【クレジットカードのことならCredictionary】

夫婦でクレジットカードをつかうメリットはたくさん!おすすめのカードも紹介

夫婦でクレジットカードをつかうメリットはたくさん!おすすめのカードも紹介

独身の時と結婚してからではお金の使い方が変わってきますし、管理の仕方にも変化があります。家計を上手に管理し、お得にお買い物をしたり、生活をより充実させたりするためには、夫婦でクレジットカードを使うことがおすすめです。

この記事では、夫婦でクレジットカードを使うことのメリットや注意点、活用方法、おすすめのクレジットカードをご紹介していきます。これから家計の管理をどうしていこうかとお考えの方は、ぜひお役立てください。

セゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーンセゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーン

夫婦でクレジットカードを使うべき理由

夫婦でクレジットカードを使うことには、さまざまなメリットがあります。そのため、結婚を機にクレジットカードを見直すという方は少なくありません。

結婚したらクレジットカードで日々の生活費などの費用を決済すべきといえるのはなぜか、そのメリットを解説していきます。

クレジットカードのポイントが貯まる

夫婦で生活していく中で、住居費、光熱費、通信費、食費など絶対に必要となる支出があります。それらの支払いをクレジットカード決済することでポイントを貯めることができます。二人分の生活費分のポイントが貯まるため、効率的にポイントを貯めることができます。

例えば、1,000円(税込)で1ポイント(5円相当)貯まるクレジットカードなら、毎月10万円の生活費を支払ったとすると、1ヵ月で500円相当、1年間で6,000円相当のポイントが貯まります。

このように、日常の支払いでポイントが貯まるのは家計の助けになるため、現金で支払うよりクレジットカードで支払った方がお得といえます。

生活費の見える化ができる

住居費、光熱費、通信費、食費など支払い日がバラバラで領収書も別々に発行されるため家計の管理が大変ですが、クレジットカードを使って決済すれば、支払日を1日にまとめることができます。また、クレジットカードの明細書を見れば、いつ、何に、いくら使ったのかが一目で分かるようになり、明細書を参考に生活費の使い方について話し合いがしやすくなります。

夫婦でのクレジットカード共有はNG

夫婦でクレジットカードを使用するにあたり注意しなければならないのは、クレジットカードの券面に名前のある名義人本人しか使えないということです。

ちょっとした買い物の際など、ついついカードを貸し借りしてしまいますが、名義人以外のカードの利用は規約違反になるため、万が一盗難などが起きても盗難補償を受けられない可能性があります。最悪の場合は、規約違反でカード利用の停止になる可能性もあるので注意しましょう。

夫婦でのクレジットカード活用法

夫婦でのクレジットカード活用法

夫婦でクレジットカードを利用するには、夫婦が別々でカードを発行する方法と、家族カードを作る方法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、クレジットカードを便利に活用するためには、自分たちの生活スタイルに合った持ち方をすることが大切です。

そこで、夫婦が別々でカードを発行する方法と、家族カードを作る方法のそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。夫婦でクレジットカードをどのように使っていきたいのか見極める際にお役立てください。

夫婦で別々のクレジットカードを使う

夫婦がそれぞれ、別々にクレジットカードを申し込み、それらのクレジットカードで決済をするメリットとデメリットをご紹介します。

別々のクレジットカードを使うメリット
夫婦で別々のクレジットカードを使うと、利用の自由度が高くなり、出費のプライバシーが守られます。利用料金の引き落としの口座もそれぞれ別の口座で設定することが可能なため、自分自身がどれだけ出費したのか、支払いの管理を夫婦各々でできます。

また、クレジットカードにはさまざまな特典やサービスが付帯しています。そのため、飛行機での出張の多い方は空港ラウンジが無料で使えたり、しっかりとした旅行傷害保険が付帯していたりするカードを、ネットショッピングが好きな方は、よく利用するショッピングサイトでポイントが高還元率になるカードを選ぶなど、夫婦それぞれが自分の生活スタイルに合ったクレジットカードを選ぶことが可能です。

別々のクレジットカードを使うデメリット
年会費が必要なカードを夫婦それぞれが持っている場合、2枚分の年会費がかかるため、維持費がかさんでしまいます。

また、それぞれでポイントを貯めることになるためポイントがなかなか貯まらず、気付くとせっかく貯めたポイントが失効してしまっていたということにもなりかねません。

さらに、夫婦でそれぞれに複数枚のカードで出費を管理するため、家計として全体の出費を管理しにくく、使いすぎてしまう可能性もあります。

夫婦で家族カードを使う

夫婦であれば、発行済みのカードに追加で家族カードを発行できます。家族カードを使うメリットとデメリットをご紹介します。

家族カードを使うメリット
家族カードの年会費は、通常本会員の年会費よりも安く設定されています。そのため、ステータス性の高いカードでも家族カードならお手頃な年会費で持てます。さらに、旅行傷害保険やショッピング保険、加盟店でのポイントアップなど、本会員とほとんど同じサービスを受けることが可能です。

例えば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの本会員の年会費は11,000円(税込)ですが、家族カードだと年会費は1,100円(税込)です。もちろん、家族カードでも国内空港ラウンジサービスや空港手荷物無料宅配サービスなどの特典を利用できます。

また、家族カードを使うことで、ポイントを1つのカードに集約できるため、効率的にポイントを貯められます。また、同じ口座でまとめて支払うことができます。支払いの管理が一括ででき、家族カードの利用分は本会員の明細にすべて記載されるため、家計の管理が楽になり、出費の見直しなどもしやすくなります。

家族カードを使うデメリット
家族カードを発行しても、本会員の利用限度額は増えません。本会員の利用限度額を家族カードと分け合うことになります。例えば、本会員の利用限度額が100万円で、本カードで60万円利用したとすると、家族カードで利用できるのは40万円までです。

このように、利用枠が共通なので利用限度額が足らなくなる可能性があります。

また、家族カードのメリットとして、家族カードの利用分が本会員の明細にすべて記載され家計の管理が楽になるものの、購入したものがすべて本会員にバレてしまいます。

購入したものがばれたくないという方は、バレたくないものを購入する場合、別のクレジットカードを利用するようにしましょう。

家族カードの作り方

家族カードの作り方

本カード作成時に、家族カードも一緒に申し込めます。また、すでに発行済みの本カードの追加カードとして家族カードを発行することも可能です。

セゾンの発行済みの本カードの家族カードを発行したい場合は、インターネットからNetアンサーにログインして申し込むか、セゾンカードホームページより家族カードの申込書を請求することができます。

夫婦におすすめのクレジットカード

夫婦で使うのにおすすめのクレジットカードは以下の3券種です。夫婦別々で使うでも、家族カードを発行して使うでもおすすめのクレジットカードとなっています。

・セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

それぞれのクレジットカードの特徴をおすすめのポイントともにお伝えしていきます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費初年度無料。2年目以降1,100円(税込)ですが、年1回以上の利用で翌年も年会費無料で持つことができるカードです。家族カードの年会費は永年無料です。

少額のお買い物などで便利な電子マネーは、iD、QUICPayなどに対応しています。

1,000円(税込)につき1ポイント(5円相当)の永久不滅ポイントが貯まり、セゾンポイントモールを経由したオンラインショッピングではポイント最大30倍、海外利用ではポイント2倍と、ポイントが貯まりやすいのも魅力的です。

さらに、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定の優待サービス「アメリキャッシュバック専用キャンペーンプログラム「セゾン・アメックス・キャッシュバック」をはじめ、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も利用できるため、夫婦でショッピング・ダイニング・ホテルに関する優待を受けることができます。

セゾンパールセゾンパール

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費11,000円(税込)のところが、初年度は年会費が無料。家族カードは年会費1,100円(税込)で発行可能です。家族カードならリーズナブルな年会費でステータスの高いカードを持つことができます。

永久不滅ポイントは常に、国内利用ポイント1.5倍、海外利用ポイント2倍、セゾンポイントモールを経由してインターネットショッピングをするとポイント最大30倍と還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカードです。

しかも、旅行好きに嬉しいトラベルサポートが充実。国内空港ラウンジ無料利用可能、世界148か国以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」プレステージ年会費が通常年会費429米ドルのところを優遇価格の11,000円(税込)で本会員限定で利用可能です。

また、保険が手厚い点もメリットといえます。最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯、国内旅行損害保険が利用付帯で、国内、海外ともに家族も最高1,000万円まで補償を受けることが可能です。家族カードには旅行傷害保険は付帯していないので注意が必要です。

さらに年間200万円のショッピング保険に加えて、不正使用による損害を補償するオンラインプロテクションも付帯しています。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は22,000円(税込)と決して安くはない金額ですが、付帯している特典が充実しています。また、家族カードは3,300円(税込)で発行することができ、充実した特典をリーズナブルな価格で利用することができます。

ゴールドカード同様、永久不滅ポイントは常に、国内利用ポイント1.5倍、海外利用ポイント2倍、セゾンポイントモールを経由してインターネットショッピングをするとポイント最大30倍と還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカードです。

国内の主要空港ラウンジを無料で利用できるほか、148以上の国や地域にある1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」のプレステージ会員(通常年会費429米ドル)に年会費無料で登録が本会員限定で可能です。

海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円が自動付帯し、国内、海外ともに家族も最高1,000万円まで補償を受けることが可能です。家族カードには旅行傷害保険は付帯していないので注意が必要です。

また、ショッピング保険は年間で最高300万円まで補償を受けることができるので、安心して買物を楽しむことができます。

また、24時間365日*対応してくれるコンシェルジュサービスや全国のプレミアムホテルを優待料金で利用できるプレミアムホテルプリビレッジなども付帯しており、普段の生活をワンランク上のものにしたい方にとっておすすめです。

*一部対応時間を限定しているサービスがございます

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

夫婦でクレジットカードを利用することで、生活費などの毎月必要となる支払いでポイントを貯めることができるので、とてもお得です。また、明細書が発行されるため、家計を見える化でき、管理がしやすくなります。

夫婦で別々のクレジットカードを使うのか、家族カードを使うのかは、メリット・デメリットを吟味した上で、それぞれの家庭の生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事