【クレジットカードのことならCredictionary】

ガソリンスタンドでクレジットカードは利用できる?お得に給油できるおすすめのカードを紹介

ガソリンスタンドでクレジットカードは利用できる?お得に給油できるおすすめのカードを紹介

厚生労働省の「家計調査(家計収支編)令和4年(2022年)」によると、年間のガソリンの購入金額の平均は68,908円です(※)。月間にすると約5,742円の出費となりますが、車の利用頻度によってはさらに高くなる場合もあるでしょう。
毎月支払うガソリン代の負担が気になるなら、クレジットカードの活用がおすすめです。ガソリンを給油するときにクレジットカードを利用すれば、ポイントを貯めることができ、ガソリン代を抑えられる可能性があります。

しかし、ガソリンの給油を目的にクレジットカードを発行する場合には、ガソリン代を支払う目的に適したカードを選ぶ必要があります。

この記事では、ガソリンスタンドでクレジットカードを利用するメリットやカードの選び方、おすすめのカードなどを紹介します。

なお、今すぐおすすめのクレジットカードを知りたい方は、「ガソリンスタンドで使えるクレジットカードおすすめ3選」を参考にしてください。

(※)厚生労働省「家計調査(家計収支編)令和4年(2022年) 二人以上の世帯」

インターナショナル01単体pcインターナショナル01単体pc


セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

クレジットカードはガソリンスタンドでも利用可能

多くのガソリンスタンドは、クレジットカードによる支払いに対応しています。クレジットカードが利用できるガソリンスタンドには、必ず対応する国際ブランドが掲示されているので確認しておきましょう。

なお、ガソリンスタンドにもよりますが、基本的に以下の国際ブランドは利用できる場所が比較的多くなるので、参考にしてください。

● Visa
● Mastercard®
● JCB
● American Express
● Diners Club

ガソリンスタンド会社が発行するクレジットカードもある

クレジットカードには、ガソリンスタンド会社が発行するカードもあります。ガソリンスタンドによっては自社が発行するクレジットカードしか利用できなかったり、自社のカード決済でガソリン代がお得になったりするケースもあるので、覚えておきましょう。

特に毎回決まったガソリンスタンドで給油する方は、ガソリンスタンド会社が発行しているクレジットカードの有無を確認しておくのがおすすめです。

電子マネーが使えるガソリンスタンドもある

電子マネーが広く普及している昨今では、クレジットカードと電子マネーを紐付けて利用する方も増えています。紐付けをすると電子マネーへのチャージが不要になったり、スマートフォンのタッチ決済で支払いができたりと、非常に便利です。

ガソリンスタンドによっては、電子マネーの利用に対応している店舗もあります。よりスムーズにガソリン代の支払いを済ませたいなら、クレジットカードの発行後に電子マネーと紐付けておくと良いでしょう。

ちなみに、クレジットカードのなかには、電子マネーの利用でポイント還元率がアップするお得なカードもあります。

例えば、セゾンが発行するセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード DigitalでQUICPay™(クイックペイ)を利用すると、最大2%相当のポイントが還元されます(※)。クレジットカード選びの際は、こうしたポイント還元サービスの有無もチェックしておくことをおすすめします。

(※)1ポイント最大5円相当のアイテムと交換した場合です。

ガソリンスタンドでクレジットカードを利用する4つのメリット

ガソリンスタンドでクレジットカードを利用する4つのメリット

ガソリン代を節約するなら、以下の理由によりクレジットカードがおすすめです。

ポイント付与やガソリン代の割引などでお得に給油できる
現金を切らしていても給油できる
ロードサービスが付いていることが多い
支払いが管理しやすい

クレジットカード払いがおすすめの理由を順番に解説します。

ポイント付与やガソリン代の割引などでお得に給油できる

ガソリン代をクレジットカードで支払うと、支払金額に応じてポイントが付与されたり、付帯する優待特典によっては割引されたりします。また、現金払いと比べて決済時間が短くなるため、スピーディに支払いができます。

実際にどれくらいお得になるか計算するために、月10,000円のガソリン代をセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで支払うケースをシミュレーションしてみましょう。

なお、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、QUICPayに加盟しているガソリンスタンドではポイントが4倍になるため、QUICPay加盟店と非加盟店で計算しています(※)。

利用期間 QUICPay加盟店以外の場合 QUICPay加盟店の場合
1ヵ月 10ポイント(約50円) 40ポイント(約200円)
6ヵ月 60ポイント(約300円) 240ポイント(約1,200円)
12ヵ月 120ポイント(約600円) 480ポイント(約2,400円)

仮に現金払いからセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでの支払いに切り替えた場合、1年間で非加盟店なら約600円相当、QUICPay加盟店なら約3,600円相当のポイントを獲得できます。

(※)1ポイント最大5円相当のアイテムと交換した場合で、ポイントシミュレーションは「セゾンアメックス/利用シーン」の結果を記載しています。
(※)適用には、諸条件があります。詳細はカードお申込みページをご確認ください。


還元方法は3種類
クレジットカードでガソリンを給油する際の還元方法として下記3種類が挙げられます。内容は異なりますが、いずれもガソリン代がお得になる点は変わりません。

ただし、クレジットカードごとに還元方法は異なるので、申込時にしっかりと確認しましょう。

還元の種類 内容
ポイントによる還元 ・利用金額に応じてポイントが付与される
・貯めたポイントは、キャッシュバックや商品との交換などに利用できる
利用金額により幅が変動する割引 ・ガソリン代が値引きされる
・利用金額が増えるに伴って値引きの幅が大きくなる
一律レートでの割引 ・ガソリン代が値引きされる
・一律レートで割引される(例:1リットルあたり2円引き)

現金を切らしていても給油できる

「ガソリンを給油するときに現金を切らしてしまい、最寄りのATMまで引き出しに行った」という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカードを持ち歩いている場合、現金を切らしていてもATMまで引き出しに行かず、スピーディにガソリンを給油できます。

ロードサービスが付いていることが多い

ガソリン代がお得になるクレジットカードには、ロードサービスが付いている場合が多いです。

ロードサービスとは、自動車に関するトラブルが生じたときにサポートしてくれるサービスのことで、具体例としては以下のようなサービスが挙げられます。

・交通事故で故障したときに、一定距離まで無料でけん引してもらえる
・バッテリーが上がってしまったときに、応急処理を施してもらえる
・旅行先で車が使えなくなったときに、帰宅費用を負担してくれる

ロードサービスが付帯するカードを選ぶことで、より安心してドライブを楽しめます。また、専門業者が提供するサービスに加入する場合と比べて、費用が安く済む場合もあります。

ただし、ロードサービスの内容はクレジットカードごとに異なるため、事前に内容をきちんと確認し、自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

支払いが管理しやすい

なかには車の維持費を少しでも抑えるために、毎月のガソリン代を管理している方もいらっしゃるでしょう。しかし、ガソリンを給油するたびに支払い内容を記録するのは意外とたいへんです。また、レシートを保存する手間もかかります。

その点、クレジットカードなら支払ったガソリン代を管理しやすいです。カード会社から発行される利用明細を確認すれば、「どのガソリンスタントでいくら分給油したのか」をかんたんに把握できます。ガソリン代だけでなく、普段の生活費の管理にも役立つでしょう。

利用明細の確認方法はカード会社によって異なりますが、多くの場合はスマートフォンからいつでも確認ができるようになっています。

ガソリンスタンドでお得に使えるクレジットカードの選び方

ガソリンスタンドでお得に使えるクレジットカードの選び方

ガソリンスタンドで使うクレジットカードの選び方として、以下が挙げられます。

給油時にポイントは還元されるか
頻繁に利用するガソリンスタンドに対応しているか
年会費がかかるのか
ETCカードの発行は無料でできるか
利用目的に合致しているか

各項目を詳しく見ていきましょう。

給油時にポイントは還元されるか

クレジットカードを選ぶときは、以下の2点を確認しておきましょう。

・給油時にポイントが還元されるかどうか
・ポイント還元率はどの程度か

クレジットカードによっては、ポイントが還元されないものもあります。そのようなクレジットカードを選んでしまうと、本来なら得られるはずのポイントをもらえないため、もったいないです。

給油時にポイントを獲得できるクレジットカードが手元にない場合、ガソリン代金の支払い用にカードの発行を検討してみても良いでしょう。

頻繁に利用するガソリンスタンドに対応しているか

給油用のクレジットカードは、頻繁に利用するガソリンスタンドを軸に選ぶことをおすすめします。理由として、以下2点が挙げられます。

・ガソリンスタンドごとに、対応している国際ブランドやキャッシュレス決済が異なる
・特定のガソリンスタンドでポイント還元率が高くなるクレジットカードが存在する

ガソリンスタンドによっては、一部の国際ブランドにのみ対応している場合があります。

そのため、事前にガソリンスタンドの店頭に提示されている国際ブランドのマークを確認しておき、同じ国際ブランドのクレジットカードを選ぶようにしましょう。

また、同じ国際ブランドのクレジットカードでも、付帯している優待特典によりポイント還元率は異なります。

例えば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、通常のポイント還元率は0.5%相当ですが、QUICPayに加盟しているガソリンスタンドで給油する場合は、ポイント還元率が最大で2%相当になります。

給油用のクレジットカードを選ぶときは、頻繁に利用しているガソリンスタンドに対応しており、高い還元率でポイントを貯められるカードがおすすめです。

年会費がかかるのか

クレジットカードは年会費有料のカード、年会費無料のカードの2種類が存在します。クレジットカードを利用するのがガソリンスタンドのみであれば、年会費無料のクレジットカードでも十分でしょう。

しかし、ガソリン代以外の支払いにも利用するなら、年会費有料のカードもおすすめです。年会費有料のカードは付帯サービスや保険の内容が比較的充実している傾向にあり、普段から使っていればより快適な日常生活を送れます。

例えば、年会費初年度無料、翌年度からは年会費11,000円(税込)で保有できるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードには、充実した各種保険や旅行に役立つサービス、お得にお買物ができる各種優待など、さまざまな特典が付帯します。

ETCカードの発行は無料でできるか

ETCカードとは、高速道路の料金所で自動支払いできるカードのことです。料金所のレーンに「ETC専用」と提示されているレーンで利用できます。

多くの場合、クレジットカードを発行すると追加カードとしてETCカードの発行もできます。ETCカードには「料金所の支払いがスムーズになる」「ETCカードの利用でポイントを獲得できる」などさまざまなメリットがあるので、高速道路を走る機会があるなら発行しておくと良いでしょう。

ただし、クレジットカードによっては、ETCカードの発行手数料や年会費がかかる場合もあるので注意してください。経済的な負担を抑えたいなら、手数料や年会費が無料のETCカードを発行できるクレジットカードを選びましょう。

なお、セゾンカードは本カード1枚につき年会費無料のETCカードを5枚まで発行できます。セゾンカードのETCカードを詳しく知りたい方は「年会費無料でETCカードを作る」をご覧ください。

利用目的に合致しているか

クレジットカードは、利用目的に合致したものを選ぶようにしましょう。なおガソリンスタンドで利用するクレジットカードの主な用途は、以下のとおりです。

・主に給油目的のみで利用する
・お買物や生活費の支払いなど給油目的以外にも利用する(給油量が少ない方)

各目的別におすすめのカード種別を見ていきましょう。

給油目的なら「ガソリン割引率の高いカード」がおすすめ
給油が主な目的であるなら、ガソリン割引率の高いカードがおすすめです。

ガソリン割引率の高いカードとして、給油量(利用金額)により割引率が変わるパターンを採用しているものが挙げられます。

下記の表は、変動値引きを採用しているカードを利用した場合のシミュレーション例です。

1ヵ月あたりの給油金額(給油量) 平均的なガソリンの割引率 1年間で得する金額
1万円(100L) 1リットルあたり1円引き 1,200円
2万円(200L) 1リットルあたり2円引き 4,800円
5万円(500L) 1リットルあたり5円引き 30,000円
10万円(1,000L) 1リットルあたり8.5円引き 102,000円
※1リットル100円で計算

給油以外にも使いたいなら「ガソリンスタンド対応のクレジットカード」がおすすめ
給油以外にも使いたいなら、ガソリンスタンド対応のクレジットカードがおすすめです。ガソリン割引率の高いカードは、利用場所が特定ガソリンスタンドだけに限られていることがあります。

しかし、ガソリンスタンド対応のクレジットカードは、スーパーやコンビニでも問題なく利用できます。また、普段のお買物でもポイントが貯まったり、優待サービスが利用できたりと、生活費全体で見たときにお得になるケースもあります。

ガソリンスタンド対応のクレジットカードを選ぶときは、以下の点を確認しましょう。

・年会費とポイント還元率や付帯特典のバランスは良いか
・ロードサービスや自動車保険はあるか

日常生活での使い勝手も考慮すると、必ずしもガソリン割引率の高いカードが優れているわけではありません。

ガソリンスタンドの利用頻度が低い方や月間給油量の少ない方は、ガソリンスタンド対応のカードの利用を検討すると良いでしょう。

ガソリンスタンドでクレジットカード払いする方法

フルサービスのガソリンスタンドでクレジットカード払いを選択する方法は以下のとおりです。

1. 給油レーンに入りエンジンを止める
2. 店員にクレジットカードを渡して給油を注文する
3. 給油が終わったらカードが返却される

フルサービスとは、店員が対応してくれるタイプのガソリンスタンドのことです。給油から決済までをドライバーの代わりに店員が行ってくれるので、慣れていない方におすすめです。

なお、支払金額によってはクレジットカードの暗証番号、あるいはサインを求められるので、対応しましょう。

店員にクレジットカードを渡したくない場合はセルフサービスがおすすめ

店員にクレジットカードを渡したくない方は、セルフサービスのガソリンスタンドを利用しましょう。

ガソリンスタンドには店員が給油から決済まで対応してくれるフルサービスと、すべて自身で行うセルフサービスがあります。セルフサービスのガソリンスタンドなら、クレジットカードのカード情報を盗み見される心配はありません。

セルフサービスのガソリンスタンドでクレジットカードを利用する手順は以下のとおりです。

1. 給油レーンに入りエンジンを止める
2. 給油機を操作する
3. 支払い方法で「クレジットカード」を選択
4. 給油を始める
5. 給油が終わったらノズルを外して給油口のキャップを締める

セルフサービスのガソリンスタンドの場合、給油作業を自分で行います。そのため、給油機の注意事項をしっかりと確認してから、給油を始めましょう。

ガソリンスタンドで使えるクレジットカードおすすめ3選

ガソリンスタンドで使えるクレジットカードおすすめ3選

ガソリンスタンド対応のクレジットカードを探している方には、セゾンのクレジットカードがおすすめです。

セゾンのクレジットカードは、ガソリン代の支払いでも1,000円(税込)につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まるほか、全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」が利用できます。

優待のあるお店にはタイムズのカーシェアやオリックスレンタカー、ニッポンレンタカーなどで割引を受けられる車関係の優待も利用可能です。

そのほか、富士急ハイランドやサンシャイン水族館などのレジャー施設で割引を受けられたり、星野リゾートなどの有名ホテルでお得に宿泊できたりと、レジャー・トラベル関係の優待も豊富にあります。

ここでは、特におすすめのクレジットカードとして、以下の3券種をご紹介します。

セゾンカードインターナショナル
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

これらのカードは全てETCカードを年会費無料で5枚まで追加発行できます。各クレジットカードの特長を詳しく見ていきましょう。

セゾンカードインターナショナル

インターナショナル01単体pcインターナショナル01単体pc

カード名 セゾンカードインターナショナル
ランク 一般カード
国際ブランド ・Visa
・JCB
・Mastercard®
ポイント還元率 0.5%
※1ポイント最大5円相当と交換した場合
ポイントの有効期限 なし
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日発行
付帯サービス ・オンライン・プロテクション(※1)
・全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」
対応スマホ決済・電子マネー ・QUICPay
・iD
・Apple Pay
(※1)補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分

セゾンカードインターナショナルは年会費が無料で利用でき、最短即日発行が可能なクレジットカードです。

ETCカードの即日発行が可能なセゾンカウンターなら、セゾンカードインターナショナルと一緒にETCカードも即日発行できます。

審査状況により発行スピードは異なりますが、最短3営業日としているクレジットカードも多いため、セゾンカードインターナショナルは比較的発行スピードが早いです。

国際ブランドはVisa・JCB・Mastercardの3種類から選べるため、よく行くガソリンスタンドに合わせて選択できます。

ガソリンスタンド以外でも活用できるシーンが豊富にあり、例えば全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」を利用して、レストランやホテルなどで優待を受けることも可能です。

>>詳細はこちら

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

カード名 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital
ランク 一般カード
国際ブランド American Express
デジタルカード あり
ポイント有効期限 なし
ポイント還元率 ・0.5%
※1ポイント最大5円相当と交換した場合
・QUICPay利用で最大2%相当還元
年会費 ・初年度無料
・2年目以降1,100円(税込)
※年1円以上の利用で翌年無料
発行スピード お申し込み開始から最短5分発行
付帯サービス  
対応スマホ決済・電子マネー ・QUICPay™(クイックペイ)の利用で最大2%相当の永久不滅ポイント還元(※1)
・オンライン・プロテクション(※2)
・アメリカン・エキスプレス・コネクト
・優待のあるお店
(※1)適用には、諸条件があります。詳細はカードお申し込みページをご確認ください。
(※2)補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、頻繁に利用するガソリンスタンドがQUICPayに対応している場合におすすめの1枚となります。

ポイント還元率は0.5%相当(※)です。ただし、QUICPayの利用で還元率は最大2%相当になります。

そのため、生活圏にQUICPay加盟店が充実している場合、ガソリンの給油を含めてお得に活用できます。

年会費は初年度無料で、2年目以降は年会費1,100円(税込)でが、年1円以上のカード利用で翌年の年会費が無料になります。

年会費をかけず、お得なクレジットカードを探している方におすすめの1枚です。

>>詳細はこちら

(※1)1ポイント最大5円相当のアイテムと交換した場合です。
(※2)2022年9月末時点。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

カード名 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
ランク ゴールドカード
国際ブランド American Express
ポイント還元率

0.75%
※1ポイント最大5円相当と交換した場合

年会費 ・初年度無料
・2年目以降11,000円(税込)
発行スピード 最短3営業日で発行
付帯サービス ・オンライン・プロテクション(※1)
・アメリカン・エキスプレス・コネクト
・優待のあるお店
対応スマホ決済・電子マネー ・QUICPay
・iD
・Apple Pay
(※1)補償を受けるには、以下条件があります。
・当社が実施する調査で不正利用による被害が確認できること
・当社に連絡した日を含めて61日前までさかのぼったご利用分

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、ポイント還元率が通常の1.5倍です。そのため、ガソリンの給油時に効率的にポイントを貯められます。

また、旅行に関する特典や保証を中心に優待サービスが充実しており、ガソリンの給油以外にも使い勝手の良い1枚です。

年会費は初年度無料で、2年目以降は11,000円(税込)、家族カード(ファミリーカード)は初年度から1,100円(税込)です。なお、ETCカードは年会費無料で発行できます。

家族カード(ファミリーカード)のポイント還元率や優待特典は本カードと同様になります。そのため、家族用のクレジットカードを検討している方にもおすすめです。

>>詳細はこちら

ガソリンスタンドで使えるクレジットカードに関するよくある質問

Q1 ガソリンの給油で貯めたポイントをお買物で使える?

ガソリンの給油で貯めたポイントでも、通常のお買物に使ったり支払いに充当したりできます。

例えば、給油で貯めた永久不滅ポイントは、人気家電製品やギフト券などが出品されているセゾンの総合通販サイト「STOREE SAISON(ストーリーセゾン)」で利用できます。

また、Amazonギフトカードやマイルなどにポイントを移行することも可能です。
他社ポイントを経由すれば、セブン-イレブンやローソンなどの実店舗でもポイントを使えます。

Q2 すべてのガソリンスタンドでクレジットカードは利用できる?

すべてのガソリンスタンドでクレジットカードが利用できるとは限りません。例えば、次のようなケースではガソリンスタンドでクレジットカードが利用できません。

● クレジットカード会社と提携していないガソリンスタンド
● クレジットカードの限度額を超えている
● クレジットカードのICチップや磁気テープが故障している
● クレジットカードの有効期限が切れている

ガソリンスタンドでクレジットカードを利用したい方は、給油する前に店員に尋ねるか、店頭にある国際ブランドのロゴなどを確認してみましょう。

Q3 セルフガソリンスタンドでもクレジットカードを使える?

基本的に、セルフガソリンスタンドでも問題なくクレジットカードを利用できます。

ただし、一部対応していないセルフガソリンスタンドも存在します。また、クレジットカードによっては、セルフガソリンスタンドに対応していない場合もあります。

クレジットカードを利用できるかどうかは、店頭の国際ブランドのロゴを確認してください。国際ブランドのロゴがない場合、クレジットカードを利用できない可能性があります。

Q4 ガソリンスタンドで電子マネーは使える?

多くのガソリンスタンドは、電子マネーでの支払いに対応しています。

ただし、対応状況はガソリンスタンドごとに異なるため、サービスステーションの公式サイトなどで確認しておいたほうが良いでしょう。

Q5 ガソリンスタンドのクレジットカードと一般的なクレジットカードはどちらがお得?

ガソリンスタンド会社が発行するクレジットカードは、割引を受けられたり還元率が優遇されていたりすることが多いです。そのため、特定のガソリンスタンドしか利用しない場合は、ガソリンスタンド会社が発行するカードのほうがお得になる可能性が高いです。

ただし、一般的なクレジットカードにはレンタカーやレジャー施設、トラベル関係などの特典が充実していることも珍しくないため、総合的に考えて選ぶと良いでしょう。

例えば、セゾンカードなら全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」があり、幅広いシーンで優待を受けられます。

ですので、特に利用するガソリンスタンドが決まっていない方は、一般的なクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

まとめ

まとめ

クレジットカードでガソリン代を支払えば、効率良くポイントが貯められてお得です。これまでガソリン代を現金で支払っていた方は、この機会にクレジットカードで支払うようにすると良いでしょう。

また、ガソリンスタンドで利用するクレジットカードを選ぶときは、「給油時のポイント還元の有無」や「よく利用するガソリンスタンドに対応しているか」などの要素をチェックすると、より満足のいくカードを見つけやすくなります。

セゾンカードでは、幅広いニーズに対応したクレジットカードを用意しています。また、ガソリン代がお得になるだけではなく、さまざまな加盟店で優待を受けることも可能です。

ガソリンスタンドで利用するクレジットカードを探している方は、今回ご紹介したセゾンのクレジットカードをご検討ください。

(※)iPhone、Apple Watch、Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved.
(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
(※)Amazon.co.jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。
(※)Amazonギフトカード細則についてはhttp://amazon.co.jp/giftcard/tcをご確認ください。
(※)Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事