【クレジットカードのことならCredictionary】

フリーランスはクレジットカードを持てる?ビジネスカードのメリットやカード選びのポイントを解説

フリーランスはクレジットカードを持てる?ビジネスカードのメリットやカード選びのポイントを解説

近年よく聞くようになった、フリーランスという言葉。フリーランスとは、特定の企業や組織に所属せずに、スキルを活かして働く個人事業主のことです。多くの場合、クライアントやプロジェクトごとに契約を結んで、業務を進めていきます。

フリーランスの方は、事業を運営していくうえでかかる費用として経費を支払う必要があります。支払方法にはさまざまなものがありますが、経費支払いは高額なものも多いため、出来ればクレジットカードで払いたいところです。

本記事では、フリーランスの方がクレジットカードを持てるのかどうかや、カードを選ぶときのポイントをわかりやすく解説します。経費の支払いをスムーズにするためにも、ぜひ参考にしてください。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

フリーランスはクレジットカードを持てるの?

フリーランスはクレジットカードを持てるの?

フリーランスの方は、会社勤めをしていないため、安定性の観点からクレジットカードを発行できるのか不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、フリーランスの方もクレジットカードを持つことはもちろん可能です。

特定の企業や組織に雇用されずに、自らのスキルを活かして仕事をするフリーランスにも、クレジットカードが必要になるシーンは多いはず。実はこのニーズに応えた、フリーランスの方が持ちやすいクレジットカードが今増えてきています。

フリーランスがビジネスカードを持つべき3つの理由

フリーランスがビジネスカードを持つべき3つの理由

クレジットカードは、個人カードとビジネスカードの大きく2種類に分けることができます。個人でビジネスを行って生活をするフリーランスの方は、一体どちらのカードを持てば良いのでしょうか?

結論から申し上げますと、フリーランスの方はプライベートな支出を支払う個人カードとは別に、事業にかかる支出を支払うビジネスカードを持っておくのがおすすめです。以下では、フリーランスの方がビジネスカードを持つべき理由を3つ解説します。

経費管理や確定申告が楽になる

1つ目の理由は、経費管理や確定申告が楽になるからです。ビジネスカードを経費の支払いに利用すると、カードの利用明細を一目見るだけで経費の支出を把握することができ、管理を楽にすることができます。ちなみに利用明細は、確定申告をするときの経費の証明書として提出することができるので、経費の支払いごとに発行される領収書の保管に手間を取らなくて良くなります。

また、ビジネスカードを経費の支払い専用として利用すればプライベートな支出と混同することがないため、「立て替えた分の精算を忘れてしまった!」となる心配もないのです。さらに、会計ソフトと連携しておくとさらに便利になります。

正確に行う必要がある確定申告のトラブルを避けるためにも、個人カードとは別にビジネスカードを作っておき、支出を区別できる環境にしておきましょう。

ビジネスカードの年会費は経費として計上することができる

2つ目の理由は、ビジネスカードの年会費は経費として計上することができるからです。経費の支払いに利用するビジネスカードは、事業を継続するために必要な出費なので、経費として計上することができます。

フリーランスの方が支払う所得税は、所得から経費を差し引いたものに所得税率を掛けることで算出されます。つまり、経費が多いほど所得税の負担が小さくなるということなので、個人カードとは違って年会費を経費として計上できるビジネスカードは、メリットが大きいのです。

ちなみに、年会費の仕訳をする際の勘定科目は「諸会費」もしくは「支払手数料」です。

高額な経費支出にも対応できる

3つ目の理由は、ビジネスカードは税金の支払いなどで支出が多くなる時期に、一時的にカード利用限度額の増額が可能な場合があるからです。

増枠手続きや増枠できる金額は各カード会社によって異なりますが、利用可能枠をこえる高額な決済シーンでも安心して利用することができるのは、ビジネスカードならではです。

フリーランスがクレジットカードを選ぶときのチェックポイント

フリーランスがクレジットカードを選ぶときのチェックポイント

ここでは、フリーランスの方がクレジットカード(ビジネスカード)を選ぶときのチェックポイントを4つご紹介します。ビジネスカードのメリットを最大限活かせるよう、ご自身にとってベストなビジネスカードを選びましょう。

年会費

1つ目のカードを選ぶポイントは、年会費です。上記でも述べたように、ビジネスカードの年会費は経費として計上することができます。

プライベートな支払いに利用する個人カードを選ぶときは、保有コストを抑えるために年会費無料のものや安いものを探していた方も多いかもしれませんが、ビジネスカードに年会費は経費として計上できることから、年会費の安さよりも提供されている付帯サービスや特典に注目した方が良いでしょう。

付帯サービスや特典

2つ目のカードを選ぶポイントは、付帯サービスや特典です。ビジネスカードには、ビジネスに役立つ特典やサービスが付帯しています。

個人カードにも付帯しているものも多く、例えば「プライオリティ・パス」などの空港ラウンジ利用サービスや旅行傷害保険、他にも手荷物宅配サービスなどが挙げられます。出張や取材などで国内外を移動する機会がある方にはうれしいサービスです。

ビジネスカードとしてうれしい特典といえば、会計ソフトの利用料金優待や福利厚生サービス、経費支払いの優待、追加カード(社員用カード)の発行などがあります。

せっかくビジネスカードを持つからには、個人カードとは一味違った、事業に役立つ特典やサービスが付帯したカードを選びましょう。

ポイント還元率

3つ目のカードを選ぶポイントは、ポイント還元率です。クレジットカード利用の醍醐味といえばポイントがたまることですが、ビジネスカードでも個人カードと同様にポイントを貯めることができます。同じ金額の経費を支払うのなら、ポイント還元率が高いビジネスカードを持つ方がお得です。

経費はプライベートな支出よりも大きくなりがちなので、せっかくならポイントをたくさん貯められるようにしましょう。

社員用カード

4つ目のカードを選ぶポイントは、社員用カードです。ビジネスカードでは、社員に持たせる専用カードとして、追加カードを発行することができる場合があります。

フリーランスの方も、事業が拡大してくるといずれは従業員を雇うときが来るかもしれません。その際、従業員に経費を支払うための追加カードを持たせておくことで、個人で立て替える手間や領収書を紛失するリスクを軽減することができるのです。

ちなみに、追加カードの利用金額は本会員の引き落とし口座からまとめて引き落とされるため、支払いは1ヵ所から行われるという安心感もあります。

フリーランスにおすすめのセゾンのクレジットカード

フリーランスにおすすめのセゾンのクレジットカード

セゾンでは、フリーランスの方におすすめのビジネスカード「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をご用意しています。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、フリーランスの方はもちろん、個人事業主の方やスタートアップを支援する1枚で、申込対象は「個人事業主またはフリーランス、経営者の方(高校生を除く)」です。

年会費は1,100円(税込)とリーズナブルなので、まだ事業を始めたばかりのフリーランスの方でも気軽に保有することができます。カードの申し込みはすべてネットで完結しますし、申し込みの際は決算書や登記簿謄本の提出も不要です。これなら事業に忙しい方でも簡単に申し込むことができます。

ビジネスに役立つ特典として、「ビジネス・アドバンテージ」が付帯しています。事業に必要な事務用品やレンタカー、宅配サービスなどにかかる経費の支払いに優待価格が適用されるというもので、フリーランスの方の経費削減に役立ちます。

また、国内シェアトップクラスのレンタルサーバー「エックスサーバー」の優待もご用意しています。フリーランスの方は個人向けプラン(X10、X20、X30)にかかる初期設定費用3,300円(税込)が無料になるので、サーバーの導入が必要な方はぜひご利用ください。

さらに、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはポイント還元率も高いです。

国内利用では1,000円ごとに1ポイント(5円相当)の永久不滅ポイントが貯まりますが、なんと海外で利用するとポイント還元率が2倍にアップします。海外に滞在する機会があるフリーランスの方は、ぜひ経費の支払いに利用してポイントをたくさん貯めていきましょう。ちなみに永久不滅ポイントには有効期限がないので、ご自身のペースで貯めて・使うことが可能です。

また、ビジネスカードならではのポイント特典「4倍ポイントサービス」もございます。ヤフービジネスサービスやクラウドワークス、アマゾン ウェブ サービスなどのビジネスで役立つ対象サイトを利用すると、永久不滅ポイントが通常の4倍(1,000円ごとに4ポイント)貯まるというものです。

最後に、追加カードについてです。セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは9枚まで追加カードを発行することができ、追加カードの年会費は永年無料です。従業員がいらっしゃるフリーランスの方は、保有コストをかけずに従業員にカードを持たせて、経費管理をスムーズにすることができます。

ビジネスカードの中ではリーズナブルに設定されているのが魅力的なセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを、ぜひご利用ください。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

まとめ

本記事では、フリーランスの方のクレジットカード利用について解説してきました。経費の支払いなどで「クレジットカードを持ちたい」とお考えのフリーランスの方は、プライベートな支出に利用する個人カードとは別に、経費の支払い専用のビジネスカードを作ることをおすすめします。

ビジネスカードが1枚あると、経費管理や確定申告がぐんと楽になり、年会費は経費として計上することができるので所得税の負担軽減にもつながります。限度額が不安という方も、ビジネスカードなら、納税などで多額な支出が発生するときに一時的に限度額を増額することができるのでご安心ください。

また、セゾンのおすすめ「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」をお得に利用して、事業の支払いに役立ててみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事