【クレジットカードのことならCredictionary】

20代の平均貯金額はどのくらい?今後必要になる費用や貯金方法も紹介

20代の平均貯金額はどのくらい?今後必要になる費用や貯金方法も紹介

20代なら平均でいくらぐらい貯金をしているものなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。結婚や住居の購入などを考えると、20代から少しずつ貯金をしておきたいところです。

そのためにも人生のライフイベントでどれくらい費用が掛かるのかを踏まえつつ、毎月どれくらい貯金すべきかを考えていきたいところです。

本記事では、20代の貯金額の目安や、ライフイベントで必要な費用を解説します。貯金・節約の方法も合わせて紹介しているので、ぜひ目を通してみてください。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン
セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

20代の平均年収

20代の貯金額を知る前に、まず20代ではどの程度収入があるのか紹介します。
国税庁が行った令和元年分民間給与実態統計調査結果によると、平均年収は20~24歳で264万円、25~29歳で369万円となっています。

男女別にみると、男性が20~24歳で278万円、25~29歳で403万円、女性が20~24歳で248万円、25~29歳で328万円です。

区分 平均年収
20~24歳 264万円
25~29歳 369万円

参考:国税庁 令和元年分民間給与実態統計調査結果(令和元年)

20代の平均貯金額は113万円!しかし…

続いて、20代の平均貯金額を見ていきましょう。

金融広報中央委員会が行った家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2元年)によると、20代の金融資産保有額(金融資産保有世帯での預貯金、金融商品などの保有額)の平均は113万円となっています。

20代の平均貯金額が113万円と聞くと多いと感じるかもしれません。

そこで、金融資産保有額ごとの割合(%)を確認します。

金融資産保有額 割合
金融資産非保有 43.2%
100万円未満 28.3%
100万円以上~200万円未満 8.8%
200万円以上~300万円未満 4.8%
300万円以上~400万円未満 3.6%
400万円以上~500万円未満 2.5%
500万円以上~700万円未満 2.9%

上記を見ると分かる通り、金融資産を保有していない方の割合が43.2%、100万円未満の割合が28.3%と、約7割の方は平均貯金額を下回る結果となっています。

平均値は、飛び抜けて大きい数値・小さい数値があると影響を受けやすくなり、実態を必ずしも反映した結果にならないことがあります。

そこで、貯金額が普通より多いのか少ないのかを知りたい時には、中央値が参考になります。中央値は、データを多い順に数値を並べた時に中央にくる数値を表しています。

20代の平均貯金額は113万円でしたが、中央値は8万円です。今回の場合も、平均値より中央値の方がしっくりくる結果になっていると言えるでしょう。

なお、表右側の割合の数字をすべて足し合わせても、100%にはなりませんが、これは「無回答」の層が3.4%いるためです。

参考:金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)

20代でも年収によって貯金額は異なる

次に年収別の貯金額を紹介します。下記は、金融広報中央委員会が令和2年に出した20代の年収別の貯金額の平均値と中央値となります。

年収 貯金額の平均値 貯金額の中央値
無収入 9万円 0円
~300万円未満 76万円 5万円
300万円以上~500万円未満 164万円 57万円
500万円以上~750万円未満 424万円 351万円

このように年収によって貯金額は大きく異なります。

20代の平均年収は20~24歳で264万円、25~29歳で369万円ですので、平均的な20代の貯金額は先程の113万円よりも低くなると考えられます。

なお、概ね年収が高くなるにつれて、平均も中央値も高くなる傾向が見て取れますが、750万円以上の年収の方のサンプルが非常に少なく、少数の方のデータを反映した結果となっているため、750万円以上1,000万円未満の方の貯金額が著しく少ない結果となっています。

参考:金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)

20代の毎月の貯金額の目安

ここからは貯金を考えている方のために毎月の貯金額の目安を紹介します。

毎月、貯金すべき金額としては、収入の約1~2割を目安にすると良いでしょう。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)」によると、20代の単身が手取りから貯金に回している割合の平均は16%となっています。

つまり、収入の約1~2割を貯金できれば、平均的なペースで貯金できます。

例えば、国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査」によると20代前半であれば平均給与は年間264万円ですが、この年収であれば年間25~50万円程度が貯金の目安となります。

20代が備えるべきライフイベント費用の目安

貯金の計画を立てる上で、今後のライフイベントでの出費は早い内に見積もっておきたいところです。

とくに大きな出費となるのが、結婚費用・出産費用・住宅購入費用などです。それぞれの費用を確認していきましょう。

結婚費用

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ」によれば、挙式、披露宴・ウエディングパーティの総額は平均で362.3万円となっています。

招待客1人あたりの挙式、披露宴・ウエディングパーティ費用は6.9万円、1人あたりの料理+飲み物費用の合計は19.3千円です。結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用としては469.2万円となっています。

参考:ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ

出産費用

公益社団法人 国民健康保険中央会「出産費用 平成28年度」によると、出産費用(入院料・室料差額・分娩料・検査・薬剤料・処置・その他の合計額)は平均で51万円です。

ただし、出産育児一時金の制度を利用した場合は一児につき42万円の給付金が受け取ることができ、負担額を軽減できます。(産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は39万円(平成27年1月1日以降の出産は40.4万円)となります。)

参考:公益社団法人 国民健康保険中央会「出産費用 平成28年度」

住宅購入費用

住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2020年度)」によると、住宅購入の所要資金はマンションで4,545万円、建売住宅で3,495万円となっています。中古で購入する場合には、中古マンションで2,971万円、中古戸建で2,480万円です。

ただしあくまで全国平均のため、実際には地域によって差があることは頭に入れておく必要があります。

参考:住宅金融支援機構 フラット35利用者調査(2020年度)

緊急予備資金

緊急予備資金は、災害に遭った、病気やけがで働けなくなったなどの緊急の事態に備えておくための予備資金です。結婚費用、出産費用、住宅購入費用などとは別に見積もっておく必要があります。

金額の目安としては、生活費の3ヵ月分~1年分です。1ヵ月の生活費が20万円なら60万円~240万円が目安となります。

20代が無理なく貯金・節約する方法

20代が無理なく貯金・節約する方法

ここからは、20代が無理なく貯金・節約する方法について紹介していきます。

貯金用口座・家計簿などを利用して貯金しやすい環境を整えた上で、固定費の見直しなど支出を抑えるところから始めていきましょう。

貯金用口座を作成する

生活のためのメインの銀行口座のほかに貯金用の銀行口座を作っておくと、貯金の管理がしやすくなります。

メインの口座に給与が振り込まれたら、すぐに貯金用口座にご自身が決めた貯金額を移動させることで、毎月確実に貯金を進めていくことができます。

「貯金をしようと思っても、どうしても使ってしまう」という方も、メインの口座と分けることで貯金すべき金額はむやみに引き出すことがなくなるでしょう。また貯金額が目に見えてわかることで、モチベーションアップも期待できます。

家計簿で支出を把握して調整する

家計簿をつけることで、支出を調整しやすくなります。

最近ではクレジットカードと連携できる家計簿アプリも増えています。家計簿をつけるのが手間に感じる方は、アプリを利用するのが便利です。

家計簿をつけることで、不要な出費が見えてきます。例えば、あまり乗っていないのに車の維持費がかかっているなら、カーシェアリングに切り替えることで大きく節約できます。家計簿をつけることで節約の具体的な方法が見つかるでしょう。

固定費の見直し

支出を減らすうえでとくに考えたいのが固定費の見直しです。

スマホや固定回線の通信費の見直し、無駄な保険・サブスクサービスの解約などは、すぐに取り組めて、効果の大きい節約です。また引っ越しのタイミングでは、家賃を抑えることも考えたいところです。

日々の生活のなかでは、光熱費の見直しも積み重なると大きな節約になります。電気代の節約については、電力会社を切り替える方法もあるので合わせて検討しましょう。

ATMの引き出し回数を減らす

ATMの引き出し回数を減らすことで、手持ちの現金でやりくりする意識に繋がります。ATM手数料自体も節約が可能です。

また、ATMから現金を引き出すタイミングを月ごとに決めておくと、支出管理がしやすくなります。

資産運用

貯金と合わせて資産運用についても検討してみると良いでしょう。資産運用を始めるなら、つみたてNISAやiDeCoなどの税制上の優遇が受けられる制度の利用がおすすめです。

つみたてNISAでは、毎年40万円、20年間で800万円まで非課税投資枠が設定されています。少額でスタートでき、投資も自動積立となるので手間がかかりません。元本割れのリスクがありますが、コツコツ長期投資を始めるならこちらを検討してみると良いでしょう。

iDeCoは定期預金、保険商品、投資信託などから商品を選んで自分で運用し、資産を形成する年金制度です。投資型を選ぶ場合は元本割れのリスクがありますが、こちらも税制上のメリットが大きいので、老後資金のために資産形成を考えているのであれば利用を検討しましょう。

20代から貯金や節約したい方はクレジットカードの利用がおすすめ

これから貯金や節約に力を入れようと考えているなら、現金の代わりに、クレジットカードを積極的に利用するのがおすすめです。

クレジットカードなら支払いのたびにポイントが貯まり、お得にお買物ができます。

また、日々のお買物、公共料金の支払いなどをすべてクレジットカードに集約すれば、利用明細から支出の一元管理が可能です。貯金や節約のための支出の見直しに役立つでしょう。

クレジットカードを発行するならセゾンのクレジットカードがおすすめです。お買物の度に有効期限なしの「永久不滅ポイント」が貯まり、スマホアプリ「セゾンPortal」から支払いを一目で確認できるのも魅力です。

ここからは、おすすめのセゾンのクレジットカード2券種をご紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

20代の方におすすめなのが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalです。初年度年会費無料、翌年度以降は1,100円(税込)で、前年に一度でもカードの利用がある場合は翌年度も年会費無料で持つことができるクレジットカードです。

審査完了から最短5分で公式スマートフォンアプリ「セゾンPortal」にカードが発行されます。ネットショッピングや電子マネー決済をすぐにしたいという方におすすめです。

後日届く国内初のナンバーレスカードは、カード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報が記載されていないため、カード番号を盗み見され不正利用されるといった心配を防ぐことができます。

また「QUICPay™」を利用するといつでも永久不滅ポイントが3%還元(1,000円(税込)ごとの利用で6ポイント(1ポイント約5円相当))され、貯まった永久不滅ポイントはAmazonギフト券などと交換できます(※)。

さらに、25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPay™にて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

20代はなにかと出費が多い時期です。日々の支払いをセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalにしてポイントをお得に貯めてみてはいかがでしょうか。

(※)SAISON MILE CLUBにご登録の場合は対象外

セゾンパールセゾンパール

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

永久不滅ポイント優遇で、お得にポイントが貯まるゴールドカードです。

国内利用で通常の1.5倍の1,000円(税込)につき1.5ポイント(約7.5円相当)、海外利用で2倍の1,000円(税込)につき2ポイント(約10円相当)の永久不滅ポイントが貯まります(※1)。

年会費は初年度無料、2年目以降11,000円(税込)です。

年会費4,400円(税込)で「SAISON MILE CLUB」への登録も可能です。SAISON MILE CLUBに登録すると、1,000円(税込)につき10マイル(JALのマイレージバンクのマイル)がたまります。各種の支払いでお得にマイルを獲得できます。

その他、ゴールドカードならではの手厚い旅行保険も魅力です。最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯します。さらに、カード会員の家族まで最高1,000万円まで補償されます。

セゾンの総合通販サイトである「STOREE SAISON」でのカード利用額が合計60万円(※2)になるまでは、いつでも5%OFF(上限30,000円)でショッピングをすることができたり、セゾンのふるさと納税の利用額が合計60万円(※3)までいつでも5%還元(上限30,000円)されたりといった優待も、見逃せません。

また、一休.comやExpediaといった約30の対象ショップで国内旅行の予約をする場合、合計60万円(※3)まではいつでも5%還元になるので、国内旅行に行く機会が多い方は、対象ショップでの予約がおすすめです。

国内旅行や海外旅行に行く機会が多い方であれば、11,000円(税込)という年会費以上の価値を感じることができるでしょう。

(※1)SAISON MILE CLUBにご登録の場合は対象外
(※2)合計金額の積算対象期間は毎年7/1~6/30です。
(※3)2021年は、ご利用額を2021年5月17日~2022年6月30日に積算します。以降、毎年7月1日~6月30日に積算します。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

20代の平均の貯金額、20代が備えるべきライフイベント費用などを解説しました。20代としての貯金額の目安や、今後必要になる費用を知っておけば、無理のない貯金の計画が立てられます。

まずは、固定費の見直しなど支出の削減をして、余裕があれば資産運用にも目を向けてみると良いでしょう。

どれくらい貯金するべきか迷ってしまった時には、収入の1~2割程度が目安となります。ぜひ将来を見据えて、20代からコツコツ貯金を始めていきましょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事