【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードを解約する方法は?6つのことを確認してから退会を決めよう

クレジットカードを解約する方法は?6つのことを確認してから退会を決めよう

クレジットカードはどのように解約するのでしょうか?また、解約したあとに後悔しないためにも、解約する前に確認するべきこともあります。

本記事では、クレジットカードを解約する方法や解約前に確認するべきことについて紹介していきます。

セゾンパールセゾンパール

クレジットカードの解約方法

クレジットカードを解約する方法は、カード会社によって異なります。主な解約方法は以下の2つです。

それぞれの方法について解説していきます。

①カード会社に直接電話

多くのカード会社で採用している解約方法は、カード裏面の電話番号に電話して、解約の手続きをするという方法です。

電話での解約の際に気になるのが、「解約の理由を聞かれるのではないか?」「理由によっては解約を断られるのではないか?」ということではないでしょうか。

基本的には理由を聞かれることなく、解約手続きをしてもらえます。中には「差し支えなければ…」と理由を尋ねられることもあります。しかし、簡単な理由を伝えれば良く、基本的に解約を断られることはありません。

セゾンの場合も、カードを手元に用意した上で、カード裏面のインフォメーションセンター(オペレータ対応)へカード会員本人が問い合わせることで、解約可能です。

②窓口で直接解約の手続きをする

カード会社によっては実店舗のカードカウンターがありますので、その場合は、カードカウンターの窓口で解約の手続きをすることもできます。

セゾンの場合も、セゾンカウンターに解約希望のセゾンのカード、「運転免許証」「保険証」などの本人確認物を持参の上、カード会員本人が来店することで、解約手続きが可能です。

クレジットカードを解約する前に確認する6つのこと

クレジットカードを解約する前に確認する6つのこと

解約した後に困ったことにならないためにも、解約前に以下に挙げる6つのことを確認しておくことが大切です。

これらのことを確認することで、解約するのに適したタイミング、そもそも解約は得策でではないということに気づくかもしれません。解約してから後悔しないためにも、まずは以下の点を確認してみましょう。

①各種支払い方法の変更手続き

家賃や携帯代、プロバイダー料金、水道・電気などの光熱費の支払いをクレジットカードにしている場合、事前にそれらの支払い方法を別の方法に変更しておかなければなりません。そうしないと知らず知らずのうちに料金が滞納になり、サービスが利用できなくなる事態になってしまいます。

見落としがちなのは、通販サイトやサブスクリプションタイプのサービス利用の支払い方法の変更です。こちらもきちんと支払い方法を変更しておかないとサービスが利用できなくなってしまい、不便な思いをします。

また、電子マネーやスマホ決済アプリのチャージ機能もクレジットカードでチャージできなくなるため、チャージ方法を事前に変更しておく必要があります。

②貯まっているポイントが無効になる

ほとんどのカードでは、クレジットカードを解約すると貯まっていたポイントは無効になります。解約を考えているのであれば、手続きをする前に貯まっているポイントを交換しておきましょう。ポイント交換を忘れて、先に手続きをしてしまうと、せっかく貯めたポイントが0になってしまいます。

セゾンの永久不滅ポイントは、カードを解約しても「不滅」なわけではなく、カード会員である限りは「不滅」ということです。カードを解約すれば、永久不滅ポイントも失効してしまいます。

③未払い額は一括返済しなければならない

クレジットカードは一括払いだけでなく、分割払いやリボルビング払いなどの支払い方法があり、これらの返済方法を利用していることも少なくないでしょう。

実は、クレジットカードを解約する時は、分割払いやリボルビング払いの残債も一括請求されるのが一般的です。つまり、未払い額が大きいと、それだけ金銭的な負担が大きくなります。

そのため、一度に支払うのが難しい場合は、一括返済できるようになるまで解約は延ばした方が良いかもしれません。未払い額の総額は、カード会社に問い合わせることで確認できます。

④支払った年会費は返金されない

年会費が発生するカードの場合、一度支払った年会費は返金されないのが一般的です。そして、カードを解約すると年会費を支払っていてもカード付帯の優待や付帯保険などは使えなくなります。

例えば、年会費が引き落とされてすぐ、やはり年会費が負担なのでカードを解約しようと考えて、年会費支払後すぐに解約した場合。すでに支払った年会費は返金されない上に、カード付帯のサービスも受けられなくなってしまい、一年分の年会費が無駄になってしまいます。

それならば、まずは年会費を支払った分のカード付帯のサービスを活用し、解約は次の年会費が発生する前の時期まで延ばした方が得策かもしれません。

⑤ETCカード・家族カードも使えなくなる

本カードを解約すれば、当然のことながら家族カードやETCカードも使えなくなります。

本カードを使っていないために解約を考えている方も、家族カードやETCカードは使っているという場合は、解約せずにおいておくか、ほかのカードで家族カードやETCカードを発行してから解約するようにしましょう。

また、解約する際は支払いのトラブルを避けるためにも、忘れずに家族カードやETCカードを使っている家族にも解約する旨を伝えておかなければなりません。

⑥付帯サービス内容の確認

海外・国内旅行傷害保険が付帯しているカードを解約してしまうと、旅行に行く際に別途で保険加入を検討する必要があるため、手間がかかってしまいます。

海外旅行の際はクレジットカードがホテルのデポジットの代わりになったり、クレジットカードで支払いをすることで必要以上の現金を両替したり持ち歩いたりする必要もなくなります。

クレジットカードには、活用することで年会費以上価値があるサービスを数多く付帯しているため、解約前に活用しきれていないサービスはないか、改めて確認してみると良いでしょう。

よくある質問

Q1 クレジットカードの解約方法は?

主な解約方法は「カード会社に直接電話」、「窓口で直接解約の手続きをする」の2つです。

Q2 クレジットカードを解約する前に確認することは?

「各種支払い方法の変更手続き」、「貯まっているポイントが無効になる」、「未払い額は一括返済しなければならない」などが挙げられます。

解約についてのまとめ

クレジットカードの解約を考えるのには、さまざまな理由があると思いますが、手続きをしてから後悔しないためにも、記事中で取り上げた点を事前に確認するようにしましょう。

確認した上で現在のクレジットカードを解約して、新しいカードを検討中であれば、新しいスタイルの「デジタルカード」がおすすめです。

おすすめのカードは「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigital」です。

公式アプリに最短5分で、デジタルカードが発行され、ショッピング・キャッシングが利用できます。セゾンモールを経由してオンラインショッピングをすると最大ポイント30倍とポイントの貯まりやすさも魅力的です。

セゾンパールセゾンパール

初年度の年会費は無料で、前年に1円でも利用があれば、翌年も年会費無料でご利用いただけます。キャッシュレス派に見逃せない特典として、QUIC Payでの支払いで常に3%相当のポイントが還元されます。(通常の6倍ポイントがつきます。)

これだけお得なうえに、アメリカン・エキスプレス・コネクトの優待を利用できるコストパフォーマンスに優れたカードです。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめのクレジットカード

人気記事