【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカード作成に年収は関係ある?審査でチェックされる項目や記載内容を解説

クレジットカード作成に年収は関係ある?審査でチェックされる項目や記載内容を解説

クレジットカードを発行するためには、申し込みを行う際に年収を申告するのが一般的です。記載する年収がクレジットカードの発行可否に影響するのかどうか、気になる方もいるでしょう。

本記事では、クレジットカードと年収の関係性や審査時にチェックされる項目、年収を記載する際の注意点などを解説します。

クレジットカードを作るときに年収は関係ある

クレジットカードの申し込みページには、年収を記載する欄が設けられています。この欄に記載する年収は、審査を行う際の目安のひとつとなるといわれています。

ただし、具体的にどれくらいの年収が必要かについては、各カード会社の機密情報になっているため、確認できません。

また、審査の際は、年収以外の情報も審査の可否を決める参考材料として活用されます。年収だけですべて審査されているわけではないことを覚えておきましょう。

なお、ゴールドカードやプラチナカードといったグレードの高いカードに申し込む場合も年収は必須項目ですが、年収のみで審査されるとは限りません。

審査で年収以外にチェックされることは?

具体的な審査内容は非公開なので一概にいえませんが、審査の際は年収以外にも下記の要素がチェックされるといわれています。

● 信用情報
● 雇用形態
● 勤続年数
● 職業
● 住居の種類(持ち家・賃貸など)

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの利用状況が記録されている情報のことです。カード会社では審査の際に申込者の返済能力を確認する手段として、信用情報機関が管理する信用情報を照会しています。

このほか、返済能力を確認するために雇用形態や勤続年数、住居の種類などもチェックされます。審査に通過するには、年収を含めたこれらの要素を確認したうえで「返済能力に問題がない」とカード会社から判断される必要があります。

年収は「手取り」ではなく「総支給額」を記載する

申し込み欄に年収を記載する場合、手取りの金額と総支給額のどちらを記載すれば良いのかは、悩むポイントかもしれません。

年収は、税金や社会保険料などを引かれる前の「総支給額」を記載するのが一般的です。

会社員の方であれば、源泉徴収票の「支払金額」または「支払額」の金額を年収として記載することになります。

自営業の方は経費を引いた所得を記載する

自営業の方は、申し込みページの年収欄に所得金額を記載してください。

所得金額とは、収入から経費を差し引いた金額のことです。例えば、1年間の収入が600万円、経費が100万円の場合は、収入から経費を引いた500万円を年収として記載します。

キャッシング機能を付ける場合は年収が必須

クレジットカードには支払いに利用するショッピング機能以外に、現金を借りられるキャッシング機能があります。キャッシング機能を付帯させるかどうかは自身で決められます。

ショッピング枠は割賦販売法により定められていますが、キャッシング枠は貸金業法によって定められており、貸金業法では「借入金額を年収の3分の1以下に収めなければならない」と定めています。

例えば、年収が300万円の場合、キャッシング枠の設定は「300万円×1/3=100万円」が上限です。

つまり、キャッシング枠を付帯させる場合は年収が必須で、年収に応じたキャッシング枠しか付帯させられません。

なお、既存のカードローンなどの借入があると、その金額もキャッシング枠に影響します。

例えば、カードローンでの借入が60万円ある場合、キャッシング枠の上限は「300万円×1/3-60万円=40万円」になります。キャッシング枠を設定する場合は、既存の借入にも注意が必要です。

キャッシング枠を付帯させるためには、年収証明書類が必要になる場合もあります。クレジットカードでキャッシング機能を利用したい方は、事前に源泉徴収票などを準備しておくと良いでしょう。

年収とクレジットカードの利用限度額の関係

クレジットカードを発行するときには、必ず利用限度額が設定されます。

利用限度額とはクレジットカードで支払いを行える金額の上限で、利用限度額が大きめに設定されるほど、高額なお買物が可能です。

利用限度額は、年収が高いほど高めに設定される傾向にあります。ただし、年収が高いからといって必ず利用限度額が高いとは限りません。

また、同じ年収の人が同じ利用限度額になるとも限りません。

これは、割賦販売法という法律によって、利用限度額は申込者の「支払可能見込額」の範囲内に収まるように設定しなければならない、と決められているからです。

支払可能見込額は、「年収-生活維持費-クレジット債務」という式で算出されます。

生活維持費とは、最低限の生活を維持するために1年間に必要な金額のことで、具体的には以下に示す表のような形で定められています。

カードの契約者と生計を
一にする世帯の人数
持家あり(住宅ローンなし)
持家なし(家賃負担なし)
持家あり(住宅ローンあり)
持家なし(家賃負担あり)
1人 90万円 116万円
2人 136万円 177万円
3人 169万円 209万円
4人以上 200万円 240万円
東京23区等最高値の例(※)

クレジット債務は、今後1年間のクレジット代金の支払予定額のことを指します。

例えば、年収が600万円で配偶者と子供2人がおり、住宅ローンの支払いを行っていてクレジット債務が200万円の場合、支払可能見込額は「600万円-240万円-200万円=160万円」です。

クレジットカードの利用限度額は、支払可能見込額の90%以下に収まるように決められるので、このケースでは「160万円×0.9=144万円」以内の利用限度額が設定されることになります。

出典:日本クレジット協会

(※)生活維持費は地域によっても異なります。

年収が上がった場合は再審査で限度額を上げられる?

クレジットカードの限度額は、再度審査を受けることで増額が可能です。現在の限度額に満足していない方は年収が上がったタイミングでクレジットカードの個人情報を更新し、限度額の増額申請をすると良いでしょう。

限度額の増額申請手順は各カード会社で若干異なりますが、一般的には下記の流れに沿って手続きを行います。

1. インターネットや書面で増額申請の申し込みを行う
2. 増額の審査
3. 審査結果の通知
4. 審査に通過した場合は限度額が増額される

なお、限度額増額の審査結果が通知されるまでには、申し込みから1〜2週間かかる場合もあります。増額申請は、ある程度の審査時間が必要なことを考慮したうえで申し込みましょう。

年収を証明できない専業主婦や学生がクレジットカードを作れる理由

年収は審査における目安のひとつでしかないため、年収がない専業主婦や学生でもクレジットカードを作ることはできます。

その際、審査に関わるのは「世帯年収」になることが多く、専業主婦の方は配偶者、学生の方は両親の年収が審査において参照されます。

なお、「包括クレジットに関する例外措置」により、利用限度額30万円以下のクレジットカードであれば、簡易審査で発行可能です。

包括クレジットに関する例外措置とは、消費者の保護に支障を生じる恐れがない場合に、消費者の利便性を考慮して、支払可能見込額などの調査を省略して簡易的な審査でのクレジットカード発行を可能にするための措置です。

年収がない専業主婦や学生のクレジットカード発行には、この例外措置が適用される可能性が高いので、利用限度額は30万円以下に設定されることが多いです。

年収の項目を記載する際の注意点

年収をはじめとした申し込みページの各項目には、正しい情報を記載するように心がけてください。事実と異なる情報を記載して申し込むと虚偽申請となり、虚偽が発覚した場合は審査に落ちる原因となります。

年収の少なさを理由に審査に通過できるか心配な方は、申し込みの際に「利用限度額を低めに設定する」「キャッシング機能をつけない」などの工夫を行うと良いでしょう。

セゾンのおすすめクレジットカードを紹介!

これからクレジットカードを発行しようと考えている方には、さまざまなサービスが付帯するセゾンのクレジットカードがおすすめです。

以下では、セゾンが取り扱うおすすめのクレジットカードをいくつかご紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、スマートフォンアプリに発行されるタイプのデジタルカードです。お申し込み開始から、最短5分で公式スマートフォンアプリ「セゾンPortal」にカードが発行され、すぐにオンラインショップなどで利用できます。

年会費は初年度無料、翌年度以降は1,100円(税込)です。ただし、前年に1円以上のカードの利用がある場合は、翌年度も年会費無料で利用可能です。

また、後日届くナンバーレスカードは、カード券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報が一切記載されていない完全ナンバーレスカードのため、安心してお買物を楽しめます。年会費の負担を気にせず利用したい方、デジタルカードを発行してみたい方におすすめです。

>>詳細はこちら

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは年会費初年度無料、翌年度以降は11,000円(税込)の年会費で保有できるゴールドカードです。「安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)」という条件さえ満たしていれば、誰でも申し込みを行えます。

高い還元率が特長で、国内では通常の1.5倍、海外では通常の2倍の永久不滅ポイントを貯めることができます。お得に利用できるゴールドカードを発行したい方におすすめです。

>>詳細はこちら

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、ハイグレードな特典やサービスが多数付帯したカードです。22,000円(税込)の年会費で保有ができます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード同様に、国内では通常の1.5倍、海外では通常の2倍の永久不滅ポイントを貯めることができます。豪華な付帯特典を求める方、ランクの高いカードに興味がある方におすすめです。

>>詳細はこちら

まとめ

まとめ

クレジットカードの発行に年収は関係ありますが、年収だけでカード発行の可否が判断されるわけではありません。審査には勤務先や勤続年数などさまざまな要素が影響するので、これからクレジットカードに申し込む方は覚えておきましょう。

また、年収を証明することができない専業主婦や学生の方でも、クレジットカードの申し込みは可能です。ただし、カードによっては入会資格に年収に関する条件が設けられている場合があるので、事前に確認しておきましょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事