Credictionary

徹底解説!ユナイテッド航空のマイル「MileagePlus(マイレージプラス)」の魅力とは?

徹底解説!ユナイテッド航空のマイル「MileagePlus(マイレージプラス)」の魅力とは?

特典航空券と交換する前に、マイルの有効期限が切れてしまったり、あきらめて航空券以外の特典に交換した経験はありませんか?そういう方にこそ、ユナイテッド航空のマイルがおすすめです。ユナイテッド航空のマイルには、日系航空会社のマイレージプログラムにはない独自の魅力があります。

ここでは、ユナイテッド航空のマイレージプラス・マイルのメリットや貯め方や特徴について解説します。ユナイテッド航空のマイルの魅力を知り、家族や友人、もしくは自分のためにマイルを貯めて、特典航空券を手に入れましょう。

ユナイテッド航空のマイルとは?

そもそもユナイテッド航空とは、スターアライアンスに加盟している米国の航空会社です。現在、26社の航空会社が加盟しているスターアライアンスには、日本でも馴染み深いANAも加盟しています。

そして、ユナイテッド航空にも、ANAやJALと同じようにマイレージプログラムが存在し「マイレージプラス」という名前が付けられています。このマイレージプラスに入会することで、対象となるフライトやホテルへの宿泊などでマイルを貯めることが可能になります。

貯めたマイルは特典航空券への交換やフライトのアップグレード、ホテル・リゾートの予約、空港内での食事等*で使うことができます。(*一部条件あり)

国内航空会社では一般的にフライトの距離でボーナスマイルが付与されますが、ユナイテッド航空の場合、運賃に対してマイルの獲得数が決定します。一般会員は運賃額1米ドルあたり5マイルを獲得することができ、一定のフライト利用回数や航空券の金額の条件をクリアできれば、プレミア会員として通常よりも多くのマイルが加算されます。会員のグレードに応じた、マイル加算については以下のとおりです。
例えばプレミア1Kの方が1000米ドル(約11万円※)のユナイテッド航空券を購入した場合、なんと11,000マイルも加算されることになります。
※2020年4月現在レート

【会員のグレードに応じたマイル獲得数】
一般会員 1米ドル=5マイル
プレミアシルバー 1米ドル=7マイル
プレミアゴールド 1米ドル=8マイル
プレミアプラチナ 1米ドル=9マイル
プレミア1K 1米ドル=11マイル

プレミア会員になると、上記のようにマイルが貯まりやすくなるだけでなく、受託手荷物無料、優先チェックイン、優先搭乗などの便利な特典が利用可能になります。

ユナイテッド航空のマイルのメリットとは?

ユナイテッド航空のマイルのメリットとは?

ユナイテッド航空が提供するマイレージプラスには、利用するうえでのメリットが複数あります。なかには、ANAやJALにはない独自の魅力もあります。1つずつ詳しく見てきましょう。

マイルの有効期限が無期限

マイレージプラスのマイルには、有効期限がありません。一度獲得したマイルが失効することはないため、時間をかけてじっくりとマイルを貯めることができます。一方、ANAやJALのマイルには36ヵ月という有効期限が設けられています。

そのため、例えば、年1回くらいしか飛行機を使わない方の場合、特典航空券に交換できる分までマイルが貯まる前に、有効期限が切れてしまい、マイルが流れたという事態に陥る可能性があります。

その点、マイレージプラスなら、有効期限がないため、フライトの回数が少ない方でも安心してマイルを貯め続けることが可能です。「せっかく貯めていたマイルが流れた…」という悲しい事態を避けられるのも、マイレージプラスのメリットの1つです。

ANAなどスターアライアンス加盟航空会社を使ってもマイルが貯まる

マイレージプラスはなのでユナイテッド航空やユナイテッド・エクスプレスのフライトで、マイルを獲得することができます。また、ユナイテッド航空のみならず、スターアライアンス加盟航空会社もしくは、マイレージプラス提携航空会社が発券し、運航するフライトの航空券に対してもマイルが貯まります。スターアライアンスには世界各国20を超える航空会社が加盟していますので、数ある選択肢のなかから自由に航空会社を選び、同時にマイルも着実に獲得できるわけです。

ちなみに、提携ホテルや交通機関での利用でもマイルを貯めることができます(一部条件あり)。あまり飛行機を利用しない陸マイラーにもうれしいサービスといえるでしょう。

ユナイテッド航空のマイルは5,000マイルから特典航空券と交換可能

マイレージプラスで貯めたマイルは、特典航空券との交換が可能です。必要マイル数は、時期やフライトの混み状況により変動しますが、日本国内線の場合、概ね片道5,000マイル・往復10,000マイルから交換することができます。

国内の航空会社では6,000マイルから特典航空券を発行している場合が多いので、5,000マイルから発行できるマイレージプラスは本当にお得といえます。
国際線も片道から特典航空券を発行できるので、3区間以上の周遊旅行をお考えの方はマイレージプラスを上手く活用すると最高の旅行を実現できます。
また、国内線は同じスターアライアンスに加盟しているANAの特典航空券に交換できるので、マイレージプラスを活用して、少ないマイルでお得にANAに乗ることも可能です。
「5,000マイルから発行可能な特典航空券例※」
羽田⇔福岡、羽田⇔新千歳、伊丹⇔那覇、福岡⇔那覇、名古屋⇔新千歳
※2020年4月現在、必要マイル数は変更する可能性があります。ユナイテッド航空公式HPより確認ください。

家族以外の友人や恋人にも特典航空券をプレゼントできる

ユナイテッド航空のマイレージプラスなら、貯まったマイルをどなたでも特典航空券として利用することができます。ANAやJALの場合は、会員の配偶者・二親等以内の家族しか、マイルを使って特典航空券を予約することはできません。

一方、マイレージプラスであれば、上記の方に加えて、友人や恋人など誰の名前でも特典航空券を予約することが可能です。これなら、家族以外にも貯めたマイルを使って特典航空券をプレゼントすることができます。

マイルが購入できる

マイレージプラスでは、マイルを購入することができます。これは、ANAやJALのマイレージプログラムにはない特筆すべき利点の1つです。このサービスを使えば、フライトなど特定のサービスを利用しなくても、手軽にマイルを獲得することができます。

利用シーンとしては、例えば、特典航空券交換まであと一息、至急特典航空券に交換したいという時に、足りない分を購入して補うなどの使い方が考えられます。

おすすめのクレジットカード

ユナイテッド航空のマイルを貯める方法とは?
コツを知って特典航空券を手に入れよう!

ユナイテッド航空のマイルを貯める方法として、知っておくと便利なマイルを貯めるコツがあります。これから紹介する方法で、陸マイラーでも簡単にマイルを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

「MileagePlus Shopping Japan」経由でオンラインショッピングをする

MileagePlus Shopping Japanは、オンラインショッピングを通して、マイレージプラスのマイルを貯めることができるサイトです。MileagePlus Shopping Japanには、楽天市場、Yahoo!ショッピング、じゃらんなど、さまざまなショップが掲載されています。サイトを利用する際は、まずMileagePlus Shopping Japanのサイトでログインし、そのなかからお好みのショップを選択し、「今すぐ買う」をクリックします。

すると、ショップに遷移しますので、そのままオンラインショッピングをおこないます。このようにして、一度MileagePlus Shopping Japanを経由したあとに商品を購入すると、マイレージプラスのマイルの加算が受けられます。

楽天市場なら1,000円=2マイル、Yahoo!ショッピングなら1,000円=3マイルでマイルが貯まります。これなら普段のお買物で、マイルを獲得することも難しくないでしょう。

「kaligo.com」から宿泊予約する

kaligo.comとは、さまざまな航空会社のマイルを貯めることができる宿泊予約サイトです。サイトに遷移すると、マイレージを選択できるようになっていますので、そちらでマイレージプラスを選んでください。

その後、宿泊予約を済ませると、マイルが付与されます。貯まるマイルは、宿泊施設によって異なりますが、おおむね100円=10マイルでマイルを獲得することができます。

ユナイテッド航空のマイルが稼げるクレジットカードを使う

上記で紹介した方法でもマイルを貯めることはできますが、最も効率よく稼げるのは、マイレージプラスが貯まるクレジットカードを使う方法です。

毎日のお買物でカード利用すれば、自然とマイルを貯めていくことができますし、携帯電話料金や公共料金など毎月の固定費をカード決済にしておけば、知らぬ間にどんどんマイルが増えていきます。

飛行機をよく利用する方はもちろん、陸マイラーにもおすすめの方法です。しかも、クレジットカードには付帯保険も付いていますから、マイルが貯まって、保険も付いて、これなら一石二鳥です。そのため、マイレージプラスでマイルを貯めようと思ったら、まずは高還元率でマイルが貯まるクレジットカードを探してみてください。

ユナイテッド航空のマイルが高還元率で貯まるクレジットカード3選

クレジットカードを使うと効率よくマイルが獲得できることはすでに説明したとおりですが、どのカードを選ぶべきかわからない方も多いでしょう。そこでユナイテッド航空のマイルが高還元率で貯まるクレジットカードを3枚厳選しました。年会費やマイル還元率、付帯保険など、それぞれの特徴について1枚ずつ詳しく見ていきましょう。

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカードは、ユナイテッド航空との提携カードのなかでも、「年会費の安さ」と「マイル還元率の高さ」の点で、頭一つ抜けているクレジットカードです。

年会費は1,500円(税抜)で、基本となるマイル還元率は0.5%ですが、オプションプランのマイルアップメンバーズに登録することで業界最高水準の1.5%まで還元率を引きあげることができます。

マイルアップメンバーズへの登録には別途年会費5,000円(税抜)が必要ですが、基本の年会費とあわせても6,500円(税抜)です。

年会費の安さとマイル還元率の高さを両立させたい場合は、MileagePlusセゾンカードが最適といえます。

例えば、マイルアップメンバーズに登録したMileagePlusセゾンカードで月額10万円(年間120万円)の決済があった場合、年間獲得マイルは18,000マイル。国内航空線のエコノミークラス片道3区間分に交換可能です※。

賢く使えば、特典航空券分のマイルを貯めるのもけっして難しくないことがわかります。※2020年4月現在。必要マイル数は変更する可能性があります。ユナイテッド航空公式HPより確認ください。

さらに、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しているため、MileagePlusセゾンカードを持っているだけで旅の安心感を得ることもできます。

おすすめのクレジットカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカードは、「マイル還元率の高さ」と「充実の付帯保険」が魅力のクレジットカードです。年会費は20,000円(税抜)で、マイル還元率は1.5%。普段のお買物から固定費の支払いまで、幅広い場面で1,000円=15マイルでマイルを獲得することができます。例えば、MileagePlusセゾンゴールドカードで月額30万円(年間360万円)の利用があった場合、年間獲得マイルは54,000マイルになります。この獲得マイルでグアム・シンガポール・セブ島・バリ島のエコノミークラス往復分の特典航空券に交換可能です※。

※2020年4月現在。必要マイル数は変更する可能性があります。ユナイテッド航空公式HPより確認ください。

また、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯しており、最高1,000万円の家族特約も付いています。家族特約があるおかげで、ご家族を保険の対象範囲に含めることができます。まだカードが作れない、18歳以下のお子様がいらっしゃる場合も、わざわざ旅行代理店や空港で保険に加入しなくても、大切な家族の補償が出来るので安心です。、さらに、1事故上限100万円のショッピング安心保険も付帯していますので、カードで購入した商品が破損・盗難などの被害にあっても購入日から90日間は、補償が受けられます。

加えて、マイル購入が10%OFFになるといった特典も付いています。

おすすめのクレジットカード

MileagePlusセゾンプラチナカード

MileagePlusセゾンプラチナカードは、「マイル還元率の高さ」や「最高級の付帯保険」、「豊富な特典」など、総合的に優れているクレジットカードです。年会費は50,000円(税抜)で、マイル還元率は業界トップクラスの1.5%です。プラチナカードは年間の獲得上限マイルがないので上限を気にせず、マイルを貯めていただけます。

また、ユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッド・クラブ」の利用パスが毎年2枚進呈されます。(118米ドル分。2020年4月現在)

さらに、2年目以降の更新時には自動的に5,000マイルもプレゼントされます。5,000マイルあれば国内線の片道特典航空券が発行可能※なので毎年継続するだけで旅行に行けてしまう最高のカードといえますね。

もし、MileagePlusセゾンプラチナカードを使って月額50万円(年間600万円)の決済をした場合、年間獲得マイルは153,000マイルになります。この獲得マイル数で、グアム/ニューヨーク/ロンドンのビジネスクラス往復分の特典航空券に交換可能です※。※2020年4月現在。必要マイル数は変更する可能性があります。ユナイテッド航空公式HPより確認ください。

またMileagePlusセゾンプラチナカードの海外・国内旅行傷害保険には、最高1億円という非常に高額な補償額が設定されています。さらに、最高1,000万円の家族特約、年間500万円のショッピング安心保険も付いており、付帯保険がかなり充実しています。

ほかにも、マイルの購入が10%OFFになるサービス、ユナイテッド航空運航便優先搭乗、24時間365日コンシェルジュデスク、最高1億円の国内/海外旅行傷害保険が自動付帯など、MileagePlusセゾンプラチナカードは、とにかくトラベルサポートが充実しているカードです。

おすすめのクレジットカード

着実にマイルを貯めたいならユナイテッド航空のマイレージプラスが最適

ここでは、ユナイテッド航空のマイレージプログラムであるマイレージプラスについて解説しました。マイレージプラスの最大のメリットは、マイルの有効期限が無期限である点です。

マイルというと、頻繁に旅行する方だけが貯められるものと思いがちですが、ユナイテッド航空なら有効期限を気にせずにすむため、あまり飛行機を利用しない方でも着実にマイルを貯めていくことができます。

また、ANAをはじめスターアライアンスに加盟している航空会社のフライトならマイルを獲得できますし、マイルを特典航空券に交換することも可能です。さらに、ユナイテッド航空との提携カードを取得すれば、さまざまなシーンで効率よくマイルを稼げるようになります。

有効期限のない、ユナイテッド航空のマイルを貯めるには、業界最高水準1.5%のマイル還元率を誇るMileagePlusセゾンカード、MileagePlusセゾンゴールドカード、MileagePlusセゾンプラチナカードの利用がおすすめです。高還元率のカードを賢く使い、特典航空券を手に入れて、お得に空の旅を楽しみましょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事