【クレジットカードのことならCredictionary】

リボ払いの手数料はどのくらいかかる?仕組みや返済額を減らす方法まで徹底解説!

リボ払いの手数料はどのくらいかかる?仕組みや返済額を減らす方法まで徹底解説!

リボ払いについて「便利な支払い方法」という意見を聞いたことがある一方で、「手数料がかさむ支払い方法」という意見も聞いたことがある、という方は多いのではないでしょうか。

リボ払いにかかる手数料は、計算シミュレーションによって算出することができます。
この算出によって、実際にかかる手数料がご自身の許容範囲であれば、
毎月のお支払を小さく・定額にすることができるので大変便利な支払い方法です。

そこで今回は、リボ払いを利用した場合に実際に支払うことになる手数料を、シミュレーションを用いながら具体的に計算していきたいと思います。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

リボ払いの仕組み

リボ払いの仕組み

リボ払いの正式名称は「リボルビング払い」で、利用件数や利用金額にかかわらず毎月の支払い金額が一定になる支払い方法です。

一般的にクレジットカードでは、前回の締め日の翌日~今回の締め日までに決済した金額が次回の引き落とし日に引き落とされるので、締め日から締め日の間に10万円決済したとすれば引き落とし日には10万円が引き落とされます。

しかしリボ払いで毎月の支払い金額を「1万円」に設定しておけば、上述したようなケースでも毎月1万円ずつが引き落とされることになります。

高額な商品を購入した場合でも毎月の支出が一定となるためキャッシュフローの管理がしやすいのがポイントです。

リボ払いの支払い方式は3種類

支払い方式は「残高スライド方式」「定額方式」「定率方式」の3種類があり、どの方式を採用しているかはカード会社によって異なります。

それぞれの支払い方法の特徴は、以下のようになっています。

● 残高スライド方式:残高に応じて月々の支払額が変動する
● 定額方式:毎月一定の金額を支払う
● 定率方式:残高に対して一定の割合をかけた金額を毎月支払う

同じリボ払いでも、採用している支払い方式によって毎月の支払額が異なるので、どの方式が採用されているかは、クレジットカードを選ぶ際にきちんと確認しておくことが重要です。

リボ払いの利用には手数料が必要

リボ払いの利用には手数料が必要

リボ払いは非常に便利な支払い方法ではありますが、冒頭でも少し触れたようにリボ払いを利用する場合は手数料を負担しなければなりません。

なお、手数料の負担が必要なのはリボ払いだけではなく、分割払いでも分割回数が3回以上なら原則として手数料が必要です。

ただし、リボ払いの支払い回数は分割払いの支払い回数よりも多くなりがちで、支払い回数が多くなればなるほど手数料負担も増えることになるので、リボ払いの手数料が注目されやすい傾向にあります。

以下では、リボ払いの手数料について説明したうえで、リボ払いを利用した場合のシミュレーションを行ってみます。

リボ払いの一般的な手数料

リボ払いを利用する際の手数料は、使っているカードの種類によって異なります。

多くのクレジットカードでは実質年率が15.0%程度に設定されているケースが多く、セゾンカードの「標準コース(定額リボルビング方式)」も、リボ払いの手数料は実質年率15.0%です。

なお、カードの種類によって実質年率が異なる場合があります。各セゾンゴールドカードおよび各セゾンプラチナカードでは利率が優遇されており、標準コースの実質年率は9.6%です。

リボ払いを利用した場合のシミュレーション

では、リボ払いを利用することで実際にどれぐらいの手数料が発生するのかをシミュレーションしてみます。

リボ払いでの支払方法のルールはクレジットカードごとに異なりますが、今回のシミュレーションではセゾンカードの「標準コース」(月々の支払い額1万円~、実質年率15.00%)を利用します。

この条件で10万円分の支払いを行った場合のシミュレーション結果は、以下のとおりです。

支払い回数 11回
支払い総額 107,262円
手数料合計 7,262円
(※)2022年3月1日利用でシミュレーション

10万円の支払いに対して、手数料として7,262円を上乗せして支払うことになります。

この手数料をそこまで高くないと思われるのであれば、リボ払いは便利な方法に感じられるでしょうし、手数料が高いと思われるのであればリボ払い以外の支払い方法がおすすめです。

「繰上返済」や「一括返済」をすれば手数料負担が軽減できる

リボ払いや分割払いでは、通常の支払い方法以外に「繰上返済」や「一括返済」を行うことも可能です。

繰上返済および一括返済は、それぞれ以下のような返済方法のことを指します。

繰上返済:支払金額を本来の引き落とし日よりも早めにカード会社に支払う返済方法
一括返済:残高すべてを一度にまとめて返済する返済方法

繰上返済や一括返済は、クレジットカードのマイページから手続きを行ったり、コールセンターに電話をして、繰上返済や一括返済を行いたい旨を伝えたりすることで、随時行うことが可能です。

繰上返済や一括返済を行うことで、支払金額をどれくらい減らすことができるのか、シミュレーションしてみましょう。

条件は、先ほどの10万円を支払ったシミュレーションと同じで、繰上返済では3回目と4回目の支払いの間に3万円の繰上返済を行い、一括返済では4回目の支払いが終った後に残高をすべて返済することにします。

それぞれのケースでのシミュレーション結果は、以下のとおりです。

繰上返済

支払い回数 9回(繰上返済分を加えると10回)
支払い総額 104,915円
手数料合計 4,915円

一括返済
支払い回数 4回(一括返済分を加えると5回)
支払い総額 104,095円
手数料合計 4,095円

いずれの場合でも、通常通りにリボ払いを行っているときよりも手数料負担が減っています。

繰上返済や一括返済を行うタイミングが早ければ早いほど、手数料が少なくなります。

(※)上記の金額は、あくまでシミュレーションです。お支払いいただいた日、リボ残高の金額により実際の手数料は変動します。

リボ払いを利用する方法

リボ払いを利用する方法

リボ払いを利用するためには、クレジットカードで支払いを行う際に、支払い方法を「リボ払いで」と伝えるだけでOKです。

支払いの際には一括払いと伝えたものの、後になって「やっぱりリボ払いに変更したい…」というような場合でも、所定の手続きをすることでリボ払いに変更することが可能です。

変更する際の方法としては、クレジットカードのマイページやアプリから手続きを行う方法や、カード会社のコールセンターに電話をかけて手続きをする方法などがあります。

セゾンの場合は、マイページやセゾンカード専用アプリ「セゾンPortal」から、簡単に手続きできます。

リボ払いが利用できるセゾンのおすすめクレジットカード

リボ払いが利用できるセゾンのおすすめクレジットカード

セゾンではすべてのクレジットカードでリボ払いが利用可能ですが、その中からおすすめのカードとして、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigital、SAISON CARD Digital、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、申し込んで審査完了後、最短5分で公式スマートフォンアプリ「セゾンPortal」にデジタルカードが発行され、すぐに利用できます。

後日届くプラスチックカードは、カード券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報が記載されていないナンバーレスカードのため、セキュリティ面でも安心です。

リボ払いを利用したい場合も、セゾンPortal上で簡単に手続きができます。

また「QUICPay™(クイックペイ)」を利用すると、いつでも永久不滅ポイントが3%相当還元され、貯まった永久不滅ポイントは電子マネーのチャージや、Amazonギフト券などの便利なアイテムと交換できます。

それ以外にも、海外で利用することで永久不滅ポイントが通常の2倍、セゾンポイントモール経由でお買物をすることで永久不滅ポイントが最大で通常の30倍貯まるため、ポイントが貯めやすいカードです。

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード会員様限定の、キャッシュバック専用キャンペーンプログラム、セゾン・アメックス・キャッシュバック(※)にエントリーできたり、アメリカン・エキスプレス・コネクトで会員限定の優待を受けられたりと、普段使いでの便利さも見逃せません。

これだけ多くのメリットがあるカードでありながら、初年度は年会費無料で利用できます。

また、2年目以降は1,100円(税込)の年会費が必要になりますが、前年に1回以上のカード利用があれば翌年度も無料で利用できます。

デジタルカードを利用したい方、申し込んですぐに利用したい方、25歳未満でコンビニを利用する機会が多い方など、幅広い方におすすめできるクレジットカードです。

(※) 店舗・サービスごとにキャッシュバックの上限額がございます。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

SAISON CARD Digital

SAISON CARD Digitalもデジタルカードで、申し込み後に審査に通過すれば、最短5分でスマートフォンアプリの「セゾンPortal」にカードが発行されます。

セゾンPortalに発行されるデジタルカードとは別に、ナンバーレスのプラスチックカードも後日郵送で届き、そちらもIC付きのクレジットカードとして利用できます。

本カードもセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalと同じように、リボ払いへの変更はセゾンPortal上で簡単に行うことができます。

1,000円(税込)の支払いごとに永久不滅ポイントが1ポイント(約5円相当)(※)付与され、オンラインショッピング時にはセゾンポイントモールを経由することで、永久不滅ポイントが最大で通常の30倍も貯まるので、ポイントの貯めやすさも大きな魅力です。

水族館などのレジャー施設やレストラン・ホテルの優待、レンタカー・カーシェアリングの優待、e+(イープラス)でのチケット先行予約や優待割引など、便利な優待も目白押しです。

デジタルカードの券面デザインは、「セゾンPortal」の「着せかえ」ボタンで複数のデザインから選択可能なので、その日の気分に合ったデザインに切り替えながら利用できます。

年会費は永久無料なので、クレジットカードの維持費を気にすることなく利用したい方には、とてもおすすめです。

(※)1ポイント約5円相当のアイテムと交換した場合となります。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は11,000円(税込)で、初年度は年会費無料です。

高い還元率が特長で、国内では通常の1.5倍、海外では通常の2倍の永久不滅ポイントが貯まります。

先ほど少し触れたように、多くのカードではリボ払いの実質年率は15.0%程度に設定されていますが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは標準コース、長期・定額コースにおいて、それぞれ以下のような利率でリボ払いを利用することができます。

● 標準コース:実質年率9.6%
● 長期・定額コース:実質年率12.0%

手数料を抑えつつ、リボ払いを行いたいと考えている方は検討してみましょう。

また、付帯しているサービスや特典も豊富で、例えば年会費4,400円(税込)で「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に加入することで、永久不滅ポイントの代わりにショッピング1,000円(税込)につき、JALのマイルを10マイルためられます。

付帯する海外・国内の旅行傷害保険も、適用条件を満たすことで、どちらも最高5,000万円まで補償されます。

ほかにも、本カードを提示するだけで国内の主要空港のラウンジが無料で利用できます。

海外の空港でもラウンジを利用したい場合は、世界的なラウンジサービスである「プライオリティ・パス」の通常年会費429米ドルがかかるプレステージ会員に、優遇年会費の11,000円(税込)で登録可能です。

毎月月末の金・土・日のロフトでのショッピング5%オフ(※)や、アメリカン・エキスプレス・コネクトでの会員限定の優待、一休プレミアサービスの「プラチナステージ」を体験できる優待なども付帯しています。

リボ払いの手数料を抑えたい方、ゴールドカードならではのサービスや特典をリーズナブルな年会費で利用したい方、ポイントを効率的に貯めたい方など、幅広い方におすすめです。

(※)優待の適用には、Netアンサーログイン後に取得できるWEBクーポンが必要です。会計時にレジにてクーポンをご提示ください。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

手数料とうまく付き合いながらリボ払いを有効活用しよう!

手数料とうまく付き合いながらリボ払いを有効活用しよう!

リボ払いは、支払い期間が長くなる・リボ残高が増えると、それに伴い手数料負担が増える支払い方法であることは事実ですが、毎月の支払い金額をコントロールできるなど、メリットが多い支払い方法でもあります。

支払い期間が長引かないようにうまく計画を立てながら活用することで、リボ払いのメリットを強く感じられるはずです。

余裕があるときに繰上返済や一括返済を行うことで、支払わなければならない手数料を減らせるので、リボ払いを利用する場合は無理のない範囲で繰上返済や一括返済を行うことを検討しましょう。

(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事