【クレジットカードのことならCredictionary】

Visa、Mastercard(R)、JCBの違いとは?国際ブランド選びの注意点も解説

Visa、Mastercard(R)、JCBの違いとは?国際ブランド選びの注意点も解説

クレジットカードを申し込む際は、VisaやMastercard(R)、JCBなどの国際ブランドを選択しますが、国際ブランドによって特長が異なるのをご存じでしょうか?

国際ブランドの違いを把握しておくことで、クレジットカードを選ぶ際の参考になり、用途に合ったカードを選択できる可能性が高くなります。

本記事では、国際ブランドの簡単な説明と国際ブランドのなかでもVisa、Mastercard(R)、JCBの違いを解説していきます。

また、国際ブランドを選ぶ際の注意点も紹介しますので、参考にしてください。

国際ブランドはクレジットカードの決済システムを提供

国際ブランドとは、カード決済システムやライセンスを提供している会社のことで、世界中に加盟店のネットワークを持つクレジットカードのブランドを指す言葉です。

代表的な国際ブランドには以下の5つがあります。

● Visa
● Mastercard(R)
● JCB
● American Express
● ダイナースクラブ

クレジットカードは国内外問わず、各国際ブランドに加盟している店舗でしか利用できません。

例えば、国際ブランドのVisaのみに加盟している店舗では、Mastercard(R)のクレジットカードを持っていてもカード決済はできないことになります。

ただし、一般的に多くの店舗が複数の国際ブランドに加盟しているため、さまざまなクレジットカードに対応しているケースがほとんどです。

Visa、Mastercard(R)、JCBの違い

国際ブランドにはVisaやMastercard(R)、JCBなど複数ありますが、国際ブランドによってシェア率やクレジットカードに付帯する特典などに特長があります。

ここではVisa、Mastercard(R)、JCBの3つの国際ブランドの特長をご紹介します。

●Visaの特長

Visaの歴史は古く、1958年にアメリカの銀行「Bank of America」が発行した「バンクアメリカード」が前身です。

その後、1976年すべての言語で同じように発音される「Visa」に名称変更され、2007年にグローバル企業としてのVisaが発足しました。

現在では、知名度・シェア率ともにトップクラスの国際ブランドで、国内外問わずクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードを利用できる店舗が多く、特にアメリカ方面の加盟店が豊富といわれています。

また、Visaはタッチ決済対応カードまたは、スマートフォンやウェアラブル対応の加盟店も多いのが特長です。これらの決済では、専用の端末にクレジットカードやデバイスをかざすだけで支払いが完了するため、非接触かつスムーズな会計ができる点は魅力でしょう。

●Mastercard(R)の特長

Mastercard(R)は、1966年にニューヨーク州のバッファローで設立された「Interbank Card Association」が前身です。1968年にはメキシコのBanco Nacional、欧州のEurocardと提携しており、日本でも初めてInterbank Card Associationに加盟しています。

その後、1970年代後半に、世界規模での成長への決意を表すため、Mastercardに変更しました。

現在では、Visaと並んで、世界で最も多くの場所で利用できる国際決済ネットワークブランドです。50年以上にわたり、安全でスマートかつシンプルな決済システムを提供してきた国際ブランドで、210を超える国や地域でMastercard(R)ブランドのカードを利用できます。

また、Mastercard(R)もタッチ決済を導入しており、コンビニエンスストアや百貨店など、対応店舗が増えています。

●JCBの特長

JCBは、日本発祥となる唯一の国際ブランドで、前身は1961年に設立された (株)日本クレジットビューロー(略称JCB)です。

(株)日本クレジットビューローは設立同年に日本初の汎用型クレジットカードの発行を開始し、その後、カード盗難保険制度の開始やカード会員向け通信販売を経て、1978年、(株)ジェーシービーに社名を変更しました。

1981年には国際クレジットカードブランドとして海外へ展開開始し、業界初のポイントサービスやサインレス取引を実現しています。

JCBの大きな特長は、日本国内での加盟店数が多く、日本人向けのサービスが充実している点です。

また、海外旅行関係のサービスにも力を入れており、国際ブランドがJCBのクレジットカードだと、以下のようなサービスを利用できます。

● 一部の海外主要都市に設置された「JCBプラザ ラウンジ」の利用
● JCB加盟店のホテルやレストラン、オプショナルツアー・各種チケットなどの予約を日本語で対応してくれる海外のサービス窓口「JCB PLAZA」の利用
● ハワイの「ワイキキ・トロリー」の乗車賃が無料

なお、VisaやMastercard(R)は各カード会社と提携して発行する提携カードのみとなりますが、JCBは提携カードのほかに、自社でもクレジットカード(プロパーカード)を発行しています。

Visa、Mastercard(R)、JCBはスマホ決済にも対応

近年はスマホ決済も普及しており、Apple Payなどを利用する方も増えています。

Visa、Mastercard(R)、JCBは、Apple Payに対応しているので、クレジットカードをスマホ決済アプリに登録すれば、ちょっとしたお買物ならスマホ1台で完結できて便利です。

また、Visa、Mastercard(R)、JCB の3つの国際ブランドは、タッチ決済にも対応しているので、非接触かつスピーディな支払いができる点も魅力です。

Visa、Mastercard(R)、JCBは安全に利用できる?

クレジットカードを選ぶときは、支払いの機能だけではなく、セキュリティ面も考慮することが大切です。特に、オンラインショッピングは「なりすまし」のリスクもあるので、セキュリティが気になる方も多いのではないでしょうか。

Visa、Mastercard(R)、JCBの各国際ブランドでは、名称こそ異なりますが、インターネットを介した取引時は支払いの際に本人認証が行われます。

● Visa:Visa Secure
● Mastercard(R):Mastercard ID Check
● JCB:J/Secure™

本人認証によって、第三者による不正利用を防止できるため、オンラインショッピングでも安全に利用できます。

国際ブランドを選ぶときに確認すべき点

国際ブランドを選ぶときに確認すべき点

クレジットカードの申し込みを行う際は国際ブランドを選択する必要がありますが、国際ブランドを選ぶ際に覚えておきたい注意点がいくつかあるので、確認しておきましょう。

海外と国内のどちらで利用するかを考える

クレジットカードは、利用目的や利用する地域を考えて選ぶことが大切です。

日本国内はもちろん、海外旅行や海外のECサイトなどを利用する方は、基本的に世界シェア率の高いVisaやMastercard(R)のクレジットカードが向いているでしょう。

一方、主に国内でクレジットカードを利用するなら国内加盟店が多いJCBがおすすめです。また、JCBは日本人向けのサービスが多いので、ハワイやグアム、台湾、香港などの日本人に人気の国に行くならJCBカードのほうが良い場合もあります。

例えばハワイ旅行ならトロリーバスを利用する際、JCBカードを見せるだけで乗車賃が無料になります。

なお、一般的に多くのチェーン店や家電量販店、大手ECサイトなどは、複数の国際ブランドに加盟しているので、Visa、Mastercard(R)、JCBのどの国際ブランドを選択しても利用できる可能性はあります。

国際ブランドだけでなくクレジットカードの特典の内容もチェックする

クレジットカードにはさまざまな特典が付帯しています。そのため、クレジットカードを選ぶ際は国際ブランドだけでなく、カードに付帯する特典の内容も確認するようにしましょう。

例えば、セゾンのクレジットカードは国際ブランドに関係なく、以下のような特典が付帯しています。

● ネットショッピングの際にセゾンポイントモールの経由で、通常の最大30倍の永久不滅ポイントが貯まる
● インターネット上での不正利用による損害を補償する「オンライン・プロテクション(※)」が付帯しているため、安心してネットショッピングを楽しめる

(※)補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分

2枚以上のクレジットカードを持つときは別の国際ブランドを検討する

すでにクレジットカードを持っている方のなかには、2枚目、3枚目のカードの申し込みを考えている方もいると思います。そのような方は、現在持っているクレジットカードの国際ブランドとは異なる国際ブランドを検討しましょう。

先述しているように、クレジットカードは各国際ブランドの加盟店でのみ利用できます。異なる国際ブランドのクレジットカードを持っていれば、カード決済ができる店舗数が増えて利便性が増します。

おすすめのセゾンカード

セゾンのクレジットカードなら、用途に合わせた国際ブランドを選択可能です。

また、日ごろのお買物から旅行やレジャー関係など、幅広いシーンで活用できる充実した特典も付帯しています。

ここでは、おすすめのクレジットカードとして、VisaやMastercard(R)、JCBなどの国際ブランドを選択できる「SAISON CARD Digital」のほか、JCBとパートナーシップを締結している国際ブランドAmerican Expressの「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」をご紹介します。

●SAISON CARD Digital

SAISON CARD Digitalは、年会費無料で保有できるカードです。国際ブランドは、Visa、Mastercard(R)、JCBのほか、American Expressも選択できます。

こちらのカードはお申し込み開始から、最短5分で公式アプリ「セゾンPortal」上にカード番号やセキュリティコードなどが発番され、すぐにネットショッピングでの利用や電子マネーへの登録が可能です。

アプリ上でカードデザインの着せ替えができるため、気分に合わせて券面デザインを変更できる点も魅力となっています。

また、後日郵送で届くプラスチックカードを利用して実店舗でのカード決済が可能ですし、プラスチックカードは、完全ナンバーレスカード(券面にカード番号やセキュリティコードなどの印字がない)となっているため、第三者に盗み見される心配もありません。

>>詳細はこちら

●セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigitalは、初年度の年会費が無料、2年目以降は1,100円(税込)円で保有できるカードです。年1回以上のカード利用で2年目以降の年会費も無料となる年会費の優遇があります。

こちらのカードは国際ブランドがAmerican Expressとなりますが、American Express はJCBとパートナーシップを締結しているため、JCB加盟店でも利用可能です。

QUICPayTM(クイックペイ)の利用で最大2%相当(※)のポイント還元率になる永久不滅ポイントの優遇特典があるため、電子マネーをよく利用する方にもおすすめのカードです。

>>詳細はこちら


(※)適用には、諸条件があります。詳細はカードお申込みページをご確認ください。

セゾンパールセゾンパール

まとめ

VisaとMastercard(R)は、世界トップクラスのシェア率を誇る国際ブランドのため、国内外問わずクレジットカードを利用できる店舗が多くあるのが特長です。一方、JCBは日本人向けのサービスが充実している特長があります。

また、クレジットカードを申し込む際は国際ブランドも大切ですが、セキュリティ面やカード自体に付帯する特典も確認しておくのがおすすめです。

セゾンカードではVisa、Mastercard(R)、JCBのほか、American Expressの国際ブランドのクレジットカードを選択できます。今回ご紹介した「SAISON CARD Digital」と「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigital」は、幅広いシーンで利用できる特典が付帯したカードとなっているので、申し込みをご検討ください。

(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
(※)Apple、Appleのロゴ、Apple Payは、Apple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved.

おすすめのクレジットカード

人気記事