【クレジットカードのことならCredictionary】

マイナポイントにデメリットはある?期限や選ぶべき事業者に注意

マイナポイントにデメリットはある?期限や選ぶべき事業者に注意

「マイナポイントを利用したいけど、デメリットはあるの?」こちらの記事では、そんな方に向けてマイナポイントのメリット・デメリットを紹介しています。

マイナポイントは一度申し込みをしてしまうと変更ができないなどのデメリットがあるので、それらをしっかり把握しておく必要があります。

これからマイナポイントに申し込みをする方は、メリット・デメリットを把握してから申し込みをしましょう。

マイナポイントはキャッシュレス促進を目的とした国の事業

マイナポイントはマイナンバーカード普及とキャッシュレス促進を目的とした国の事業で、2020年9月から開始されました。

マイナンバーカードとキャッシュレスサービスを紐づけることで、最大5,000円分のポイントがもらえます。ポイント還元率も25%と高いので、とてもお得な仕組みです。

マイナポイントのメリット

そんなマイナポイントを利用するメリットはどのような点なのでしょうか。

マイナポイントにはデメリットもありますが、それを上回るメリットがあります。まずは、その点を説明していきます。

最大5,000円分のポイントがもらえる(ポイント還元率25%)

マイナポイントは、自分が選んだキャッシュレスサービスに対して、利用金額の25%、最大で5,000円分のポイントがもらえます。

通常、クレジットカードの利用でもらえるポイントは、利用額の0.5%~1%が多いので、それと比べるとかなり高いです。ポイントは選択したキャッシュレスサービスのポイントとして使用できます。

選んだキャッシュレスサービスによってはさらにポイントがもらえる

マイナポイントでは利用するキャッシュレスサービスを、自由に選ぶことができます。そのためキャッシュレスサービスの事業者も、サービスに登録してもらうため、独自のキャンペーンを展開しています。

選んだキャッシュレスサービスによって異なりますが、なかには、マイナポイントの登録をすることで、さらにポイントがもらえるキャンペーンもあります。

自分にとって使いやすい・お得なキャッシュレスサービスはどれか、慎重に考えて選択しましょう。

マイナポイントのデメリット

マイナポイントのデメリット

ここまでマイナポイントのメリットを紹介しましたが、一方でデメリットもあります。ここからは、マイナポイントのデメリットを紹介します。

マイナンバーカードの申請は2021年4月末で終了

マイナポイントを獲得するためには、マイナンバーカードの申請期限内に申請をしなければなりません。

マイナンバーカードの申請期限は、2021年4月末までに申請した分が対象です。残念ながらそれ以降に申請した分については、マイナポイントの対象外となります。

キャンペーンが変更になる場合がございます。詳しくはマイナポイント事務局HPご確認ください。

マイナポイント対象外のキャッシュレス事業者もある

マイナポイントは対象となるキャッシュレス事業者が決まっています。そのため、対象外のキャッシュレスサービスでは、マイナポイントを獲得できません。

マイナポイントを獲得する対象のキャッシュレスサービスであるか、申請する選ぶ際に、あらかじめ確認しましょう。

1人あたりのマイナポイント上限は5,000円分

マイナポイントは一人あたり5,000円を上限としています。つまり、20,001円分以上利用しても、ポイントは獲得できませんので注意が必要です。

選べるキャッシュレスサービスは1つで変更できない

マイナポイントで選べるキャッシュレスサービスは1つだけです。一度選択してしまうと、その後変更ができません。キャンペーンなども踏まえた上で、自分に合ったキャッシュレスサービスを選んでください。

獲得したマイナポイントには有効期限がある

獲得するマイナポイントは、選択したキャッシュレスサービスのポイントとして付与されます。そのため、ポイントの有効期限は、キャッシュレスサービスによって異なります。

有効期限は、キャッシュレスサービスによって異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

マイナポイントにおすすめのクレジットカード

ここまでマイナポイントのメリット・デメリットを紹介しましたが、マイナポイントはデメリットを考慮してもメリットの方が大きいといえます。

それでは実際に、どのキャッシュレスサービスを利用すると、マイナポイントをうまく活用できるのでしょうか。

おすすめなのはモバイルSuicaとセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalの活用です。

モバイルSuicaはクレジットカードと紐づけることで、モバイルSuicaとクレジットカードのポイント2重取りが可能です。

そして、モバイルSuicaをキャッシュレスサービスとして申請も行えば、マイナポイントも上乗せして獲得可能。ポイントが貯まりやす い組み合わせなので、今後もお得に使えます。

25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPayにて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

なお、初年度の年会費は無料、2年目以降の年会費は1,100円(税込)で、前年に1円でも利用があれば、翌年も年会費が無料になります。

とてもお得なクレジットカードですので、これを機に申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

セゾンパールセゾンパール

よくある質問

Q1 マイナポイントとは?

マイナポイントはマイナンバーカード普及とキャッシュレス促進を目的とした国の事業で、2020年9月から開始されました。

Q2 マイナポイントのメリットとは?

「最大5,000円分のポイントがもらえる(ポイント還元率25%)」、「選んだキャッシュレスサービスによってはさらにポイントがもらえる」が挙げられます。

マイナポイントはデメリットを把握したうえで利用しよう

ここまでマイナポイントのメリット・デメリットを紹介してきました。マイナポイントのデメリットはいくつかありますが、それを踏まえても最大5,000円分のポイントがもらえるメリットの方が大きいです。

マイナポイントの利用を考えている方は、デメリットも確認したうえで利用することをおすすめします。

おすすめのクレジットカード

人気記事