Credictionary

サブスクとは?概要やメリット・デメリットについて徹底解説

サブスクとは?概要やメリット・デメリットについて徹底解説

「サブスク」という言葉をよく聞くようになったけれど、どういう意味なのかはわからないという方は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、「サブスク」の意味と、なぜ「サブスク」が流行してきているのか、どのようなサービスがあるのかについて解説していきます。

サブスクとは?

サブスクは「サブスクリプション」の略で、英語では「予約購読」「定期購読」「会費」という意味の言葉です。月額課金・定額制でサービスを契約することを指します。

サブスクはモノを所有するのではなく、必要なときに借りて利用するスタイルのサービス。これまでの新聞購読やインターネットのプロバイダー契約など従来の定額制のサービスは、企業目線で料金やサービス内容が決められていたのに対して、サブスクはユーザー目線のニーズにこたえて料金やサービス内容が変化するのが特徴です。

すでに多くの方が利用している動画配信・音楽配信といったサービスだけでなく、住居シェア、カーシェア、美容室の利用、洋服や時計・バッグ・家具のレンタルなどそのサービス内容はますます幅広くなっています。

今サブスクが拡大している理由

動画や音楽などの市場では、サブスクの拡大が市場の成長を牽引しています。例えば音楽市場においては、これまで一曲数百円というダウンロード課金型サービスが主流でしたが、現在では、月額料金を支払うことで聴き放題で利用できるサブスクサービスのシェアが上昇傾向にあります。

総務省の「令和2年版 情報通信白書」、「世界の動画配信市場規模・契約数の推移及び予測」によれば、2019年の定額制以外の動画配信売上高は67.9億ドル。一方で、定額制の売り上げは498.4憶ドルと、数字からもその差は明らかです。

さらに、同資料によれば、定額制の売り上げは2022年までに924.4憶ドルにまで成長すると予測されています。日本においても5Gが登場し普及すると、さらにサブスクサービスが拡大していくことが予想されます。

サブスクのメリット

サブスクのメリット

ここでは、ユーザーにとってのサブスクのメリットを3つご紹介します。

登録・解約の自由度が高い

サブスクはネットで申し込み、解約することができるサービスがほとんどなので、気軽に始められて、使わなくなったらいつでも解約できます。解約の条件はサービスにより異なるため、条件を確認しましょう。

また、購入とは違い、定額の月額料金を支払えば利用できるため、利用するにあたっての初期費用を抑えられます。

利用頻度が高いほどお得になる

定額で利用し放題のため、利用頻度が高いほどコストパフォーマンスが良くなるのもサブスクの良いところです。

お試し期間などを活用して、ご自身にとって興味あるコンテンツが豊富か、利用し放題を活かせるかなどを見極めましょう。そうすると、ご自身にとってコストパフォーマンスが高いサブスクを選ぶことができます。

新たなコンテンツを発見しやすい

定額制なので、これまで手を出したことのなかったコンテンツも試してみやすいという点はサブスクならではのメリットです。

企業側も常に新たなコンテンツを追加してユーザーを飽きさせないよう努力しています。例えば動画や音楽系のサブスクなら定期的に新作が追加されます。また、ソフトウエア系も常に最新バージョンを購入するとなるとコストがかさみますが、サブスクなら毎月定額を支払うことで、常に最新バージョンを利用できます。

さらに一定のテーマに沿って定期的に食品や飲料、洋服などの商品が届くタイプのサブスクなら、これまでご自身では選ばなかったような商品も届くため、新たな発見や出会いを楽しめます。

サブスクのデメリット

ユーザーにとって多くのメリットを持つサブスクですが、実際に利用するにあたり知っておくべきユーザーにとってのデメリットを3つお伝えします。これらのデメリットを理解しておくと、よりお得にサブスクを利用できるようになるでしょう。

利用していない場合も固定費が発生する

どれだけ利用しても定額料金ですが、反対にまったく利用しない月があっても支払いは発生します。

手ごろな料金で利用できるサービスが多い分、さまざまなサブスクと契約してしまい、結果的に月々の固定費が高額になってしまうこともあります。

定期的に利用頻度の少ないサブスクは利用の見直しも検討するようにしましょう。

不要なコンテンツが含まれている場合がある

動画配信や音楽配信などのサービスの場合、興味のあるコンテンツだけを月額料金を抑えて利用するということはできません。まったく興味のないコンテンツも含めた一律の料金を支払う必要があります。

しかしダウンロード課金型だと、観たり聴いたりすることのなかったコンテンツも気軽に視聴できるため、興味の幅を広げる機会となると捉えるなら、デメリットというよりはメリットになり得る点です。

解約すると手元にモノが残らない

サブスクは、モノを所有するためではなく、「利用する」ために料金を支払っています。したがって、解約すると手元には何も残りません。

例えば音楽配信サービスの場合、解約後はそれまで聴けていた曲を聴くことができなくなります。家具レンタルの場合も、解約すれば家具は返却しなければならず、手元には残りません。

ただし、一定期間レンタルを継続することで、ご自身のものにできるサービスもありますので、解約する前には条件などを確認するようにしましょう。

主なサブスクサービス

主なサブスクサービス

ユーザー数が多い、主なサブスクの3つの分野をご紹介します。

動画配信

月々定額料金で映画・ドラマ・ドキュメンタリーなどの動画を観放題のサービスです。代表的なサービスとしてNetflix・Hulu・Amazon Primeなどがあります。

好きな動画をダウンロードしておけば、インターネット接続がないところでも再生可能。世界中の作品を自宅で楽しめ、おうち時間をより充実させてくれるサービスです。

音楽配信

月々定額料金で音楽が聴き放題のサービスです。代表的なものがApple Music・Spotify・LINE MUSICなどです。

好きな曲をダウンロードしておけば、インターネット接続のないところでも再生可能。音楽をよく聴く方や幅広い音楽を楽しみたい方におすすめのサービスです。

電子書籍

月々定額料金で小説やビジネス本、雑誌、漫画などが読み放題のサービスです。代表的なものにKindle Unlimited・ブックパス・dマガジンなどがあります。

好きな本をダウンロードしておけば、インターネット接続のないところでも読書可能。本は好きだけど、何冊も買うとなると金額も大きくなるし、置き場所にも困るという方におすすめです。また、サブスクで読んで、気に入った本は文庫で買うなどの利用法もあります。

サブスク型クレジットカード

そんな「サブスクリプション」ですが、クレジットカードにもサブスクリプション型のものがあります。
それは、クレディセゾンが発行している「セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。
サブスク型のクレジットカードで、月会費980円(税込)で利用することができます。
2021年6月30日(水)お申し込み分までの期間限定でしか手に入らない特別なカードです。

毎月のショッピング・キャッシング・月会費の合計お支払金額が1万円(税込)以上の場合はスタンプが1個たまり、6個たまるごとにすてきなプレゼントがもらえます。

例えば、一流ホテルのレストランで利用できるお食事券、ニコライバーグマンオリジナルプリザーブドフラワーボックス、和牛セレクト 高級グルメなどラグジュアリーな気分を味わえる豪華なものばかりです。

また、毎月1回スターバックス ドリンクチケット(eGift/500円分)のプレゼントがあります。

よくある質問

Q1 サブスクとは?

サブスクは「サブスクリプション」の略で、英語では「予約購読」「定期購読」「会費」という意味の言葉です。月額課金・定額制でサービスを契約することを指します。

Q2 サブスクのメリットは?

「登録・解約の自由度が高い」、「利用頻度が高いほどお得になる」、「新たなコンテンツを発見しやすい」の3つが挙げられます。

まとめ

サブスクとは、定額を支払うだけで契約したサービスが使い放題になる、コストパフォーマンスに優れたサービスです。そのサービス内容はますます幅広くなることが予想されます。

メリット・デメリットを理解したうえで、サブスクを上手く活用し、自分らしいライフスタイルをより充実させてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事