【クレジットカードのことならCredictionary】

口座振替の仕組みを紹介!手数料や手続き方法も詳しく解説

口座振替の仕組みを紹介!手数料や手続き方法も詳しく解説

商品の購入やサービスの利用などで発生した料金の決済手段のひとつとして、口座振替がありますが、その仕組みや利用するメリットが気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、口座振替の仕組みやメリット、手続きの方法などを解説し、銀行振込やクレジットカード払いといった決済手段との違いについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン
セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

口座振替は銀行口座から自動的に支払う決済手段

口座振替とは、商品の購入やサービスの利用などで発生する料金を登録してある金融機関の口座から自動で支払う仕組みのことを指し、自動振替とも呼ばれます。事業者側としては、消費者への集金の手間がなく、ほとんどの場合支払いを行ってもらえるため、決済手段のひとつとして広く普及しています。

口座振替は、主に定期的な支払いが発生する場合の決済手段として使われることが多く、口座振替が使われる代表的な支払いには以下のようなものがあります。

・クレジットカードの利用料金
・電気・ガス・水道などの公共料金
・保険料
・ケーブルテレビ
・インターネット回線料金
・家賃
・NHK受信料
・新聞購読費
・税金
・商品の定期購入

口座振替のメリット

消費者が口座振替を利用するメリットには、主に以下のようなものがあります。

・支払いのたびにコンビニや銀行などに行く手間がない
・支払い忘れや支払い金額の間違いがない
・銀行口座を持っていれば誰でも利用できる

口座振替は、登録口座から自動で引き落としとなるため、支払い用紙や振込での支払いのように、わざわざコンビニや銀行に足を運ぶ必要がありませんし、あらかじめ引き落とし口座にお金を入れておけば、支払い忘れなどを防止することが可能です。

また、事業者にもよりますが、口座振替割引が受けられる場合もあります。とくに、電力会社やガス会社では、口座振替割引を実施していることが多いですので、事前に情報を確認しておくとよいでしょう。

口座振替を利用する際の注意点

基本的にはメリットが多い口座振替ですが、引き落とし日までに口座に入金をしておかなければ支払いができません。引き落とし日を把握して、事前に口座に入金を済ませておく必要があります。

とくに、複数のサービスなどで口座振替を利用している方は、引き落とし日がバラバラになってしまう可能性が高いですので、入金忘れがないように注意しましょう。

また、口座振替は、基本的に領収書の発行がありません。支払いの確認は預金通帳などで行う必要がありますので、月に1度は記帳を行うなどして、支払いの確認をするようにしましょう。

口座振替は手数料がかかる?

口座振替の利用には手数料がかかるのではないかと、心配される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、口座振替を利用しても手数料を支払う必要はありません。

口座振替はお金を受け取る側の企業が、手数料を支払ってくれる仕組みになっているからです。

口座振替を利用するための手続き方法は2つ

口座振替を利用するためには、所定の手続きが必要です。

手続きの方法は、「口座振替依頼書」と「WEB申し込み」のいずれかになります。

それぞれの方法について、以下で具体的に説明します。

口座振替依頼書での登録方法

口座振替依頼書を用いて登録する場合は、口座振替を依頼する本人の氏名や住所などの必要事項を記入して、提出します。

口座振替依頼書は企業によって確認が行われ、問題がなければ銀行に送付されて手続きが進められます。

口座振替依頼書を郵送で提出する場合、書類に不備があると再度書き直して送らなくてはいけないため、送付する前に不備がないかを再度確認するよう心がけましょう。

WEB口座振替での登録方法

WEB口座振替で登録する場合は、口座振替依頼書を用いる場合と同様の情報をオンライン上で入力します。

郵送で口座振替依頼書が到着するまでの時間や、書類の確認作業に時間がかからない分だけ、口座振替依頼書を用いる場合よりも、早めに手続きが完了することが多いです。

口座振替とその他の支払い方法との違い

口座振替とその他の支払い方法との違い

商品代金の支払いやサービス利用料の支払いでは、口座振替のほかに銀行振込やクレジットカード払いといった決済手段もよく使われます。

ここでは、銀行振込とクレジットカード払いの特徴を解説しますので、口座振替との違いを確認しておきましょう。

銀行振込

銀行振込は、同一銀行の他人名義の口座または、別の銀行の預金口座へ送金する手段です。基本的には銀行窓口やATMに足を運ぶ必要がありますが、ネットバンキングを利用することで、パソコンやスマホから手続きを行うことも可能です。

また、一般的に銀行振込の場合は、振込を行うたびに消費者側が振込手数料を負担する必要がありますので、口座振替とは違い、余計な費用がかかってしまいます。

その他、相手の口座番号を確認する手間や口座番号を間違えると支払いができないといったデメリットもあります。

クレジットカード払い

クレジットカード払いは、登録したクレジットカードで支払日に決済を行う方法です。クレジットカードの利用料金の支払いは口座振替が利用されているため、最終的には口座振替となりますが、口座振替にはない以下のようなメリットがあります。

・毎月の利用料金に応じてポイントなどによる還元がある
・引き落とし日が異なる複数のサービスを利用しても、カード利用料金の支払日にまとめることができる
・クレジットカードに付帯する特典を利用できる

また、クレジットカードは、毎月のカード利用明細を見れば、いつ、どこでカードが使われたのかを一目で確認することができますので、お金の流れを把握しやすいという特徴もあります。

申し込み審査完了後、最短5分で発行!すぐに使える「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalは、申し込み審査完了後、最短5分でスマホアプリ「セゾンPortal」上に発行されるデジタルカードです。セゾンPortalからカード番号やセキュリティコードを確認できますので、発行後、すぐにオンラインショッピングでの利用や公共料金などの継続決済に登録することが可能です。

また、後日郵送で届くナンバーレスのプラスチックカードを使えば、通常のクレジットカードのようにカード決済で実店舗での買物をすることができます。その他、QUICPayとの連携・利用でポイント還元率が3%(※)となるポイント優待もありますので、ポイントをお得に貯めることができる点も魅力となっています。

さらに、25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPayにて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

年会費は初年度無料で、2年目は1,100円(税込)です。ただし、年1回、1円以上のカードを利用することで、翌年度も無料となります。

(※)1ポイント約5円相当のアイテムと交換した場合

セゾンパールセゾンパール

ポイントを効率よく貯めたい方におすすめ「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」
せっかくクレジットカードを使うなら、ポイントを効率よく貯めたいと思う方も多いのではないでしょうか。そんなに方に検討していただきたいのが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな魅力の一つとしては、セゾンカードインターナショナルなどの一般カードよりも、永久不滅ポイントが貯まりやすいことです。

具体的には、国内での利用では、1,000円(税込)ごとに、1.5倍(1.5ポイント)貯まります。また、海外での利用では、1,000円(税込)ごとに、2倍(2ポイント)が貯まります(1ポイントあたり約5円相当)。

このカードには最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯しており、空港ラウンジサービスも利用できます。

年会費は初年度無料で、2年目以降は11,000円(税込)となっています。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

口座振替の仕組みやメリットについてのまとめ

口座振替は、登録した金融機関の口座から自動で支払いを行う決済手段です。支払いのためにコンビニや銀行などに行く手間がなく、支払い忘れや支払い金額の間違えがないといったメリットがあるため、人気の高い決済手段になっています。

また、決済手段としては、ポイントの還元を受けられるなどのメリットがあるクレジットカード払いもおすすめです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、申し込み審査完了後、最短5分でセゾンカード専用アプリ「セゾンPortal」に発行され、すぐにオンラインショッピングでの利用や継続決済の登録が可能ですので、この機会に申し込みをご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事