカードが使用できなくなる原因となりますので、車から離れるときはETCカードを必ず車載器から取り出して管理しましょう。

ETCカードを車載器に差し込んだままにしていたなどの利用者の過失が原因の場合は、損害を補償してもらえないこともあるので、注意が必要です。

セゾンのETCカードが盗難・紛失した場合は「セゾンカード紛失受付係(0120-107-242)」に相談しましょう。

②有効期限が切れていないか確認する

ETCカードにもクレジットカード同様に有効期限があり、有効期限はクレジットカード会社によって異なります。

有効期限切れのETCカードを利用した場合、ETCレーンの発進制御バーが開かなくなるため危険です。しかも有効期限切れカードを車載器に挿入しても、挿入時点ではエラーとならない場合があります。

特にETCカードの使用頻度が少ない方は、気付かないうちに期限が切れていたということがないよう、使用前には必ず有効期限を確認しましょう。

クレジットカード会社発行のETCカードの選び方

クレジットカード会社発行のETCカードの選び方

クレジットカード会社発行のETCカードを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

年会費が無料かどうか

カード会社発行のETCカードには年会費がかかるものと年会費無料のものがあります。年会費無料のものを選ぶと維持費がかからないため、普段はあまりETCカードを使う機会が少ないものの、いざという時のために持っておきたいという方におすすめです。

セゾンのETCカードは、どのクレジットカードに追加発行する場合も年会費が無料です。

発行手数料が必要かどうか

カード会社によっては、ETC専用カードを発行する際に1,100円(税込)の手数料が必要になる場合があります。この手数料が不要であれば、初期費用を抑えられます。

今持っているクレジットカードのETCカードには発行手数料がかかるのかを確認し、少しでも費用を抑えたいという方は年会費や発行手数料がかからないクレジットカードを新たに発行するのを検討してみてもいいかもしれません。

付帯特典が充実しているかどうか

クレジットカードに付帯している特典も大切なチェックポイントです。旅行傷害保険やレンタカー割引優待など、安心してお得に旅行を楽しむ特典が付帯しているものがあります。

またカードによっては、ガソリンスタンドやスーパーなど普段よく利用するお店のポイントアップ特典や割引特典が受けられるものも。自分のライフスタイルに合った特典が付帯しているクレジットカードを選んで、その追加カードとしてETCカードを作るのがおすすめです。

年会費無料でETCカードを発行できるおすすめのクレジットカード

ETCカードの発行を考えている方におすすめなのがセゾンのETCカードです。セゾンカウンターならETCカードの即日発行が可能。貯まるのは永久不滅ポイントなので、ポイント失効の心配がありません。さらに本カード1枚につき、5枚まで年会費・発行手数料無料でETCカードの発行が可能です。

ETCカードを発行するにあたり、おすすめのセゾンカードをご紹介していきます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

年会費は初年度無料、2年目以降1,100円(税込)のところ、年1回以上の利用で翌年も年会費無料で利用できるカードです。ETCカードを年1回の利用でも翌年の年会費が無料になります。年会費・発行手数料無料でETCカードを発行でき、1,000円(税込)の利用ごとに1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが貯まります。

また、QUICPay™の支払いで3%相当(※1)のポイント還元が受けられる点も魅力です。QUICPay™はガソリンスタンドやコンビニ・スーパーなどさまざまな場所で使え、日々の支払いがお得となります。

25歳未満の方は、条件を満たすことで、対象コンビニにてQUICPay™利用で2%相当アップし、合計5%相当の還元が受けられます。その条件としては、セゾンカードのスマホアプリ「セゾンportal」の画面下にある「セゾンクラッセ」のボタンを押して登録するだけです。25歳未満の学生の方や社会人の方は、ぜひ活用しましょう。

さらに、新型プリウスやSUVなどをシェアできる「カレコ・カーシェアリングクラブ」を、優待価格で利用できます。

その他、アメリカン・エキスプレスの会員限定優待「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用できるなど、付帯特典も充実しています。

なお、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは「ナンバーレス デジタルカード」です。審査完了後最短5分で、スマートフォンにカード番号や有効期限など決済に必要な情報(デジタルカード)が届きます。契約後すぐにショッピングやキャッシングを利用でき、とても便利です。

後日、ご自宅へは券面にカード番号や有効期限の記載がないナンバーレスカードが郵送されます。ナンバーレスカードはICつきのクレジットカードとして利用できます。

普段のお買い物だけでなく、カーシェアリングもお得に利用できるセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital。ETCカードとしても、普段使いのカードとしてもおすすめの1枚です。

(※1)1ポイント=約5円相当の商品と交換した場合です。
(※2)セゾンカード感謝デーのご利用は永久不滅ポイント付与の対象外です。

セゾンパールセゾンパール

セゾンカードインターナショナル

年会費永年無料。クレジットカード、ETCカードともに最短即日発行対象のカードです。1,000円(税込)利用ごとに1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが貯まります。

セゾンカードインターナショナルを持っていると、交通事故のケガ補償や24時間365日のロードサービスなどが付帯する保険「Super Value Plus」に加入可能です。月々わずか300円からで充実したサポートが受けられます。

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

ETCカードのよくある質問

最後に、ETCカードに関するよくある質問を紹介します。ETCカード利用の際にご活用ください。

1枚のETCカードは複数の車で使用できる?

ETCカードは1枚のカードを複数の車で利用できます。家族の車やレンタカー、カーシェアリングした車などにも使用可能です。ETCカードを車載器に挿入しご利用ください。

バイクでもETCカードは利用できる

二輪車でもETCカードは利用可能です。

二輪車でETCカードを利用する際には、防水・防塵・耐振動性を有する「二輪車専用ETC車載器」を購入しましょう。

また、セットアップ時に個人情報の登録、規定書類への承諾が必要になります。

ETCカードはいつ車載器に挿入すればよいのか?

ETCカードは乗車後、走行を始める前に挿入しましょう。走行中、とくにETCゲート通過直前の挿入は危険です。ETCカードを挿入し忘れた場合は、前後を確認し安全な場所に駐車したうえで挿入してください。

ETCゲートで開閉バーが開かなかったらどうすればいいのか?

万が一、ETCゲートで開閉バーが開かなかった場合は、そのまま緩やかに停止しハザードランプを点灯してください。

その後、安全を確認したうえでETCレーンに設置されているインターホンや呼び出しブザーで係員に連絡しましょう。決して車をバックさせないようご注意ください。

まとめ

ETCカードを利用すると、有料道路を利用する際に料金所のたびに停車して現金のやり取りをする手間がなくなります。支払いがスムーズになり、時間の節約につながります。

また、ETC専用カードと紐付いているクレジットカードのポイントや、ETCマイレージサービスのポイントが貯まり、各種ETC割引(深夜割引・休日割引・周遊割引など)も受けられるため、お金の節約にもなります。

ETCカードはどの車載器にも対応できるため、車を持っていなくてもETCカードを持っていれば、レンタカーやカーシェアを利用する際に便利です。

セゾンのクレジットカードなら、本カード1枚につき複数枚のETCカードを発行手数料無料・年会費無料で追加発行できます。車に乗る機会が少ない方でも、いざという時のためにETCカードを持っておいて損はないでしょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事