クレジットカードでの振込は可能?振込したい場合の対処法も説明!

クレジットカードでの振込は可能?振込したい場合の対処法も説明!

家賃や光熱費などの振込が必要なのに手元には現金もキャッシュカードもなくクレジットカードしかない、というような経験をしたことがある方であれば、「クレジットカードで振り込めればなぁ…」と考えたこともあるのではないでしょうか。

クレジットカードで振込ができればポイントも貯まって一石二鳥のように思われるのですが、実際のところ可能なのでしょうか。

今回はクレジットカードでの振込ができるのかどうなのか、クレジットカードで振込をしたい場合の対処法などについて説明します。

即日発行可能なクレジットカード

セゾンパールセゾンパール

クレジットカードでは振込はできない

クレジットカードでは振込はできない

最初に結論からお伝えしておくと、クレジットカードで振込はできません。

ATMにカードを挿入すると、「お引き出し」「お預入れ」のようにそのカードで行うことのできる操作が画面に表示されます。

キャッシュカードの場合はその中に「お振込み」という項目がありますが、クレジットカードには振込機能がないため、「お振込み」という項目が出てきません。

クレジットカードで振込ができないのはなぜ?

クレジットカードで振込ができないのはなぜ?

クレジットカードで振込ができない理由は、カード会社が禁止しているからです。

なぜならば、クレジットカードで振込ができると「クレジットカードの現金化」が可能になってしまうからです。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る行為のことです。クレジットカードの現金化はカード会社の規約で禁止されています。そのため、クレジットカードで振込ができません。

どうしてもクレジットカードで振込をしたい場合

どうしてもクレジットカードで振込をしたい場合

どうしてもクレジットカードを利用して振込をしたい場合は、クレジットカードのキャッシング枠という機能を利用すれば疑似的にクレジットカードでの振込が可能になります。

クレジットカードには買物の際に利用するショッピング枠のほかに、お金を借りることのできるキャッシング枠という機能があります。

このキャッシング枠を用いてお金を借りたうえで、そのお金で振込を行えば「クレジットカードでの振込」というわけではありませんが、「クレジットカードの機能を用いての振込」が可能です。

振込に限らず、急きょお金を用意しなければならないケースでは、クレジットカードのキャッシング枠は非常に便利です。

セゾンパールセゾンパール

クレジットカードでキャッシングをする場合の注意点

キャッシングしたお金は「借りているお金」なので、キャッシング枠利用後は必ず返済しなければなりません。また、借りたお金をただ返済するのではなく利息を上乗せしたうえで返済する必要があります。

そのためなるべく短期間で返済を終えて、利息支払いの負担を減らすことが重要です。

クレジットカードには利用限度額が設定されていますが、利用限度額はショッピング枠とキャッシング枠の合算で計算される場合と、ショッピング枠とキャッシング枠が別で設定されている場合があります。

ショッピング枠とキャッシング枠が合算されている場合だと、ショッピング枠の使い過ぎでキャッシングができなかったり、キャッシングを使いすぎてショッピング枠が足りなくなってしまったりと、使い方を考えなければいけません。

しかしセゾンではショッピング枠とキャッシング枠は別で設定されているので、ショッピングもキャッシングも限度額以内であれば安心してお使いいただくことができます。

ただし、すべてのカードにキャッシング限度額がついている訳ではないので、利用する前にご自身のカードにキャッシング枠がついているか確認するようにしましょう。

クレジットカードでの振込は原則としてできない

クレジットカードでの振込は原則としてできない

クレジットカードを用いての振込を可能にしてしまうと、クレジットカードの現金化ができるようになってしまうので、クレジットカードでの振込は基本的にできません。

ただ、キャッシング枠を用いて疑似的にクレジットカードで振込を行うことは可能なので、手元にクレジットカードしかない状態でどうしても振込を行いたい方などは、参考にしていただくといいでしょう。

キャッシング枠を利用した振込は、借りたお金で振込を行っているので返済する必要があります。また、持っているカードによってキャッシング枠が付いていない場合もあるので、利用する際には事前に確認することをおすすめします。

おすすめのクレジットカード

人気記事