【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードを作るには親の同意が必要?未成年の学生も作れるセゾンカードを紹介

クレジットカードを作るには親の同意が必要?未成年の学生も作れるセゾンカードを紹介

※2022年4月1日の法改正に伴い、18歳以上は未成年ではなくなりました。 18歳以上はクレジットカードを親権者の同意不要で作れます。

大学に進学したり18歳になったりすると、「クレジットカードを作りたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードを作る場合に、親の同意が必要なのか気になる方もいるかと思います。

本記事では、クレジットカードデビューにおいて大切な情報をまとめているので、ぜひ最後までお読みください。

新成人の方におすすめのクレジットカードも紹介しているので、気になる方は「18歳・19歳の新成人の方におすすめのセゾンカード」をご覧ください。

なお、セゾンカード Digitalなら、申し込み資格が「18歳以上のご連絡可能な方」となっており、初めてクレジットカードを持つ18歳、19歳の方におすすめです。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

クレジットカードを作るときは親の同意が必要?

クレジットカードは、一般的に18歳以上の方が申し込めます。

2022年4月からは成人年齢の引き下げにより、親の同意がなくてもクレジットカードが発行できるようになりました。以前までは未成年の方がクレジットカードに申し込む場合、親の同意が必要でした。

未成年がクレジットカードを作るときに親の同意が必要な理由

なぜ未成年はクレジットカードを作るときに親の同意が必要なのかというと、クレジットカードの契約は法律行為にあたるからです。

民法第5条(未成年者の法律行為)には”1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。”とあり、クレジットカードの契約にもこちらが適用されていました。

法定代理人は親権者や未成年後見人を指す言葉で、一般的には親のことです。民法第5条に基づき、未成年の方がクレジットカードの契約という法律行為をするには親の同意が必要であり、さらに親の同意がなければ一切クレジットカードを作ることはできなくなっていました。

18歳や19歳でも親の同意なしでクレジットカードを作れる

上述したとおり、2022年4月1日に、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。

法務省の公式ホームページにも、以下のような記述があります。

”民法の成年年齢には、一人で有効な契約をすることができる年齢という意味と、父母の親権に服さなくなる年齢という意味があります。

成年年齢の引下げによって、18歳、19歳の方は、親の同意を得ずに、様々な契約をすることができるようになります。例えば、携帯電話を購入する、一人暮らしのためのアパートを借りる、クレジットカードを作成する(支払能力の審査の結果、クレジットカードの作成ができないことがあります。)ローンを組んで自動車を購入する(返済能力を超えるローン契約と認められる場合、契約できないこともあります。)といったことができるようになります。”

クレジットカードを発行してもらうには審査に通過する必要がありますが、申し込み自体は親の同意がなくても行えるようになるので、18歳と19歳の方は従来よりも手間を省くことができます。

セゾンカードのなかにはインターネットから申し込みして、お申し込み開始から最短5分で発行できるデジタルカードもあります。自宅で、申し込みからクレジットカード発行まで簡単に行えます。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

理由がありクレジットカードが作れない場合は?

クレジットカードを作りたいけど親の同意を得られない場合は?

未成年の方がクレジットカードを発行する場合、親の同意は必要なくなりましたが、なかにはあらゆる理由でクレジットカードを作れずにいる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし現金払いではATMからお金を引き出す手間や財布を持ち歩くリスクなどもあるので、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を何としてでも利用したいと考えている方も多いかもしれません。

もし、理由があり、クレジットカードが作れない場合は、以下でご紹介するほかの支払い手段をご検討ください。

デビットカードを作る

1つ目は、デビットカードです。デビットカードとは、店舗でカードを利用して支払ったのと同時に、紐づけられた銀行口座から利用金額の全額が引き落とされる仕組みのカードです。クレジットカードとは異なり、即時の一括払いしか利用できません。

デビットカードは、クレジットカードと同様にVisa・Mastercard(R)といった国際ブランドが付与されているため、各国際ブランドの加盟店で支払いに利用できます。デビットカードの利用限度額=口座残高となるので、銀行口座の残高以上にお金を使ってしまう必要がないというメリットもあります。

銀行から発行されるデビットカードは、未成年の方の申し込みに際して親の同意が不要な場合がほとんどです。なぜなら、クレジットカードとは異なり即時払いのため、お金を回収できるかわからないというリスクを銀行が抱える必要がないからです。

プリペイドカードを作る

2つ目は、プリペイドカードです。プリペイドカードとは、あらかじめお金をチャージしておき、その金額の範囲内で支払いに利用できるカードです。

デビットカードとは異なり銀行口座が不要なので、銀行口座をまだ開設していない未成年の方も利用できる支払い手段になります。プリペイドカードも、親の同意が不要な場合がほとんどです。

ちなみにセゾンでは、さまざまなプリペイドカードを発行しているので気になる方はセゾンのホームページを確認してみてください。

18歳・19歳の新成人の方におすすめのセゾンカード

クレジットカードを発行するとなると、心配なのが年会費やポイントの還元率など、どこを重視すべきか悩んでしまうかもしれません。

しかし、セゾンカードのなかには未成年でも利用できるような年会費の安さとお得なポイント特典、各店舗での優待を兼ね備えているクレジットカードがあります。

以下では未成年の方におすすめのセゾンカードを紹介します。

セゾンカードDigital

SAISON CARDDigitalSAISON CARDDigital

SAISON CARD Digital(セゾンカード デジタル)は、年会費無料のデジタルカードです。お申し込み開始から、最短5分でクレディセゾン公式スマートフォンアプリ「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行されるので、「今すぐにオンラインショッピングを利用したい」とお考えの方におすすめです。

後日プラスチックカードが郵送されるので、プラスチックカードでの支払いももちろん可能です。

国際ブランドは、American Express / VISA / Mastercard(R) / JCBの4種類から、自分に合ったものを選択できます。年会費無料・発行手数料無料でETCカードも発行できるので、申し込みを検討してはいかがでしょうか。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンインターナショナル

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、年会費が無料で発行でき、国際ブランドはVisa、Mastercard(R)、JCBから選択できます。カードの利用金額1,000円(税込)ごとに永久不滅ポイントが1ポイント(最大5円相当)付与されます(※)。

永久不滅ポイントは有効期限のないポイントサービスで、「ポイントdeお買い物サービス」にてショッピング利用分に充当したり、アイテムや別のポイントサービスと交換したりできます。

また、ETCカードは、カード1枚につき5枚まで年会費無料で発行できます。

特長のひとつとしては、インターネットから申し込みをして、カードをセゾンカウンターで受け取るように選択すれば、最短即日でクレジットカードが発行されることです。同時にETCカードも申し込んでおけば、ETCカードも即日発行できます。

申し込んだ当日中に発行されるので、クレジットカードやETCカードを急いで手に入れたい方におすすめです。

また、ネットでクレジットカードの不正利用にあった場合の損害補償を受けることができるオンライン・プロテクションが付いているのも、安心できるポイントになります。

※交換商品によっては、1ポイントの価値は5円未満になります。

インターナショナル01単体pcインターナショナル01単体pc

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費は初年度無料で、2年目以降は1,100円(税込)です。ただし、前年1回でもカードを利用していれば翌年度の年会費が無料になるので、普段使いをしていれば年会費無料で保有できます。

デジタルカードはお申し込み開始から最短5分で発行でき、すぐにネットショッピングや電子マネーのチャージもできます。ネットショッピングをよく利用する方は、セゾンポイントモールを経由すると最大30倍の永久不滅ポイントが貯まるのでおすすめです。

また、QUICPay™(クイックペイ)加盟店で、Apple PayまたはQUICPayを使ってお買物をすると、もれなくご利用合計金額(税込)の最大2%相当(※1)が還元されます。貯まったポイントはAmazonギフトカードやほしい商品などに交換することができるので、たいへんお得です。 永久不滅ポイントには有効期限がないので、失効することなく貯める・使うことができます。

また、American Expressのカード会員限定の特典であるアメリカン・エキスプレス・コネクトが利用可能です。ほかにも、対象ストアでのご利用金額の20%~30%がキャッシュバックされる「セゾン・アメックス・キャッシュバック」(※2)も利用でき、お得にショッピングが楽しめます。

漫画が好きな方におすすめしたいのが、「まんがセゾン」です。これは、35万冊以上を配信しており、毎週更新される電子書籍サービスです。

月額550円(税込)のセゾンコースに登録して、対象のセゾンカードでポイントを購入すれば、いつでも50%のポイント還元を受けられます。ちょっとしたすきま時間に利用してみてはいかがでしょうか。

(※1)適用には、諸条件があります。詳細はカードお申込みページをご確認ください。
(※2)キャッシュバック金額は上限ありで、事前登録制

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

クレジットカードを作るときの親の同意についてのまとめ

クレジットカードを作るときの親の同意についてのまとめ

本記事では、クレジットカードを作るときの親の同意について詳しく解説しました。

2022年4月1日以後は成年年齢が18歳に引き下げられたため、親の同意なしでクレジットカードの申し込みができます。

セゾンでは、未成年の方でも持ちやすいおすすめのクレジットカードをご用意しています。ぜひ人生初めてのクレジットカードとして、セゾンカードの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

※2022年4月1日の法改正に伴い、18歳以上は未成年ではなくなりました。 18歳以上はクレジットカードを親権者の同意不要で作れます。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
(※)iPhone、Apple Watch、Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved.
(※)Amazon.co.jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。
(※)Amazon、Javari.jp、Amazonショッピングカード、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
(※)Amazonギフトカード細則についてはhttp://amazon.co.jp/giftcard/tcをご確認ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事