【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードのオーソリとは?実行の流れや方式、非承認の理由について徹底解説

クレジットカードのオーソリとは?実行の流れや方式、非承認の理由について徹底解説

小銭を用意せずスマートに会計を済ませられるクレジットカード。不正利用された際の損害が補償されたり、旅行傷害保険などのさまざまな優待特典が付帯していたり、ショッピングで利用すればポイントが貯まったりするので、現金でお買物するよりもお得です。

日頃、何気なく利用しているクレジットカードですが、不正を防止したり、利用限度額を超えていないことを確認したりするために、支払いの際に「オーソリ」と呼ばれる手続きが実行されています。しかし「オーソリ」がどのような手続きなのか、分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカード利用者にとってはなじみのない単語かもしれませんが、オーソリは事業者・店舗側にとって不可欠な手続きです。本記事では、クレジットカードのオーソリについて知りたい方に向けて、実行する目的や流れ、方式による実行タイミングの違い、非承認になる場合の理由について解説します。

セゾンパールセゾンパール

クレジットカードを利用する際に実行される「オーソリ」とは?

クレジットカードを利用する際に実行される「オーソリ」とは?

オーソリとは、店舗がクレジットカード会社に利用者の与信情報を照会し、決済可能かどうかを確認する手続きのこと。「オーソリゼーション」(Authorization)の略語であり、日本語で「信用照会」や「信用承認」などと訳されます。

オーソリは実店舗でもオンラインショップ(ECサイト)でも実行される手続きです。オーソリを実行してカードの有効性を確認できたら、決済枠が予約されます。事業者側としては、売上金を確実に回収するためにオーソリの実行は欠かせません。

オーソリを実行する目的

オーソリを実行する目的は、以下に示す2つです。
①不正利用を防止する
②利用限度額を確認する
それぞれの項目について詳しく説明していきます。

目的① 不正利用の防止

オーソリは、偽造カードや盗難カードが使用されていないかどうかをチェックする役割を果たしています。

一般社団法人日本クレジット協会の発表によると、クレジットカードの不正利用による被害額は上昇傾向です。紛失・盗難といった理由で利用を停止されているカードが悪用されることを防ぐためにも、必ずオーソリを実行しなければなりません。

ただし「カードに問題がない(紛失したり盗難されたりしたカードではない)」という事実が分かっても、「カードの利用者が名義人本人であるかどうか」までは分からないことがオーソリの問題点です。

そのため、他者が名義人になりすましてカードを利用する事態を防止するために、セキュリティコードや3Dセキュアによる本人認証も併せて実施されることがあります。

セキュリティコードとは、クレジットカードに印字されている3ケタまたは4ケタの数字のこと。国際ブランドがVisa、Master card、JCBの場合は裏面の署名欄に印刷された数字の末尾3ケタ、AMERICAN EXPRESSの場合は表面の右上か左上にある4ケタの数字が該当します。

3Dセキュアとは、オンラインでクレジットカード決済をする際に、カード番号や有効期限といったカード情報のほかに、事前登録した本人しか分からないパスワードの入力を組み合わせることによって、第三者によるなりすましを防止する仕組みです。登録方法はカード会社によって異なるため、公式サイトで確認しましょう。

セゾンのクレジットカードでは、Netアンサーにログインまたは新規登録された方に対して、本人認証サービス(3Dセキュア)に自動登録される仕組みが構築されているので安心して利用できます。

目的② 利用限度額の確認

オーソリのもうひとつの目的は、クレジットカードの利用限度額を超えていないかどうか確認すること。

クレジットカードは、限度額の範囲内でしか利用できません。月ごとや日ごとの利用限度額が設定されているケースも存在します。また、クレジットカード保有者が支払いを遅延するといったトラブルを起こしていないかチェックされ、健全な取引が行えるかどうかについて判断されます。

オーソリを実行すれば、売上金を回収できないといったトラブルを未然に防ぐことが可能です。

オーソリの仕組みと実行の流れ

オーソリは、「カードの有効性の確認」(偽造・盗難カードが使用されていないか、利用限度枠を超えていないかという点についてチェック)と「決済枠の確保」という2つの要素から成り立っています。実行する際の具体的な流れは、以下のとおりです。

オーソリの仕組みと実行の流れ

①クレジットカード用の決済端末を使ってカードの情報をカード会社に送信
②カード会社が、送られてきたカード情報と販売情報などを照らし合わせる
③確認完了後に、クレジットカードによる取引が成立

オーソリを実行してカードの有効性が確認されると、カード会社から「オーソリゼーションコード」が発行されます。オーソリゼーションコードとは、商品の購入金額が指定された日にカード保有者の銀行口座から引き落とされるために必要な予約番号のようなものです。これを元に、カード会社から店舗に代金の支払いが行われます。

オーソリの方式による実行タイミングの違い

オーソリには、以下に示す2種類の方式が存在します。
①自動オーソリ
②手動オーソリ

方式によって実行タイミングが異なっており、ビジネスの形態に合わせて選択することが可能です。

方式① 自動オーソリ

自動オーソリは、在庫が充分に確保されているECサイトで利用される方式です。ECサイトにカード情報を登録した時点や注文を決定した時点など、事業者があらかじめ指定しておいたタイミングで即時に実行されます。

自動オーソリのメリットは、自動的に実行されるため店舗側の手間が省けること。しかし、「受け付けたタイミングで万が一在庫がなくなっていたとしても決済手続きが進められてしまう」というデメリットが存在するため、実店舗と在庫を共有しているなどECサイト用の在庫が流動的なケースには向いていません。

方式② 手動オーソリ

手動オーソリとは、在庫状況やサービス実施時期が流動的な場合に利用される方式のこと。任意のタイミングで、担当者が手動でオーソリを実行します。ECサイト用の在庫を確保したあとにオーソリを実行できるので、実店舗と在庫を共有している場合に利用される方式です。難点としては、顧客を待たせてしまうことが挙げられます。

ホテルの予約を受け付ける場合、実際に宿泊するのは数か月後になるというケースがほとんどです。予約時にオーソリを自動的に実行して即時に支払いまで進んでしまうと、キャンセル時の処理が煩雑になってしまうため、手動オーソリを実行して予約時に有効性だけ確認しておき、キャンセル料が適用される日に決済が実行されることがあります。

また実店舗では、基本的に決済端末にカードを通す際に手動オーソリが実行されています。

オーソリが承認されない理由

オーソリは常に承認されるわけではありません。さまざまな理由で、オーソリが承認されない事態が発生します。ここでは、非承認になる原因について説明していきます。

オーソリが承認されない事態が発生する原因のひとつは、カードに問題がある場合です。「退会手続き済みではないか」「有効期限が切れていないか」「利用限度額が超過していないか」といった点について確認してみましょう。

またカード番号や暗証番号などの入力をミスした場合も非承認になってしまいます。オンラインショップで会員番号や暗証番号、有効期限といった情報の入力間違えがないか確認しましょう。実店舗でもレジで暗証番号を入力する際に誤りが発生しやすいので注意してください。

カード会社に盗難・紛失の連絡がされている場合も、不正利用を疑われて非承認となります。例えば紛失したと思ってカード会社に連絡したあとに、自宅をもう1度探してみたところカードを発見した場合、カード会社に連絡を入れてから使用しましょう。

その他クレジットカード利用料金の支払いを遅延していたり、これまでの利用傾向と異なる不自然な取引でもオーソリが非承認となることがあります。非承認になった原因が分からない場合は、カード会社に理由を問い合わせてみると良いでしょう。理由が明確になれば、次回から非承認になる事態を回避できます。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

不正利用対策にはクレジットカードの本人認証サービス(3Dセキュア)への登録もする

オーソリによって不正利用は軽減されますが、オーソリだけでは不正利用がなくなるわけではありません。

不正利用を防ぐ仕組みとして本人認証サービス(3Dセキュア)があります。本人認証サービス(3Dセキュア)とはインターネットショッピングでクレジットカードを利用する際、クレジットカード情報に加え、パスワードを入力することにより、本人認証を行うサービスです。クレジットカード情報の盗用による「なりすまし」などの不正利用を未然に防止することができます。

セゾンのクレジットカードでは、Netアンサーにログインまたは新規登録された方に対して、本人認証サービス(3Dセキュア)に自動登録される仕組みが構築されているので安心して利用できるため、新たにクレジットカードをほしいという方はセゾンのクレジットカードがおすすめです。

なかでも、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。年会費初年度無料で、2年目以降1,100円(税込)ですが、年1回以上の利用で翌年も年会費無料で持つことができるカードです。

1,000円(税込)につき1ポイント(5円相当)の永久不滅ポイントが貯まり、セゾンポイントモールでのオンラインショッピングではポイント最大30倍、海外利用ではポイント2倍と、ポイントが貯まりやすいのも魅力的です。

電子マネー決済では、QUICPayの利用でいつでも還元率が約3%となりますので、ちょっとしたお買物や飲食で利用すれば、お得にポイントを貯めることができます。

さらに、25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPayにて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

セゾンパールセゾンパール

よくある質問

Q1 クレジットカードを利用する際に実行される「オーソリ」とは?

オーソリとは、店舗がクレジットカード会社に利用者の与信情報を照会し、決済可能かどうかを確認する手続きのこと。「オーソリゼーション」(Authorization)の略語であり、日本語で「信用照会」や「信用承認」などと訳されます。

Q2 オーソリを実行する目的は?

オーソリを実行する目的は、「不正利用を防止する」と「利用限度額を確認する」になります。

まとめ

オーソリという手続きは、クレジットカードを使ってお買物をする際に欠かせません。オーソリを実行する目的は、不正利用の防止や利用限度額の確認。実店舗でもオンラインショップでも実行され、オーソリでカードの有効性を確認できたら、決済枠が予約されるという仕組みです。

オーソリはビジネスの形態によって方式が異なっており、在庫が充分に確保できているケースでは即時に実行される自動オーソリ、流動的なケースでは担当者が任意のタイミングで実行する手動オーソリが用いられます。

オーソリが承認されない場合は、慌てずに原因を探ってみましょう。「カード番号や暗証番号などの入力をミスしている」「有効期限が切れている」といった問題が理由かもしれません。さまざまな要素をチェックしても非承認の理由が分からない場合は、カード会社に問い合わせてください。

おすすめのクレジットカード

人気記事