【クレジットカードのことならCredictionary】

セゾンカードの暗証番号の確認方法とは?忘れてしまった場合の対処法も解説

セゾンカードの暗証番号の確認方法とは?忘れてしまった場合の対処法も解説

一般的にクレジットカードには暗証番号が設けられていますが、セゾンカードでもほかのクレジットカード同様に暗証番号があります。

セゾンカードの暗証番号は申し込みの際に決めた4ケタの数字ですが、その数字を忘れてしまう可能性もあるでしょう。

ただ、万が一忘れてしまっても確認方法を覚えておけば安心です。

本記事では、セゾンカードの暗証番号の確認方法や暗証番号を決める際の注意点、暗証番号にロックがかかってしまった場合の対処法などについて、説明します。

セゾンカードの暗証番号の確認方法

セゾンカードの暗証番号を忘れてしまった場合は、スマートフォンアプリの「セゾンPortal」または、郵送で確認することができます。

それぞれの確認方法について、以下で説明します。

スマートフォンアプリの「セゾンPortal」

スマートフォンアプリの「セゾンPortal」にログインし、暗証番号を確認したいカードを選んで「暗証番号の確認」をタップしてアプリ専用のパスコードを入力することで、暗証番号を確認できます。

暗証番号は1ケタずつ「表示」をタップして確認するようになっており、番号4ケタがすべて画面に表示されるわけではありません。

そのため、暗証番号を確認している最中に番号が流出してしまう危険性は低いですが、重要な番号なので周囲の方に見られないように注意しながら確認することを心がけましょう。

郵送

セゾンのインターネットサービスである「Netアンサー」もしくは、フリーダイヤルの「暗証番号照会・変更専用パーソナルアンサー」を利用して暗証番号の照会手続きを行うこともできます。

この方法で照会手続きを行うと、約1週間で暗証番号通知状が登録の自宅住所へ転送不要の普通郵便にて送られてくるので、通知状を見ることで暗証番号を確認することができます。

通知状が間違って自分以外の方のところに郵送されてしまうと暗証番号の流出につながるので、暗証番号の照会手続きを行う前に、登録している自宅住所が正しいものであるかどうかを必ず確認しておきましょう。

手続きをしてから暗証番号を確認できるまでに時間がかかるので、すぐに暗証番号を知りたい場合はセゾンPortalを利用して確認するのがおすすめです。

家族カードの暗証番号の確認方法

自分が所有しているクレジットカードの暗証番号ではなく、家族カードの暗証番号を確認したいというケースもあるかもしれません。

家族カードの暗証番号の確認方法について、以下で説明します。

確認したい家族カード番号でアプリの登録をする

「セゾンPortal」にはクレジットカードをいくつも登録できます。

そのため、暗証番号を確認したい家族カードの番号を「セゾンPortal」に登録することで、先ほど説明した手続きと同じ流れで確認することが可能です。

NetアンサーIDを取得する

家族カードの番号でNetアンサーのIDを取得すれば、Netアンサーで暗証番号の確認手続きを行うことができます。

家族カードの場合も本カードと同様に、約1週間で暗証番号通知状が登録の自宅住所へ転送不要の普通郵便にて送られてきます。

セゾンカードの暗証番号は変更できる?

暗証番号を覚えにくいものにしてしまって何度も忘れかけているから、暗証番号を変更したいと思っている方も、いらっしゃるかもしれません。

セゾンカードでは暗証番号の変更自体は可能です。

ただし、暗証番号の変更に伴ってカードを再発行する必要があります。

新しく発行したカードは約2週間で登録している住所に届きますので、新しいカードが届いたら元のカードは不正利用されることのないように、ICチップ部分にハサミを入れて破棄しましょう。

家族カードの暗証番号を変更する場合は、変更したい家族カード番号でNetアンサーIDを取得したうえで、同様の手続きを行う必要があります。

カードの暗証番号を決める際の注意点

暗証番号は流出すると即悪用につながりかねない重要なものなので、セゾンカードでは生年月日や電話番号、またはそれらの組み合わせといった推測されやすい数字は、暗証番号として設定できないようになっています。

同様に、「0000」~「9999」の4桁の同一番号も設定することができません。

暗証番号は他人に推測されにくい数字にするのがよいものの、暗証番号を複数回間違えるとロックがかかってしまうため、自分が覚えられないような数字にすることも避けなければなりません。

セゾンカードの暗証番号にロックがかかってしまった際の対処法

セゾンカードの暗証番号がロックされてしまった場合は、ロック解除のためにカードを再発行しなければならないケースがあります。

カードの裏面に番号が記載されているインフォメーションセンターに連絡をして、暗証番号がロックされてしまった旨を伝え、カード再発行の手続きを進めましょう。

なお暗証番号のロックがかかってしまっても、暗証番号を必要としない取引であればカードの利用は可能です。

セゾンのデジタルカードならすべてスマートフォンで管理できる!

ここまで説明してきたように、セゾンのクレジットカードの暗証番号の確認や変更などの手続きは、すべてスマートフォンやスマートフォンアプリの「セゾンPortal」を利用することで行うことができます。

セゾンのデジタルカードも「セゾンPortal」の中に発行されます。審査完了すれば発行まで最短5分というスピーディーさが大きな魅力です。カード番号や暗証番号の確認はもちろん、ネットショッピングやQUICPay™でのお支払いもスマートフォン1台で管理ができます!

その他にも、利用状況、利用可能額、利用明細なども「セゾンPortal」ですべて確認できるので大変便利です。

なお、セゾンPortalに発行されるデジタルカードとは別に、後日郵送でナンバーレスのクレジットカード(カード券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報記載なし)も届きます。

もし暗証番号にロックがかかってしまった場合も、以下の手順を踏むことで「セゾンPortal」から問い合わせができます。

1.セゾンPortalアプリTOP
2.右下「設定」
3.その他「お問い合わせ」
4.「電話でお問い合わせ」

以下では、セゾンのデジタルカードの中からとくに、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalを紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalは、条件を満たすことで永久不滅ポイントの還元率がグッと上がるのが大きな魅力です。

本カードはQUICPayt™としても利用できますが、QUICPay™加盟店でQUICPayで支払いをすることで、買物金額(税込)の3.0%相当(通常の6倍)(※1)の永久不滅ポイントの還元を受けられます。

さらに、「セゾンクラッセ」を利用している25歳未満の方を対象に、コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)でQUICPayを利用して支払うと、QUICPayの3.0%還元に加えて限定特典として2.0%の還元が加算され、合計5.0%還元(永久不滅ポイント10倍)になります。

25歳未満でコンビニでQUICPayを利用する機会の多い方にとっては、永久不滅ポイントをたくさん貯める大きなチャンスです。

優待特典が非常に充実しているのも大きな特徴で、セゾンの優待に加えてアメリカン・エキスプレス会員限定優待の「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も利用できるので、日々の暮らしをワンランクアップさせるのに一役買ってくれます。

初年度は年会費無料で利用可能で、2年目以降は1,100円(税込)の年会費が必要なものの、前年に1回1円以上のカード利用があれば翌年度も無料で利用できるので、定期的に利用することで年会費無料のカードとして使えます。

スマートフォンでクレジットカードの管理をしたい方を中心に、クレジットカードをすぐに必要としている方や、普段の生活でQUICPayを利用する機会の多い方など、幅広い方におすすめできるカードです。

(※1)1ポイント=約5円相当の商品と交換した場合です。

セゾンパールセゾンパール

セゾンカードの暗証番号まとめ

セゾンカードの暗証番号まとめ

セゾンカードの暗証番号は申し込みの際に決めた4ケタの数字で、忘れてしまった場合はスマートフォンアプリの「セゾンPortal」または、郵送で確認することができます。

暗証番号を決める際は、「他人に推測されにくいが自分なりには覚えやすい数字の並び・組み合わせ」を意識することが重要です。

クレジットカードの暗証番号の確認や変更などの手続きは、すべてスマートフォンやスマートフォンアプリで行うことができるので、クレジットカード自体もスマートフォンアプリに発行されるデジタルカードにすることで、すべての管理をスマートフォンで行うことができます。

セゾンが発行しているセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalはそのようなデジタルカードであり、特典が充実していたり条件を満たすことで高い還元率で利用できたりという、非常に便利なカードです。

スマートフォンでクレジットカードの管理をしたい方は、ぜひセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事