【クレジットカードのことならCredictionary】

口座振替のメリット・デメリットとは?クレジットカード払いについてもあわせて解説

口座振替のメリット・デメリットとは?クレジットカード払いについてもあわせて解説

決済手段のひとつに、金融機関の口座から自動で引き落としになる口座振替があります。口座振替は便利な決済手段ですので、利用している方も多いと思いますが、メリットやデメリットをしっかりと把握しているでしょうか。

今回は、口座振替のメリットやデメリットを解説します。また、口座振替と同様に決済手段として使われることが多い、クレジットカード決済のメリットやデメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

口座振替の基本的な仕組み

口座振替とは、商品の購入やサービスの利用などを行った際、その代金を登録してある金融機関の口座から、自動的で引き落としする仕組みです。公共料金や携帯電話料金の支払いなど、定期的な支払いが必要な場合によく使われる決済手段となっています。

口座振替を利用する場合のメリット・デメリット

口座振替は、多くのメリットがある一方、デメリットもあります。ここでは、口座振替のメリット・デメリットを解説しますので、しっかりと把握しておきましょう。

口座振替を利用するメリット

口座振替は、振込用紙などでの支払いと違い、口座から自動で引き落としとなりますので、支払いのためにコンビニや銀行に行く手間がかからない、振込での支払のように手数料が必要ないといったメリットがあります。

また、公共料金の種類によっては、口座振替割引を行っている場合がありますので、口座振替を行うことで利用料金がお得になることもあります。

そのほか、支払い忘れや金額を間違えるといったリスクをなくすことができることも、口座振替の大きな利点といえるでしょう。

このように多くのメリットがありながら、金融機関の口座を持っていれば誰でも利用できる決済手段となっているため、多くの方が口座振替を利用しています。

口座振替を利用するデメリット

口座振替のデメリットは、口座振替の申し込みから開始されるまで、1ヵ月~2ヵ月の期間が必要になることです。口座振替が開始されるまでの期間は、払込票での支払いになるケースが多く、若干手間がかかってしまいます。

また、登録した口座が残高不足の状態になっていると支払いができないため、あらかじめ口座残高を把握しておく必要もあります。とくに支払い先が複数ある場合は、引き落とし日がバラバラになってしまい、残高不足になるリスクも高くなってしまいますので、注意が必要です。

クレジットカードを利用する場合のメリット・デメリット

クレジットカードを利用する場合のメリット・デメリット

口座振替と同様に、定期的な支払いの決済手段として利用されることが多いのがクレジットカード決済です。ここでは、クレジットカードを利用する場合のメリットとデメリットを解説します。

クレジットカードを利用するメリット

一般的にクレジットカードの利用料金は、カードの支払日に登録口座から自動で引き落としになります。つまり、最終的な支払いは口座振替になるということです。

しかし、クレジットカード決済には、口座振替とは違ったメリットがありますので、覚えておきましょう。

月々の利用金額に応じてポイントなどが貯まる
クレジットカードは、月々の利用金額に応じてポイントなどが貯まります。公共料金や携帯電話料金などの支払いもポイント付与の対象となりますので、一般的にクレジットカード決済のほうが口座振替よりお得になるケースが多いです。

ポイントプログラムはカード会社やカードの種類によって異なりますので、事前に確認しておくようにしましょう。

例えば、セゾン発行のクレジットカードは、通常1,000円(税込)につき1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが付与され、貯まったポイントは1ポイント4.5円換算(充当は200ポイント単位で使用可能)でカード利用金額の支払いに充てたり、1ポイント5円相当のアイテムと交換したりすることが可能です。

支払い日を毎月1回にまとめることができる
クレジットカードの利用料金は、カード会社ごとに決められた支払日に登録口座から自動で引き落としされます。支払い先が複数ある場合、口座振替ではバラバラの支払日になってしまいますが、クレジットカード決済を利用すれば、カードの支払日にまとめることが可能です。

例えば、水道代や光熱費、携帯電話料金などの固定費の支払いをクレジットカード決済にすることで、本来はバラバラの支払日をカードの支払日にまとめることができ、家計管理も楽になります。

利用してから実際の支払いまでは期間がある
一般的にクレジットカードは、カードを利用した月の翌月または、翌々月が支払日となります。例えば、セゾンの場合は毎月10日が締め日となり、支払日は翌月4日になります。

このようにクレジットカード決済は、カードを利用した日から実際の支払いまである程度の期間があるため、余裕を持って支払いの用意ができることもメリットになります。

クレジットカードを利用するデメリット

クレジットカードを利用するデメリットは、カードを使いすぎてしまう可能性があることでしょう。とくに、普段の買物では、利用金額を把握せずに無計画に利用し続けると、実際にはご自身が思っていた以上の利用金額になっていることがあります。

しかしながら、この点はレシートを保管したり、会員ページやカード会社のアプリで利用金額を小まめに確認すれば、ある程度は防ぐことができるでしょう。

また、クレジットカードの利用金額の引き落とし日に銀行の残高が不足していた場合、遅延損害金が発生します。この問題の対策としては、クレジットカード引き落とし日を事前に確認しておき、その日までに銀行残高が十分にあることを確認して、しっかりと支払いができれば、問題は解消されます。

カードによっては年会費がかかりる、といったデメリットに関しましては、年会費無料のカードを選ぶことをおすすめします。

そのほかのデメリットとしては、支払方法をクレジットカード払いにする際、口座振替と同様に、その支払い方法が適用されるまで、およそ1~2ヶ月かかる場合があるということです。とくに、電気、ガス、水道などの公共料金では、そのような傾向がありますので、覚えておきましょう。

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigital」なら、口座振替のさまざまなデメリットを解消

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードDigitalは、申し込み審査完了後、最短5分でスマホアプリ「セゾンPortal」に発行されるデジタルカードです。そのため、カードを申し込んだその日に、固定費などの定期的な決済手段として登録することができますし、ネットショッピングはもちろん、Apple PayやQUICPayと連携することで実店舗での買物も可能です。

後日、カード番号やセキュリティコードなどの記載がないナンバーレスのプラスチックカードが郵送で届きますので、通常のクレジットカードと同様に、買物などでご利用いただくこともできます。

また、公共料金や携帯電話料金の支払いはもちろん、自動車税や各種国税などの支払いもポイント付与の対象になります。カードと連携させたQUICPayでの買物でポイント還元率が3%(※)になる優待特典もありますので、使い方次第でポイントをどんどん貯めることができることも魅力です。

(※)1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合となります。

セゾンパールセゾンパール

口座振替のメリットとデメリットのまとめ

口座振替は、商品やサービスの代金を金融機関の口座から自動引き落としによって支払う決済手段で、主に固定費などの定期的な支払いで利用されます。

また、口座振替と同様に、定期的な支払いの決済手段としてクレジットカード決済があります。金額の大きい場合には、クレジットカード決済のほうが、口座振替よりメリットがありますので、おすすめになります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、最短5分でスマホ上にデジタルカードを発行することができ、固定費の支払いなどでもポイントが付与されます。口座振替のさまざまなデメリットを解消できるクレジットカードとなっていますので、申し込みをご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事