【クレジットカードのことならCredictionary】

特典が充実したプラチナカード3種類を比較!特長やおさえておくべきポイントを紹介

特典が充実したプラチナカード3種類を比較!特長やおさえておくべきポイントを紹介

一般カードと比較してステータスの高さが魅力的なプラチナカード。ゴールドカードを手にしたら、次はプラチナカードを…と憧れる方も多いでしょう。

プラチナカードにはそのステータス性の高さ以外にも、豊富な特典が付帯する魅力もあります。ご自身にとってメリットの大きい特典が付帯している1枚を選ぶことが大切です。本記事では、プラチナカードを比較する際に注目したいポイントをご紹介します。

さらにおすすめのプラチナカード3券種の特典を比較するので、ご自身に合ったプラチナカードを見極める際に、ぜひお役立てください。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

プラチナカードの特長

プラチナカードとは、一般カード・ゴールドカードよりも高いステータスを誇るクレジットカードで、豪華かつ多彩な特典が魅力のカードです。

具体的な特典はカードによって異なりますが、例えば、国内外のホテル予約や旅行プランの相談ができるコンシェルジュ・サービス、有名ホテルの優待や空港ラウンジの利用サービスなど、一般カードと比較して高級な特典が多く付帯しています。

プラチナカードはそのステータスの高さから「持つのが難しい」というイメージを持たれている方がいらっしゃるかもしれません。

確かに、申し込むためにカード会社からの招待(インビテーション)が必要となるカードもありますが、一般カードやゴールドカードのように自ら申し込めるプラチナカードもあるため、申込条件を満たしていれば誰しも利用できるチャンスがあるカードです。

プラチナカードに付帯する主な特典やサービス

前述したように、プラチナカードには充実した内容の特典やサービスが数多く付帯しています。よく付帯する特典・サービスの例としては、下記の6つが挙げられます。

● 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険
● ショッピング保険
● 空港ラウンジの無料利用
● プライオリティ・パス
● コンシェルジュ・サービス
● ホテルやレストランの優待サービス

以下で各特典・サービスの内容を順番にご紹介します。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険とは、旅行中の事故による怪我の治療費、他人に怪我をさせてしまった場合の賠償金などを補償してくれる保険のことです。補償内容はカードによって異なるものの、保険自体はほとんどのプラチナカードに付帯しています。

旅行傷害保険が付帯しているカードを保有しているだけで、旅行先での万一に備えられます。海外旅行や出張が多い方には、特に重要度の高い特典だといえるでしょう。

なお、旅行傷害保険はカードを保有するだけで適用される「自動付帯」、一定の条件を満たすことで適用される「利用付帯」の2種類があります。自動付帯と利用付帯のどちらが付帯するかは各カードで変わってくるため、事前によく確認しておきましょう。

ショッピング保険

ショッピング保険は、クレジットカードで購入した商品に生じた損害を補償してくれる保険です。例えば、商品が破損や盗難の被害にあった場合、商品購入日から一定期間内であれば補償を受けられます。

ショッピング保険はプラチナカードだけでなく、一般カードにもよく付帯する特典です。ただし、補償金額はプラチナカードのほうが高くなる傾向にあります。

空港ラウンジの無料利用

多くのプラチナカードには、空港ラウンジの利用が無料になる特典が付帯しています。

例えば、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを保有している場合は、全国の主要空港のラウンジのほか、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)のラウンジも無料で利用することが可能です。

空港ラウンジを利用すれば、フライトまでの時間を静かにゆったりと過ごせます。空港を利用する機会が多い方にとって、特にメリットの多い特典です。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスとは、世界1,500ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる会員サービスのことです。通常であれば年会費の支払いが必要な会員サービスですが、プラチナカードによっては年会費無料でプライオリティ・パスに登録できる特典が付帯しています。

なお、プライオリティ・パスは自動的に付帯するサービスではなく、別途申し込みが必要になるのが一般的です。そのため、プライオリティ・パスに関する特典が付帯するプラチナカードを発行する際は、プライオリティ・パスへの申し込み方法も合わせて確認しておきましょう。

ちなみに、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合は、インターネット(Netアンサー)から申し込む、またはカード裏面に記載された電話番号に連絡をするだけでプライオリティ・パスへ登録ができます。

コンシェルジュ・サービス

プラチナカードによっては、コンシェルジュ・サービスを利用できる特典が付帯します。

コンシェルジュ・サービスとは、プラチナ以上の会員の方が限定で利用できる問い合わせ窓口のことです。カードに関する問い合わせはもちろん、ホテルやレストランの予約、航空券や特急券の手配など、さまざまな要望に専任のスタッフが応えてくれます。

コンシェルジュ・サービスは、電話で問い合わせる形で利用するのが一般的です。例えば、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードに付帯するコンシェルジュ・サービスの場合は、24時間年中無休でコールセンターのスタッフが対応します。

ホテルやレストランの優待サービス

プラチナカードのなかには、「宿泊料金が〇〇%OFF」「条件を満たすとコース料理が無料」などのように、ホテルやレストランの優待サービスが付帯しているカードもあります。

具体的なサービス内容はカードによって異なりますが、ランクが高いプラチナカードに付帯する特典ということもあり、お得度の高いものがほとんどです。優待サービスの対象店舗に自分がよく足を運ぶ店舗が含まれている場合は、メリットをより感じやすいでしょう。

おさえておくべきプラチナカードの比較ポイント

おさえておくべきプラチナカードの比較ポイント

ご自身に合ったプラチナカードを発行するためには、年会費やポイント還元率、特典などを比較して選ぶことが大切です。

ここでは、プラチナカードを選ぶ際にチェックするべき比較ポイントを5つご紹介します。

①年会費

プラチナカードの年会費はカード会社やカードの種類ごとに異なり、1万円ほどで持てるものから10万円を超えるものまで大きな差があります。

高額の年会費を支払って、付帯する特典を使いこなせるか心配な方は、まずはリーズナブルな年会費のプラチナカードで使い心地を試してみると良いかもしれません。

②ポイント還元率

プラチナカードを選ぶ際は、利用に応じて付与されるポイントの還元率・ポイントの使いやすさ・有効期限を比較しましょう。ポイント還元率の高いカードを選べば、それだけお得にクレジットカードを使えます。

ポイントの使いやすさも大切です。普段よく利用するお店の商品券に交換できたり、よく利用する電子マネーに交換できたり、クレジットカードの利用料金の支払いに充てられたりなど、貯めたポイントを有効活用できるかどうかもチェックしましょう。

また、ポイントの有効期限が短いと、せっかく貯めたポイントが知らないうちに失効してしまう可能性があります。

セゾンの永久不滅ポイントであれば、ポイントの有効期限がありません。ポイント失効の心配をせず、マイペースにポイントを貯められます。

③マイル還元率

マイルをためている方であれば、マイル還元率も比較しましょう。また、ご自身がためている航空会社のマイルに交換可能かを確認することも忘れてはいけません。

セゾンにはJALのマイルがショッピング1,000円(税込)ごとに10マイルたまる「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」というプログラムや、ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」がショッピング1,000円(税込)ごとに15マイルたまる高還元率のプラチナカードがあります。

④付帯保険の補償金額と内容

旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯保険の適用条件、最高補償金額もチェックしておきたいポイントです。なお、プラチナカードの海外・国内旅行傷害保険の最高補償金額の相場は5,000万円~1億円となっています。

付帯する旅行傷害保険を比較する際は、補償内容のなかでも利用する可能性が高いと思われる、旅行中のケガや病気の治療を補償してもらえる「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の補償金額を確認しましょう。

家族旅行をする予定のある場合は、「家族特約」があるかという点を確認することも大切です。家族特約があるとクレジットカードを持っていない家族も補償を受けられるため、安心して家族旅行を楽しめます。

また、天候などの影響で航空機が遅れたり、欠航になったりした際に、現地での宿泊料金や食事代などを一定額補償してくれる「航空機遅延保険」もあると心強いです。

⑤特典やサービス

先述したように、プラチナカードには充実した特典やサービスが数多く付帯しています。旅行によく行かれる方やエンターテインメントを堪能したい方なら、特典やサービスをうまく活用することで年会費以上の価値を見出せます。

プラチナカードを選ぶ際は付帯する特典やサービスの内容を比較し、ご自身にとってメリットがあるかどうかもチェックしておきましょう。

セゾンカードがおすすめするプラチナカードの特典を比較

セゾンカードがおすすめするプラチナカードの特典を比較

おすすめのプラチナカードは「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」「MileagePlusセゾンプラチナカード」「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の3枚です。

それぞれのカードの情報をまとめました。

  セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード MileagePlusセゾンプラチナカード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
永久不滅ポイント、マイル 国内:1,000円(税込)につき1.5ポイント
海外:1,000円(税込)につき2ポイント
1,000円(税込)につき、ユナイテッド航空のマイルが15マイル(※1) 国内:1,000円(税込)につき1ポイント
海外:1,000円(税込)につき2ポイント
旅行傷害保険の補償額(※2) 海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
国内:最高1億円
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円

上記以外にも、セゾンカードで人気のプラチナカードには、それぞれに魅力的な特典が豊富に付帯しています。内容を比較し、ご自身に適したものをお選びください。

例えば、「毎日のお買物で永久不滅ポイントをたくさん貯めたい」あるいは「JALのマイルをためて、お得に旅行をしたい」とお考えの方には、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。

「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に無料登録を行えば、1,000円(税込)につきJALのマイルが10マイルたまり、加えて2,000円(税込)につき1ポイントの永久不滅ポイントも貯まることを覚えておきましょう(登録中は、永久不滅ポイントの付与数が通常とは異なることにご留意ください)。

「ユナイテッド航空のマイルをためて航空券と交換したい」とお考えの方は、MileagePlusセゾンプラチナカードを保有してはいかがでしょうか。

事業を営んでいる方には、ビジネスに役立つ優待が充実しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。

以下では、セゾンカードのおすすめプラチナカード3種の特典を詳しくご紹介します。

(※1)一部還元率の異なるサービスおよび加盟店がございます。
(※2)「旅行費用をクレジットカードで支払う」などの条件が付帯する場合があります。

 

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費22,000円(税込)で、安定した収入があり、社会的信用を有する連絡可能な方なら申し込みが可能です。

有効期限のない永久不滅ポイントが1,000円(税込)のショッピング利用で1.5ポイント(1ポイント最大5円相当のアイテムと交換した場合、約7.5円相当)、海外利用の場合は1,000円(税込)のショッピング利用で2ポイント(最大10円相当)貯まります。

JALのマイルを効率的にためられる「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に無料で登録可能なほか、海外旅行では最高1億円、国内旅行では最高5,000万円の傷害保険が付帯(航空機遅延保険も含む)され、家族旅行の時も安心な最高1,000万円の家族特約も付帯しています(※1)。

さらに、年間300万円のショッピング安心保険やオンライン・プロテクション(※2)もあり、安心してお買物を楽しめます。

(※1)海外旅行傷害保険は、航空券代などの支払いに本カードを利用した場合に適用されます。国内旅行傷害保険は自動付帯です。
(※2)補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分


>>詳細はこちら

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

MileagePlusセゾンプラチナカード

年会費55,000円(税込)、国際ブランドはVisaとAmerican Expressから選べます。ショッピング1,000円(税込)につきユナイテッド航空のマイルが最大15マイルたまるため、マイル還元率は最大1.5%と業界最高水準です。(※)

ショッピングでたまるマイルの有効期限はありません。2年目以降の年会費請求月にサンクスマイルとして5,000マイルが付与されます。ためたマイルはユナイテッド航空をはじめ、同じスターアライアンスに属する航空会社(ANA、タイ航空など)の特典航空券に交換可能です。

また、空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」の利用パスが毎年2枚(118米ドル相当)プレゼントや、ユナイテッド航空運航便の優先搭乗などの特典もあります。

最高1億円の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯しているほか、最高1,000万円の家族特約も付帯しています(※)。さらに、ショッピング安心保険もあり、1事故上限500万円の補償が受けられます。

また国内空港ラウンジの無料利用や、コンシェルジュ・サービスも活用できます。

(※)一部還元率の異なるサービスおよび加盟店がございます。
(※)海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険は、航空券代などの支払いに本カードを利用した場合に適用されます。


>>詳細はこちら

MileagePlusセゾンカード新規ご入会キャンペーン実施中MileagePlusセゾンカード新規ご入会キャンペーン実施中

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は初年度無料、2年目以降は22,000円(税込)で利用できます。個人事業主または経営者向きのビジネスカードですが、プライベート向けの優待も充実しています。

永久不滅ポイントがショッピング利用1,000円(税込)で1ポイント(1ポイント最大5円相当のアイテムと交換した場合、最大5円相当)、海外利用の場合は1,000円(税込)で2ポイント(最大10円相当)貯まります。

また、「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」への登録が可能なため、JALのマイルを効率的にためたい方にもおすすめです。ちなみに、登録期間内に移行上限の15万マイルに到達した場合は、翌年の「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」の年会費は無料となります。

さらに最高1億円の海外旅行傷害保険(※)、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯(航空機遅延保険含む)しており、年間300万円のショッピング安心保険、オンライン・プロテクション*などの補償も付いています。

クラウド型経費精算サービスの優待をはじめ、ビジネス向け特典も満載です。プライベートだけでなくビジネスにもクレジットカードを活用したい方は、ぜひ検討してください。

(※)海外旅行傷害保険は、航空券代などの支払いに本カードを利用した場合に適用されます。国内旅行傷害保険は自動付帯です。

>>詳細はこちら

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

プラチナカードに関する「よくある質問」

プラチナカードに関する「よくある質問」および「回答」をご紹介します。

Q1 プラチナカードとゴールドカードの特典の違いは?

セゾンカードから発行されているプラチナカードとゴールドカードを1枚ずつピックアップし、特典の違いを下表にまとめました。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード ● 海外旅行傷害保険の補償額が最高1億円
● プライオリティ・パスに無料で登録可能
● コンシェルジュ・サービスなどプラチナ会員限定の優待も付帯
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード ● 海外旅行傷害保険の補償額が最高5,000万円
● プライオリティ・パスに税込11,000円で登録可能

Q2 プラチナカードの審査は厳しい?

一般的に審査基準は公開されていませんが、カード発行会社の公式サイトに「入会資格」が掲載されているのでご確認ください。

例えば、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)︎・カードの入会資格は「安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)」となっており、「無収入の方」「収入が不安定な方」「学生」「未成年」は、入会資格を満たしません(※)。

(※)入会資格を満たしていても、審査の結果によっては保有できない場合があります。

プラチナカードの特典比較まとめ

プラチナカードに付帯する特典を活用すれば、万一のときの補償を手厚くできたり、旅行をお得に楽しめたりと、年会費以上の価値を得られます。

マイルをためたい方は効率的にマイルがたまるカードを、ビジネスシーンで頼れるサポートが欲しい方はビジネスサポートが充実しているカードを選ぶなど、ご自身にとってもっともメリットの高い特典が付帯しているプラチナカードを選ぶことで、特典を存分に活かせるでしょう。

おすすめは「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」「MileagePlusセゾンプラチナカード」「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の3枚です。それぞれに特長があるので、年会費や優待を比較し、ご自身に適したものをお選びください。

おすすめのクレジットカード

人気記事