【クレジットカードのことならCredictionary】

20歳の学生・社会人におすすめのクレジットカードは?必要書類や申込方法を徹底解説

20歳の学生・社会人におすすめのクレジットカードは?必要書類や申込方法を徹底解説

20歳になった学生・社会人のなかには、クレジットカードの申し込みを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、20歳の学生・社会人のクレジットカード申し込みについて詳しく解説します。初めて申し込む方に向けて、必要なものや申込方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

20歳の学生・社会人はクレジットカードを作ることができる!

20歳の学生・社会人はクレジットカードを作ることができる!

クレジットカードの入会資格は、多くの場合「18歳以上のご連絡可能な方(高校生を除く)」と定められています。

つまり、20歳の方は学生でも社会人でもクレジットカードを作ることが可能です。

20歳でクレジットカードを作るメリット

なかには「20歳でクレジットカードを作るのは早いのでは」と感じる方もいるでしょう。しかし、クレジットカードには現金の支払いでは得られないさまざまなメリットがあるため、できれば早めに作っておくことをおすすめします。

ここでは、20歳でクレジットカードを作る主なメリットについてご紹介します。

●手持ちの現金がなくてもお買物ができる

現金で支払いをするためには、当然ですが現金を持ち歩く必要があります。

現金を持ち歩くとどこでも会計ができる安心感がありますが、「ATMの利用手数料がかかってしまう」、「会計の際に現金が足りず困ってしまう可能性がある」などのデメリットもあります。

しかし、クレジットカードであれば手持ちの現金がなくてもお買物ができるため、これらのデメリットを気にする必要がありません。

また、会計時に財布から現金を探す手間も省けます。

●お買物や支払いでポイントが貯まる

20歳の学生や新社会人の方のなかには、一人暮らしを始める方もいるでしょう。一人暮らしを始めると光熱費や家賃などの固定費が発生しますが、これらの費用をクレジットカードで支払えば、その分ポイントを貯めることができます。

また、クレジットカードのポイントは、普段のお買物でも貯めることが可能です。

例えば、セゾンが発行するセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitaであれば、1,000円(税込)のショッピング利用につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。対象の店舗でQUICPay™(クイックペイ)を利用する場合は、還元率が3%相当(※)アップします。

(※)1ポイント約5円相当のアイテムと交換した場合となります。

●クレジットカードの付帯サービスが利用できる

大半のクレジットカードには、支払いの機能以外にさまざまなサービスが付帯しています。例えば、空港ラウンジの利用が無料、対象の店舗でのお買物が割引されるなど、多くの種類があります。

サービス内容はカードによって異なりますが、基本的にはどれもお得なものばかりです。サービスを上手に活用するためにも、内容は事前に確認しておきましょう。

クレジットカードを作るのに必要なもの

クレジットカードを作るのに必要なもの

20歳になり、就職や一人暮らしを始めることを機にクレジットカードを作ろうと考えている方も多いのではないでしょうか。

わくわくするクレジットカードデビューですが、初めてだと何を用意すればいいか分からず困ってしまうこともあります。ここでは、クレジットカードを作るのに必要なものについて、わかりやすく解説していきます。

1.本人確認書類

1つ目に必要なものは、本人確認書類です。ここでの本人確認書類とは、クレジットカード申し込み者の身分を証明する書類をいいます。

本人確認書類を提出するときは、必ず有効期限が切れていないかを確認しておくようにしましょう。また、提出する書類によっては、別途で追加提出書類が必要になることもあるのでご注意ください。

以下では、セゾンカードを作る場合に必要な本人確認書類について、説明します。

提出する本人確認書類が顔写真ありのものであれば、追加書類は必要ありません。1点で有効な顔写真あり本人確認書類は、以下のとおりです。

● 運転免許証または運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたものに限る)
● パスポート
● 在留カード
● 特別永住者証明書
● 個人番号カード
● 住民基本台帳カード(写真付)
● 身体障害者手帳

場合によっては、上記のような顔写真あり本人確認書類を1点も持っていないというパターンも考えられます。その場合は各種健康保険証1点と、以下の顔写真なし本人確認書類のうちいずれか1点の合わせて2点を提出すれば、問題ありません。

● 印鑑登録証明書(発行日から6ヵ月以内のものに限る)
● 戸籍謄抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもので、発行日から6ヵ月以内のものに限る)・住民票の写し(発行日から6ヵ月以内のものに限る)
● 国民年金手帳
● 児童扶養手当証書
● 特別児童扶養手当証書
● 母子健康手帳
● 公共料金の領収証書(電気・ガス・水道・固定電話・NHKなど。領収証書および納税証明書は発行日から6ヵ月以内で、ご本人名義のものに限る)・社会保険料の領収証書
● 国税・地方税の領収証書または納税証明書(領収証書および納税証明書は発行日から6ヵ月以内で、ご本人名義のものに限る)

本人確認書類の条件はカード会社によって異なるので、申し込む前に確認しておくことをおすすめします。

2.銀行口座

2つ目に必要なものは、銀行口座です。クレジットカードの利用料金は毎月銀行口座から引き落とされるので、必ず必要になります。また、引き落とし口座として登録することができる口座は、1つだけです。

メガバンクやゆうちょ銀行、地方銀行、ネット銀行などさまざまな銀行が対象となっていますが、カード会社によっては利用できない銀行があるかもしれません。特にゆうちょ銀行やネット銀行は利用可否が分かれやすいので、不安な方は前もって確認しておきましょう。

また、クレジットカードの名義人と銀行口座の名義人は、原則同一人物である必要があります。ただしセゾンを含む一部カード会社では、同姓の配偶者か親子が名義人となっている銀行口座を引き落とし口座として登録することができるので、必要な方はご検討ください。

3.住所

3つ目に必要なものは、住所です。クレジットカードを申し込むときは、住所の記入が必要になります。郵送でクレジットカードを受け取る場合はもちろん、その後カード会社から重要書類や利用明細などが送られてくる際にも住所は欠かせません。

セゾンカードの受け取り方法の1つに郵送受け取りがあります。「本人限定受取郵便」での発送になるので、必ず申し込み者ご本人様が受け取ることのできる住所を記入するようにしてください。

クレジットカードの申込方法

クレジットカードの申込方法

次は、クレジットカードの申込方法について見ていきます。20歳だと、学生の方と社会人の方の両方がいらっしゃるかと思います。ご自身の生活スタイルに応じた、ぴったりの申込方法を見つけてみてください。

●ネットで申し込む

1つ目は、ネットで申し込む方法です。カード会社の公式ホームページから申し込みを希望するカードの申し込みページに移行して、必要事項を入力するというものになります。

申し込みが完了したら審査が行われるので、審査結果の回答を待ちましょう。審査に通過した連絡が来たら、郵送受け取りや店頭受け取りといった方法で、クレジットカードを受け取ることができます。

また、郵送の場合は一般的に、審査完了から最短で3~7営業日後に発送されることが多いです。

セゾンの場合、ネットから申し込み、審査完了から最短5分でスマートフォンアプリの「セゾンPortal」内に発行できるデジタルカードもあります。早めにクレジットカードが必要な方は、ネットからの申し込みがおすすめです。

●店頭で申し込む

2つ目は、店頭で申し込む方法です。デパートやスーパー、百貨店などでは、店頭の専用カウンターなどでクレジットカードの申し込みを受け付けていることがあります。

店頭での申し込みを希望する場合は、本人確認書類と金融機関のお届け印、キャッシュカードや通帳などの口座番号がわかるものなどを忘れずに持参してください。

カウンターでは、紙の申込書やタブレットの申し込みフォームなどを使用して必要事項を記入し、その後審査結果を待つことになります。審査後、最短でその場でクレジットカードを受け取ることができる場合があります。

ただし、店頭の混雑状況や審査状況によっては、カードの受け取りが遅れてしまう可能性もあるのでご注意ください。

セゾンのクレジットカードは、全国のセゾンカウンターにて申し込みが可能です。申し込みの際は、必ずクレジットカードを作るご本人様がご来店ください。カード発行の準備完了後、その場でカードを受け取ることができるので、お急ぎの方にもおすすめです。

●郵送で申し込む

3つ目は、郵送で申し込む方法です。カード会社の公式ホームページや店頭などでクレジットカードの申込書を入手(取り寄せ)して、必要事項を記入しカード会社に返送します。

カード会社に申込書が届いたら審査が開始されるので、審査結果の回答を待ちましょう。審査に通過したら、郵送でカードを受け取ります。

セゾンでは、資料請求ページから「カード入会申込書」を取り寄せることが可能です。必要事項を記入したら返送し、審査に通過後、郵送で受け取ることができます。

20歳の方におすすめのクレジットカード

20歳の方におすすめのクレジットカード

クレジットカードを作るのに必要なものや申込方法について解説しました。

ここでは20歳の方はもちろんクレジットカードデビューにおすすめのクレジットカードを3種類を紹介します。年会費がリーズナブルになっているので、ぜひご検討ください。

●セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

1枚目は、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」です。年会費は初年度無料で2年目以降は1,100円(税込)に設定されています。前年に1回以上利用すると翌年度の年会費が無料になります。

海外で利用すると永久不滅ポイントが通常の2倍(1,000円(税込)ごとに2ポイント)貯まるので、学生の方の卒業旅行や社会人の方の海外出張などでの利用にもぴったりです。

また、普段のお買物でQUICPayを利用した支払いを選択すると、3%相当ポイントが還元されます。QUICPayはコンビニやスーパーなどさまざまな場所で利用できるため、とてもお得です。

ほかにも、セゾンポイントモール経由でショッピングをすると、永久不滅ポイントが最大で通常の30倍貯まります。

American Express会員限定の「アメリカン・エキスプレス・コネクト」で優待を受けることもでき、普段使いでの便利さも見逃せません。

セゾンパールセゾンパール

●セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

2枚目は、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。年会費は26歳になるまで無料なので、お得感を堪能したい方にぴったりの1枚となっています。

26歳以上の方でも保有することができ、この場合は年会費初年度無料、2年目以降は3,300円(税込)です。

国内・海外ともに旅行傷害保険が付帯しているので、海外旅行や留学、出張にも役立ちます。補償金額は国内・海外ともに適用条件を満たすことで最高3,000万円までと、十分な手厚さです。

ほかにも、海外旅行や出張の際に海外用Wi-Fiレンタルサービスや海外アシスタンスデスクが利用できたり、会員限定のチケットサービスe+で人気の公演チケットを先行予約できたり割引価格で申し込めたりと、低コストながら日常をより便利にするサービスがたくさん付帯しています。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

SAISON CARD Digital

3枚目は、「SAISON CARD Digital」です。年会費は永年無料なので、保有コストが気になる方に向いています。

名前にDigitalとあるように、デジタルカードを発行できるのが大きな特長です。

審査完了後は最短5分でスマホアプリ「セゾンPortal」にデジタルカードが発行され、オンラインショップなどですぐに使うことができます。デジタルカードの券面は、アプリ内からいつでも好きなデザインに変更が可能です。

プラスチックカードは後日郵送されるので、「手元に物理的なカードを持っておきたい」という方でも安心です。状況や好みに応じて、デジタルカードとプラスチックカードを使い分けることができます。

また、タッチ決済に対応しているため、普段の支払いがよりスムーズになります。使い勝手の良さやコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

まとめ

まとめ

本記事では、20歳の学生・社会人の方に向けて、クレジットカードの申し込みに関する内容を解説しました。クレジットカードの入会資格は基本的に18歳以上のご連絡可能な方(高校生を除く)なので、成人している20歳の方は学生でも社会人であっても申し込むことができます。

クレジットカードの申し込みには、最低でも本人確認書類と銀行口座、住所が必要です。まだ銀行口座をお持ちでない方は、申し込みを機に本人名義の口座を開設しておきましょう。

その際、申し込むクレジットカードが決まっている方は、どの銀行の口座を引き落とし口座として登録できるのかチェックが必要です。

また、クレジットカードにはネットや店頭、郵送などさまざまな申込方法があります。学業や仕事でお忙しい方は、どこにいても気軽に申し込めるネット申し込みがおすすめです。

20歳になったのを機にクレジットカードデビューをご検討の方は、ぜひセゾンカードを利用してみてはいかがでしょうか。

(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事