【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードの引き落とし日とは?締め日との違いや支払方法の変更のしかたを解説

クレジットカードの引き落とし日とは?締め日との違いや支払方法の変更のしかたを解説

クレジットカードの引き落とし日や締め日はカード会社ごとに定められており、それぞれの意味をきちんと理解したうえでのスケジュール管理が大切です。それぞれが何を意味しているのかを理解していないと、うっかり支払いを滞納してしまう恐れもあります。

そこで本記事では、クレジットカードの引き落とし日について詳しく解説していきます。紛らわしい締め日との違いや、引き落とし日に備えるためのご利用明細の確認方法もご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

クレジットカードの締め日と引き落とし日の違いは?

クレジットカードの締め日と引き落とし日の違いは?

クレジットカードの利用料金の支払いにあたっては、「締め日」および「引き落とし日」というふたつの節目を意識してください。毎月の支払金額を把握・調整するのに役立つので、それぞれの意味を正確に理解しましょう。

発行カード会社が異なるクレジットカードを複数枚保有している方は、カードごとに締め日や引き落とし日が違う場合があるので、より管理に気を配る必要があります。

締め日とは「支払金額が決定される日」

クレジットカード会社は利用者に対して、1ヵ月に1度、請求を行います。請求金額(支払金額)を決定するためには、例えば「16日から、翌月15日まで」などと期間を区切って利用料金を集計しなければなりません。「締め日」とは、利用金額を集計する期間の最終日を指します。

例えば、締め日が6月15日の場合、7月16日以降の利用分は次の締め日(8月15日)に支払金額が決定されることにご留意ください。締め日は1ヵ月ごとに到来しますが、カード会社によって10日、15日、月末など設定日が異なるので利用規約を確認しましょう。

セゾンカードの締め日は以下の通りです。
■ショッピングの締め日:毎月10日
■キャッシングの締め日:毎月末日

なお、締め日は、土日祝日に重なっても変更されません。また、締め日の直前に利用した分については、店舗からカード会社への請求処理が実行されるまでにタイムラグが生じた場合、翌月の支払金額に含まれる可能性があります。

引き落とし日とは「決定された金額を支払う日」

引き落とし日とは、決定された請求金額を支払う日のことで、「支払日」「返済日」と呼ばれることもあります。カード会社ごとに異なる日付が設定されているので利用規約をご確認ください。

例えば、「締め日が月末、引き落とし日が翌月15日」というカードで「6月1日から6月30日までの期間に5万円分、7月1日から7月15日までの期間に3万円分」の買い物をした場合、7月15日に引き落とされる金額は6月1日から6月30日までに利用した「5万円」となります。7月に入ってからの利用分は、「7月末が締め日、8月15日が引き落とし日」となるので、7月15日には引き落とされません。締め日直後にカードを利用すると、利用分の引き落としを1ヵ月以上先に延ばすことが可能です。

ちなみに、セゾンカードの引き落とし日は以下のようになっています。

■ショッピングの引き落とし日:締め日の翌月4日
■キャッシングの引き落とし日:締め日の翌々月4日

なお、締め日と異なり、銀行の営業日の都合上、引き落とし日が土日祝日に重なった場合は翌営業日に変更されることにご留意ください。

クレジットカードの引き落とし日にお金がないときの対処法

もしかしたら今後、引き落とし日や支払日までにお金を用意することができない場面もあるかもしれません。

残高不足によって引き落としが出来なかったまま放置していると支払遅延となり、クレジットヒストリーに傷がついてしまったり延滞金が発生してしまったりすることがあります。最悪の場合、クレジットカードが利用できなくなってしまう可能性もあるので、早めに正しく対処することが大切です。

セゾンのクレジットカードの場合は、カード裏面に記載のあるインフォメーションセンターに連絡をします。もし引き落とし日までに支払金額を用意することができない場合は、その事実が判明した時点ですぐに連絡して、その旨を伝えるようにしましょう。

締め日に決定した支払金額を見て不安を感じたときは、まずはリボ払いへの変更を検討し、それでも厳しそうならカード会社に連絡をして、適切に対処するようにしましょう。

セゾンカードは引き落とし日前にリボ払いに変更可能

締め日に決定された支払金額を見て「思ったよりも請求額が多かった」「今月は厳しいかも…」などと感じることがあるかもしれませんが、セゾンのクレジットカードには「あとからリボ」(リボ変更)というサービスがあるのでご安心ください。支払金額決定後でも、1回払い・2回払い・ボーナス一括払いで支払った分に関してはリボ払いに変更可能です。

なお、支払金額が未確定の場合は毎月14日まで、確定している場合は毎月23日ごろ(※)までであれば、Netアンサーやパーソナルアンサー、セゾンPortalからお手続きいただけます。

(※)正確な受付期間はセゾンの公式サイトでご確認ください。

クレジットカードの利用明細を確認する方法

クレジットカードの利用明細を確認する方法

クレジットカードの利用明細をこまめに確認する習慣をつけておくことによって使いすぎを防ぎ、引き落とし日にお金を用意することができないといった事態を防ぐことができます。

締め日になってから支払金額を確認するのも良いですが、支払遅延のリスクを抑えるためにも、ここでは一般的なクレジットカードの利用明細を確認する方法をご紹介します。以下は、多くのクレジットカード会社で提供されている利用明細を確認する手段です。

■紙の明細書
■Web明細

カード会社によっては、紙の利用明細書の送付が有料になっているケースがあります。セゾンの場合は無料ですが、「紙の明細書」と「Web明細」のいずれか一方のみ利用可能となっていることにご留意ください。

セゾンでは、インターネット経由の確認手段として「Netアンサー」と「セゾンPortal」の2種類が存在します。「Netアンサー」はセゾンカード会員をサポートする便利なインターネットサービスで、パソコンやスマートフォンから24時間いつでもどこからでも簡単に利用可能です。また、スマートフォンをお持ちの方なら、セゾンの公式アプリである「セゾンPortal」からも簡単にチェックできます。

「Netアンサー」や「セゾンPortal」では締め日以降の確定済み利用明細3ヵ月分と締め日以前の未確定の利用明細2ヵ月分を確認できますが、それ以上の期間の利用明細を確認したい場合はインフォメーションセンターやセゾンカウンターにお問い合わせください。なお、直近2年以上前の利用明細については「開示請求書」によって申請しなければなりません。

このほか、セゾンでは、締め日以降の当月確定済みの請求額については電話(パーソナルアンサー)で確認することも可能です。パーソナルアンサーはカードに関する情報照会や変更について24時間音声自動ガイダンスで対応するサービスで、請求額照会のショートカットキーは「1100#」となっています。

セゾンカードはアプリ内のカレンダーで締め日などを管理できる

セゾンのクレジットカードを保有している方には、公式アプリ「セゾンPortal」の利用をおすすめします。「セゾンPortal」を使えば、アプリ内にあるカレンダーで締め日や引き落とし日を一目で把握することが可能です。また、支払方法の変更やポイント交換の手続きも簡単に実行できます。

ちなみに、セゾンから発行されているクレジットカードのなかにはアプリ内にデジタルカードを発行できるものがあり、その場合は締め日や引き落とし日だけでなくカード番号もアプリ上で一括管理できるので便利です。

お得な特典やポイント制度を活用できる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード digital」

セゾンが発行するデジタルカードのなかで特におすすめの1枚は、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード digital」です。審査が完了してから最短5分で「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行されるので、すぐにオンラインショッピングでご利用いただけます。初年度の年会費は無料で、2年目以降の年会費は1,100円(税込)です。ただし、前年に1回でも利用があれば翌年の年会費が無料になります。

なお、カードを紐付けたQUICPay™を使ってショッピングをするとお得です。永久不滅ポイントが通常の6倍(税込1,000円につき6ポイント)付与されるため、1ポイント=5円相当のアイテム(Amazonギフト券など)と交換した場合、支払金額(税込)の3%相当が還元されることになります。

さらに、25歳未満の方は、セゾンクラッセの25歳未満限定特典を併用できます。こちらの特典は、利用分の請求月の前月までに「セゾンPortal」内の下部メニュー「クラッセ」をタップし、「クラス・スコアを確認」することで対象者となります。セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートで買い物をした際の還元率が2%相当上乗せされ、合計で5%相当の還元率になる(通常の10倍の永久不滅ポイントが付与される)ので、25歳未満の方はぜひご活用ください。

セゾンパールセゾンパール

まとめ

まとめ

クレジットカードの引き落とし日とは、1ヵ月ごとにクレジットカードの利用金額を締め切って決定された支払金額が、銀行口座から引き落とされる日のことです。利用金額を締め切る日のことは締め日といいます。引き落とし日も締め日もカード会社によって異なり、引き落とし日に関しては銀行の稼働が必要になるため、土日祝日に重なった場合は翌営業日などに変更されることがある点に注意しましょう。

なお、利用明細をこまめに確認して、利用金額や締め日、引き落とし日を把握しておけば、「残高不足によって支払いができない」という事態を回避できます。万が一、「予想よりも請求額が多くて、今月は支払いが厳しい」と感じる場合は、リボ払いへの変更もご検討ください。セゾンでは、「あとからリボ」(リボ変更)というサービスによって、支払金額決定後でも、1回払い・2回払い・ボーナス一括払いで支払った分に関してはリボ払いに変更できます。

ちなみに、セゾンが会員向けに提供している公式アプリ「セゾンPortal」を使えば、カレンダーで締め日や引き落とし日といった情報を一目で把握することが可能です。「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード digital」のように「セゾンPortal」内にデジタルカードが発行されるものなら、カード番号もスマートフォンで一括して管理できます。

QUICPay™で支払うと3%相当が還元されたり、セゾンクラッセの25歳未満限定特典を併用すると還元率が5%相当になったりするので、「スマホひとつで管理したい」「ショッピングで永久不滅ポイントをたくさん貯めたい」という方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード digitalの申込みをぜひ検討してください。

おすすめのクレジットカード

人気記事