コンタクトレス決済とは?QRコード決済やサインレス決済との違いまで徹底解説!

コンタクトレス決済とは?QRコード決済やサインレス決済との違いまで徹底解説!

コンタクトレス決済はクレジットカードやスマートフォンをかざして支払う決済方法です。スピーディーに支払いでき、支払いの手間も少ないため、利用者も増えてきています。

しかし、初めて使ってみるとなると、「実際どのようなものなのか」「他の支払い方法とどう違うのか」など気になるところも多いかもしれません。

そこで本記事では、コンタクトレス決済とは何か、QRコード決済(※)とどう違うのかなど詳しく解説します。コンタクトレス決済を理解して、もっと便利に日々の支払いをしていきましょう。

(※)QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

すぐ発行・すぐ使える、年会費無料 安心のナンバーレスカードすぐ発行・すぐ使える、年会費無料 安心のナンバーレスカード

コンタクトレス決済とは非接触決済のこと

コンタクトレス決済とは、クレジットカードやスマートフォンを専用端末にかざすだけで支払いができる非接触型のキャッシュレス決済のことです。

スピーディーに支払いが完了できるのが大きな魅力です。小銭を確認してお金を出して、お釣りを受け取るという一連の手間が必要なくなります。

コンタクトレス決済では、ポイント還元などのお得な特典・サービスも付くことがあるので、現金払いに比べるとお得にお買物が可能です。

コンタクトレス決済とQRコード決済の違いは3つ

コンタクトレス決済とQRコードを表示するQRコード決済は、どちらもキャッシュレス決済ですが、次の3つの点が異なります。

● 決済方法
● 本人確認や暗証番号の有無
● 個人間送金機能

違いをまとめると次の通りです。

決済手段 コンタクトレス決済 QRコード決済
決済方法 スマートフォンなどをかざして支払い QRコードを読み取って支払い
本人確認や暗証番号の有無 決済時にサインや暗証番号の入力が不要 顔認証、指紋認証、セキュリティロックなどがある
個人間送金機能 送金機能はなし 同じアプリ・サービスを利用している者同士で送金が可能


1つ目の違いは、決済方法です。コンタクトレス決済は、専用端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけで決済が完了しますが、QRコード決済はアプリを立ち上げて店員に読み取ってもらう、あるいは、自分で操作してカメラでQRコードを読み取る、という手順が発生します。

2つ目の違いは、決済時に本人確認や暗証番号といったセキュリティの有無です。QRコード決済はアプリを立ち上げる際に、顔認証や指紋認証、セキュリティロックといった本人確認や暗証番号を入力する場合があります。

一方で、クレジットカードや交通系ICカードの場合のコンタクトレス決済は、基本的に決済時にサインや暗証番号の入力が不要なため、クレジットカードを盗まれると、不正利用されてしまうリスクがあります。

3つ目の違いは個人間送金機能です。QRコード決済は、同じアプリ・サービスを利用している者同士でお金を送金することができますが、コンタクトレス決済のクレジットカードには、個人間で送金する機能はありません。

コンタクトレス決済の具体例

日本では、主に以下のキャッシュレス決済にコンタクトレス決済が可能な機能が搭載されています。

● 交通系ICカード
● QUICPay™
● nanaco
● iD
● クレジットカード

特に、有名なのがSuicaといった交通系ICカードで、電車やバスといった公共交通機関以外にコンビニや店舗など、さまざまな場所での決済に利用できます。

QUICPay™、nanaco、iDなどの電子マネーも専用端末にかざすだけで決済が完了します。

最近では、クレジットカードにもコンタクトレス決済に対応したカードが増えています。

クレジットカードのサインレス決済との違い

コンタクトレス決済と似た言葉として、サインレス決済があります。サインレス決済は、本人確認のためのサインをせずにカード決済が完了する支払いのことです。

スーパーやコンビニなど街中の多くの店舗でサインレス決済が可能となっています。クレジットカード会社と事前にサインレス決済の契約を結んでいる店舗で、サインレス決済が使えます。

コンタクトレス決済も、サイン不要で決済ができるためサインレス決済に該当します。2つの言葉の違いも理解しておきましょう。

コンタクトレス決済なら、クレジットカードを利用したスマホ決済がおすすめ

コンタクトレス決済なら、クレジットカードを利用したスマホ決済がおすすめ

コンタクトレス決済は、交通系ICカードや電子マネー、クレジットカードとさまざまな種類があります。そのなかでおすすめなのは、クレジットカードと紐づけた電子マネー決済です。

クレジットカード単体でもコンタクトレス決済は可能ですが、クレジットカードと紐づけしたスマートフォンでコンタクトレス決済も可能です。

クレジットカードの優待特典によっては、ポイント還元率がアップし、お金が不足した時には自動的にチャージされるように設定できるなど便利な機能があります。

スマホ決済やクレジットカードの組み合わせは、いくつもありますが、おすすめなのがスマホ決済はQUICPay™で、紐づけするクレジットカードはセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalです。

コンタクトレス決済ならセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、審査を終えてから最短5分で、スマートフォンアプリの「セゾンPortal」に発行されるデジタルカードです。

初年度の年会費は無料。2年目以降も条件(※1)を満たせば年会費が無料になり、カード番号や有効期限が印字されていない、ナンバーレスカードが後日郵送されます。

さらにアメリカンエキスプレスの優待特典「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用可能で、セゾンモールを経由してオンラインショッピングをすると永久不滅ポイントが、最大30倍になります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード DigitalはQUICPay™としてコンタクトレス決済が利用できます。

QUICPay™とはスーパーやコンビニエンスストア、レストランなど全国133万カ所以上で、かざすだけで決済が完了するスマホ決済です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード DigitalをQUICPay™として利用するごとに3%相当(※2)の永久不滅ポイントが還元されるため、1,000円(税込)の支払いごとに6ポイント(約30円相当)付与されます。

永久不滅ポイントは有効期限が定められていないポイントサービスで、人気のアイテムやギフト券と交換、クレジットカードのカード利用分の支払いに利用できます。

クレジットカードや交通系ICカードなどのコンタクトレス決済は、基本的には決済時に本人確認や暗証番号を必要としないため、カードを紛失・盗難されると不正利用されるリスクがあります。

デジタルカードやQUICPay™はスマートフォン上で管理できるため、仮にスマートフォンを紛失・盗難しても、パスワードを設定しておけば不正利用されるリスクを減らせます。

ただし、スマートフォン側で、アプリ起動せずに支払いができる設定にしている場合は、不正利用されるリスクがありますので、注意が必要です。

(※1)前年1円以上のカード利用があった場合になります。
(※2)1ポイント約5円相当のアイテムと交換した場合となります。

セゾンパールセゾンパール

コンタクトレス決済を活用してスピーディに支払いを済ませよう!

コンタクトレス決済は、カードやスマートフォンをかざすだけで、スピーディに支払いが済む決済方法です。

世界的に見ても普及している決済方法で、日本でも対応している店舗が増えて、認知度も高まっています。

コンタクトレス決済のメリットは、スピーディに支払いが完了することで、暗証番号やサインをする手間が省けます。

一方で、暗証番号やサインを必要としないため、クレジットカードを紛失・盗難されてしまうと不正利用を防ぐのが難しい決済方法です。

そのため、おすすめのコンタクトレス決済は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード DigitalでQUICPayを利用することです。QUICPayを利用して支払いをすると3%相当の永久不滅ポイントが還元される高還元なクレジットカードです。

おすすめのクレジットカード

人気記事