【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードの付帯保険とは?仕組みや補償内容・適用条件などもご紹介

クレジットカードの付帯保険とは?仕組みや補償内容・適用条件などもご紹介

クレジットカードによっては、さまざまな保険が付帯している場合があります。

クレジットカードを選ぶにあたって、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険のような旅行保険(以下、付帯保険=旅行傷害保険、任意保険=旅行保険とします)やショッピング保険、盗難保険などに注目している方も多いのではないでしょうか。

例えば、旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを保有していれば、条件を満たすことで保険が適用されるので、旅行に出発する際に、別途、保険に加入しなくても一定の補償を受けられます。

ただし、条件や補償内容を正確に把握しておかないと、補償を受けられなくなる可能性があるのでご注意ください。

本記事では、クレジットカードに付帯する国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険の種類・選び方について詳しく解説します。

クレジットカードに保険が付帯する仕組み

クレジットカードに保険が付帯する仕組み

クレジットカードの会員に対するサービスとして、「クレジットカード会社と保険会社の契約」によって保険が付帯していることがあります。

例えば、セゾンから発行されているクレジットカードの場合、「株式会社クレディセゾン」が「損害保険ジャパン株式会社」などの保険会社と保険契約を締結することによって補償が提供されています。

補償内容はクレジットカードによって異なるので、「補償規定」または「被保険者証」を読んでご自身に適した保険が付帯しているか確認しましょう。

クレジットカードに付帯する保険の補償金額はカードごとに異なる

カード会社や引受保険会社によって、付帯保険の適用条件や補償金額はそれぞれ異なります。

例として、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードとセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの海外旅行傷害保険の補償金額を、以下に表で示します。

  セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 1億円
傷害治療費用 300万円 300万円
疾病治療費用 300万円 300万円
賠償責任 3,000万円(自己負担額1,000円) 5,000万円
携行品損害 30万円 50万円
救援者費用 200万円 300万円
寄託手荷物遅延費用 10万円 10万円
寄託手荷物紛失費用 10万円 10万円
乗継遅延費用 3万円 3万円
出発遅延費用 3万円 3万円

表の内容からもわかるように、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードよりもセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのほうが、補償内容・補償金額ともに充実しています。

海外旅行に行く際のお供として、クレジットカードの発行を検討している場合は、海外旅行傷害保険の内容はきちんと把握しておきましょう。

クレジットカードに付帯する主な保険や補償サービス

クレジットカードに付帯しているのは、国内・海外の旅行傷害保険だけではありません。

クレジットカードに付帯する主な保険について、以下で説明します。

国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険では、治療費用のほか、救援者費用、賠償責任などについても補償を受けることが可能です。以下、補償内容について詳しく紹介します。

補償内容
下表は、一般的な海外旅行傷害保険の補償内容です。

補償項目 内容
傷害死亡・後遺障害 傷害死亡は旅行中の事故によるケガが原因で亡くなった場合の補償。保険金額の全額が支払われる。
後遺障害は旅行中の事故によるケガが原因で後遺障害を負った場合の補償。後遺障害の程度に応じた金額が支払われる。
傷害治療費用 旅行中の事故によるケガが原因で医師の治療を受けた場合の補償。事故発生日から所定の期間内に治療のために実際に支出した費用が支払われる。
疾病治療費用 旅行中に発病し、医師の治療を受けた際にかかった費用などの補償。医師による治療費、通院のための交通費、緊急移送費、入院のために必要となった身の回り品の購入費などが支払われる。
救援者費用等 旅行中にケガや病気で所定の日数以上継続して入院した際に、救援者として親族などが現地に行くための費用(交通費や宿泊費など)が補償される。事故により遭難した際の捜索救助費用なども対象。
賠償責任 事故により他人にケガをさせたり他人の物を壊したりして法律上の賠償責任を負った際に適用される補償。相手方への賠償金や弁護士費用などが支払われる。
携行品損害 携行品が火災や盗難などで損害を受けた時の補償。
航空機遅延費用等 航空機の遅延や、搭乗時に航空会社へ預けた手荷物の到着遅延などのために生じた費用の補償。

国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険の主な違いは、「疾病治療費用」に対する補償の有無です。基本的に国内旅行傷害保険では病気の治療費が補償対象外とされている点にご留意ください。

いずれも故意や重過失があった場合は対象外となるケースがあります。また、カードによって補償内容の詳細が異なるので「補償規定」を確認しましょう。

自動付帯と利用付帯の違い
旅行傷害保険の適用条件には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類が存在します。

自動付帯の場合はクレジットカードを保有しているだけで自動的に保険が適用されますが、利用付帯の場合は「事前にツアー料金や航空券の料金などの旅行代金を対象のカードで支払う」といった条件があります。

家族特約
クレジットカードの種類によっては旅行傷害保険に家族特約が付いています。

家族特約は、クレジットカードの本会員の家族にも補償が適用されるというものです。家族特約は家族カード(ファミリーカード)の発行がなくても、本会員のクレジットカードのみで保険が適用されます。

家族で旅行をするためにクレジットカードの旅行傷害保険に注目しているなら、家族特約の有無はぜひチェックしておきたいところです。

なお、クレジットカードの種類によって、家族特約の適用範囲や補償金額は異なります。

例えば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合、配偶者、子ども、生計をともにする同居の親族などが家族特約の対象で、傷害死亡・後遺障害では最高1,000万円の補償が受けられます。

▼セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの家族特約の対象
・ 本会員の配偶者
・ 本会員または配偶者と生計をともにする同居の親族
・ 本会員または配偶者と生計をともにする別居の未婚の子ども

ショッピング保険

ショッピング保険では、クレジットカードで購入した商品が破損したり盗難被害に遭ったりした際の損害が一定期間補償されます。なお、クレジットカードによって付帯の有無や補償内容が異なる点にご注意ください。

高額商品を購入する場合は、補償限度額の大きいショッピング保険が付帯しているクレジットカードを使うことでより安心できるでしょう。

補償内容
ショッピング保険で補償されるのは、主に以下のようなケースです。

・購入した商品が偶然な事故により破損した場合
・購入した商品が盗難された場合

なお、カード会社や保険会社の規定によっては補償の対象にならないケースもあります。

インターネットにおける不正利用に対する補償
オンライン・プロテクションとは、心当たりのないインターネット上での不正利用による損害を補償するサービスです。

セゾンカードの場合、「セゾンカードが実施する調査で不正利用による被害が確認できること」および「連絡した日を含めて61日前までさかのぼった利用分であること」という条件を満たせば、補償を受けられます。

店舗で不正利用によって被った損害の補償

クレジットカードによっては、実店舗での不正利用による損害についても補償を受けられる場合があります。

セゾンカードでは、「連絡した日を含めて61日前までさかのぼった利用分であること」「明らかに他者による不正利用があった」という条件を満たせば補償を受けることが可能です。

オプションで加入できる会員限定の保険プラン

自転車保険、個人賠償責任保険、ゴルフ保険など日常生活で他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったりした際の保険もあります。

カード会社によっては、オプションとしてこうした保険に加入することができるクレジットカードもあります。

自転車保険

自転車の利用が多い方におすすめです。また、お住まいの自治体が自転車保険の加入を義務付けている場合は、賠償責任保険に加入する必要があります。

自転車保険加入の義務化とは、自転車の利用者に対して自転車損害賠償責任保険等の加入を義務付けるものです。自転車保険加入の義務化は、平成27年10月以降、兵庫県から全国の自治体に広がっています。

セゾンカード会員(※1)は、月々400円で「自転車トラブル安心保険」に加入でき、自転車運転中の事故による相手方への損害賠償や、自身がケガをして入院・通院した場合はもちろん、日常生活で他人にケガをさせた場合などにおいても補償を受けることができます。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは、普段の生活を送るうえで「他人にケガをさせた」「他人の物を壊した」などの事故によって損害賠償が発生した際に、損害を補償してくれる保険のことです。

一般的には何らかの保険の特約として加入することが多いのですが、セゾンカード会員(※1)は月々300円でSuper Value Plus「ご迷惑安心プラン[U]」に加入することができ、日常生活で誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に補償が受けられます(補償限度額1億円)。

ゴルフ保険

ゴルフ保険は、ゴルフのプレー中のケガ、賠償事故、用品の破損などを補償する保険です。

具体的には以下のようなケースで補償が受けられます。
・ ゴルフのプレー中や練習中の偶然な事故により、他人にケガをさせた時。他人の物を壊した時
・ ゴルフのプレー中にケガ(入院、通院も対象)をした時
・ 日本国内でゴルフのプレー中にホールインワンやアルバトロスを達成したときの贈呈品・記念品購入費用などのお支払い

セゾンカード会員(※1)は、Super Value Plusの「ゴルフ安心プラン[F]・[Q]」に加入すると、ゴルフ中のケガ、賠償事故、用品の破損などの補償を受けられます。

家財盗難保険
家財盗難保険とは、自宅内の家財(※2)が盗難された(窃盗または強盗の被害にあった)場合に、損害を補償する保険です。

セゾンカード会員(※1)は、Super Value Plusの「お留守番安心プラン[D]」に加入しておけば、「留守中にブランド品のバッグを盗まれた」「空き巣に遭い、テレビを壊された」「留守中に、現金を盗まれた」といった被害を被った場合に、家財なら最高100万円、現金なら最高20万円まで補償を受けられます。保険料は月額300円なので、ぜひ加入をご検討ください。

交通傷害保険
交通傷害保険とは、交通事故によるケガによって、死亡もしくは後遺障害が生じた場合や、入院した場合に補償を受けられる保険です。

セゾンカード会員(※1)は、Super Value Plusの「お車安心プラン[Z]」に加入しておけば、交通事故のケガによる死亡・後遺障害または入院について補償されます。

また、全国の提携修理工場で30,000円(税込)以上のお車の補修(部品代を除く)をした場合に10,000円の見舞金を受け取れるほか、30,000円を限度に24時間365日対応のロードサービスを受けることも可能です。月額300円(保険料70円・サービス料230円)なので、ぜひ加入をご検討ください。

(※1)一部のカードでは「自転車トラブル安心保険」・Super Value Plusの加入ができない場合がございます。
(※2)ノートパソコン、タブレット端末、スマートフォンなど、対象外のものがあります。詳細については、「重要事項等説明書」や「約款」をご確認ください。

保険が付帯するクレジットカードの選び方

保険が付帯するクレジットカードの選び方

保険を重視してクレジットカードを選ぶなら確認しておきたい、2つのポイントをご紹介します。

付帯する保険の種類と適用条件

クレジットカードを選ぶ際はご自身にとって必要な保険が付帯しているか確認しましょう。例えば海外旅行の予定があるなら「海外旅行傷害保険」、高額商品を購入する予定があるなら「ショッピング保険」が付帯しているカードがおすすめです。

なお、一般的に年会費の高いクレジットカードのほうが補償内容が充実している傾向があります。詳細はカードによって異なるので、必ず「補償規定」を読んでご希望の補償内容が含まれているかチェックしてください。

また、旅行傷害保険には、適用条件が「自動付帯」のものと「利用付帯」のものがあります。

適用条件が利用付帯の場合は、出国前に公共交通機関の料金やパッケージツアーの料金などをクレジットカードで支払い、旅行傷害保険が適用される条件を満たしておく必要があります。

補償内容と補償金額が十分かを確認

同じ種類の保険であっても、補償項目や保険金額はクレジットカードごとに異なる点にご留意ください。

例えば「ショッピング保険」では、補償限度額が年間300万円だったり100万円だったりとクレジットカードにより異なります。

どのようなケースで保険が適用され、どのくらいの金額が補償されるのかについて申込前に確認しておきましょう。

保険の補償金額に見合った年会費か

クレジットカードには、年会費が無料のものもあれば有料のものもありますが、各種保険が付帯しているクレジットカードは、年会費がかかることが多いです。

年会費が付帯している保険の補償金額に見合ったものであるか、きちんと確認したうえで、クレジットカードを作成するかどうかを判断しましょう。

ポイント・マイル還元率

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の内容が気になる方は、旅行をすることが多いのではないでしょうか。

そのような方にとっては、クレジットカードのポイント・マイル還元率も重要な判断材料のひとつでしょう。

クレジットカードでポイントやマイルを貯めて、特典航空券に交換することで、お得に旅行を楽しむことができますが、クレジットカードのポイント・マイル還元率が高ければ、ポイントやマイルを効率的に貯めることが可能です。

マイルに関しては、貯まるクレジットカードもあれば貯まらないクレジットカードもあるので、申し込みをする前にしっかりと確認しておきましょう。

クレジットカードの付帯保険の使い方

クレジットカードの付帯保険を利用したい場合は、カード会社の保険デスクに連絡しましょう。

保険デスクに連絡をすればカード会社の引受保険会社に直接連絡がいくので、スムーズに対応してもらえます。

また、カード会社の引受保険会社窓口に直接電話をしても大丈夫なので、旅行へ行く際はカード会社の保険デスクとカード会社の引受保険会社窓口の電話番号を、メモしておくと良いでしょう。

利用する保険の内容や項目によっては、書類の提出が必要になる場合もあります。

カード会社の保険デスクやカード会社の引受保険会社窓口に連絡をした際に、提出が必要になる書類も教えてくれるので、忘れずに準備しておきましょう。

保険を使う場合、お持ちのクレジットカードのカード番号も、必須です。

充実の保険が付帯されているおすすめクレジットカード

保険が充実したクレジットカードを選びたい方に向けて、手厚い保険が付帯されたセゾンのクレジットカードをご紹介します。

セゾンカードなら最短3営業日でクレジットカードが発行され郵送されます。旅行や出張まで時間がない方にもおすすめです。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

手厚い補償・特典を求める方は、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめです。

年会費は22,000円(税込)で、適用条件を満たすことで、旅行中の事故について、海外旅行で最高1億円(※)、国内旅行で最高5,000万円(※)が補償される旅行傷害保険が付帯します。

年会費(税込) 22,000円
国内旅行傷害保険の補償金額 最高5,000万円(※)
海外旅行傷害保険の補償金額 最高1億円(※)
ショッピング安心保険 あり
そのほかの保険の加入の可否

■「海外旅行傷害保険」の補償項目
・傷害死亡・後遺障害
・傷害治療費用
・疾病治療費用
・賠償責任
・携行品損害
・救援者費用等
・寄託手荷物遅延費用
・寄託手荷物紛失費用
・乗継遅延費用
・出発遅延、欠航、搭乗不能費用

■「国内旅行傷害保険」の補償項目
・傷害死亡・後遺障害
・傷害による入院・手術・通院

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、出発遅延費用なども補償の対象です。またファミリーカード会員は本会員と同額の補償が受けられます。家族特約の補償は最高1,000万円(※1) です。

また、国内・海外を問わずセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードにてお求めの商品の破損・盗難などの損害をご購入日から120日間、年間300万円まで補償してくれるショッピング安心保険や、心当たりのないインターネット上での不正利用による損害を補償してくれるオンライン・プロテクション(※2)が付帯します。

旅行傷害保険や旅行サービスにこだわりたい方におすすめのクレジットカードです。

>>詳細はこちら

(※1)傷害死亡・後遺障害保険金額
(※2)オンライン・プロテクションの補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分
(※3)「カードの利用に関する問い合わせ」のみ、9:00~21:00の対応 とさせていただきます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」にも、手厚い補償・特典が付帯しています。

年会費は11,000円(税込)で、初年度は無料で利用でき、適用条件を満たすことで、海外・国内の旅行中の事故について最高5,000万円(※)が補償される旅行傷害保険が付帯します。

年会費(税込) 11,000円
国内旅行傷害保険の補償金額 最高5,000万円(※)
海外旅行傷害保険の補償金額 最高5,000万円(※)
ショッピング安心保険 あり
そのほかの保険の加入の可否

■「海外旅行傷害保険」の補償項目
・傷害死亡・後遺障害
・傷害治療費用
・疾病治療費用
・賠償責任
・携行品損害
・救援者費用等
・寄託手荷物遅延費用
・寄託手荷物紛失費用
・乗継遅延費用
・出発遅延、欠航、搭乗不能費用

■「国内旅行傷害保険」の補償項目
・傷害死亡・後遺障害
・傷害による入院・手術・通院

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードと同様に、出発遅延費用なども補償の対象となるので、移動中のトラブルの際もしっかり補償が受けられます。

また本会員のご家族の方も、国内・海外それぞれで最高1,000万円(※)の補償が受けられます。

ショッピング安心保険では国内・海外を問わず、このカードを利用して購入した物品の破損・盗難などによる損害を、購入日から120日間、年間最高200万円(1事故上限額200万円)補償されます。

さらに国内・海外の空港ラウンジが利用できたり、JALのマイルがたまる「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に加入できたりとゴールドカードならではの特典も魅力です。旅行・出張で重宝するクレジットカードです。

>>詳細はこちら

(※)傷害死亡・後遺障害保険金額

よくある質問

クレジットカードの付帯保険に関する「よくある質問」をご紹介します。クレジットカードを申し込む前に、疑問点を解消しましょう。

Q1 クレジットカードに付帯する旅行傷害保険と任意で加入する旅行保険の違いとは?

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険と任意で加入する旅行保険では、主に「補償対象範囲と補償金額」に違いがあります。

一般的にクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険では「疾病死亡」は対象外とされているので、例えば海外旅行中に病気で死亡したケースでは保険金が支払われません。しかし、任意加入の海外保険では補償対象とされるケースがあります。

クレジットカードでも「傷害死亡・後遺障害」「賠償責任」などについては高額な補償が受けられますが、補償額を上げる必要があれば任意加入の海外旅行保険をご検討ください。

Q2 複数枚クレジットカードを持っている場合の保険適用はどうなるの?

同じ内容の補償が付帯しているクレジットカードを複数枚持っている場合、保険金額を合算できます。より大きな補償を受けたい方は、クレジットカードを複数枚保有してみてはいかがでしょうか。

ただし、傷害死亡・後遺障害については、最も大きい補償金額が上限となる点に留意してください。

Q3 クレジットカードを解約すると、付帯保険も使えなくなる?

クレジットカードを解約すると、付帯している保険や各種補償・優待特典も自動的にご利用いただけなくなることにご留意ください。

旅行の予定がある場合は、カード解約手続きのタイミングに注意しましょう。

まとめ

クレジットカードの保険の種類や選び方、手厚い保険が付帯されているおすすめのセゾンカードをご紹介しました。

旅行傷害保険やショッピング保険、オンライン・プロテクション(※)、不正利用によって被った損害の補償サービスなどが付帯しているクレジットカードを保有しておけば、万が一の事態が発生しても安心です。

保険に注目してカードを選ぶなら、補償の項目や補償金額、自動付帯か利用付帯かなどは重要なチェックポイントとなります。ぜひポイントを押さえて、ご自身に合った保険の付帯したクレジットカードを選んでみてください。

(※)補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分




SA2022-1131(2022.12)

おすすめのクレジットカード

人気記事