【クレジットカードのことならCredictionary】

リボ払い返済のコツをわかりやすく解説!返済期間が長くなる理由もあわせて解説

リボ払い返済のコツをわかりやすく解説!返済期間が長くなる理由もあわせて解説

リボ払いは、上手に活用すれば便利なサービスですが、無計画に買物を続けると、カードの利用残高が減らずに返済期間が長くなってしまうことがあります。毎月の返済額が低く、高い金額の買物を続けると、カード利用残高が増えてしまうこともありますので、注意が必要です。

今回は、リボ払いの仕組みや早期返済するためのコツについて解説しますので、リボ払いの返済で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

リボ払いの返済期間が長くなる理由

リボ払いは、毎月のカード支払い日に一定の金額を支払う方法です。つまり、クレジットカードの利用金額が10,000円の月であっても、50,000円の月であっても、月の支払い日の金額は同じですので、毎月のカード利用金額よりリボ払いでの支払金額が少なければ、カードの支払残高が減ることはありません。

リボ払いの返済期間が長くなってしまう方は、このようなリボ払いの仕組みを正しく理解して、返済計画を立てるようにしましょう。ここでは、リボ払いの返済期間が長くなってしまう主な理由を紹介しますので、参考にしてください。

支払い残高に対しリボ払いの設定金額が少ない

先に触れたように、リボ払いは毎月のカード支払い日に一定の金額のみ支払います。そのため、カードの利用残高に対してリボ払いの支払金額が少ない場合は、返済期間が長くなります。

例えば、カードの利用残高が60,000円で、リボ払いの金額を5,000円に設定しているとします。この場合、クレジットカードをいっさい利用しなくても、支払いが終わるまで「60,000÷5,000=12」となりますので、単純に割り算で計算しただけでも、完済まで12ヵ月必要になります。

また、リボ払いは、元金のほかにカード会社ごとに設定された手数料が毎月上乗せされますので、返済期間が長くなるほど、支払う手数料も多くなることを覚えておきましょう。

無計画にリボ払いを使っている

リボ払いは、毎月の支払いを一定にすることができますので、月々の支払いの負担を軽減させることができる便利な支払方法です。しかし、便利だからといって、リボ払いを無計画に利用してしまうと、カードの利用残高が膨れてしまう危険もありますので、注意しましょう。

リボ払いを利用する際は、支払いが少ないからといって、次から次へと必要以上に買物をするのではなく、ときには買物を控えることも検討するなど、計画的に利用することを心がけることが大切になります。

今すぐできる!リボ払いで利用した金額を早く返済するコツ

今すぐできる!リボ払いで利用した金額を早く返済するコツ

リボ払いは、毎月手数料がかかってしまいますので、できるだけ早く完済するためにも計画的に返済を行う必要があります。

ここでは、リボ払いの利用分をできるだけ早く返済するためのコツを紹介します。すぐにできるものばかりですので、リボ払いの返済に悩んでいる方は、参考にしてください。

返済額を増やす

一般的に、多くのクレジットカードのリボ払いは、月々の返済金額を変更することが可能ですので、カードの利用残高に対してリボ払いの設定金額が低い方は、返済額を増やすことをおすすめします。

返済金額の変更方法は、カード会社やカードの種類によって異なり、電話での問い合わせが必要な場合もあれば、WEBやスマホアプリなどで簡単に手続きができる場合もあります。

例えば、セゾンの場合であれば、自動音声による電話での手続きのほか、会員専用サイト「Netアンサー」やスマホアプリ「セゾンPortal」を利用した手続きも可能です。

ただし、リボ払いの返済金額を変更する場合は、収支のバランスを考えてから行ってください。月々の返済金額を上げすぎてしまい、生活に支障をきたしてしまっては意味がありませんので、無理のない範囲で返済できる金額を設定するようにしましょう。

一部を繰り上げ返済する

臨時収入などで金銭的に余裕ができた場合は、カード利用残高の一部を繰り上げ返済することを検討してみましょう。一部を繰り上げ返済することでリボ払いの返済期間が短くなるだけでなく、手数料を減らすこともできるためおすすめです。

多くのクレジットカードは、繰り上げ返済が可能ですので、カード会社に連絡を行い、繰り上げ返済の旨を伝えれば対応してくれます。繰り上げ返済を行う際は、カード会社独自のATMでの入金または、指定口座への振込となるケースが多いですので、カード会社の指示に従って、間違えないように支払いしましょう。

一括返済をする

カード利用残高を一括で支払う「一括返済」を検討するのもひとつの手段です。当然ながら、リボ払いの返済は終了となりますので、一括返済後は手数料がかかる心配もありません。

ただし、一括返済は金額が大きくなってしまうこともありますので、生活に必要なお金を残しつつ、それでも金銭的に問題がないことを確認してから行うことをおすすめします。

また、一般的に一括返済を行う場合は、一部を繰り上げ返済するときと同じ流れになりますので、カード会社に連絡を行い、指示に従って支払いを行うようにしましょう。

買物からカード利用状況の確認までスマホで完結!セゾンのデジタルカード

セゾンでは、申し込み審査完了後から最短5分でスマホアプリ「セゾンPortal」上に発行されるデジタルカードを選択可能。発行後は、すぐにネットショッピングでの利用ができるほか、Apple PayやQUICPayなどの電子決済サービスとの連携が可能ですので、電子決済を使って実店舗での買物もできます。

後日、郵送で届くプラスチックカードを使って、一般的なクレジットカードと同様にカード決済も可能です。プラスチックカードは、カード番号が記載されていない「国内初」の完全ナンバーレスカードとなっていますので、スキミングなどのリスクも軽減され、セキュリティ面も強化されています。

また、デジタルカードが発行されるセゾンPortalでは、利用明細や利用可能枠、ポイント数など、カードの利用状況を簡単に確認することができます。

リボ払いを利用する際は、カードの利用状況を把握することが重要ですので、買物からカードの利用状況の確認まで、スマホで完結できるデジタルカードをご検討してみてはいかがでしょうか。

セゾンカードデジタル

セゾンカードデジタル(SAISON CARD Digital)は、年会費永年無料で発行できるデジタルカードです。スマホ上に最短5分で発行することも可能です。ほかのセゾンカード同様に、カードの利用で1,000円(税込)につき1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが付与されます。

また、人気のネットTV「ABEMAプレミアム」が3ヵ月無料で利用できるなど、セゾンカード会員限定特典を利用することができます。

そのほか、カードの提示や利用によって、優待価格で利用できるお店も多数ありますので、日常の買物から娯楽まで、さまざまなシーンで利用できるカードになっています。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのデジタルカード。このカードも審査完了後、最短5分でスマホ上に発行することができます。電子マネーのQUICPayと連携後、買物の際にQUICPayを利用することで、ポイントの還元率が常時3%(※)になります。

さらに、25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPayにて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

また、セゾンカード会員限定特典を利用できるほか、アメリカン・エキスプレス・カード会員限定のキャンペーンや特典を紹介するサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を閲覧することもできます。

旅行や趣味、美容関係など利用できる特典も付帯しています。お客様のニーズに幅広く対応した、おすすめのカードです。

(※)1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合となります。

セゾンパールセゾンパール

リボ払い返済のコツまとめ

リボ払いは、計画的に利用すれば月々の支払いの負担を軽減できる便利なサービスです。しかし、リボ払いの仕組みを正しく理解しておかなければ、返済期間が長くなってしまう可能性がありますので、リボ払いを利用する際は、しっかりと仕組みを理解するようにしましょう。

また、リボ払いは元金のほかに手数料がかかってしまいます。支払金額を増やしたり、繰り上げ返済をしたりすることで早期返済ができるだけでなく、手数料の節約にもなりますので、状況に合わせた返済プランを立ててみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事