【クレジットカードのことならCredictionary】

飲食店でクレジットカードを使う方法は?付帯サービスでお得になることも!

飲食店でクレジットカードを使う方法は?付帯サービスでお得になることも!

お店での支払いで便利に利用できるクレジットカードですが、飲食店でクレジットカードを使いたい場合はどうすればいいのでしょうか。

クレジットカードしか持っていない状態で飲食店に入ったものの、支払いのときにクレジットカードが利用できないようなことになってしまえば、途端にピンチに陥ってしまいます。

そこで今回は、飲食店でクレジットカードを使う方法について説明します。

カードに付帯しているサービスを利用することで飲食店をお得に利用できることもあるので、便利な付帯サービスについても併せて紹介します。

飲食店でクレジットカードを使用する方法

飲食店でクレジットカードを使用する方法

これまでに家電量販店や雑貨屋などでクレジットカードを使ったことがある方であれば、飲食店でどのようにしてクレジットカードを使うかについてはご存知かと思います。

ほかのお店でクレジットカードを利用する場合と同じように、レジで現金を出すタイミングでクレジットカードを差し出すだけでOKです。

ただし、「その飲食店がクレジットカードでの支払いに対応しているかどうか」には注意しておかなければなりません。

そのお店でクレジットカードが利用できるかどうかは、レジ付近に表示されている「国際ブランドのロゴマーク」でわかります。

例えばレジの近くにVisaのロゴマークが表示されていれば、国際ブランドがVisaのクレジットカードは支払いに利用することができます。

国際ブランドがどこに表示されているかわからずに、自分の持っているクレジットカードが利用できるかどうか判断できない場合でも、とりあえず店員さんにカードを提示してみましょう。

利用できればそのまま支払いの手続きに進んでくれますし、利用できない場合は利用できない旨を教えてもらえます。

支払い手段がクレジットカードしかなく、クレジットカードが利用できないと困るというような場合は、入店する前に店員さんに確認しておくのが良いでしょう。

少額の支払いでもクレジットカード払いで問題なし

クレジットカードはある程度まとまった金額の支払いを行うときに利用するもの、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そのため、複数人での飲み会代の支払いやきっちりとしたコース料理の支払いなどに使うのはともかく、1,000円に届かないようなランチ代の支払いにクレジットカードを使うことに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論、少額の支払いにクレジットカードを利用することには何の問題もありません。少額だからといって手数料が上乗せされることもありませんし、少額の支払いでもポイントを貯められるので、クレジットカード利用を躊躇する必要はありません。

クレジットカードの付帯サービスでお得になる飲食店も

クレジットカードの付帯サービスでお得になる飲食店も

クレジットカードの中には、特定のお店で利用することでポイントを多めにためられたり、割引を受けられたりするものもあります。

そのため、自分が持っているクレジットカードによく行く飲食店で活用できるサービスが付帯している方はチャンスです。

セゾンカードの付帯サービスで優待を受けられる飲食店と優待内容の一部を、以下の表にまとめます。

飲食店 優待内容
祇園ビストロ 丸橋(京都) ディナー利用時お会計10%オフ
(会計の合計金額が2,500円以上の場合に限る)
レストランなんどき牧場(神奈川) ワンドリンクサービス
(ディナータイムのみ適用)
俺のビストロ&Bakery 心斎橋(大阪) “名物!なみなみスパークリングワイン”人数分プレゼント
(ソフトドリンクに変更可、要予約)
goo ITALIANO 渋谷本店(東京) 本日のドルチェサービス
(ディナータイムのみ適用、予約時に優待利用を伝える)
※優待には対象期間がございます。
※2020年8月25日現在利用可能な優待

上表で示したのはほんの一部であり、ほかにもいろいろな飲食店で優待を受けることが可能です。

よく利用しているお店で優待を受けられることがわかれば、優待を活用することでよりお得に飲食ができるでしょう。

飲食店でお得に利用できるセゾンのクレジットカード

飲食店でお得に利用できるセゾンのクレジットカード

クレジットカードが飲食店でお得に利用できるかどうかは、クレジットカードに付帯しているサービスに大きく左右されます。

以下では、飲食店でお得に利用できるサービスが付帯しているセゾンのクレジットカードとして、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードとセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの2つを紹介します。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードには、全国の厳選レストランをお得に予約できるオンライン予約サイト「一休.comレストラン」で優待を受けられるサービスが付帯しています。

一休.comには「一休プレミアサービス」と呼ばれる会員向けのサービスがあり、各会員は一休.comでの6ヵ月間の利用金額に応じて、レギュラー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドの4つのステージのいずれかにランクされます。

上のランクにあがるためには、本来であれば一休.comを定期的に利用しなければなりませんが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば、専用サイトからのエントリーで一休プレミアサービスの「プラチナステージ」を体験することができます。

プラチナステージの会員は、レストランのコース予約での一休ポイントの還元率がお得になりますし、コースではなく席のみのランチやディナー利用時に貯まる一休ポイントも、レギュラー会員やゴールド会員より多めに付与されます。

レストランを予約する際にセゾンポイントモール経由で予約を行えば永久不滅ポイントが最大2倍付与されますし、家族カード会員も優待の対象となります。

体験期間は10月1日~翌年3月31日までにエントリーした場合は次に到来する9月末まで、4月1日~9月30日までにエントリーした場合は次に到来する3月末までなので、エントリーするタイミングには注意しておきましょう。

エントリーをおこなうための専用サイトは、Netアンサーの「カード限定」より確認することが可能です。

ほかにも、有名レストランでの料理などを最大90%オフで提供している高級タイムセールサイト「LUXA(ルクサ)」のセゾンカード会員限定商品を利用することもできますし、LUXAへの新規登録で500円のギフト券がもれなくもらえます。

旅行傷害保険や還元率の高さなどがピックアップされることの多いセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードですが、今回紹介したようなお得に飲食ができるサービスが付帯していることも見逃せません。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードにも、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード同様に一休.comレストランで優待を受けられるサービスが付帯しています。

ただし、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで体験できるのは一休プレミアサービスのプラチナステージでしたが、本カードで体験できるのは一休プレミアサービスの最上級ステージである「ダイヤモンドステージ」です。

ダイヤモンドステージでは、レストランのコース予約での一休ポイントの還元率がプラチナステージよりさらにお得になるので、一休ポイントを貯めることができます。

セゾンポイントモール経由で予約を行えば永久不滅ポイントが最大2倍付与されること、家族カード会員も優待の対象となること、体験期間やエントリー方法などは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードと同じです。

本カードにはあってセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードにはない付帯サービスとしては、カードデスク・サービスでのコンシェルジュ・サービスが挙げられます。

コンシェルジュ・サービスではコンシェルジュがさまざまな問い合わせに対応してくれますが、料理の希望や予算などを伝えれば、要望に見合ったレストランなどを紹介・予約してもらえます。

自分では見つけられなかったようなレストランや割烹などに巡り合えることもあるので、食事の幅がより広くなるでしょう。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

飲食店でクレジットカードをお得に活用しよう

飲食店でクレジットカードをお得に活用しよう

飲食店でクレジットカードを利用する場合は、ほかのお店でクレジットカードを利用するのと同じように、会計のタイミングでクレジットカードを提示すればOKです。

最近ではクレジットカードを利用できる飲食店が多いですが、レジ付近に国際ブランドのロゴマークが表示されていれば、その国際ブランドのクレジットカードをより安心して使うことができます。

クレジットカードの中には、飲食店で優待を受けられるサービスが付帯している場合もあるので、そういったサービスは積極的に活用していきましょう。

セゾンのクレジットカードでも、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには、一休.comレストランで優待を受けられるサービスが付帯しています。

付帯サービスは存在を知らなければ有効活用できないことが多いので、今一度自分が持っているクレジットカードに飲食店で便利に活用できるサービスが付帯していないかどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事