【クレジットカードのことならCredictionary】

デビットカードのメリット・デメリットとは?発行前に正しく理解しよう!

デビットカードのメリット・デメリットとは?発行前に正しく理解しよう!

デビットカードは即時決済型のカードで、現金払いと同じ感覚で利用することができます。

ほかにもさまざまなメリットがあるデビットカードですが、利用するうえでデメリットがないわけではありません。

この記事では、デビットカードのメリット・デメリットについて詳しく説明します。

デビットカードとクレジットカード、どちらを発行しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

デビットカードは即時払いのカード

デビットカードは、お店などで利用すると同時に紐付けられている銀行口座から利用額が引き落とされるシステムになっている、即時払いのカードです。

お金がなくなるのが財布からではなく銀行口座からではありますが、決済の瞬間に引き落とし処理が行われるという点において、現金払いと同じような感覚で利用できます。

一方クレジットカードは、利用した瞬間に利用額が引き落とされるわけではなく、あらかじめ決められている指定日に利用額が引き落とされる後払いシステムになっているため、その点で両者は異なります。

デビットカードの5つのメリット

デビットカードを利用するかどうかを決めるためには、デビットカードのメリットおよびデメリットをきちんと把握しておかなければなりません。

デビットカードのメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

● 即時決済なので現金払いと同じ感覚で利用できる
● 預金残高以上使ってしまう心配がない
● 15歳以上であれば原則審査なしで発行できる
● 現金を引き出す必要がない
● ポイント還元やキャッシュバックがあるカードもある

それぞれのメリットについて、説明します。

①即時決済なので現金払いと同じ感覚で利用できる

デビットカードは即時決済で現金払いと同じ感覚で利用できるので、現金払いからデビットカード払いに切り替えたとしても、あまり違和感を感じずに利用できます。

新しい決済方法でありながら使い勝手の心配が必要ないというのは、利用者にとってはメリットでしょう。

②預金残高以上使ってしまう心配がない

デビットカードは利用した瞬間に、支払金額が口座から引き落とされるというシステム上、「利用限度額=その時の預金残高」となります。

預金残高が少ないと利用限度額も小さくなってしまいますが、預金残高以上使ってしまうことがないというのは、使いすぎを自動的に防げるという点ではメリットと考えられます。

③15歳以上であれば原則審査なしで発行できる

デビットカードは15歳以上(中学生を除く)であれば、原則審査なしで発行することができます。

クレジットカードは、18歳以上(高校生を除く)が発行可能となっていることを考えると、現金以外の決済手段を早めに持ちたいと考えている方にとっての、魅力的な選択肢となるでしょう。

④現金を引き出す必要がない

デビットカードは現金代わりに利用することができるので、買物に行く前にわざわざ現金を引き出す手間が省けます。

ATMを利用して現金を引き出そうと思うと手数料が必要なことが多いですが、デビットカードを利用することで手数料負担がなくなれば、余分な出費を多少減らすことができます。

デビットカードを持っていると多額の現金を持ち歩かなくて済むということも、防犯の観点からすれば安心です。

⑤ポイント還元やキャッシュバックがあるデビットカードもある

デビットカードの中には、ポイント還元サービスやキャッシュバックがあるカードもあります。

現金払いと同じ感覚で利用できるデビットカードですが、現金払いにはポイント還元サービスやキャッシュバックはないため、その分だけお得に利用できます。

デビットカードの5つのデメリット

メリットがたくさんあるデビットカードですが、もちろんデメリットがないわけではありません。

デビットカードのデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

● 預金口座に残高がないと使用できない
● 分割払いやリボ払いができない
● 公共料金の支払いやECサイトでの利用などができないことがある
● 殆どのデビットカードはETCカードの発行ができない
● キャッシング機能が付帯していない

それぞれのデメリットについて、説明します。

①預金口座に残高がないと使用できない

デビットカードは「利用限度額=預金口座の残高」となるため、口座にお金が入っていないと利用できません。

使いすぎを防ぐことができるという点ではメリットになるのですが、高額な買物をしたいときに不便に感じることがあるでしょう。

クレジットカードは後払いで、決済の瞬間に口座にお金が入っている必要は必ずしもないので、今後の収入を見込んで買い物ができます。

②分割払いやリボ払いができない

デビットカードは即時払いでの支払いとなるため、分割払いやリボ払いといった支払い方法を使用することができず、一括払いでしか支払いを行うことができません。

決済した分の金額が銀行口座から一瞬で引き落とされるため、支払い金額によっては生活に影響が出てしまう可能性も考えられます。

クレジットカードだと、基本的に分割払いやリボ払いといった支払い方法に対応しているので、高額な商品を購入した場合でも、支払いを複数回に分けることで、家計への負担を抑えられます。

③公共料金の支払いやECサイトでの利用などができないことがある

デビットカードは現金と同じような感覚で利用することができますが、一部デビットカードでは支払えないものもあります。

以下に挙げるような支払いには、ほとんどのデビットカードは対応していません。

● ガソリンスタンドでの支払い
● 紙伝票での決済
● 飛行機の機内販売
● 公共料金のような月々の支払いなど

デビットカードを現金代わりに利用して、財布にほとんどお金を入れないようにしている場合でも、上述したような支払いを行う可能性があるときは、その分だけの現金を用意しておく必要があります。

④ほとんどのデビットカードはETCカードの発行ができない

ほとんどのデビットカードではETCカードの発行ができないため、高速道路の料金を支払うことができません。

通勤や週末のドライブなどで高速道路を利用する機会が多い方にとっては、この点は大きなデメリットとなるでしょう。

⑤キャッシング機能が付帯していない

デビットカードには、お金を借りることのできる「キャッシング機能」が付帯していないため、急きょお金が必要になった場合でもお金を借りることができません。

デビットカードはあくまでも、「預金残高の範囲内で支払いができる」カードです。

クレジットカードの場合は、申し込み時にキャッシング機能を希望して付帯させていれば、必要なときにキャッシング機能を利用してお金を借りられます。

デビットカードのデメリットが気になるならクレジットカードを検討しよう

デビットカードのメリットとデメリットを比較したときに、どうしてもデメリットが気になってしまうようであれば、デビットカードではなくクレジットカードを検討してみるというのもひとつの選択肢です。

クレジットカードは、デビットカードのデメリットとして挙げられていることの多くをカバーできます。

大きな買い物をした際に、一括払いが不安であれば分割払いやリボ払いを利用することもできます。ただし、分割払いやリボ払いの場合は手数料がかかることを忘れないようにしましょう。

申し込み時にキャッシング機能を希望すれば付帯してもらうことができ(審査に通過する必要あり)、ETCカードの発行も可能です。

公共料金の支払いなどにも対応していますし、そういった支払いでもポイントが貯まり、貯まったポイントはカードの支払いに充当することもできるので、節約にも役立ちます。

また、クレジットカードは長く使用していると、カード会社の判断で利用限度額を引き上げてもらえることもあります。

利用するお店によっては、通常の還元率より高い還元率で利用できることもあるので、デビットカードのデメリットをカバーしつつ、お得に利用できることも多くなります。

セゾンのおすすめクレジットカード

クレジットカードを検討される場合、セゾンが取り扱っているセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalがおすすめです。

申し込み後に審査に通過すれば最短5分でセゾンカードのスマートフォンアプリ「セゾンPortal」にカードが発行され、すぐにショッピングやキャッシングに利用することができます。

後日郵送でナンバーレスカード(カード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報記載なし)が届きますが、ナンバーレスカード自体もIC付きのクレジットカードとして利用可能です。

カード面にカード番号の記載がなく、盗み見などによる情報流出を防ぎやすいので、通常のクレジットカードよりも不正利用のリスクが抑えられています。

当初はデビットカードの発行を考えられていた方の場合、クレジットカードに対して「ついつい使いすぎてしまいそう」という懸念をお持ちの方も、多いと思います。

セゾンカードでは、公式スマホアプリの「セゾンPortal」やセゾンカード会員限定のインターネットサービス「Netアンサー」で、すぐに利用明細を確認することができます。

また、カードを利用するたびにほぼリアルタイムでプッシュ通知が来る「利用通知サービス」を利用することで、使いすぎに対する注意喚起にもなるでしょう。

カード選びにおいては還元率の高さも重要な要素です。カードの利用金額1,000円(税込)ごとに永久不滅ポイントが1ポイント(約5円相当)が貯まります。本カードはQUICPayとしても利用でき、QUICPay加盟店でQUICPayで支払いをすることで、買物金額(税込)の3%相当(通常の6倍)の永久不滅ポイントの還元を受けられます。

さらに、セゾンクラッセに登録している25歳未満の方は、国内の対象コンビニエンスストア(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)でQUICPayを利用して支払うと、還元率が5%になります。

セゾンクラッセは「セゾンPortal」から、画面下の「クラッセ」をタップすれば、簡単に利用できます。

高い還元率を実現するための条件が比較的容易であり、とくに日ごろからQUICPayを利用している方にとっては、この点だけで本カードの利用を決めてしまってもいいぐらい魅力的な要素です。

初年度は年会費無料で利用可能で、2年目以降は1,100円(税込)の年会費が必要なものの、前年に1回1円以上のカード利用があれば翌年度も無料で利用できるので、定期的に利用することで年会費無料のカードとして使えます。

クレジットカードに対して抱いているであろう懸念を払拭することができ、なおかつ多くのメリットを兼ね備えているため、非常におすすめのカードです。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

デビットカードのメリット・デメリットのまとめ

デビットカードのメリット・デメリットのまとめ

デビットカードは即時払いが大きな特徴であり、その特徴がゆえのメリットやデメリットがあります。

カードに何を求めるかによって、デビットカードのメリットとデメリットのどちらが気になるかは変わってきます。

銀行口座の預金残高を超す金額の決済ができないことや、分割払いやリボ払いが利用できないことが気になるのであれば、クレジットカードを検討してみるのが良いかもしれません。

口座残高以上に使いすぎてしまうことを懸念されるかもしれませんが、セゾンカードであれば使いすぎを防ぐためにいくつものサービスが用意されているので安心です。

とくにセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalは、審査通過後すぐにアプリ上で発行されたり、条件を満たすことで高い還元率で利用できたりと、多くの魅力を備えたカードなので、クレジットカードの発行を検討される場合はとてもおすすめです。

おすすめのクレジットカード

人気記事