初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

クレジットカードの有効期限が近い!更新手続きはどうする?

クレジットカードの有効期限が近い!更新手続きはどうする?

クレジットカードを利用していると、定期的に訪れるのが「有効期限」と「更新手続き」です。クレジットカードの有効期限はなぜ必要なのか、有効期限の確認方法や更新手続きのやり方、よくある疑問などを解説します。

クレジットカードには有効期限が存在する!

どんなクレジットカードにも有効期限が存在します。そして、それに伴って更新手続きを行う必要があります。クレジットカードの有効期限は、カードの種類ごとに異なり、一律ではありません。有効期限の平均は3年から5年のところが多いようです。

クレジットカードの有効期限を忘れ、古いカードをそのままお財布に入れておくと、いざという時に使えないこともあります。クレジットカードの有効期限と新しいカードへの切り替えをスムーズに行い、快適なクレカライフを送りましょう。

クレジットカードにはどうして有効期限が存在するの?

そもそも、どうしてクレジットカードには有効期限が存在するのでしょうか。最初に、クレジットカードの有効期限に関する必要性と基礎知識を知りましょう。

有効期限の見方/確認方法

まず、クレジットカードの有効期限の確認方法を知りましょう。
クレジットカードの有効期限は、カードの表面に記載されているのですぐわかります。ただし、クレジットカードの種類によって、数字の表記に若干の違いがあります。

例えば、有効期限が2021年7月なら、
07/21
07/'21
07-21
と、月(Month)が先に表記され、年(Year)が後ろに表記されます。

なお、「GOOD THRU」とか「VALID THRU」とか表記されている場合もありますが、どちらも「有効期限」という意味です。

カードの劣化対策

クレジットカードは丈夫なプラスチックなどでできています。しかし丈夫だからといっても、使い続けていると経年劣化は起こるものです。また、本体以外でも、カードの磁気部分やICチップの部分が破損したり、汚れて機能が低下してしまう可能性があります。
クレジットカードに定期的に有効期限を設けて更新することにより、クレジットカードの折れ曲がりや磁気不良によるトラブルを回避できます。

カードの防犯対策

クレジットカードにまつわる犯罪は年々巧妙化しています。カード会社としては万全の対策を講じていますが、それでも現在の防犯技術が数年後に通用するとは限りません。
クレジットカードに有効期限を設け、定期的に更新することにより、常に最新の防犯機能を備えたカードを利用することができます。
また、更新時のセキュリティコードの変更などが、万が一の盗難・紛失による不正使用のセーフティネットになります。

クレジットカードの有効期限が近付いてきたときの手続きは?

クレジットカードの有効期限が近づいてきたら、新しいカードへの更新手続きが必要なのか気になるところです。しかし、更新手続きはなく、自動更新されるケースがほとんどです。
(一部、年収など最新の情報の確認がある場合や、更新の手続きが必要な場合もあります。)

クレジットカードの有効期限が近づくと、カード会社から新しいクレジットカードが送られてきます。
新しいクレジットカードが送られてきたら、古いクレジットカードにハサミを入れて廃棄しましょう。

クレジットカードの更新時期が近づいた。新しいカードが届くのはいつ?

通常は、クレジットカードの更新時期が近づくと、通常、有効期限の1ヵ月ほど前にカード会社から新しいクレジットカードが送られてきます。

有効期限が近づいているのに新しいクレジットカードが届かない場合は、カード会社に問い合わせましょう。

クレジットカードの更新時期が近づいた。新しいカードが届くのはいつ?

クレジットカードの更新後、新しいカードが届いたらするべきこと

新しいクレジットカードの更新後、いくつか行うべきことがあります。項目別に説明します。

更新後、新しいカードが届いたらするべきこと(1)
古いクレジットカードはハサミで断裁する


新しいクレジットカードが送られてきたら、古いクレジットカードにハサミを入れて廃棄しましょう。
古いクレジットカードは有効期限まで利用できますが、期限を過ぎてしまうと、お会計時に使えない事態が発生してしまう可能性もあります。新しいクレジットカードが届いたら、古いクレジットカードは早めに廃棄しましょう。

特に、磁気テープとICチップの断裁は、クレジットカードの原型がわからなくなるくらいに入念に行いましょう。

更新後、新しいカードが届いたらするべきこと(2)
新しいクレジットカードの裏面にサインする


クレジットカードは、裏面の署名欄に自筆でサインして初めて正式に利用することができます。サインがないと基本的には利用することができないので、注意しましょう。サインしていないクレジットカードは、店舗側から利用を拒否される場合もあります。

更新後、新しいカードが届いたらするべきこと(3)
登録情報の更新を行う


公共料金やネットショッピングなど、クレジットカードの情報が登録されているものがあれば、継続決済ができるように情報を更新しましょう。
カード番号自体は変わりませんが、有効期限やセキュリティコードが変わっているので、更新するまでは引き落としができない場合もあります。

更新後、新しいカードが届いたらするべきこと(4)
クレジットカードの利用条件に変更がないか確認する


クレジットカードのご利用限度額は、更新ごとの審査によって決定されます。そのため、古いクレジットカードと新しいクレジットカードで、利用条件に変更がある場合があります。最新の利用条件を知ることで、スムーズなクレジットカードの利用ができます。

クレジットカードの更新でよくある質問

クレジットカードの更新でよくある質問を、まとめました。参考にしてください。

クレジットカードの更新でよくある質問(1)
クレジットカードはどうやって届くの?


クレジットカードは通常、簡易書留などで郵送されます。書留なので、本人または自宅にいるご家族などが受け取ることが必要になります。またクレジットカードによっては、本人確認が必要になることもあるので注意しましょう。

家を不在にしがちな人がクレジットカードを受け取れない場合、郵便局の保管期間を過ぎるとカード会社に返送されてしまう場合があります。
有効期限を過ぎてもクレジットカードが届かない場合は、カード会社に問い合わせましょう。

クレジットカードの更新でよくある質問(2)
古いクレジットカードと新しいクレジットカードで変わることはあるの?


古いクレジットカードと新しいクレジットカードでは、いくつか変わる部分があります。
通常、カード番号はそのまま変更はありませんが、有効期限とセキュリティコードが新しいものになります。

クレジットカードの更新でよくある質問(3)
新しいクレジットカードは必ず更新されるの?


カード会社の審査によりますが、クレジットカードのご利用が一定期間なかったり、支払いが遅れたりした場合、カードが更新されない可能性があります。更新されないことは、事前にお知らせがない場合もあるので、注意しましょう。

クレジットカードの更新でよくある質問

(まとめ)

いかがでしたか?クレジットカードは更新手続きは原則不要です。有効期限がきたら更新されることで、より快適なクレカライフが送れることがお分かりになるかと思います。クレジットカードの有効期限が近づいたら、新しい更新カードときりかえ忘れないようにしましょう。

人気記事