キャッシュレスのメリットや種類を解説!海外の事情からよくある疑問点もまとめて紹介

キャッシュレスのメリットや種類を解説!海外の事情からよくある疑問点もまとめて紹介

クレジットカードや電子マネーなど、多くの方に利用されている「キャッシュレス」。現金の受け渡しが必要なく、スピーディで便利な点が魅力です。

しかし「そもそもキャッシュレスって何だろう?」、「利用するメリットは?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

より便利かつお得にキャッシュレスを利用していくためには、きちんとキャッシュレスについて理解する必要があります。

本記事では、いまさら聞けないキャッシュレスのいろはについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

キャッシュレスにおすすめのクレジットカード

キャッシュレスとは現金以外の方法で支払いをすること

キャッシュレスとは現金以外の方法で支払いをすること

「キャッシュレス」という言葉は、“キャッシュ(cash=現金)”と“レス(less=極力少なくする)”の2単語から成り立っています。

要するに、現金(紙幣や硬貨)の利用を極力少なくするために、現金以外の方法で支払いをすることです。

これまで日本では現金での支払いが好まれている傾向がありましたが、経済的なメリットの多さからキャッシュレス決済の普及が政府によって進められています。

その結果、現在ではクレジットカード決済や電車に乗るときのSuicaタッチ、公共料金の口座引き落としなど、あらゆる場所でキャッシュレス決済ができるようになりました。こう考えると、キャッシュレスは私たちの生活にとってかなり身近なものになっているといえます。

●キャッシュレス一覧

前述したように、キャッシュレス決済のサービスはさまざまな種類があります。キャッシュレス決済を上手に活用したい方は、この機会に決済の種類を把握しておくと良いでしょう。具体的には、以下のような支払方法があります。

● クレジットカード
● デビットカード
● 交通系ICカード(Suica、PASMOなど)
● 流通系ICカード(WAON、nanacoなど)
● 電子マネー
● 二次元コード決済
● バーコード決済
● 口座引き落とし

また、最近では「~Pay(ペイ)」といった名称の電子マネーや二次元コード決済、バーコード決済の新しいサービスが多く見受けられるようになってきました。

今後も、さまざまなかたちでキャッシュレスを利用するシーンが増えてくるでしょう。

●キャッシュレスに対する日本の取り組み

日本では、「日本再興戦略2016」においてキャッシュレス化の推進を打ち出し、さまざまな施策が実施されました。その結果、2010年では13.2%であったキャッシュレス決済比率は、2019年には約2倍強の26.8%まで上昇しています。

しかし、諸外国のキャッシュレス決済普及と比較すると、日本の現状はまだ十分な状況ではありません。そのため、経済産業省は2018年に「キャッシュレス・ビジョン」を発表し、日本の現状を踏まえた対策を講じるとしています。

●店舗におけるキャッシュレス導入の現状

ここまでキャッシュレスを「利用する」側の状況を紹介してきましたが、サービスを「提供する」店舗や事業者側の状況はどのようになっているのでしょうか。

経済産業省が2021年に実施した「キャッシュレス決済 実態調査アンケート」によると、アンケートに回答した事業者におけるキャッシュレス導入率は約7割という結果でした。

また、キャッシュレス決済の手数料率は3%前半の占める割合が高くなっています。

上記のように、日本でも多くの店舗や事業者でキャッシュレス決済が導入されていますが、まだすべての場所で対応しているわけではありません。

キャッシュレス未導入である理由には、コスト負担があること、あるいは顧客からの要望がないことがあげられています。

キャッシュレスは海外でも利用できる

キャッシュレス化の流れは、日本のみならず世界で見られる潮流です。つまり、キャッシュレス決済ができるのは日本だけでなく、海外でも利用できます。

近年では、よりスマートに支払いができるキャッシュレス決済「タッチ決済」を採用するケースが国内外で増えてきています。

タッチ決済とは、店頭に設置された読み取り端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけで支払いができる決済方法のことです。

一般的なクレジットカード決済だと暗証番号の入力やサインなどの手間がかかる場合がありますが、タッチ決済ならそのような手間をかけず手軽に支払いが可能です。

タッチ決済に対応したクレジットカードは増えてきており、セゾンカードでも一部すでに対応しています。

キャッシュレスは3種類に分かれている

キャッシュレスは3種類に分かれている

さきほどお伝えしたように、キャッシュレスにはさまざまな支払方法がありますが、支払いが行われるタイミングによって以下の3つに分類することができます。

● 前払い
● 即時払い
● 後払い

それぞれについて、説明します。

●チャージをしておく「前払い」

1つめは、前払いのキャッシュレスです。「プリペイド」と呼ぶこともあります。

交通系ICカード(例:Suicaなど)や流通系ICカード(例:nanaco)などに多く、あらかじめお金をチャージ(前払い)しておき、チャージ金額の範囲内で支払いができるというものです。

ちなみに、チャージは現金だけではなくクレジットカードから行えることもあります。使いすぎを防ぐことができるという点がメリットです。

●決済した瞬間に支払いが行われる「即時払い」

2つめは、即時払いのキャッシュレスです。決済をした瞬間に支払いが行われるもので、デビットカードなどが当てはまります。

リアルタイムで使った分だけ銀行口座からお金が減っていくので、前払いと同じく使いすぎを防ぐことができます。

●後日にまとめて引き落としされる「後払い」

3つめは、後払いのキャッシュレスです。「ポストペイ」と呼ぶこともあります。

1ヵ月ごとに締め日が設けられており、締め日に決定した1ヵ月分の利用金額が、将来の支払日に銀行口座からまとめて引き落とされるものです。

クレジットカードをイメージするとわかりやすいでしょう。

前払いのように事前のチャージが必要なく、即時払いのように決済した瞬間に支払いが行われることもありません。

なお電子マネーや二次元コード決済、バーコード決済については、支払元に何を紐づけるかでキャッシュレスの種類が異なってくるので注意しましょう。

キャッシュレスで決済をするメリット

キャッシュレスで決済をするメリット

キャッシュレスと一概にいっても、さまざまな種類があることがお分かりいただけたかと思います。最近流行りのキャッシュレスですが、利用するとどのようなメリットがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

キャッシュレスは、お得感も利便性も抜群ですので、ぜひ以下でご紹介するメリットを読んでみてください。

●ポイントを貯めたり使ったりすることができる

1つ目のメリットは、ポイントを貯める・使うことができる点です。キャッシュレスの決済サービスのなかには、支払金額に応じてポイントが貯まるものがあります。

貯めたポイントは1ポイントいくらかで支払いに使ったり、航空会社のマイルや商品と交換したりすることが可能です。

お店独自のポイントカードなどを発行していれば、現金払いでもポイントを貯めることができますが、ほかにもさまざまな店舗を利用するとなれば、ポイントカードの数が多くなってしまいポイントがあちこちに散乱してしまうおそれもあります。

汎用性が高いキャッシュレスの決済サービスを利用すれば、効率よくポイントを貯める・使うことができるでしょう。

●支払いがスピーディに完了する

2つ目のメリットは、支払いがスピーディーに完了する点です。キャッシュレスなら、カードやスマートフォンを店員に渡すか端末にかざすだけで支払いが完了します。おつりも出ないので、とても便利です。

現金払いだと、かばんから財布を取り出してお金を探し、おつりを受け取って財布にしまうといういくつもの手間が必要でした。バタバタしがちな朝の通勤タイムでも、ストレスフリーで支払いを完了できます。

●ATMに行く必要がなく、手数料を節約することができる

3つ目のメリットは、ATMに行く必要がなく、手数料を節約できる点です。キャッシュレスで支払うようになると現金をあまり使わなくなるので、自然とATMに行く頻度も減っていきます。よって、ATM手数料の負担を小さくすることが可能です。

現金払いだと、財布からお金がなくなりそうになるとその都度ATMに行ってお金を引き出す必要があります。手間もかかりますし、なによりATM手数料の負担が大きくなってしまうので、節約したい方は注意が必要です。

キャッシュレス決済を利用する際の注意点

キャッシュレス決済は非常に便利な支払い方法ですが、利用時には注意するべき点もあります。とくに覚えておきたいのが、下記の3つです。

● スマートフォンで決済する場合は電源が切れると利用できない
● 利用できない店舗もある
● 停電などの災害時は利用できない

最近では、スマートフォンを利用したキャッシュレス決済も増えてきています。しかし、スマートフォンの電源が切れてしまうと、基本的には決済ができないので注意してください。

また、キャッシュレス決済を利用するためには、買物をした店舗がキャッシュレス決済に対応している必要があります。大半の場合は何かしらのキャッシュレス決済に対応していますが、なかには非対応の店舗もあるので事前に確認しておきましょう。

このほか、停電などの災害時に利用できない場合もあるので注意が必要です。

例えば、キャッシュレス決済に必要な読み取り端末が停電で使えない場合は、ほかの方法で決済をしなければいけません。万が一の備えとして、生活必需品を購入できる程度の現金は手元に残しておくと良いでしょう。

キャッシュレス決済の不正利用対策

キャッシュレス決済は国内外問わず利用できますが、そこで心配になるのが「不正利用」です。とくに治安の良くない国に足を運ぶ際は、不正利用されないか不安になることもあるでしょう。

このような不安を取り除く方法としては、セキュリティ対策が整備されたキャッシュレス決済を選ぶ選択肢もあります。

例えば、本人認証に3Dセキュア(※)を採用しているもの、または不正利用の検知システムを導入しているものを使うと、より安心してキャッシュレス決済を利用可能です。

また、安全性や不正利用が発覚した場合の対処法も、前もって確認しておくとより安心です。以下では個人情報漏えい防止方法や不正利用があった際の対処法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

(※)3Dセキュアとは、本人認証をする際に各種カード・コード情報に加え、本人にしかわからないパスワードを入力する方法です。

●個人情報が漏えい防止方法

各キャッシュレス決済では、個人情報漏えい対策としてセキュリティ強化が図られています。例えば、クレジットカードは磁気ストライプカードからICチップカードへ移行する動きが加速しており、より安全な利用が可能です。

ただし、リスクがゼロとなるわけではありません。そのため、スマホで安易に二次元コードを読み取らない、身元が不確かなショッピングサイトで個人情報を入力しないなどの対策は必要となります。

●万が一不正利用が発覚した場合の対処法は

不正利用が発覚した、あるいは身に覚えのない請求があった場合には、すぐにそのキャッシュレス決済を提供する会社へ連絡しましょう。

多くの提供会社が24時間年中無休で対応してくれます。連絡先は、カードの裏面や各提供会社の公式サイトで確認可能です。

キャッシュレス決済デビューするなら、セゾンのクレジットカード

キャッシュレス初心者の方がキャッシュレス決済デビューする際には、後払い(ポストペイ)型に分類されるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

店舗でカードそのものを利用して決済してもよし、電子マネーや二次元コード決済・バーコード決済に紐づけてスマホを利用する形で決済してもよしと、いろいろな形で利用することができます。

交通系ICカードのチャージ元として登録することもできるので、通勤・通学時にバスや電車を利用している方も使いやすいでしょう。

今回はそんなクレジットカードの中から特に、セゾンの発行する23種類のクレジットカードを紹介します。

●セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、ポイントの貯めやすさが大きな特長のカードです。

通常のショッピングではカード利用1,000円(税込)ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まりますが、海外でのショッピング利用では永久不滅ポイントが通常の2倍(カード利用1,000円(税込)ごとに2ポイント)付与されます。

また、セゾンのポイントサイトである「セゾンポイントモール」を経由してオンラインショッピングを行うことで、最大で通常の30倍の永久不滅ポイントを貯めることも可能です。

「セゾンポイントモール」では、400以上のサイトが出店しているので、お気に入りのショップもきっと見つかるはずです。

ポイントの貯めやすさは海外での利用やセゾンポイントモールを利用したオンラインショッピング時だけにとどまりません。

QUICPay™(クイックペイ)加盟店でQUICPay支払いを利用すると、その分のお買物の合計金額(税込)の3%相当(※)の還元が受けられます。

貯まったポイントは300種類以上のアイテムやギフト券に交換することができるので、どんどん貯まっていくポイントを見ながら、何と交換しようか考えるのも楽しいものです。

永久不滅ポイントはマイルや他のポイントに交換することが可能で、その名の通り有効期限がありません。交換したいものを決められないままポイントが失効してしまうという心配がないのも、非常に大きな魅力です。

また、電子マネー利用時に使うApple PayやGoogle Pay™は、海外でも利用が可能です。海外旅行時でも役立つクレジットカードを探している方には、ピッタリな1枚だといえるでしょう。

ここまでポイントの貯めやすさを中心に説明してきましたが、「審査完了後最短5分でスマホにカード番号が届く」点も、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalの見逃せない特長のひとつです。

キャッシュレス決済に必要なカード番号や有効期限、セキュリティコードがセゾンカード公式スマホアプリの【セゾンPortal】に発番されるので、すぐにオンラインショッピングや電子マネー決済・キャッシングなどに利用することができます。

後日、ご自宅へはナンバーレスカード(券面にカード番号や有効期限などの記載がないプラスチックカード)が郵送されます。ナンバーレスカードは通常のICチップ付きカードと同様に利用できます。

近いうちに大きな金額のお買物をする予定がある場合、あらかじめセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalに申し込んでおけば、カードを受け取って決済することができるため、ポイントを無駄なく貯めることができます。

このように非常にポイントを貯めやすく使い勝手がいいカードでありながら、初年度は年会費無料で利用できます。

2年目以降は1,100円(税込)の年会費が必要ですが、前年に1回以上のカード利用があれば翌年度も無料で利用できるので、定期的に利用することで年会費永年無料のカードとして使うことが可能です。

スマホ代の引き落とし先として利用したり電子マネーのオートチャージに登録したりしておくことで、「定期的に利用」の条件を自然と満たせるので、そのような形での利用もおすすめです。

(※)1ポイント約5円相当のアイテムと交換した場合となります。

セゾンパールセゾンパール

●セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、26歳になるまで年会費無料が魅力のクレジットカードです。26歳以上の方は年会費初年度無料、2年目以降3,300円(税込)で利用できます。

適用条件を満たすことで最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯します。旅行傷害保険が付帯していると、旅先での万が一のトラブルに備えられます。

年会費無料で旅行傷害保険が付帯するクレジットカードはあまり多くはありません。26歳未満の方にとって魅力的な特典です。

また、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは旅行に関するサービスが充実しています。

海外の対象CD・ATMで現地通貨を引き出せるサービスのほか、現地でさまざまな相談ができる「海外アシスタンスデスク」など、多彩なサービスが付帯します。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを1枚持っていると、上記のような多くのサービスを利用できます。

海外ではキャッシュレス決済がメインの決済手段となっているだけに、あらゆるシーンで強い味方となるカードです。

さらに、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」からショッピング・ダイニング・季節特集や期間限定特典といった450以上のお得な優待サービスを利用できます。

学生の方や新社会人の方のカードデビューに最適の1枚です。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

●SAISON CARD Digital

SAISON CARD Digitalは、保有するコストの低さが魅力のクレジットカードです。年会費永年無料で保有できるため、維持費などを気にせず気軽に発行することができます。

国際ブランドの選択肢も幅広く、Visa、Mastercard(R)、JCB、American Expressの中から好きなブランドを選べます。

海外では国によって使いやすい国際ブランドが異なるので、自分がよく足を運ぶ国に合わせて選べば現地での決済がよりスムーズになるでしょう。

また、審査完了後は最短5分でスマートフォンにデジタルカードが発行され、その後はタッチ決済に対応したナンバーレスカードが発行されます。

ナンバーレスカードには券面にカード情報が記載されていないため、海外でも安心して使えます。国内はもちろん、海外旅行先での決済でも活躍するおすすめの1枚です。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

まとめ

まとめ

本記事では、キャッシュレスの概要や海外のキャッシュレス事情、キャッシュレスの種類や利用するメリットをお伝えしました。

魅力たっぷりなキャッシュレス、多用途を考えているなら後払い(ポストペイ)のクレジットカードがおすすめです。というのも、クレジットカードは電子マネーや二次元コード決済、バーコード決済に紐づければスマホ1つで決済することができ、スマホ決済不可の店舗であればクレジットカードそのもので決済することができるなど、非常に汎用性が高いです。

みなさんご存知のとおりクレジットカードではポイントを貯めることができるので、お得感も抜群です。事前のチャージが必要ないのもうれしいですね。

セゾンが取り扱うセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、どちらもキャッシュレス決済デビューにおすすめのクレジットカードです。

ぜひ、セゾンのクレジットカードでキャッシュレスライフへの一歩を踏み出してみませんか?

(※)「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
(※)iPhone、Apple Watch、Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
(※)Google Pay 、Google Pay ロゴ、Google Play 、Google ロゴ、Android はGoogle LLC の商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事