【クレジットカードのことならCredictionary】

海外旅行に必要な費用と地域別の相場を解説!旅行で得するクレジットカードも紹介

海外旅行に必要な費用と地域別の相場を解説!旅行で得するクレジットカードも紹介

海外旅行では、旅行自体にかかる費用のほかにパスポート代や海外旅行保険の保険料などの費用がかかることもあるため、予定していたより費用がかかってしまうことがあります。

予算の範囲内で計画通りに海外旅行をするためには、海外旅行に必要な費用の内訳や海外旅行先の相場を把握しておくことが大切です。

今回は、海外旅行に必要な費用やエリア別の相場を解説します。

また、海外旅行におすすめのクレジットカードもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

国内・海外旅行ならセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード国内・海外旅行ならセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

海外旅行に必要な費用の内訳

海外旅行では、航空券代やホテルの宿泊代、現地でのショッピング代など、さまざまな費用が必要です。

一般的に、海外旅行自体にかかる主な費用の内訳は以下のようになります。

● 航空券代(燃油サーチャージ含む)
● 旅客施設使用料(空港税)
● ホテルの宿泊代
● 現地での飲食代
● 交通費(タクシーや鉄道、バスなど)
● お買物代(ショッピングやおみやげ代など)

また、上記の費用のほか、パスポートを持っていない方はパスポート発行にかかる費用、ビザ(査証)が必要な地域に行く方はビザ取得費用、海外旅行保険に加入する方は保険料などの費用が必要です。

さらに、海外旅行に向けてスーツケースや衣類などを新たに購入したり、海外旅行先で現地のツアーに参加したりする場合は追加で費用がかかってしまいます。

そのため、海外旅行の予算を決める際は、一般的な相場より多少余裕を持った金額設定を行うようにしましょう。

海外旅行先の費用相場

海外旅行先の費用相場

ここでは、海外旅行の相場をエリア別にご紹介します。

現地での飲食代や交通費、お買物代などは人によって異なるため、ここでは航空券代と宿泊代のみを考慮しています。また、条件は成田空港発かつ3泊の宿泊を想定しています。

航空会社や宿泊先のグレードなどによって金額に幅ができてしまいますが、旅行計画を立てる際の目安にしてください。

アジア

韓国や台湾、シンガポールなど、日本人に人気の旅行先です。

相場は7万円〜20万円前後となっており、ツアーを利用すればさらに費用を抑えることも可能です。国や地域にもよりますが、物価は比較的安いため、予算を抑えながら楽しめる海外旅行先になっています。

ハワイ

日本人に人気の海外旅行先として常に上位にあるハワイの相場は、20万円〜35万円前後になります。

日本語に対応したお店が多く観光のしやすさという点では魅力ですが、物価は比較的高めになるため、旅行費用が高くなる傾向があります。

北アメリカ

アメリカやカナダがある北アメリカの相場は、20万円〜35万円前後です。

アメリカのラスベガスやカナダへの旅行費用は高くなる傾向にあります。北アメリカは、レジャーやアクティビティが豊富にあるので、多少費用がかかってもツアーに参加して旅行を満喫するのがおすすめです。

オセアニア

オーストラリアやニュージーランドがあり、とくにオーストラリアは日本と時差があまりなく、有名な観光地も多いことから人気の旅行先になっています。

相場は15万円〜30万円前後です。オセアニアエリアは比較的治安がよく、自然を活かしたレジャー体験ができる現地ツアーも多いので、予算に余裕があれば参加を検討してみてはいかがでしょうか。

ヨーロッパ

イタリアやフランス、スペインなどの多くの国があり、多くの日本人観光客が訪れるヨーロッパの相場は18万円〜35万円前後です。

ヨーロッパはスペインが比較的高めの旅行費用になる傾向があります。オプション付きのツアーも多数あるので、ツアーを検討するのもおすすめです。

南アメリカ

ブラジルやペルーなどが人気の南アメリカの相場は20万円〜35万円前後です。宿泊代は比較的リーズナブルですが、日本から距離が遠いため、航空券代が高くなってしまいます。

費用面と移動面、また安全面を考慮すると、現地のスタッフが観光名所を案内してくれる現地ツアーの利用もおすすめです。

アフリカ

アフリカ・中近東エリアはエジプトのピラミッドや南アフリカのクルーガー国立公園などの観光スポットが多数あり、人気の海外旅行先です。

相場は18万円〜50万円で、日本からの距離があるため航空券代は高めになります。宿泊先のグレードも幅が広く、快適な旅行をするのであればある程度の費用がかかると考えたほうがよいでしょう。

シーズン中は相場が高くなることに注意

海外旅行の相場は、出発する時期によって大きく変動することに注意しましょう。年末年始やゴールデンウイーク、お盆などの大型連休の時期は、一般的に通常の相場より高くなる傾向があるので、費用を抑えたい方は時期をずらして旅行計画を立てるのがおすすめです。

また、海外旅行先によってもシーズンが異なるため、行きたい国や地域が決まっているのであれば事前に現地の状況を調べておくとよいでしょう。

海外旅行で得するクレジットカード

海外旅行の際は、キャッシュレスで会計ができるクレジットカードの利用がおすすめです。

また、クレジットカードによっては海外旅行保険が付帯していたり、充実した旅行特典が付帯していたりするので、お得に海外旅行に行ける可能性があります。

例えば、セゾンカードを持っていれば海外旅行のパッケージツアーが最大8%OFFになる「tabiデスク」の優待割引が利用できますし、スタッフが日本語で対応してくれる「海外アシスタンスデスク」が利用できるため、安心して海外旅行を楽しめるでしょう。

ここでは、海外旅行保険が付帯するおすすめのセゾンカードを2枚ご紹介します。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、初年度の年会費が無料、2年目以降は3,300円(税込)で保有できるカードです。26歳になるまでは年会費が無料のため、とくに若年層におすすめです。

最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯(※1)するほか、国内、海外で割引などの優待が受けられる「アメリカンエキスプレス・コネクト」が利用できたり、空港での手荷物宅配サービスを優待価格で利用できたりと、海外旅行時に利用できる特典も豊富です。

また、普段使いのカードとしてもおすすめとなっており、毎月、月末の金土日はロフトでのお買物が5%OFF(※2)になる優待や対象の店舗・サービスの利用でキャッシュバックを受けられる「セゾンアメックス・キャッシュバック・キャンペーン」を利用できます。

(※1)航空券や宿泊費など、旅行費の支払いでカードを利用した場合に適用となります。
(※2)1回のお買い上げ金額が合計1,000円(税抜)以上のロフト店頭商品が対象で、Netアンサーログイン後に取得できるWEBクーポンを会計時にレジにて提示

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、充実した旅行特典が魅力のカードです。年会費は初年度が無料、2年目以降は11,000円(税込)です。

最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯(※)し、以下のようなゴールドカードならではの特典や優待が利用できます。

● 国内主要空港ラウンジの無料利用特典
● 海外の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の優待(通常年会費429米ドルが11,000円(税込))
● 年会費4,400円(税込)でJALのマイルがたまる「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に登録可能(※2)
● 空港での「手荷物宅配サービス」や「コートお預かり」を優待価格で利用可能

(※1)航空券や宿泊費など、旅行費の支払いでカードを利用した場合に適用となります。
(※2)永久不滅ポイントは2,000円(税込)につき1ポイント(約5円相当)貯まります。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

海外旅行に必要な費用のまとめ

海外旅行では航空券代や宿泊代、現地でかかる費用などの基本的な出費に加え、必要に応じてパスポート代やビザ取得代など、国内旅行ではかからない費用も必要になります。

そのため、海外旅行の予算を決める際は、一般的な相場より少し多めに考えておくとよいでしょう。

また、海外旅行の際は、海外旅行傷害保険や充実した旅行特典が付帯するクレジットカードを選ぶのがおすすめです。今回ご紹介したセゾンカードは、海外旅行におすすめのカードとなっているので、申し込みをご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事