【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードを1枚にまとめるポイントとは?メリットやおすすめのカードもご紹介!

クレジットカードを1枚にまとめるポイントとは?メリットやおすすめのカードもご紹介!

一般社団法人日本クレジット協会が2020年に実施した調査によると、日本国内におけるクレジットカード発行枚数は計2億9,296万枚で、成人1人につき約2.8枚所持している計算となります。

しかし、複数枚の保有には「各カードの暗証番号がわからなくなる」「紛失しないように管理するのがたいへん」「年会費の合計額が大きくなり、負担が大きい」といった問題があるので、これからクレジットカードを作る方は、1枚にまとめることも検討しましょう。

本記事では、「管理の手間や紛失・盗難リスク、年会費の負担を低減したい」とお考えの方に向けて、所持するクレジットカードを1枚にまとめる際のポイントや注意点、選び方について解説するとともに、おすすめのカードもご紹介します。

クレジットカードを1枚にまとめるポイント

クレジットカードを1枚にまとめるポイント

クレジットカードを1枚にまとめる際は、以下の4点をチェックしましょう。

● 国際ブランド
● ポイント還元率
● 付帯特典の充実度
● セキュリティ対策

それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

国際ブランド

クレジットカードを持っていても、国際ブランドが対応していない場合は利用できません。そのような事態を避けるために、なるべく加盟店数の多い国際ブランドを選びましょう。

また、ライフスタイルに適したサービスが付帯しているかどうかをチェックすることも大切です。

具体的には、国内外を問わず多くの店舗が対応している「Visa」や「Mastercard(R)」、日本発の国際ブランドで普段使いに便利な「JCB」、ホテルやレストラン、旅行関係のサービス(※)が充実している「American Express」をおすすめします。

(※)American Expressのカード会員向けのお得な情報を集約したウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」において450以上の多彩な特典・キャンペーンが掲載

ポイント還元率や使い道

ポイント還元率とは、クレジットカードの利用額に対して何円分のポイントが付与されるかを示す指標です。

例えば、「還元率0.5%」の場合、1,000円につき最大5円相当のポイントが貯まります。

普段のお買物や公共料金の支払いをお得に行いたいなら、なるべく還元率の高いカードを選びましょう。なお、セゾンでは、通常は税込1,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります(※)。

一定の条件を満たした場合(「カードと紐付いたQUICPay™(クイックペイ)で支払う」など)や特定店舗で利用した際に還元率がアップするカードもあるので、ご自身のライフスタイルに適したものをお探しください。

また、獲得したポイントの使い道も大事な要素のひとつです。例えば、セゾンカードでは総合通販サイト「STOREE SAISON」にて、下記のようなポイントの使い道が用意されています。

● 日用雑貨や家電製品との交換
● 金券・Amazonギフトカードとの交換
● JALのマイルやANAのマイルなど、そのほかのポイントへの交換

ほかのポイントに交換できるカードや品物と交換できるカードなら、獲得したポイントを無駄なく、かつ便利に活用できます。還元率と合わせて、ポイントの使い道もしっかりチェックしておきましょう。

(※)「1ポイント=最大5円相当」のアイテムと交換した場合、還元率は0.5%相当

付帯特典の充実度

クレジットカードごとに、付帯しているサービス・優待特典は異なります。ご自身のライフスタイル(「スーパーでお買物をすることが多い」「海外旅行が好き」など)に適した優待特典を備えているかをチェックしましょう。

なお、現時点では「スーパーのお買物でしか使わない」「いつも行く店で割引を受けられるだけで良い」と思っていても、時間が経過すれば「海外旅行に出かけるので、旅行時に役立つ特典があるカードが良い」といった具合に心境の変化が起こるかもしれません。

また、クレジットカードは「世界各地で」かつ「現金なし」で利用できる支払い手段であるため、海外旅行時には大きな利便性を発揮します。そうした点もふまえ、旅行時に活用できる以下の特典には特に注目すべきでしょう。

● 空港での待ち時間を快適に過ごせる「空港ラウンジ」特典
● 旅行先でのアクシデントに備えられる「旅行傷害保険」

例えばセゾンカードでは、148以上の国や地域にある空港ラウンジ1,300ヵ所以上を利用できる「プライオリティ・パス」を無料・優待価格で利用できるクレジットカードを発行しています。

そのほか、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をはじめとした多くのクレジットカードに国内・海外どちらでも利用できる旅行傷害保険が付帯されており、万が一の際にも安心です。

クレジットカードを1枚にまとめるなら、ご自身の現在の生活に沿った特典を優先しつつ、旅行時をはじめとした幅広いシチュエーションで使える「万能」なカードを選ぶことをおすすめします。

セキュリティ対策

保有するクレジットカードを1枚にまとめると管理が容易になりますが、紛失・盗難リスクがゼロになるわけではありません。不正利用対策や、紛失・盗難時のサポート体制も重視すべきポイントです。

セゾンカードなら、61日前までさかのぼった利用分のなかで、明らかに他者による不正利用があった場合に補償を受けられるので安心です。

なお、クレジットカードを1枚だけ保有している場合、万が一の際に代替手段がなくなり、生活への影響が大きくなることにご注意ください。

あらかじめ「夜間や休日に紛失・盗難トラブルが発生しても、迅速にカードの利用停止や再発行の手続きに対応してくれる窓口が用意されているか」をチェックしておくことが大切です。

また、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」のようにスマートフォンでカードの一時停止ができる「デジタルカード」、券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報が記載されていない「完全ナンバーレスカード」を発行できるカードも、セキュリティ面を考慮する方にはおすすめです。

クレジットカードを1枚にまとめるメリット

保有するクレジットカードを1枚に絞るメリットは、以下の4つです。

● 支払いの管理が容易になる
● 維持費用(年会費)を抑えやすくなる
● ポイントを貯めやすくなる
● 紛失・盗難リスクを低減できる

それぞれについて詳しく説明していきます。

支払いの管理が容易になる

複数のクレジットカードを利用している場合、カードごとに利用明細を確認しなければ、支出の全体像を把握できません。1枚に絞り込めば、1つのカードの利用明細を見るだけで公共料金やショッピングでの支払い金額を簡単に管理できます。

なお、複数のカードを持っていると暗証番号を混同することがあるかもしれません。保有しているカードが1枚だけなら暗証番号を覚えやすくなるので、「暗証番号の入力を何度も間違えた結果、ロックがかかり、解除するのに手間がかかる」という事態を防止できます。

維持費用(年会費)を抑えやすくなる

年会費が発生するクレジットカードを複数枚所持していると、年間の維持費用はその分大きくなります。

複数枚のカードを保有している場合、「ほとんど使っていないけれども、なんとなく年会費を支払い続けている」というケースもあるかもしれません。

余計な出費を抑えるためには、カードを1枚にまとめて維持費を少なくするほうが良いでしょう。

ポイントを貯めやすくなる

複数のカード会社から発行されているクレジットカードを利用している場合、各会社のポイントプログラムごとに分散してポイントが貯まるため、目標とするポイント数に到達しにくくなる可能性があります。

クレジットカードを1枚にまとめれば、日々のお買物や公共料金の支払いなどで貯まるポイントが集約され、高額アイテムとの交換も容易になります。

紛失・盗難リスクを低減できる

複数枚のクレジットカードを持ち運んでいると、管理しきれず、紛失や盗難の可能性が大きくなります。持ち歩くクレジットカードを1枚にまとめれば、管理が容易になります。

さらに、複数枚のカードを所持している場合、財布の紛失・盗難などでまとめてカードを失った場合、カードごとに利用停止などの手続きを行わなければなりません。

クレジットカードを1枚にまとめれば、紛失・盗難時も手続きの手間を抑えられるでしょう。

クレジットカードを1枚にまとめる際の注意点

保有するクレジットカードを1枚にまとめる際に注意すべき点は、以下の2つです。

● 利用できない場合がある
● 利用できる特典が減る

それぞれについて詳しく説明していきます。

利用できない場合がある

クレジットカードは、国際ブランドに対応している店舗でのみ利用可能です。

例えば、「Visa」のみに加盟している店舗では、「Mastercard(R)」や「JCB」「American Express」などのカードでは支払いを行えません。

1枚のカードしか持っていない場合、そのカードの国際ブランドの加盟店でしか支払えないため、会計時にクレジットカードを利用できないケースがあります。

利用できる特典が減る

クレジットカードは、カードごとに優待特典・付帯サービスが異なります。1枚のカードに絞り込むと、そのカードに付帯している特典しか利用できなくなることにご注意ください。

1枚に絞り込む際には、「付帯サービスが充実していて、さまざまなシーン(日常的なお買物、旅行など)で利用可能か」という点について検討しましょう。

紛失や破損した際クレジットカードが使えなくなる

クレジットカードを1枚にまとめてしまうと、万が一、その1枚のクレジットカードを紛失や破損してしまった際に、クレジットカードが一切利用できなくなります。

新たなクレジットカードが発行されるまでにも時間がかかるので、紛失・破損の際には、多少の不便が生じることは理解しておく必要があります。

クレジットカードを1枚にまとめるならデジタルカードがおすすめ!

クレジットカードを1枚にまとめたいと考えているなら、セゾンのデジタルカードがおすすめです。デジタルカードは、アプリからカード番号を確認して、すぐにネットショッピングや電子マネーのチャージなどで利用できます。

セゾンのデジタルカードは、お申し込み開始から最短5分で発行されるデジタルカードと、ナンバーレスのプラスチックカードの両方が発行されます。

万が一、プラスチックカードを破損してしまった場合も、スマートフォン決済、ネットショッピング、電子マネーへのチャージなどで、引き続きデジタルカードが利用できます(プラスチックカードを再発行した場合も、カード番号の変更はありません)。

デジタルカードを選ぶならセゾンカード

デジタルカードを検討している方におすすめのセゾンカードを3種類紹介します。

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」「SAISON CARD Digital」「セゾンカードインターナショナル」の特長を詳しく説明していきます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

初年度の年会費は無料、2年目以降は1,100円(税込)です。ただし、年に1回以上カードを利用すれば翌年の年会費が無料になります。

公共料金の支払いをはじめとした定期的な支払いに利用すれば、維持費なしで所持が可能です。

お申し込み開始から、最短5分で「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行され、すぐに利用を開始できます。また、後日配送されるプラスチックカードは「完全ナンバーレスカード」で、店頭で利用する際に盗み見をされる心配がありません。

さらに、心当たりのないインターネット上での不正使用による損害が補償される「オンライン・プロテクション※」も付帯しています。セキュリティ面で安心したい方は、ぜひ申し込みをご検討ください。

なお、カードと紐付いたApple Pay、Google Pay™、QUICPayを使ってQUICPay加盟店でお買物をすると、通常の4倍の永久不滅ポイント(税込1,000円につき4ポイント)が付与され、「1ポイント=最大5円相当」のアイテムと交換した場合には最大2%相当の還元率になります。(※1)

そのほか、セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード会員限定のキャッシュバック専用キャンペーンプログラム「セゾン・アメックス・キャッシュバック」も魅力です。

「セゾン・アメックス・キャッシュバック」はセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで、一部のサービスを利用するとキャッシュバックが受けられるサービスです(※2)。

コンビニエンスストアやスーパー、ネットショッピングをお得に利用できる特典が充実したクレジットカードなので、普段使いの利便性やコストパフォーマンスを重視される方は、ぜひ「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」の契約を検討してはいかがでしょうか。

(※1)適用には、諸条件があります。詳細はカードお申込みページをご確認ください。
(※2)キャッシュバック金額は上限ありで、事前登録制
(※2)補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

SAISON CARD Digital

年会費は無料です。なお、国際ブランドをVisa、Mastercard(R)、JCB、American Expressの4種類から選べるので、ご自身に適したものをお選びください。

お申し込み開始から、最短5分でセゾン公式アプリ「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行され、すぐにQUICPay加盟店でのお買物やオンラインショッピングで利用できます。ちなみに、デジタルカードのデザインは、気分に合わせて変更可能です。

後日、自宅に届くプラスチックカードは、券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報が記載されていない「完全ナンバーレスカード」なので、店頭で利用する際に盗み見をされるリスクがありません。

維持費がかからないクレジットカードを求めている方や、国際ブランドを自由に選びたい方、セキュリティの面で安心したい方は、SAISON CARD Digitalの申し込みを検討してはいかがでしょうか。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンカードインターナショナル Digital

年会費無料で利用できるセゾンのデジタルカードです。デジタルカード+ナンバーレスカードと、カード番号の記載のある通常のプラスチックカードのいずれかを選んで発行できます。

お申し込み開始から最短5分で発行でき、すぐにスマホ決済やネットショッピングで利用可能です。ナンバーレスカードは後日自宅に届き、こちらは店舗でのクレジットカード決済で便利に利用できます。

なお、通常のプラスチックカードを選択する場合は、セゾンカウンターでの受け取りが可能です。早めにカードが必要であれば、インターネットから申し込みをしたあとに、セゾンカウンターで受け取りをすれば、最短即日で利用を開始できます。

また、他のセゾンカードと同様に「セゾンポイントモール」が利用可能です。セゾンポイントモールのWebサイトを経由してお買物すると、最大で通常の30倍ポイント還元が受けられます。普段のネットショッピングがもっとお得になります。

手軽にクレジットカードをまとめたいと考えている方は、年会費無料のセゾンカードインターナショナル デジタルをぜひ検討してください。

インターナショナルv2単体pcインターナショナルv2単体pc

クレジットカードを1枚に絞る際のポイントまとめ

クレジットカードを1枚にまとめる際には、「国際ブランド」「ポイント還元率や使い道」「付帯特典の充実度」「セキュリティ対策」の4点をチェックしましょう。

保有するカードを1枚に絞るメリットは、「支払いの管理が容易になる」「維持費用(年会費)を抑えやすくなる」「ポイントを貯めやすくなる」「カードの持ち運びに伴うリスクを低減できる」の4つです。ただし、「利用できない場合がある」「利用できる特典が減る」という点にご留意ください。

「クレジットカードを1枚にまとめたい」という方には、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」「SAISON CARD Digital」「セゾンカードインターナショナル Digital」の3種類をおすすめします。

各カードに特長があるので、年会費や国際ブランド、優待特典などを比較して、ご自身に適したものを選びましょう。

(※)Amazon.co.jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。
(※)Amazonギフトカード細則についてはhttp://amazon.co.jp/giftcard/tcをご確認ください。
(※)Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
(※)iPhone、Apple Watch、Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved.
(※)Google Pay 、Google Pay ロゴ、Google Play 、Google ロゴ、Android はGoogle LLC の商標です。
(※)Google Pay は、おサイフケータイ(R) アプリ(6.1.5以上)対応かつAndroid5.0以上のデバイスで利用できます。
(※)「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事