【クレジットカードのことならCredictionary】

リボ払いとは?発生する手数料や仕組みをわかりやすく解説

リボ払いとは?発生する手数料や仕組みをわかりやすく解説

現金がなくても支払いができるクレジットカードには、いくつかの支払方法が用意されています。一般的には「一括払い」や「分割払い」、「ボーナス払い」のほかに、「リボ払い」が選択できます。

これからリボ払いを利用したい方のために、種類やメリット、注意ポイントを解説します。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

クレジットカードのリボ払いとは?

リボ払いとは「リボルビング払い」の略称で、「リボ残高に応じて毎月の支払額がほぼ一定」になる支払方法のことです。

利用者は利用金額や件数にかかわらず、毎月決められた支払額をクレジットカード会社へ支払います。毎月の支払額を小さくすると、支払負担を緩和させる効果があります。

リボ払いは利用残高が0円になるまで一定の金額を支払い続けるため、追加でリボ払いを利用し利用残高が増えれば、その分支払期間は長くなります。

また、リボ払いは毎月の利用残高に対して手数料(利息)が発生することも覚えておきましょう。

リボ払いはクレジットカードのショッピング枠でも利用できるほか、キャッシングでも使われている支払方法です。

リボ払いの支払方法は主に3種類

リボ払いの支払方法はクレジットカード会社によって異なる場合があります。一般的にリボ払いの支払方法として採用されているものは、大きく分けて下記の3つがあります。

●定額リボルビング方式
●定率リボルビング方式
●残高スライド方式

リボ払いを利用する前には、それぞれの方式の特長を理解し、自分が利用しているクレジットカード会社のリボ払いがどの支払方法を採用しているかを確認しておきましょう。

①定額リボルビング方式

「定額リボルビング方式」とは、毎月設定した一定の金額を支払っていく方法です。

利用残高を問わず一定額を支払うため、利用残高が減っても支払負担は変わりません。支払いによる出費を抑えにくい点には注意が必要です。

一方で毎月一定の金額を支払うため、利用残高を減らしやすいという特長を持っているとも言えるでしょう。

②定率リボルビング方式

「定率リボルビング方式」とは、利用残高に一定の割合(定率)をかけた金額を元金として支払っていく方式です。

利用残高に対する割合のため、利用残高が多ければ毎月の支払額が多くなり、支払いが進み利用残高が減るにつれて毎月の支払額が減っていきます。

定率が低いと元金が減りにくく支払いが長期化しやすいですが、利用残高が少なくなれば毎月の支払による負担も少なくなるという特長があります。

③残高スライド方式

「残高スライド方式」とは、利用残高に応じて毎月の支払額が変動する支払方式です。利用残高と支払額の設定はクレジットカード各社によって異なります。

例として「利用残高が10万円未満の場合は毎月1万円、10万円以上〜20万円以下の場合は毎月2万円」といった設定で15万円を利用しているケースで想定してみましょう。

この場合、利用残高が10万円未満になるまでは毎月の支払額は2万円となりますが、10万円未満になると支払額が1万円に変化します。

「残高スライド方式」は、一般的には利用残高が少なくなるにつれ、毎月の支払額も低くなるケースが多いです。

元利と元金の違い

上記で紹介した支払方式は、さらに「元利」と「元金」の計算方式に分かれています。

そのため、リボ払いの支払方式は、「元利定額リボルビング方式」や「元金定額リボルビング方式」といったように組み合わせて表記されることが多いです。

元利の場合は、各支払方式で算出された金額に、手数料を含める計算方法です。

例えば、「元利定額リボルビング方式」で算出金額が5,000円だった場合、毎月の支払額は手数料を含めた5,000円となります。

このように、支払額が毎月一定のため支払計画が立てやすいという特長がありますが、5000円の内訳は元金と手数料となるため、元金が減りづらく返済期間は長くなります。

対して元金の場合は、算出金額に利息を上乗せした金額が支払額になります。

例えば、「元金定額リボルビング方式」で算出金額が5,000円だった場合、5,000円に利息を上乗せした金額が毎月の支払額です。

元金に手数料を加えた金額が毎月の支払額となるため、毎回支払額が変動しますが、コンスタントに一定の元金を減らせるという特長があります。

元金が減りやすいため、返済期間は短くなりますが、その分月々の負担は大きくなります。

リボ払いと分割払いの違い

月々の支払額を少なくする方法として、リボ払いのほかに「分割払い」があります。

●リボ払い…毎月の支払額を指定する
●分割払い…買物ごとに支払回数を指定する

リボ払いと分割払いの大きな違いは、支払額の決まり方と支払期間になります。

リボ払いは、毎月の支払額を自身で設定して、利用残高を支払っていく方法です。毎月の支払額はほぼ一定となりますが、利用残高が大きいほど支払い期間は長くなり、支払う手数料の合計も増えていきます。

一方、分割払いは買物ごとに支払い回数を指定して支払う方法で、支払い時に手数料を加えるので、支払い回数によって毎月の支払額が変動します。しかし、分割払いは支払い回数をあらかじめ設定するので、支払い期間が明確です。

ちなみに、リボ払いは余裕のある時に増額払いや、支払額の一部を繰り上げ返済ができます。分割払いと異なり、早期から繰り上げ返済すれば手数料を抑えて、支払総額を少なくできる可能性があります。

ただし、リボ払いは支払い期間が長くなればなるほど、手数料は膨らみ支払総額は大きくなります。リボ払いをお得に活用するコツは、普段の支払額は抑えながらも、できる時は繰り上げ返済をして手数料を抑えることです。

リボ払いと分割払いの特長を理解して使い分けるようにしましょう。

リボ払いのメリット

クレジットカードの一括払いでは、早くて翌月に全額を支払わなくてはなりません。しかしリボ払いを利用すると、支払額を抑えて余裕をもった支払いが可能です。今月は出費が重なって一括払いは厳しい状況でも、リボ払いなら安心して購入できることは大きなメリットです。

リボ払いには、ほかにも複数のメリットがあります。代表的なものを見てみましょう。

月々の支払額を減らせる

クレジットカードの支払額は利用金額により変動し、高額になることも珍しくありません。しかしリボ払いを利用すれば、支払額の変動は少なくなり一定の支払額に抑えられます。

高額な買物をした場合でも、翌月以降の高額請求に慌てる必要もありません。

家計管理がしやすい

リボ払いは、毎月の支払額が一定になるので、家計の管理がしやすくなります。

また、途中で支払額を変更できるので、余裕がないときは支払い額を少なくし、余裕があるときは支払い額を増やすなどの管理ができます。

繰り上げ返済や増額払いもできる

クレジットカードの支払いは基本的に毎月1回の支払日に銀行口座から引き落とされます。

しかしリボ払いは、資金に余裕があるときには増額払いや、まとめて支払う(繰り上げ返済)ことができます。計画的に支払うことで、手数料が膨らむのを抑えることも可能で、支払総額の抑制にもつながります。

リボ払いの注意点

毎月の支払額が一定で家計が管理しやすいため、メリットを感じやすいリボ払いですが、いくつかの注意点もあります。しっかりと理解して、リボ払いを上手く活用するようにしましょう。

手数料(利息)が発生する

リボ払いには、毎月の利用残高に対して手数料が発生します。そのため、リボ払いの支払期間が長期化すると手数料が膨らみやすく、支払総額も大きくなっていきます。

毎月の負担が少なくなるからといってリボ払いを利用しすぎてしまうと、いつのまにか多額の手数料を払うことになるので注意して利用するようにしましょう。

支払残高を把握していないと危険

毎月の支払いが一定であることから、お金を使っている感覚がないままに利用しすぎてしまう可能性があります。

リボ払いの支払い方式が残高スライド定額リボルビング方式だと、残高が一定額以上になると毎月の支払額が増えてしまいます。自分の想定していないタイミングで月々の支払額が増えてしまうと、支払いが難しくなるかもしれません。

また、リボ払いは気軽に利用できるので、使いすぎてしまいリボ残高が増えて支払いが長期化するケースもあります。無理なく支払えるように、利用残高を把握するのも重要です。

リボ払いを利用する方法

クレジットカードの支払方法は一括払いが基本ですが、手続きを行うことでリボ払いに変更できます。支払方法をリボ払いにする3つの方法を紹介します。

事前登録する(リボ宣言)

事前にリボ払いに登録すると、クレジットカード利用分が自動的にリボ払いに変更されます。例えばセゾンでは、「リボ宣言」の手続きで以降の支払いをリボ払いに変更できます。

自動的にリボ払いになるように設定しておけば、お店でのショッピング時に1回払いで買物してもクレジットカード側で自動的にリボ払いになります。そのためレジで「リボ払いで」と言いづらいときに便利です。

また、1回払いにしか対応していないお店でクレジットカードを利用しても、利用金額の支払いはリボ払いになります。

店頭で選択する

店頭で支払時にリボ払いを指定します。店頭のリボ払いに対応していない店舗もあるので、事前確認が必要です。セゾンでは「お店でリボ」に対応している加盟店をネット上で公開しているので、あらかじめ確認しやすくなっています。

この利用方法は、任意でリボ払いを利用できるのがメリットです。

「今月は出費が多いのでクレジットカードの支払いを減らしたい」という場合はリボ払いで購入、「今月は余裕があるからリボ払いは使わない」という場合は1回払いで購入するなど、家計の状況にあわせて支払方法を選択できます。

あとから変更する(リボ変更)

「あとからリボ」はクレジットカードの利用後に、支払方法を変更する手続きです。

支払額が予定よりも多くなった場合や、急な出費が発生した場合にも便利なほか、「店頭でリボ払いを伝えられなかった」際にも活用できる便利な利用方法です。

セゾンの「リボ変更」は、1回払い・2回払い・ボーナス一括払いをリボ払いへ変更できます。また、利用明細から一部の利用分だけをリボ払いにすることも可能です。

リボ払いの手数料負担を軽減させる方法

リボ払いの手数料負担を軽減させる方法

支払方法を選ぶ際、手数料が必要なことからリボ払いの利用をためらっている方もいらっしゃるかもしれません。がいます。しかし今回紹介する2つの方法を活用すれば、手数料を自分自身でコントロールできます。

①増額払い

余裕資金ができた時点で前倒しして支払う「増額払い」を利用すると、効率よくリボ残高を減らし手数料合計を軽減できます。

セゾンカード会員のインターネットサービスである「Netアンサー」や「パーソナルアンサー」などを利用して振り込み支払いを行ったり、毎月の支払額を増やしたりするのも手数料削減には効果的です。

②全額払い

繰り上げ返済と同じく、まとまった収入が入った時に考えたいのが全額払いです。

全額払いはリボ残高を一括で支払うことで、以降の手数料が発生しません。セゾンでは繰り上げ返済と同じ手続きで、いつでも全額払いが可能です。

一度設定したリボ払いをやめることはできる?

一度設定したリボ払いをやめて、通常の一括払いに戻すことは可能です。

手続きはクレジットカード会社によって異なりますが、セゾンカードでは「Netアンサー」や自動音声ガイダンスでお応えするサービス「パーソナルアンサー」などのサービスから、リボ払いを解除できます。

解除した際に支払残高を一括で請求されることはありません。

ただし、リボ払いを解除する以前までに利用していた支払残高は、引き続きリボ払いでの請求となります。残高を一括で支払うことが可能で、手数料を抑えることができます。

リボ払いの手数料はいくらかかる?

リボ払いの一般的な手数料率は実質年率15.0%です。ただし、クレジットカードの種類によっては異なるため、利用しているクレジットカード会社に問い合わせるか、公式ホームページの情報をきちんと確認しましょう。

なお、リボ払いを提供しているカード会社によっては、返済シミュレーションのサービスがあります。

セゾンカードでは、「ショッピングリボ」のご返済シミュレーションがあり、利用金額と支払いコース、利用日を設定すれば毎月の支払額や手数料が一目で分かります。

セゾンカードでリボ払いを検討している方は、始める前にシミュレーションをしてみましょう。

リボ払いを利用する際に理解しておきたいポイント

リボ払いを利用するうえで大切なのは、リボ払いの設定やリボ残高を理解しておくことです。リボ払いをするにあたって理解しておきたいポイントを、クレジットカード作成時から利用後までに分けてご紹介します。

クレジットカードの申込時や受取時はリボ払いの内容を確認しておく

クレジットカードが自宅に届いたら、まずは同封された利用規約でリボ払いの詳細を確認します。また、会員サイトにログインし、現状のリボ払いコースを確認できます。

買物の際には支払いも含めてよく計画した上で利用する

毎月の支払額が変わらなくても、購入を続けることで実際には手数料が増えたり支払い期間が長くなったりします。支払計画も考えて無理のない利用を心がけてください。

クレジットカードを使用した後は利用内容を確認する

利用明細を必ずチェックして、利用金額、リボ残高、手数料を把握しましょう。毎月の支出を確認すれば、使い過ぎを防ぐことができます。

セゾンカードでは、公式アプリ「セゾンPortal」や「Netアンサー」で、いつでもすぐに利用内容を確認できます。

リボ払いの利用におすすめのクレジットカード

セゾンカードでは、3種類のショッピングリボ払い方法と、3つの支払いコースを選べます。

3つの支払方法
●リボ宣言…事前に手続きを行うことで支払いが自動的にリボ払いになる
●お店でリボ…お店でリボ払いを指定することで、その買物だけをリボ払いに変更できる
●あとからリボ…1回・2回払い・ボーナス一括払いの利用分をリボ払いに変更できる

3つの支払いコース
●長期コース…月々の支払額が3,000円~
●標準コース…月々の支払額が10,000円~
●定額コース…月々の支払額が5,000円~、5,000円単位で自由に設定できる

無理のない範囲で支払いをコントロールでき、ご利用明細1,000円(税込)につき永久不滅ポイントが1ポイント(約5円相当)貯まります(※)。

永久不滅ポイントは別のポイントサービスに交換する、あるいはショッピングの支払いに充当できます。

セゾンカードのなかでも、リボ払いの利用におすすめのクレジットカードは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalと、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードです。

(※)手数料は永久不滅ポイントの付与対象ではありません。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalは、インターネットから申し込みができ、審査終了から最短5分でスマートフォン上に発番されるデジタルカードです。

初年度年会費は無料で、2年目以降は1,100円(税込)です。なお、2年目以降も前年1回以上の利用があれば、翌年も年会費が無料になります。

セゾンカード公式アプリ「セゾンPortal」にカード番号が発番され、契約後すぐにショッピングやキャッシングが利用できます。

また、カード番号や有効期限などが記載されていないナンバーレスカードが後日郵送されます。ICチップを搭載しているプラスチックカードなので、従来のクレジットカードと同様に実店舗での支払いが可能です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalでは、一括払いのほかにリボ払いや分割払いに対応しているので、無理のない範囲で支払い返済をコントロールできます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの優待特典は次のとおりです。

●QUICPay™として利用するごとに3.0%相当(※1)の永久不滅ポイントが還元
●アメリカン・エキスプレスの優待特典「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用可能
●セゾンポイントモールを経由してオンラインショッピングをすると永久不滅ポイントが最大30倍

ショッピングに関連した優待特典が多く、特にセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード DigitalをQUICPay™として利用するごとに3.0%相当(※)の永久不滅ポイントが還元される優待特典は魅力的です。

さらに、スマホアプリ「セゾンPortal」のセゾンクラッセに会員登録した25歳未満の方は、指定のコンビニでQUICPay™利用時に、永久不滅ポイントの還元率が2.0%アップし合計5.0%相当になります。

つまり、永久不滅ポイントの還元率を5.0%相当にするには、次の条件を満たした方となります。

●25歳未満の方
●セゾンクラッセに会員登録している
●セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのいずれかのコンビニが対象
●セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード DigitalをQUICPay™として利用

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalはリボ払いが可能で、高還元率の特典もあるクレジットカードです。

(※1)1ポイント約5円相当のアイテムと交換した場合となります

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは26歳未満は年会費が無料になるクレジットカードです。26歳以降の方は初年度年会費が無料で、翌年からは年会費3,300円(税込)になります。

支払方法は一括払いのほかに、リボ払いや分割払いがあるので、支払負担を軽減できます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはインターネットから申し込みをして、セゾンカウンターでの受け取りを選択すると、最短即日発行が可能なクレジットカードです。

当日の19:30までに申し込みを完了して、営業時間内までに審査が終われば、指定したセゾンカウンターで受け取れます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの優待特典は次のとおりです。

●26歳になるまで年会費無料
●海外のショッピング利用で永久不滅ポイントが2倍
●最大3,000万円までの海外国内旅行傷害保険が付帯
●手荷物無料宅配サービス
●コートお預かりサービスご優待
●海外用Wi-Fiレンタルサービス
●アメリカンエキスプレスの優待特典「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用可能

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは優待特典が充実しており、ショッピングだけでなく、海外旅行や留学にもおすすめのクレジットカードです。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

リボ払いは、支払額を抑えて月々の負担を軽減できるメリットがあります。メリットを活用するために、リボ払いの支払方法をよく理解したうえでリボ払いに適した便利なカードを選択するのも大切です。

おすすめしたいのが、リーズナブルな年会費で保有できるセゾンカードの「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital」と「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

それぞれ、異なる優待特典や便利なサービスがありますが、おすすめの理由は「選べる3つのリボ払い」のなかから、自由に支払いコースを選択できることです。

「あとからリボ」、「リボ宣言」、「お店でリボ」と状況に応じて選択でき、さらにNetアンサーを利用した繰り上げ返済や一括払いも自由にできます。手数料削減対策も十分のセゾンカードを検討してはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事