【クレジットカードのことならCredictionary】

デビットカードとは?メリットやデメリットをわかりやすく解説

デビットカードとは?メリットやデメリットをわかりやすく解説

デビットカードの発行を検討していて、実際どのようなもので、どんな使い方ができるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、デビットカードの特徴や注意点、どんなシーンで使えるのかなどについて詳しく解説していきます。

記事の後半では、クレジットカードとの違いについても紹介しています。クレジットカードと迷っている方も、ぜひ目を通してみてください。

デビットカードは支払いと同時に引き落としされるカード

デビットカードは、決済完了と同時に銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みのカードのことです。

銀行口座の金額以上を使用することはできないため、預金残高以上に使い込んでしまう心配はありません。また、1日あたりの上限額が設定できるカードも多く、使い過ぎを防止できます。

デビットカードは2種類ある

デビットカードの種類としては、「J-Debit」と「ブランドデビット」の2種類があります。

J-Debit

金融機関のキャッシュカードがそのままデビットカードとして使えるものです。銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協・漁協などの金融機関が発行したキャッシュカードの多くが、J-Debitマークがある加盟店で使用できます。

ブランドデビット

Visa、Mastercard、JCBなど、クレジットカードの国際ブランドがついたデビットカードです。ネットショッピングで使えたり、海外のATMで現地通貨を引き出しできたりとJ-Debitにはない幅広い使い方が可能です。

デビットカードはどんな場所で利用できる?

デビットカードは、街中のコンビニやスーパーでのお買物のほか、ネットショッピングでも使用できます。そのほか、海外ATMでの現地通貨の引き出しにも対応しています。

コンビニやスーパーでの買物

コンビニやスーパーなどでの普段のお買物でデビットカードが使えます。現金なしで決済でき、レジでの支払いが楽になります。

クレジットカードと同様の手順で利用でき、「何回払いにしますか?」と聞かれたら、「一回払い」や「一括払い」と答えましょう。そのほかの支払い方法を選ぶと、決済エラーになり決済ができません。

ネットショッピング

デビットカードはネットショッピングでも使用できます。普段は代金引換やコンビニ払いなどを利用していて今後カードでの支払いに切り替えたいとなると、デビットカードは選択肢の一つになります。

海外のATM

ブランドデビットであれば、海外のATMで現地通貨の引き出しが可能です。

現地での両替の手間が省けます。また、ブランドデビットは海外でのお買物でも使用できます。海外旅行や海外出張の際の決済手段としても便利に活用できます。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードを発行するか、クレジットカードを発行するか、迷っている方も多いと思います。デビットカードとクレジットカードの違いを見ていきましょう。

デビットカード、クレジットカードの特徴の違いをまとめると以下の通りです。

  デビットカード クレジットカード
支払い方法 支払いの度に即時で引き落とし 1ヶ月分をまとめて引き落とし
支払回数 一括払いのみ 一括払い
分割払い
リボ払い など
利用限度額 預金残高の範囲内 利用限度額の範囲内
(審査で決まる)
申込条件 15~16歳以上
(中学生は不可)
18歳以上
(高校生は不可)
審査の有無 なし あり
ポイント還元率 低い or ポイントなし 高め
キャッシングの有無 利用不可 利用可能
ETCカードの発行 基本発行できない 発行できるカードが多い
家族カードの発行 基本発行できない 発行できるカードが多い
公共料金の支払い できないことがある 基本使用できる

すでに紹介の通り、デビットカードは即時での引き落としとなります。この点がまずクレジットカードとの大きな違いです。分割払いやリボ払いはなく、一括払いのみとなります。

また、審査にも違いがあります。デビットカードはカード発行時の審査はなく、収入のない方でも発行できます。一方、クレジットカードは、カード会社が一時的に立て替えをするため、貸し倒れのリスクを抑えるためにも、発行時には必ず審査があります。

デビットカードはポイントサービス自体がなかったり、還元率が低めなことが多いですが、クレジットカードではポイント還元に強みのあるカードも多数あります。

そのほか、ETCカード、家族カードの発行可否にも違いがあります。クレジットカードは多くのカードでETCカード、家族カードの発行に対応していますが、デビットカードでは大多数のカードで発行不可となっています。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットとしては、使い過ぎの心配がない点や、15歳以上から発行でき、気軽にキャッシュレスが始められる点などが挙げられます。

預金残高以上使う心配がない

デビットカードでは、預金残高以上に支払いをすることはできません。残高以上に使ってしまわないか心配な方も、安心して使用できます。

限度額が自分で設定できる

デビットカードでは、設定可能な範囲内であれば、自由に上限額を設定できます。1回あたり、1日あたり、1ヶ月あたりなど、細かく限度額を設定できるカードも多いです。

15歳から発行できる

デビットカードは15~16歳以上であれば申し込みが可能です。中学生は除くケースがほとんどですが、高校生であれば発行可能なカードも多くあります。

現金を引き出す必要がない

デビットカードなら、現金を引き出すことなく決済が可能です。わざわざATMで現金を引き出す手間がなくなり、ATM手数料を払う必要もなくなります。

デビットカードのデメリット

デビットカードにはいくつか事前に確認しておきたいデメリットがあります。

「預金残高がないと使用できない」「分割払いやリボ払いでは使えない」などクレジットカードに比べて不便な点も一部あります。注意点を詳しくて見ていきましょう。

預金残高がないと使用できない

デビットカードは預金残高で直接支払う仕組みのため、残高不足の場合は支払いできません。とくに少ない預金残高で使っていく場合には、残高が不足していないかは常に注意しておく必要があります。

キャッシングの利用ができない

キャッシングは、クレジットカードを使ってATMで現金を借入できるサービスです。デビットカードでは、キャッシングを利用することはできません。

分割やリボ払いはできない

デビットカードは、分割払いやリボ払いには対応していません。必ずその場で預金残高を使って一括で支払いすることになります。

公共料金の支払いなどで使用きないことがある

公共料金の支払いでは、支払先によっては一部デビットカードが使えないところもあります。手持ちのデビットカードが支払い先で対応しているかについては、事前に確認をしておく必要があります。

ETCカードの発行ができない

デビットカードでは、ETCカードを発行できるカードはほとんどありません。家族カードについても、デビットカードでは大多数のカードで発行不可となっています。

デビットカードのデメリットが気になる方はクレジットカードの発行も検討しよう

普段のお買物やネットショッピングで使えるカードが欲しいなら、クレジットカードの発行についても、あらためて検討しておきたいところです。

クレジットカードなら、ポイント還元率の高いカードを選べば、お買物の度にデビットカードよりお得にポイントが貯まります。

またアプリで利用金額が確認できるカードも多く、日々の支出の管理がしやすいのも、クレジットカードならではのメリットです。

さらにカードによっては、支払いのたびにスマホへの通知やメールで、利用金額をリアルタイムでお知らせしてくれるものもあります。「クレジットカードは使い過ぎてしまわないか不安」という方も、通知で利用金額を毎回目で見て確認することで、使い過ぎを防止できます。

デビットカードと迷っている方におすすめなのが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalです。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

こちらは最短5分で発行できるデジタルカードです。公式サイトから申し込みをして審査・初回登録まで済ませばすぐにカードを利用できます。少ない手間で発行できるのが魅力です。
なお、後日プラスチックカードも自宅に届きます。こちらはカード番号の記載がないナンバーレスカードです。券面からカード番号を盗み見される心配がないので、安心して使用できます。

年会費は初年度無料、2年目以降は通常1,100円(税込)で、前年に1回でも利用があれば2年目以降も年会費は無料になります。ETCカードの発行は無料です。

また、こちらのカードでは、決済の度にスマートフォンでプッシュ通知を受け取れるほか、過去の利用金額は「セゾンPortal」アプリで確認が可能です。使い過ぎの防止に役立ちます。

注目の特典としては、QUICPayを利用して支払うとポイント還元率が3.0%になります。コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど普段の支払いでお得に永久不滅ポイントが貯まることでしょう。

さらに、2021年5月11日から「セゾンクラッセ」の25歳未満限定特典がスタートしています。

セゾンクラッセはセゾンカードを利用したり、アンケートに答えることで、スコアがアップしていくサービスです。スコアをアップしていくことで、お得な特典が受けられるようになっています。

セゾンクラッセはアプリの「セゾンPortal」を起動させ、画面下の「クラッセ」をタップするだけで、登録が完了します。

25歳未満でセゾンクラッセを利用している方は、国内の対象コンビニエンスストア(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)でQUICPayを利用して支払うと、ポイント還元率が5.0%になります。

「ポイントをお得に貯めたい」「クレジットカードならではの便利さ魅力を感じる」という方は、ぜひセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事