Credictionary

クレジットヒストリー(クレヒス)とは?その与える影響や確認方法を解説します

クレジットヒストリー(クレヒス)とは?その与える影響や確認方法を解説します

クレジットカードの審査などでは、クレジットヒストリー(クレヒス)を確認するとよくいわれます。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略称で、クレジットカードやローンの利用の履歴に関する情報で、支払能力を確認するうえでクレジット会社等が照会しているものです。よいクレヒスの状態を保つことで、クレジットカードの審査などが有利になる可能性もあります。

今回は、クレヒスの意味やクレヒスが与える影響などについて解説します。また、ご自身のクレヒスの確認方法についても紹介しますので、参考にしてください。

クレヒスとは?

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略称です。クレヒスには、クレジットカードやローンなどの契約を行った際の個人情報のほか、カードやローンの契約の事実、支払いの状況(延滞等を含む)、携帯電話端末を分割で購入した際の支払い状況などの信用情報が含まれます。
クレジットカードは個人の支払能力が重要となります。審査では個人の支払能力を確認する手段のひとつとして、信用情報機関でクレヒスの照会が行われます。そのため、クレジットカードの申し込みなどを検討している方は、自分のクレヒスの状態を確認してみてもよいかもしれません。

クレヒスはどこに登録されるのか?

クレヒスは、国内にある信用情報機関に登録されています。信用情報機関には、(株)シー・アイ・シー(CIC)、(株)日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターの3つがあり、それぞれ加盟している主な会社が異なります。

例えば、クレジットカード会社などは、主にCICやJICCに加盟しており、銀行や信用金庫などは、全国銀行個人信用情報センターに加盟しています。

3つの信用情報機関は、加盟会社から登録された情報を管理し、CRINという信用情報交流ネットワークで延滞に関する情報および各信用情報機関にご本人が申告した本人確認書類の紛失盗難に関する情報などの情報を交流しています。

クレヒスに登録される期間

クレヒスに登録される期間や登録される情報の内容は、信用情報機関によって若干異なります。

例えば、CICの場合、加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報(クレジット情報)の保有期間を、契約期間中および契約終了後5年以内としています。JICCにおいては、契約日や貸付日、貸付金額等(ご契約内容に関する情報)や、入金日、残高金額、延滞等(お取引に関する情報)の登録期間は、契約継続中及び契約終了後5年以内です。


また、全国銀行個人信用情報センターの場合、ローン等の契約内容・返済状況(取引情報)取引情報は、契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間で登録されています。

よいクレヒスとはどのような状態か?

よいクレヒスとはどのような状態か?

よいクレヒスの状態とは、支払いがきちんとされ、返済の延滞のような情報がなく、しっかりと信用を積んでいる状態です。

よいクレヒスの状態を保つことによって、クレジットカードやローンの新規契約時や増枠審査の際に審査で有利になる可能性があります。

しっかりと支払いをすれば良好なクレヒスを積むことができる

よいクレヒスを積むためには、しっかりと支払いや返済を行うことが重要です。クレジットカードの場合であれば、支払日や支払金額を確認し、遅延などをしないように心掛けましょう。

また、クレヒスを積むための方法としては、定期的にクレジットカードを利用することがおすすめです。

買物などで定期的にクレジットカードを利用するのもよいですが、一般的にほとんどのクレジットカードは公共料金などの継続的な費用の支払いにも利用できます。こうした毎月支払う費用をクレジットカードでしっかりと支払うのもよいでしょう。

クレディセゾン発行のクレジットカードでは、携帯電話や電気代、ガス料金などの公共料金の支払いのほか、新聞料金や国民年金保険料、各種税金の支払いが可能ですので、定期的にカードを利用してクレヒスを積みたい方にもおすすめです。

クレヒスの状況によっては新しいクレジットカードを作りづらくなることも

クレヒスの状態が悪くなる原因にはいくつかありますが、例えば、クレジットカードの場合であれば、支払いの遅延などが該当します。

一般的に、クレヒスの状態が悪くなってしまうと、クレジットカードやローン契約時の審査で不利になる可能性が高くなります。

自分のクレヒスを確認する方法

信用情報機関に登録されている個人の信用情報は、情報開示請求を行うことで確認することが可能です。情報開示請求の手続きは各信用情報機関によって異なります。
インターネット、郵送、あるいは窓口で情報開示請求を行うことが可能です。

例えば、インターネットでは、各信用情報機関の公式サイトにアクセスし、所定の手数料をクレジットカード等で支払いをすることで、インターネット上で情報が開示されたり、郵送では、所定の申込用紙に記入し、定額小為替証書等で手数料を納め、運転免許証などの本人確認書類のコピーを提出すると、後日、郵送で情報が自宅に届きます。

また、信用情報機関の窓口に出向いて直接受け取ることも可能です。
(※新型コロナウイルス感染予防のため、窓口での受取りを制限している可能性があります。事前に信用情報機関にご確認ください。)

日々の買物はもちろん、固定費の支払いにも便利な「セゾンパール・アメリカン(R)・エキスプレス・カード」

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、初年度の年会費が無料、2年目以降も前年度に年1回の利用があれば、通常1,100円(税込)の年会費が無料で保有することができるカードです。

西友・リヴィン・サニーでは毎月セゾンカード感謝デーを開催、お買物が5%OFFになるなど、日常の買物がお得になる特典が付帯しており、電気代や水道料、税金の支払いなどの固定費用の支払いも可能です。定期的にクレジットカードを利用してクレヒスを積みたいという方にもおすすめです。

固定費用の支払いに使用のうえ、お支払いいただければ、年会費が無料となる条件をクリアできて、クレヒスを積むこともできるため、一石二鳥です。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

クレヒスについてのまとめ

クレヒスは、クレジットカードの審査などで個人の支払能力を確認するための参考となる情報です。よいクレヒスの状態を保っていれば、クレジットカードの審査などで有利になる可能性もあります。

良好なクレヒスを積むためには定期的にカードを利用して、しっかりと支払いを行うことが重要です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、公共料金や税金などの固定費用の支払いもできるため、定期的にカードを利用することができます。

クレジットカードの申し込みを考えている方や定期的にクレジットカードを利用したい方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードをご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事