Credictionary

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで利用できる空港ラウンジを徹底解説

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで利用できる空港ラウンジを徹底解説

空港ラウンジ利用は、クレジットカードのなかでもグレードの高いカードに付帯するサービスです。フライト前は、手荷物検査や出国検査、天候不良による出発遅延など、待ち時間に悩まされることもあります。

そのようなとき空港ラウンジを利用できるカードを持っていると、無料のドリンクを飲みながら、Wi-Fi環境の整った場所でリラックスした時間を過ごすことができます。今回は、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードでどのような空港ラウンジを利用できるか解説します。

(注記:2020年8月現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、一部空港ラウンジでは臨時休業の処置が取られています。ご利用の際は、該当する空港の公式サイトを事前にご確認のほど、あらかじめご了承ください。)

空港ラウンジが利用できるセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードとは?

空港ラウンジが利用できるセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードとは?

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードでは、以下のカードで国内及び海外の対象となっている空港ラウンジを無料で利用することができます。

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

上記のように、空港ラウンジを無料で利用できるのは、ゴールドカード以上のクレジットカードです。つまり、空港ラウンジはある条件を満たした方が利用できる特別な待合室といえるでしょう。

●空港ラウンジのサービス内容

空港ラウンジは、特別な待合室だけあって、さまざまなサービスが用意されています。空港ラウンジを利用できると、以下のような有意義な時間が過ごせて、とても便利です。

・ゆったりとしたソファで、フリーのソフトドリンクを楽しめる
・無料Wi-Fiをご自身のパソコンやスマホに接続できる
・デスクでパソコン作業ができ、備え付けの電源で充電もできる
・無料で新聞や雑誌などを読むことができる

上記のようなサービスのほかにも、各空港ラウンジではさまざまな特色を出しています。例えば、焼酎で有名な鹿児島空港では、地元の焼酎を試飲することが可能です。地域ごとに異なるサービスを味わえる点は、空港ラウンジ利用の隠れた楽しみ方です。

なお、空港ラウンジはカード本会員が1名無料ですが、2名様以降は別途料金がかかるので、ご利用の際は各空港ラウンジの詳細を確認しましょう。

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで無料利用できる空港ラウンジ

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで無料利用できる空港ラウンジ

次に、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで無料利用できる空港ラウンジを紹介します。

地域 空港名
北海道・東北 新千歳空港、旭川空港、函館空港、青森空港、仙台国際空港、秋田空港
関東 成田国際空港、羽田空港
中部・北陸 中部国際空港、新潟空港、富山空港、小松空港、富士山静岡空港
近畿 関西国際空港、伊丹空港、神戸空港
中国・四国 米子鬼太郎空港、岡山空港、広島空港、出雲空港、山口宇部空港、徳島阿波おどり空港、高松空港、松山空港
九州・沖縄 福岡空港、北九州空港、長崎空港、熊本空港、大分空港、宮崎ブーゲンビリア空港、鹿児島空港、那覇空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ・ホノルル)

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードでは、北は北海道・新千歳空港から南は沖縄・那覇空港まで、国内の主要空港にある空港ラウンジを無料で利用可能です。国内のみならず、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)も利用できます。

また、空港ラウンジには大別して2種類のラウンジが存在します。セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードで利用できる空港ラウンジは、「カードラウンジ」です。JALやANA、海外のエアラインが提供する「航空会社ラウンジ」とは異なるため、注意してください。

さて、上記の空港ラウンジでは、実際どのようなサービスが受けられるのでしょうか。以下で、主要な空港についていくつかピックアップして紹介します。

●「羽田空港」おしゃれなカフェのような居心地の良さが魅力

東京の玄関口、羽田空港では、国内線5ヵ所、国際線2ヵ所の空港ラウンジを利用できます。手荷物検査前に利用できる空港ラウンジが多いなか、羽田空港は、手荷物検査後に利用できる空港ラウンジが国内線3ヵ所、国際線2ヵ所あることが特徴といえるでしょう。

おすすめは、国内線第1ターミナル2Fにある「POWER LOUNGE SOUTH」です。座席数は133席、おしゃれなカフェのような雰囲気で、搭乗前にゆったりとしたひとときを味わえます。0~3歳児は無料なため、小さなお子さんのいるご家族にも好評です。

●「関西国際空港」ソフトドリンクやお菓子とともにゆっくりできる

関西国際空港は、手荷物検査前のカードメンバーズラウンジ「比叡」、出国審査後の「六甲」、「金剛」、「アネックス六甲」の計4ヵ所のラウンジを利用できます。

各ラウンジとも、ソフトドリンクやお菓子とともに、待ち時間をゆっくり過ごせます。また、有料となりますが、アルコール類も販売しています。

●「ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ・ホノルル)」ライオンコーヒーでより快適な時間をすごせる

ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港では、出国審査後に「IASS ハワイラウンジ」を利用できます。保安検査場を抜けたあたりに、「Airline Lounges」の案内があるため、案内にしたがって1階へと向かうと、ラウンジに行くことが可能です。

ラウンジ内には、新聞・雑誌や無線LANのほか、ソフトドリンクが無料でサービスされます。時期により、ライオンコーヒーなどの地元の味も楽しめ、飛行機の搭乗時刻までの時間をくつろいで過ごすことが可能です。

世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスとは?

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは、プライオリティ・パスを無料、または優待価格で利用することができます。プライオリティ・パスとは、世界148ヵ国以上の国や地域、600以上の都市、1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるパスのことです。

特に、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスカード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、通常年会費が429米ドルのプレステージクラスを無料で登録でき、とても魅力的です。

また、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでも、プレステージクラスを年会費11,000円(税込)の優待価格で利用できるため、海外旅行や出張の多い方から人気を集めています。

1,300以上の空港ラウンジをすべてご紹介することはできませんが、魅力的な3つの空港ラウンジについて、詳細をご説明しましょう。

なお、プライオリティ・パス会員カードを発行する際には、事前にカード裏面のカードデスクで手続きを行ってください。セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、会員専用サイト「Netアンサー」からも申請可能です。

●「韓国・仁川国際空港」軽食はもちろん、ビールやワインも好きなだけ楽しめる

韓国・仁川国際空港はハブ空港として有名な空港です。韓国を訪れるだけでなく、ストップオーバーやトランジットで日本人が利用することも多いでしょう。無料の新聞や雑誌、インターネット、Wi-Fiが備わり、ラウンジにより有料でシャワーを使用できます。

第2ターミナルにあるMATINAでは、ビールやワインといったアルコール類を好きなだけ楽しめます。また国内の空港ラウンジと異なり、海外の空港ラウンジでは軽食が提供されるところが多いため、腹ごしらえをする場所として利用できるスポットです。

●「シンガポール・チャンギ国際空港」出発前やトランジット待ちで料理やお酒を堪能できる

シンガポールのチャンギ国際空港は、仁川国際空港と並び、世界各地を結ぶアジアのハブ空港として有名な空港です。

おすすめは第3ターミナルにある「SATSプレミアラウンジ」で、2018年にはプライオリティ・パスの年間最優秀ラウンジ賞で高評価奨励賞を受賞しました。冷暖房が完備された空間のなかで、軽食やソフトドリンク、テレビやシャワーなどのサービスを受けられます。

●「アメリカ・ロサンゼルス国際空港」ゆったりした空間でアメリカンテイストな料理も味わえる

アメリカのロサンゼルス国際空港は、西海岸の主要なゲートウェイであり、日本人にもなじみの深い国際空港です。ハリウッドやビバリーヒルズ観光地とも近く、観光で訪れる方も多いでしょう。

ロサンゼルス国際空港の空港ラウンジは、ソファやグループスペースでゆったりとした空間を堪能できます。また、ガストロパブバーガーなどアメリカンテイストな料理が提供されるラウンジもあるため、ご利用の際はぜひお立ち寄りください。

空港ラウンジを堪能したい方におすすめのセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

これまで解説してきたように、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードには、魅力的な空港ラウンジを利用できるクレジットカードが存在します。以下では、空港ラウンジを堪能したい方に2枚のセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを紹介します。

●セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費初年度無料、次年度以降11,000円(税込)で利用できるゴールドカードです。国内空港ラウンジとダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ・ホノルル)を無料で利用できるほか、プライオリティ・パスを優待価格で利用できます。

また、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯します。海外で病気や事故に遭った際には、緊急アシスタンスサービスにより、日本語で会話できる現地の医師の紹介や救急車・救急病院の手配が受けられ、もしもの際にも安心です(国内旅行傷害保険については、旅行代金をこのカードでお支払の場合などの利用条件があります)。

そのほか、永久不滅ポイントは国内で通常の1.5倍、海外で通常の2倍貯まるため、利用するほどにお得さが増します。国内・海外への旅行の多い方には、年会費以上の価値を発揮するクレジットカードです。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

●セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、「プラチナ」の名にふさわしいクレジットカードです。年会費として22,000円(税込)必要ですが、429米ドルのプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できます。海外の空港ラウンジをよく利用される方なら、享受できるメリットの方が大きいカードでしょう。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力は、空港ラウンジだけにとどまりません。ミシュランが認めるホテルにVIP待遇で宿泊可能なTablet Plus(年会費99米ドル)を永年無料で利用できるなど、特典は充実しています。

また、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険にくわえ、食事や宿泊先の手配をサポートするコンシェルジュサービスも利用可能です。この1枚があれば、旅先での時間をよりラグジュアリーな時間へと変えられるでしょう。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで利用できる空港ラウンジまとめ

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの3つのカードでは、国内外の空港でラウンジを利用することができます。空港ラウンジでは、ソファやグループスペースでリラックスできるほか、ソフトドリンクや無料Wi-Fiなどのサービスが利用でき、とても便利です。

また、国内の主要空港やハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港を無料で利用できます。無料・優待価格で利用できるプライオリティ・パスを活用すると、世界にある1,300ヵ所以上の空港ラウンジを使えるため、海外へのフライトが多い方におすすめです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、空港ラウンジ以外にも魅力的な特典が付帯しています。旅を豊かにするこれらのカードを、ぜひご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事