【クレジットカードのことならCredictionary】

ETCカードにプリペイド式はある?発行手数料、年会費が無料のETCカードも紹介

ETCカードにプリペイド式はある?発行手数料、年会費が無料のETCカードも紹介

「ETCカードにプリペイド式はあるの?」という疑問をお持ちの方にETCカードのプリペイド式について解説していきます。

また、記事の最後には、発行手数料・年会費が無料のETCカードもあわせて紹介していきます。

【ETCカードの作り方】セゾンパール・アメリカン・エキスプレスR・カード Digitalのご紹介

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

ETCカードにプリペイドカードは存在しない

結論からいいますと、ETCカードにプリペイドカードは存在しません。

ETCカードが導入された理由は、料金所通過のための時間を短縮させ、料金所の渋滞を緩和するためです。

プリペイドは、前払いを意味しています。プリペイドカードには、あらかじめ入金されるていることが必要になり、残高以上の金額の支払いはできません。

プリペイドカードへ入金しておいた残高が1,000円だった場合で考えてみましょう。

例えば、500円の料金の支払いが必要な場合、問題なく支払うことができます。しかし、2,000円だった場合、残高が1,000円しかないため、支払えなくなってしまいます。支払いをするためには不足しているお金を入金する必要があり、入金するまで支払いが完了できません。

もしも、このようなことが、高速道路で起こった場合、その度に車が料金所で停止することになります。当然ながら、後続車も停止しなければならず、高速道路全体での通行が滞ることが考えられます。

そうなると、高速道路をスムーズに通行させる目的で導入されたETCのシステムが正常に運用されなくなってしまいます。

料金所の通過時間を短縮するためには、料金を後払いできるクレジットカードが適切な支払い方法となります。そのため、ETCカードには、プリペイドカードが存在しないと考えられます。

しかし、クレジットカードを持ちたくないという方もいらっしゃるでしょう。そういった方が利用されているのが、ETCパーソナルカードです。

デポジット型の「ETCパーソナルカード」とは?

ETCパーソナルカードは、クレジットカードを発行することなく作成できるカードです。カードを作る際に審査はなく、クレジットカードを持ちたくないという方におすすめです。

ただし、ETCパーソナルカードを利用するには、いくつかの注意点を確認する必要があります。その内容を次の項目で詳しく解説していきます。

ETCパーソナルカードの注意点

審査不要で発行できるETCパーソナルカードですが、注意点がいくつかあります。

そのなかでも特に注意したいことは、ETCパーソナルカードは「デポジット型」のカードであるということです。

デポジットであるということは、利用する前にあらかじめお金を預け入れる必要があります。そして、ETCパーソナルカードのデポジットの最低の金額は20,000円となっています。

クレジットカードに付帯しているETCカードなら年会費と発行手数料無料で持てるものもありますので、それと比較しても、かなり金銭的な負担が大きいと言えます。

その他、以下のようなことにも注意する必要があります。

● 年会費1,257円(税込)がかかる
● 支払い方法は口座振替のみ
● 申し込みから発行まで約1ヵ月ほどかかる

ETCパーソナルカードは費用負担があるうえに、申し込みから発行まで時間がかかるというデメリットがあります。

クレジットカードにはこうしたデメリットがないので、ETCカードを発行するのであれば、クレジットカードがおすすめです。

クレジットカードならETCカードの即日発行も可能

クレジットカードならETCカードの即日発行も可能

クレジットカード付帯のETCカードであれば、即日発行が可能なカードもあります。

例えば、セゾンカードインターナショナルは、インターネットで申し込みをした後、全国にあるETCカード即日発行対応のセゾンカードカウンターでクレジットカードとETCカードを即日受け取ることもできます。

また、セゾンカードインターナショナルは、クレジットカード本体・ETCカードともに年会費無料です。発行までの時間・年会費のことを考えると、クレジットカード付帯のETCカードを発行したほうが便利でお得でしょう。

クレジットカードの発行が難しいなら家族カードの利用も検討してみよう

クレジットカードは審査があるので、審査に通過できなければETCカードも発行できません。

「クレジットカードの発行が難しい」という場合、家族の誰かがクレジットカードを持っているのであれば、家族カードの発行も検討してみましょう。家族カードは家族がクレジットカードを持っていれば、審査不要で発行できます。

そして、多くの場合で家族カードを作る際に、ETCカードも発行できます。ただし、家族カードには、以下のような注意点があります。

● 家族カードは本会員の利用限度額の範囲内となる
● すべての利用明細を本会員が確認できる

家族カードでETCカードを作成するのであれば、本会員の方にもこうした内容を理解しておいてもらいましょう。

ETCカードの発行を考えているなら手数料・年会費無料のセゾンがおすすめ!

ETCカードにはETCパーソナルカードや家族カードといった選択肢もありますが、おすすめなのはクレジットカードを発行することです。発行手数料・年会費無料のクレジットカードであれば、金銭的な負担もありません。

ここからはETCカード発行を考えている方に向けて、おすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカードを利用すると、ETC利用分もポイントが貯まります。貯まったポイントは毎月の支払いに充当できるので、ETC利用で貯めたポイントを月々で月々の支払い負担を減らせます。ETCパーソナルカードはポイントが貯まらないので、お得なクレジットカードを作成しましょう。

セゾンカードインターナショナル

このカードは、年会費永年無料のクレジットカードです。

全国のセゾンカウンターで受け取りができ、最短即日で発行も可能です。インターネットで申し込みの時にETCカードの申し込みもしておけば、最短即日でETCカード(最大5枚まで無料発行可能)が作成できます。また、家族カードも発行可能です。

全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」サービスがご利用いただけるため、ETCカードとしての用途以外でもお得に利用できます。

すぐにETCカードを発行したいという方に、おすすめのクレジットカードです。

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

初年度年会費無料、翌年度以降の年会費は1,100円(税込)。ただし、翌年度以降も年1回1円でも利用すれば、年会費が無料になるクレジットカードです。

例えば、ETCカードを高速道路の通行の際に利用すれば、「年1回1円以上の利用する」という条件を満たし、年会費は無料になります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalは、審査後最短5分で発行できます。そしてクレジットカード発行後、会員専用ページの「セゾンNetアンサー」からETCの申し込みがすぐに可能です。

ETCカードは、発行手数料・年会費が無料で発行できます。さらに、1枚のセゾンカードにつき、ETCカード5枚まで無料で発行できます。ETCカードに関する金銭的負担がないので、これからETCカードを作りたい方におすすめです。

さらに、QUICPayを利用するとポイント還元率が3%(※)になります。ポイントが貯まりやすいクレジットカードなので、スーパーやコンビニでの買い物から飲食店での支払いなど、普段使いにおすすめです。

セゾンカードインターナショナルと同様に全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」サービスがご利用いただけます。ETCカードだけでなく、日常生活でも使いやすいおすすめのクレジットカードです。

(※)1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合となります。

セゾンパールセゾンパール

プリペイド式のETCカードは存在しないのでクレジットカードを利用しよう

ここまで、プリペイド式のETCカードは存在しないことについて説明してきました。

ETCカードにはいくつか種類があり、ETCパーソナルカードのように審査が不要なカードもありますが、最初に20,000円以上のお金を預け入れる必要があったり、年会費がかかったり、発行までにはおよそ1ヶ月以上かかることなど、不便なことが多いことも事実です。

それらを考えると、おすすめはクレジットカードに付帯しているETCカードです。

発行手数料・年会費が無料のカードもありますし、セゾンカードインターナショナルのように即日発行に対応しているカードもあります。

クレジットカードを日常生活でも利用すれば、利用額に応じてポイントが貯まります。貯まったポイントは支払いに充当したり、商品や電子マネーと交換できたりするので、日々の節約にもつながります。

また、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalなら、QUICPay利用で3%のポイント還元が常に受けられ、ナンバーレスカードなので安心して利用することができます。

これからETCカードを作成する方は、これらのメリットなどを踏まえ、ぜひ最適なカードを検討してみてください。

おすすめのクレジットカード

人気記事