クレジットカードをグレードアップする方法やメリット、デメリットを解説

クレジットカードをグレードアップする方法やメリット、デメリットを解説

「クレジットカードをグレードアップしたいけれど、どうすればよいのだろう」そのような思いを感じたことはありませんか?

初めのうちは違和感なく利用できていたカードであっても、ライフステージが変化していくなかで、機能や特典に物足りなさを感じるケースは珍しくありません。

この記事では、クレジットカードのグレードごとの特長から、グレード別のメリット・デメリット、グレードアップする方法まで詳しく解説します。ご自身に最適な1枚をぜひご選択ください。

セゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーンセゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーン

クレジットカードのグレードは4種類

クレジットカードのグレードは4種類

クレジットカードは、一般的に4つのグレードから選択できます。細かい分類はカード会社によって異なりますが、大まかな特長を把握すればどのグレードが自分に適しているか判断しやすくなります。ここでは、ノーマル、ゴールド、プラチナ、ブラックの4種類について基本的な特長を解説します。

ノーマルカード

クレジットカードのなかでもスタンダードなグレードとして知られているのが「ノーマルカード」です。一般カードとも呼ばれています。

ノーマルカードは「18歳以上の方(高校生を除く)」などを対象としているカードが多く、比較的手軽に申し込めるカードといえます。

全グレードのカードのなかでも、年会費が最も安い場合がほとんどです。さらに、カード会社によっては入会費・年会費ともに無料で利用できるものもあります。維持コストを抑えたい方や「とりあえずクレジットカードを持っておきたい」と考えている方にもおすすめです。

ゴールドカード

ノーマルカードよりもひとつ上のグレードは「ゴールドカード」と呼ばれています。グレード名のとおり金色にデザインされたものが多く、見た目から高級な印象を与える点が特長です。

ゴールドカードはノーマルカードと異なり、「安定した収入」などが申し込み資格に記載されるケースが多くなります。「20歳以上」などノーマルカードより対象となる年齢が高いゴールドカードもあるため、事前の確認が必要です。

また、多くの場合で入会費や年会費が必要になります。ゴールドカードの年会費は10,000円前後が相場です。年会費はかかりますが、クレジットカードに付帯する「空港ラウンジサービス」「旅行傷害保険」や「ノーマルグレードよりもポイント還元率が良い」などといった特典も充実しています。

プラチナカード

ゴールドカードよりもさらに上のグレードが「プラチナカード」です。カードの色はシルバーのものがよく見られます。年会費は10,000円以上がほとんどで、カード会社によっては50,000円前後かかる場合もあります。

また、申し込み資格に「安定した収入」と記載されるケースが多く、「25歳以上」や「30歳以上」の年齢制限のあるケースも存在します。

その分、旅行中に起こった事故の補償や海外空港ラウンジサービスといった優待の内容も充実しています。クレジットカードの利用頻度が低い方には向きませんが、月々の支払額が多い方や海外旅行・出張の頻度が高い方は、プラチナカードならではの魅力を実感できるでしょう。

また、多くのプラチナカードに「コンシェルジュ・サービス」が付帯しています。こちらでは国内・海外のレストランやホテルの予約、航空券やJR特急券の手配などを電話1本で行ってもらえます。少しでも時間短縮をしたい方にはもってこいのカードです。

ブラックカード

4種類のなかでも最上級のグレードとして知られるのが「ブラックカード」です。年会費は50,000円以上のものが多く、100,000円以上かかるクレジットカードも存在します。また、入会するだけで100,000円以上必要なケースもあります。

また、カード会社にもよりますが、申し込み不可で、カード会社から招待された方やブラックカードの所有者に紹介された方が入会できる招待制が取られていることが多いです。

カードに付帯する保険の補償額はプラチナよりも高く、高級ホテルやショップでの優待サービスはブラックカードならではの魅力といえるでしょう。

クレジットカードのグレード別に見るメリット・デメリット

クレジットカードのグレード別に見るメリット・デメリット

自分に合ったクレジットカードを選ぶには、グレードによって異なる魅力に加えて注意点も理解しなければなりません。入会費・年会費といったコスト以外にも注目すべきポイントはたくさんあります。

この記事を読んでくださっている方々にはぜひとも、ご自身にとって納得のいくクレジットカードを選んでいただきたいです!そこで、ここではグレード別のメリット・デメリットをご紹介します。

グレードの低いクレジットカードのメリット

ノーマルカードのようなグレードの低いクレジットカードは、「維持コストの安さ」が魅力です。年会費が必要な場合でも10,000円以下のものが多く、「クレジットカードを利用する機会が少ない」「なるべく出費を抑えたい」と考えている方に向いています。

また、年会費を考慮しなくてもよいというメリットは、クレジットカードの作りやすさや使いやすさにもつながります。年会費がない分、気軽にショッピングを楽しめるでしょう。クレジットカードを作るのが初めての方にとっても、メリットが大きいグレードです。

グレードの低いクレジットカードのデメリット

クレジットカードはグレードが高いほど付帯サービスも充実しています。グレードの低いカードは補償範囲も少なく、サービスや特典が物足りなく感じるかもしれません。

したがって、保険や付帯サービスの内容と維持コストのどちらを優先するかが判断基準のひとつとなるでしょう。サービスや特典をもっと充実させたい方は、グレードを上げることをおすすめします。

グレードの高いクレジットカードのメリット

グレードの高いクレジットカードには、「旅行傷害保険」や「空港ラウンジサービス」など充実したサービスを受けられるというメリットがあります。旅行傷害保険が付帯しているカードであれば、旅行時に掛け捨ての傷害保険に入る必要がありません。(ただし、保険適用範囲が限定されている場合があるため、内容確認は必要です。)サービスを受けられる店舗や特典の数も増えるので、うまく活用すればより大きな満足感が得られるでしょう。

また、社会的なステータスを証明する道具としても役立ちます。グレードの高いクレジットカードを所有していれば、「金銭的にゆとりがある」という印象を与えられるためです。結果的に、社会的信頼につながる点もメリットといえるでしょう。

グレードの高いクレジットカードのデメリット

充実したサービスや保険が利用できる代わりに、入会費や年会費が高額である点には注意が必要です。
また、クレジットカードに付帯しているサービスが自分の用途に合ったものでないと、維持コストに見合うほどの魅力を感じることができないかもしれません。継続的にメリットを得るためには、付帯している保険やサービスがご自身の利用シーンに合っているか見極めることも大切です。

セゾンアメックスセゾンアメックス

クレジットカードをグレードアップする方法

クレジットカードをグレードアップするためには、下記の3つの方法があります。

● 所有しているクレジットカードを切り替える
● 新規でグレードの高いクレジットカードを申し込む
● クレジットカード会社からインビテーションを受ける

以下で、それぞれの方法を具体的に見ていきましょう。

所有しているクレジットカードを切り替える

比較的簡単な手続きですむグレードアップの方法は、現在所有しているカードを上位カードへ切り替えることです。

各クレジットカードの公式サイトや会員サイトのメニューなどから「カードの切り替え」が申し込めますので、該当する箇所から申し込みましょう。すでに登録した情報を利用して、入力できるケースもあります。

ただし、切り替えには審査があり、カード会社によっては切り替えに対応していない場合もあるためご注意ください。

新規でグレードの高いクレジットカードを申し込む

所有しているカードの切り替え以外にも、新規でグレードの高いクレジットカードを申し込むことも可能です。申し込み手続きには、本人確認や口座登録に関する書類が必要となります。

近年、多くのゴールドカードやプラチナカードなどがWeb申し込みに対応しています。そのため、スマホやパソコンから自宅にいながらにして申し込むことが可能です。

クレジットカード会社からインビテーションを受ける

プラチナカードやブラックカードの場合、インビテーション制(招待制)を採用しているカードがあります。

インビテーション(招待状)を受けるためには、各クレジットカードの下位カードを継続利用し、クレジットカード会社がそれぞれに定める条件を満たすことが必要です。

インビテーションは郵送で送付されるのが一般的です。近年では、メールや会員サイト・公式アプリのお知らせで通知されるケースも多くなっています。

グレード別おすすめクレジットカード

グレード別おすすめクレジットカード

セゾンカードでは、ノーマルやプラチナに相当するクレジットカードを数種類展開しています。それぞれの維持コストやサービス内容をチェックして、収入と利用シーンに合ったカードを選びましょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

一般的なクレジットカードのノーマルにあたるものが「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。年会費は3,300円(税込)ですが、初年度は無料で利用できます。ファミリーカードは1枚につき年会費1,100円(税込)で最大4枚まで発行が可能です。

また、18歳~25歳の方は年会費が無料です。出費を少しでも節約したい学生や新卒の方々におすすめのカードです。ショッピングでは永久不滅ポイントが貯まるので、現金支払いよりもお得にお買物を楽しめます!

グレードはノーマルですが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは旅行傷害保険やハーツレンタカーの優待といったサービスが適用されています。家族や友人と旅行に出かける機会が多い方なら、付帯サービスのメリットも最大限に活かせるでしょう。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

ゴールドカードに相当するクレジットカードが「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。年会費11,000円(税込)で、初年度は無料で利用できます。主なサービスや特典は以下のとおりです。

・永久不滅ポイントが通常の1.5倍(国内利用時)
・国内空港ラウンジの利用料が無料
・手荷物宅配無料サービス(国際線利用時)
・SAISON MILE CLUBに年会費4,400円(税込)で登録可能
・海外空港ラウンジのプライオリティ・パスに年会費11,000円(税込)で登録可能

ノーマルグレードのものと比較して、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、永久不滅ポイントが貯まりやすくなります。国内では通常の1.5倍、海外で利用した際は2倍のポイントが獲得できます。

また、空港利用時には手荷物宅配無料サービスやプライオリティ・パスの優遇サービスも付帯します。旅行や出張が多い方には特におすすめのクレジットカードです。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

旅行傷害保険、空港ラウンジ特典よりも優待特典がほしい!という方におすすめなのが「セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。
こちらは期間限定発行となっており、カード自体の優待特典に加え「継続特典」が付帯されています。

■基本情報
● カード会費:月額980円/税込
● ポイント:永久不滅ポイント
● ブランド:American Express
● そのほか:ETCカード、電子マネー対応

カード自体に付帯されている特典として下記が用意されています。
毎月プレゼント:スターバックスeGift500円分

● オンラインヨガの「ヨギーエアー」 2WEEKSプラン無料(1ヵ月間の有効期限)
● 肌が生まれ変わる肌育スキンケア「SONOMAMA MADE」を初回80%OFF
● 美容室どこでも通い放題「MEZON」 1回体験が1,000円OFF
● 毎月届くおやつの定期便「snaq.me」 初回1,000円OFF

このほかにもローズゴールド会員限定の特典が多数付帯するクレジットカードです。

また、毎月のショッピング、キャッシング、月会費の合計支払金額が1万円(税込)以上の場合、スタンプが1個貯まります。貯まったスタンプ数に応じて、下記のようなすてきな継続特典が受け取れます。

6個目 :一流ホテルお食事券
12個目:ニコライバーグマン オリジナルフラワーボックス(ROSE GOLD AMEX限定デザイン)
18個目:和牛セレクト高級グルメ
24個目:【GingerGarden AOYAMA】オリジナルおうちアフタヌーンティーセット
30個目:【谷井農園】オリジナルジュースセット

6個目の継続特典であるホテルお食事券が利用できるホテルは、「ザ・リッツ・カールトン東京」や「ヒルトン大阪」など一流ホテルばかり。1,000円×5枚のクーポン券を受け取ることができ、ディナーやランチ、朝食などに利用可能です。

セゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーンセゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーン

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

維持コストよりも充実したサービスを重視したい方におすすめのクレジットカードが「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。年会費は22,000円(税込)で、ファミリーカードは1枚につき年会費3,300円(税込)で発行できます。

ノーマルカードやゴールドカードに付帯するサービスに加え、以下のような優待があります。

● 年会費無料でマイルがたまる(SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)の無料登録が必要)
● プライオリティ・パスの登録料が無料(通常年会費:日本円で約46,000円)
● コンシェルジュ・サービスが付帯
● 一流ホテルやダイニング、スパなどで特別な優待がある「オントレ」
● 約200ヵ所の厳選レストランで1名分のコース料理が無料となる「招待日和」(※)

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードならではの特長は、コンシェルジュ・サービスが利用できる点でしょう。レストランの案内やギフトの手配といった問い合わせにも24時間365日対応してくれます。

(※)2名様以上での利用となります。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、会社を経営している方や個人事業主に選ばれています。年会費は22,000円(税込)、追加カードは1枚につき年会費3,300円(税込)です。

ショッピングでの利用額(※)が年間200万円を上回ると、翌年度の年会費が11,000円(税込)に優遇されます。その他ほか、以下のようなサービスや特典があります。

● 年会費無料でマイルがたまる(SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)の無料登録が必要)
● 海外空港ラウンジのプライオリティ・パスに無料で登録できる(通常年会費:日本円で約46,000円)
● 主要国内空港ラウンジの利用料が無料
● ハイヤー送迎サービス優待
● ビジネス書要約サイト「flier(フライヤー)」が30日間無料で利用可能。以降月額15%オフ

経営者や個人事業主を対象としているため、経理や経費管理に便利なサービスが複数付帯しています。

(※)キャッシング、年会費などは対象外となります。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

よくある質問

最後に、クレジットカードのグレードアップでよくある質問を解説します。グレードアップの際の参考にお役立てください。

Q1 グレードアップするとカード番号は変わるのか?

所有しているクレジットカードを切り替えた場合、カード番号が変更されるケースと変更されないケースがあります。

カード番号が変更されるケースで携帯電話料金やインターネットなどでの継続的な支払いを利用している場合は、登録変更の手続きが必要となるためご注意ください。

なお、セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでカードの切り替えを行った場合、現在利用しているカード番号で新しいカードを利用できます。

Q2 グレードアップすると前のカードは利用停止になるのか?

所有しているカードを切り替えた場合、基本的に前のカードは利用停止となります。新しいカードが届いたら、ハサミで切断した上で処分してください。

なお、カードによっては退会手続きが必要なケースもあります。各カードの手続きに従って対応しましょう。

Q3 グレードアップするタイミングは?

クレジットカードをグレードアップするタイミングには、現在所有しているカードに物足りなさを感じたとき、優待特典のグレードやポイント還元率を上げたいときなどがあります。

また、グレードの高いカードには旅行傷害保険が付帯するケースが多いため、旅行や出張が増えた場合もおすすめのタイミングです。

まとめ

まとめ

クレジットカードは、一般的に4つのグレードに分類されます。年会費やサービス内容はカード会社によって異なるため、満足して使い続けられるものを選ぶことが大切です。メリットやデメリットを理解して、少しでも多くの魅力を感じるクレジットカードを見極めましょう。

充実したサービスを利用したい方は、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードやセゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをご検討ください。

また、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、さらに上級なサービスをご提供しております。クレジットカードに関して不安や疑問がある方は、Creditionaryのコラムをお役立てください。

おすすめのクレジットカード

グレードアップにおすすめのクレジットカード

クレジットカードに関連する情報

人気記事