【クレジットカードのことならCredictionary】

デビットカードの使い方は?使う際の注意点もあわせて紹介します

デビットカードの使い方は?使う際の注意点もあわせて紹介します

デビットカードは支払いのときに利用できるカードで、実店舗ではもちろんネットショップでの支払いにも利用できますし、海外ではキャッシングを行うこともできます。

ただ、それぞれのケースにおいてどのように利用するのかをきちんと把握しておかなければ、いざというときにうまく使えないかもしれません。

本記事では、デビットカードの使い方や使うときの注意点などについて、解説します。

デビットカードの注意点が気になる場合におすすめのクレジットカードも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

セゾンパールセゾンパール

デビットカードは支払いと同時に引き落とされるシステム

デビットカードは金融機関の口座に紐付いて発行されるカードであり、支払いを行うと利用金額が口座から瞬時に引き落とされるシステムになっています。

支払いのときに利用できるという点ではクレジットカードとよく似ていますが、クレジットカードでは一定期間に支払った金額の総額が、決められた引き落とし日にまとめて引き落とされます。

似たような感覚で利用できる両者ですが、使ったお金がいつ引き落とされるかという点で、異なっています。

デビットカードの使い方

デビットカードは実店舗での支払いで利用できることはもちろん、ネットショップで利用することもできますし、海外ではキャッシングで現地通貨を引き出すこともできます。

それぞれの使い方について、説明します。

実店舗での使い方

実店舗で利用する場合は、支払い時に店員さんにデビットカードを利用する旨を伝えます。

店舗によってカードを店員さんに渡す場合もあれば、自分で端末に差し込む場合もありますが、暗証番号を入力すれば支払い完了となります。

なお、デビットカードはクレジットカードとは異なり一括払いにしか対応していないので、支払い回数を聞かれた場合は「一回(一括)」と答えましょう。

これまでにクレジットカードを利用したことがある方であれば、ほとんど同じような形で利用できると思っていただいて大丈夫です。

また、デビットカードにはブランドデビットとJ-Debitの2種類があり、ブランドデビットはそのブランドの加盟店、J-DebitはJ-Debit対応店舗でしか利用できません。

持っているデビットカードが利用できるかどうかは、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

ネットショップでの使い方

ネットショップで利用する場合、「デビットカード払い」という選択肢が設けられていることはほとんどありませんが、「クレジットカード払い」を選択すればOKです。

カード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報を入力して手続きを完了すれば、支払いが行われます。

海外キャッシングの使い方

デビットカードを利用して海外キャッシングを行いたい場合は、海外のATMにデビットカードを挿入しましょう。

画面に出てくる指示に従って手続きを行うことで、現地通貨を引き出すことができます。

このとき引き出した金額は、その時点での為替レートで、デビットカードに紐付いている口座から即時に引き落とされます。

ただ、現地通貨を引き出すタイミングとその情報が実際に反映されるタイミングは異なるので、その間に為替レートが変化することによって差額が発生する場合は、差額分の金額が後日口座から引き落とし、もしくは口座に返金されます。

クレジットカードでの海外キャッシングは、口座からの引き落としではなく借り入れなので、後日支払いしなければなりませんが、デビットカードでの海外キャッシングはその必要がありません。

デビットカードを使う際の注意点

デビットカードは便利に利用できますが、実際に使う際にはいくつか注意しておかなければならないこともあります。

デビットカードを使う際の注意点を、以下でいくつか説明します。

都度預金残高を確認しないと残高不足で使用できなくなる

決済の瞬間に口座から即時引き落としを行うというデビットカードの特徴上、「利用限度額=その時点での口座残高」となります。

そのため、「支払い金額>口座残高」となってしまうと利用できません。

デビットカードで支払う場合は、口座残高が十分あることを事前に確認しておくのが無難です。

分割払いやリボ払いはできない

クレジットカードでは分割払いやリボ払いを利用することで、金額の大きな買い物をしても、支払い1回あたりの金額を抑えて家計への負担を和らげることができます。

デビットカードでは、「即時引き落とし」という特徴のため、分割払いやリボ払いを利用できません。

デビットカードで高額な商品を購入すると、その金額分の負担がダイレクトに家計にのしかかるため、家計の余裕を見ながら利用しましょう。

利用できない店舗や支払いがある

先ほど少し触れましたが、ブランドデビットはそのブランドの加盟店、J-DebitはJ-Debit対応店舗でしか利用できません(後者のほうが前者より数が少ないです)。

また、高速道路の料金やガソリンスタンド、公共料金、毎月一定の支払いを行うようなサービスの利用料の支払いには、デビットカードは利用できないことが多いです。

一部利用できるデビットカードもあるので、そういったところでもデビットカードを利用したい場合は、対応しているデビットカードを選ばなければなりません。

デビットカードを使う際の注意点が気になる方はクレジットカードを利用しよう

上述したようなデビットカードを使う際の注意点が気になる場合は、クレジットカードを利用するのもひとつの選択肢として考えられます。

クレジットカードでは、支払った分は後日引き落とし日にまとめて引き落とされるので、口座残高を気にする必要がありません(引き落とし日にきちんと引き落とされるだけの金額を用意しておくことは忘れないようにしましょう)。

支払い方法も一括だけでなく、分割払い・リボ払い・ボーナス一括払いなどのさまざまな方法を利用できるので、決済金額や今後の収入の予定に応じた支払方法を選ぶことが可能です。

また、デビットカードではあまり対応していない公共料金の支払いにも対応しています。

デビットカードのデメリットとも考えられる部分をカバーしているため、非常に便利に利用することができるでしょう。

メリット豊富で便利なセゾンのクレジットカード

デビットカードは口座金額までしか支払いを行うことができない、瞬時に引き落としが行われるという点が、自然と使いすぎの抑制につながるのが、利用者としては安心できるポイントでもあります。

クレジットカードだとそうはいかずに、ついつい使いすぎてしまいそうだと感じている方も多いのではないでしょうか。

そのような方には、使いすぎをうまく抑制してくれるサービスを利用できる、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalがおすすめです。

申し込み後に審査に通過すれば最短5分でアプリの「セゾンPortal」にカードが発行されるので、そのまますぐに利用できます。

セゾンPortalに発行されるデジタルカードとは別に、後日郵送でナンバーレスのクレジットカード(カード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報記載なし)も届きます。ナンバーレスカード自体もIC付きのクレジットカードとして利用可能です。

カード面にカード番号の記載がなく、盗み見などによる情報流出を防ぎやすいので、持ち歩く際にも安心です。

「ついつい使いすぎてしまいそう」という懸念に対しては、公式スマホアプリの「セゾンPortal」を利用すれば、カードを利用するたびに「利用通知サービス」というプッシュ通知が届くので、使いすぎに対する注意喚起になります。

このほかにも、利用状況が気になったら「セゾンPortal」や、カード会員限定のインターネットサービス「Netアンサー」で利用明細を確認できます。

このように、使いすぎに対するストッパーとなりうるサービスをいくつも利用できるので、安心して利用できます。

カード選びにおいては還元率の高さも重要な要素ですが、カードの利用金額1,000円(税込)ごとに永久不滅ポイントが1ポイント(約5円相当)が貯まります。本カードはQUICPayとしても利用でき、QUICPay加盟店でQUICPayで支払いをすることで、買物金額(税込)の3%相当(通常の6倍)の永久不滅ポイントの還元を受けることが可能です。

高い還元率を実現するための条件が比較的容易であり、とくに日ごろからQUICPayを利用している方にとってはとてもお得なため、おすすめできるカードです。

さらに、セゾンクラッセに登録している25歳未満の方は、国内の対象コンビニエンスストア(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)でQUICPayを利用して支払うと、還元率が5%になります。

セゾンクラッセは「セゾンPortal」から、画面下の「クラッセ」をタップすれば、簡単に利用できます。

初年度は年会費無料で利用可能で、2年目以降は1,100円(税込)の年会費が必要なものの、前年に1回1円以上のカード利用があれば翌年度も無料で利用できるので、定期的に利用することで年会費無料のカードとして使えます。

使いすぎを自然と抑制できるだけでなく、多くのメリットも兼ね備えているクレジットカードなので、デビットカードを中心に検討されている方にもおすすめです。

セゾンパールセゾンパール

デビットカードの使い方のまとめ

デビットカードの使い方のまとめ

デビットカードは実店舗以外にネットショップでも利用でき、海外キャッシングを行って現地通貨を引き出すことも可能です。

ただし、即時引き落としで支払いを行うため口座残高以上の支払いはできませんし、分割払いやリボ払いといった支払い方法も利用できません。

使いすぎを未然に防げるという点では優れているのですが、上述したような点が気になる場合は、デビットカードではなくクレジットカードの発行も検討してみましょう。

セゾンが取り扱っているセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalであれば、「利用通知サービス」を利用したり「セゾンPortal」や「Netアンサー」で利用明細を確認したりすることで、自然と使いすぎが抑制されます。

ポイントが貯まりやすかったり優待価格でショッピングができたりと、メリット豊富で便利なカードでもあるので、デビットカードの発行を検討されている方でも、ぜひ検討候補のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事