クレジットカード決済の仕組みや流れとは?メリットや支払いのフローを解説!

クレジットカード決済の仕組みや流れとは?メリットや支払いのフローを解説!

クレジットカード決済に関して、仕組みを正確に理解できていない方もいらっしゃるかと思います。普段からカードを利用している方でも、具体的なカード決済のメリットを知っておくとより有効活用できる場面が増えるでしょう。

そこで本記事では、クレジットカードの決済に関して以下について解説していきます。

・クレジットカード決済の特徴と仕組み
・クレジットカード決済のメリット
・カード決済を利用する際の注意点
・これからカードを発行したい方におすすめのクレジットカードの紹介

本記事を読むことで、カード決済の仕組みやメリットについて理解できるようになるでしょう。現金払いでなく、カード決済を利用した方がお得になるイメージが明確にできます。

なお、カード決済に便利なカードを今すぐ知りたい方は「クレジットカードをこれから発行したい方におすすめのカード!」を参考にしてください。

即日発行可能なクレジットカード

クレジットカード決済とは?特長を解説

クレジットカード決済とは?特長を解説

クレジットカード決済の大きな特長は、決済をおこなった瞬間にお金が減るわけではなく「あと払い」で支払いがおこなわれていることです。

そもそもクレジットカードの「クレジット」とは英語で「信用」を意味する言葉であり、クレジットカードはその名のとおり、利用者の信用をベースにして買物を可能にするためのカードです。

各クレジットカードには「締め日」と「引き落とし日」が設定されており、前回の締め日の翌日から今回の締め日までにクレジットカードで決済した金額が、次回の引き落とし日に指定した口座からまとめて引き落とされます。

そのため、引き落とし日までに口座にお金が入ることを見越したような買物も可能になります。

さらに分割払いを利用した場合は引き落とし日に一気にまとめて引き落とされるのではなく、決済金額を分割回数で割った金額(+手数料)が引き落とされるので、先々の収入を見越した高額な買物も可能です。

実際の店舗では現金と並ぶ主要な決済手段ですが、ECサイトや通販では現金よりもクレジットカードのほうが重要な決済手段と言っても過言ではありません。

ECサイトや通販では、そのサービス内でカード情報を一度登録してしまえばその後は購入ボタンを押すだけで決済が可能になるので、非常に便利です。

クレジットカード決済の支払いと引き落としの仕組み

クレジットカード決済の支払いと引き落としの仕組み

クレジットカード決済の支払いと引き落としの仕組みについて、下記の2つの内容を解説していきます。

「利用者」「加盟店」「カード会社」3者の場合の流れ
「決済代行会社」が入った場合の流れ

具体的な支払いと引き落としのシステムを把握することで、より納得感・安心感を持った状態でクレジットカードを利用できるようになるでしょう。

それではクレジットカード決済の支払いと引き落としの仕組みについて、詳しく見ていきます。

「利用者」「加盟店」「カード会社」3者の場合の流れ

クレジットカード決済の支払いと引き落としには、基本的に「利用者」「加盟店」「カード会社」の3者が関わります。下記の図は、3者の関係を示したものです。

「利用者」「加盟店」「カード会社」3者の場合の流れ

実際の決済の流れは、下記のようになります。

1. 利用者が店舗やオンラインショップなどの加盟店でカードを利用する
2. 加盟店がカード会社に利用額を請求する
3. カード会社が加盟店に利用額を支払う
4. カード会社が利用者に利用額の総額を請求する
5. 利用者がカード会社に利用総額をまとめて支払う

利用者は毎月決められた日に利用総額を支払います。締め日までに利用した分がまとめて請求される形です。(※分割払い、リボ払いの場合を除く)

カード会社が加盟店に利用料金を支払う際、手数料を差し引いた金額を支払うことになります。例えば手数料が3%に設定されているなら、利用金額の97%を支払う仕組みです。

なお、加盟店がカードの利用者にこれらの手数料を請求することは禁止されています。

「決済代行会社」が入った場合の流れ

支払いと引き落としの流れの中で、利用者・加盟店・カード会社の他に「決済代行会社」を加えた4者が関わる場合もあります。下記の図は4者の関係を示したものです。

3者の場合と比べて、カード決済の流れがやや複雑になっていることがわかるでしょう。

「決済代行会社」が入った場合の流れ

4者が関わる場合、クレジットカード決済の流れは下記のようになります。

 1 カード利用者が店舗でクレジットカードを用いて決済をおこなう
 2 店舗は決済代行会社を経由し、クレジットカード会社に与信をおこなう
 3 決済代行会社を経由してクレジットカード会社の与信結果を店舗に返却する
 4 カード会社が商品代金の請求明細を発行後、購入者の口座から商品代金を引き落とす
 5 決済代行会社はクレジットカード会社から商品代金から手数料を引いた金額を店舗の口座に入金する

ただ、クレジットカードは種類が多く、店舗がそれぞれのカード会社とやり取りをするのはあまり効率が良くないため、決済代行会社を介したやり取りとなるケースが大半です。

クレジットカード決済を利用した際にかかる手数料

クレジットカード決済を利用した際にかかる手数料は「カード利用者」と「カード加盟店」で異なります。

下表は、両者がそれぞれ支払うことになる手数料についてまとめたものです。

支払い主 手数料の概要
カード利用者 ・1回払い・分割払い(2回払い以下)の場合基本的に手数料は発生しない
・分割払い(3回払い以上)、リボ払いの場合手数料が発生する
カード加盟店 ・支払い方法に関係なく手数料が発生する
・引き落としの仕組みが「利用者」「加盟店」「カード会社」3者の場合は、カード会社に手数料を支払う
・引き落としの仕組みに「決済代行会社」が入った場合は、決済代行業者に手数料を支払う

カード利用者が支払う手数料は3者が関わる場合・4者が関わる場合のいずれも、カード会社やカードの種類によって異なります。

一方でカード加盟店が支払う手数料は、加盟店の規模やカード会社、決済代行会社が入るかによって変わります。

カード利用者にとってのクレジットカード決済の4つのメリット

クレジットカードを利用しての決済は、カード利用者にとってもカード加盟店にとってもメリットがあります。

カード利用者にとってのメリットとしては、主に「ポイントが貯まる」「現金を持ち歩かなくて済む」「付帯サービスが利用できる」「ネットショップが利用しやすくなる」という点が挙げられます。

それぞれのメリットについて、以下で説明します。

ポイントが貯まる

クレジットカードで決済をすると、カード会社ごとに独自のポイントを貯められるようになっており、たとえばセゾンカードでは永久不滅ポイントを貯めることができます。

貯まったポイントはポイントカタログの商品やAmazonギフト券・マイル等に交換したり、カード代金の支払いに充当したりできるので、非常に便利です。

ポイントをマイルに交換して特典航空券を発行するもよし、貯まったポイントをすぐにカードの支払いに充当して日々の出費を減らすようにするもよし、それぞれ思い思いの使い方ができます。

現金を持ち歩かなくて済む

クレジットカードで決済をするということは、支払いのために多額の現金を持ち歩かなくて済むということでもあります。

クレジットカードも紛失したり盗難にあったりした場合に悪用されるリスクがないわけではありませんが、現金と比べるとそのリスクは低いと言えるでしょう。

クレジットカード払いに対応していない店に行くときは現金が必要になりますが、それ以外のときは現金をあまり持ち歩かないようにすることで、セキュリティの面でも安心です。

付帯サービスが利用できる

クレジットカードには便利なサービスが付帯していることも多く、そういった付帯サービスを活用できることもクレジットカードを利用することのメリットの1つと言えます。

付帯サービスの代表例としては海外や国内の旅行傷害保険が挙げられますが、旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを所有していれば、条件を満たしたときに補償が受けられるので安心して旅行に行きやすくなります。

また、グレードの高いカードでは空港のラウンジサービスが利用できることもあるので、飛行機を使って旅行に行く機会が多い方のほうが、グレードの高いカードの付帯サービスを有効活用できるでしょう。

ネットショップが利用しやすくなる

ネットショップが利用しやすくなる点も、見逃せないメリットと言えるでしょう。一部クレジットカードによる支払いのみを決済手段として指定するオンラインショップがあるからです。


代金引換や銀行振込が利用できないオンラインショップでは、カードを用意しなければ買物できない場合があります。つまり、クレジットカードを持っておくことで、買い物できるショップの選択肢を広げられるでしょう。


またカード決済を利用する場合、オンライン上で支払いまでの取引が完結するため便利です。コンビニや銀行へ足を運ぶ必要がありませんし、商品を受け取る際に現金を用意しておく必要もありません。


実際スマホ決済に関するアンケート調査でも、下記のような結果が出ています。


410人中、述べ56.6%の方がオンラインでの支払いにクレジットカードを利用する理由として、「オンラインだけで、その場で取引が完結する」点を挙げている。

カード加盟店にとってのクレジットカード決済の3つのメリット

カード加盟店にとってのクレジットカード決済の3つのメリット

カード加盟店にとってのクレジットカード決済のメリットとしては、主に「レジ作業がスムーズになる」「店舗の利用促進や販売促進につながる」「代金の回収コストやリスクを軽減できる」ということが挙げられます。

それぞれのメリットについて、以下で説明します。

レジ作業がスムーズになる

クレジットカードでの決済は、カード利用者が出したクレジットカードを店員が受け取って、それを専用の機械に読み込ませてカードを利用者に返すだけで終わるので非常にスムーズです。

これが現金になるとお札と小銭をそれぞれ何枚か取り出したり、お釣りのことを考えて出す小銭を調節したりしなければならないので時間がかかります。

また、店員の側でもお金を受け取ってお釣りを返して、受け取ったお金をレジの所定の場所に片づけてといろいろな手間が必要です。

客と店員双方の手間を省いて支払いができることで、店員も円滑に仕事が行えますし、客としてもレジで待たされる可能性が少なくなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

お釣りの金額を間違えていたのにそのまま渡してしまい、閉店後のレジ締めの際にお金が合わずに困るというようなことも、クレジットカードでの決済であれば起こりえません。

店舗の利用促進や販売促進につながる

最近ではキャッシュレス化の波も進んできており、現金を持ち歩かない方も多くなっていますが、そのような方にとって現金払いにしか対応していない店は、最初から利用対象外となってしまいます。

クレジットカード払いに対応できる店にすることでそのようなお客を逃さずに済むため、店舗の利用促進や販売促進につながります。

代金の回収コストやリスクを軽減できる

クレジットカードで支払われた金額の回収は、カード会社や決済代行会社が確実におこなってくれるので、入るはずのお金が入ってこないというような心配もありません。

経営者は本筋であるお店の経営以外のことにあまり煩わされたくないと思います。また、代金の回収にかけるコストやリスクを軽減できるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

セゾンアメックスセゾンアメックス

クレジットカード決済を利用するときに注意したいこと

クレジットカード決済を利用するときに注意したいこととして、下記の2つが挙げられます。

お金を使い過ぎないように計画的に利用する
利用限度額を把握しておく

カード決済における注意点を知ることで、クレジットカードを利用する際に起きる可能性がある失敗を未然に防ぎやすくなります。

それではそれぞれの注意点について、詳しくチェックしていきましょう。

お金を使い過ぎないように計画的に利用する

注意点の1つ目は、お金を使い過ぎないように計画的な利用を心がけることです。カード払いはその場で手元の現金が減るわけではありませんので、つい使い過ぎてしまうリスクがあります。

カード会社によってはWeb上で利用明細を確認できるサービスが用意されています。定期的に利用明細を確認して使い過ぎを防ぐようにしましょう。

例えばセゾンのクレジットカードの場合、「セゾンNetアンサー」という会員専用のログインサービスによってWeb上で利用明細を確かめられます。

利用限度額を把握しておく

注意点の2つ目は、利用限度額を正確に把握しておくことです。クレジットカードにはカードごとに利用限度額と呼ばれる、利用可能な上限額が設定されています。

「リボ払い」や「分割払い」、「ボーナス払い」など長期間の支払いがある場合、支払いが完了していない金額の分だけ利用限度額の枠は減少する仕組みです。

支払いをする際、上限に達していると支払いが不可能になります。定期的に利用残高をチェックして、現在利用可能な金額を把握しておくことで支払いの際に困る事態を防げます。

公共料金やサブスクサービスなど定期的な引き落としがある場合は、その分を計算に入れておくことも重要になります。

クレジットカード決済をこれからしたい方におすすめのカード

クレジットカード決済をこれから活用したい方におすすめのカードとして、下記の2枚が挙げられます。

セゾンカード Digital
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

上記のおすすめカードについて詳しい情報を知ることで、より便利かつお得に利用できるクレジットカードを申し込み先の候補に加えられるでしょう。

セゾンカード Digital

カード名 セゾンカード Digital
ランク 一般カード
国際ブランド ・Visa
・JCB
・Mastercard
・American Express
ポイント有効期限 なし
ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料
発行スピード ・プラスチックカード:デジタルカード発行後から数日後
・デジタルカード:審査申込後最短5分
付帯サービス ・オンライン・プロテクション
・ONLINEキャッシング
対応スマホ決済・電子マネー ・セゾンQUICPay™
・iD
・Apple Pay
・Google Pay
・Suica
・PASMO

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンカード Digitalは年会費が永年無料であるため、初めてクレジットカードを発行する方でも維持費用を気にせず利用できます。発行したあとで費用の負担が重荷にならないかと考えている方でも、安心して申し込めるでしょう。

審査申込後最短5分以内で発行されるデジタルカードと、後日郵送で届くナンバーレスプラスチックカードを場面に応じて利用できる点がこのカードの特長です。なおナンバーレスカードとは、券面からカード情報がわからないカードで番号の盗み見などに対応できます。

ネット通販ですぐに利用したいならデジタルカード、店頭での支払いに活用する場合はプラスチックカードを使うことができるでしょう。

また「QUICPay™」や「Suica」をはじめさまざまな電子マネーの決済にも対応しているため、電子マネーをすでに利用している方にとっては特に利便性が高いといえます。さらに「オンライン・プロテクション」が付いているため、不正利用による損害も条件を満たしている場合は、補償してもらえます。

これらの点からセゾンカード Digitalは「維持費用を抑えられるカードがほしい方」や「電子マネーを利用する頻度の高い方」におすすめします。ナンバーレスカードやオンライン・プロテクションなどセキュリティ面でも頼れるため、「安全性を重視する方」も検討したい1枚です。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

カード名 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
ランク 一般カード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
デジタルカード あり
ポイント有効期限 なし
ポイント還元率 0.5%
※QUICPay™利用時は3.0%
年会費 ・初年度無料
・2年目以降1,100円(税込)
※年1回1円以上の利用で翌年無料
発行スピード ・プラスチックカード:最短3営業日発行
・デジタルカード:審査申込後最短5分
付帯サービス ・セゾンのネットサービス超優待対象
・オンライン・プロテクション
・アメリカン・エキスプレス・コネクト
・QUICPay™利用でポイント3%還元
・25歳未満の方は「セゾンクラッセ」利用でポイント最大5%還元
対応スマホ決済・電子マネー ・セゾンQUICPay™
・iD
・Apple Pay
・Google Pay

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは年会費が初年度無料で、2年目以降も毎年年1回1円以上の利用で無料になります。これからカード決済を積極的に活用すると考えている方なら、無理なく維持費用を節約できるでしょう。

またデジタルカードを申し込んだ場合、審査後最短5分でオンラインでの利用が可能となるため、すぐにオンラインでカードを利用したい方にも有用です。

なお、後日ナンバーレスカードが届くため、通常のクレジットカード同様に実店舗でもカードを提示して買物をすることもできます。

他には「QUICPay™」を利用するとポイントの還元率が通常の6倍にあたる3%(※)までアップする点も見逃せません。コンビニやスーパーマーケットなどでの買い物に利用するのみで、効率的にポイントを貯めることが可能です。

※1ポイント5円相当で交換した場合

セゾンカード Digitalと同様に「オンライン・プロテクション」も付いています。

これらの点からセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは「スピーディーにオンライン決済を利用したい方」や「QUICPay™を利用する機会の多い方」におすすめです。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

クレジットカード決済はユーザーにも加盟店にも多数のメリット!

クレジットカード決済はユーザーにも加盟店にも多数のメリット!

クレジットカードは、カード利用者の信用をもとにして、あと払いでの支払いを可能にするためのものです。

クレジットカードでの決済の大半は、カード利用者・店舗・カード会社・決済代行会社の4者が関係しますが、カード利用者が決済代行会社と直接やり取りすることはありません。

クレジットカードで決済をすることで、カード利用者はポイントを貯めることができたり現金を持ち歩かなくてよくなったりといったメリットがあります。カード加盟店もレジ作業がスムーズになるなどのメリットがあります。

今後キャッシュレス化がより進んでいく中で、クレジットカードの存在感は今以上に大きくなってくると思います。決済の仕組みや利用のメリットなどをきちんと把握したうえで、クレジットカードを賢く利用していきましょう。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

おすすめのクレジットカード

人気記事