【クレジットカードのことならCredictionary】

留学に必要な費用は?短期・長期・ワーキングホリデーごとに解説!

留学に必要な費用は?短期・長期・ワーキングホリデーごとに解説!

留学を検討している方にとって、費用がどれくらいかかるのかは大きな懸念点のひとつでしょう。

また、留学は長期にわたることが多いので、事前準備をしっかり行ったうえで渡航しなければなりません。

留学先での買物ではクレジットカードを利用することも多いので、海外で利用するのに適しているクレジットカードも用意しておきたいところです。

本記事では、留学の種類ごとのメリット・デメリットや留学にかかる費用などについて説明すると同時に、留学に持っていくのにおすすめのクレジットカードも、いくつか紹介します。

留学の種類は主に3パターン

留学の種類は主に、「短期留学」「長期留学」「ワーキングホリデー」の3つに分けることができます。

それぞれの期間や目的、メリット・デメリットについて、以下で説明します。

●短期留学

短期留学の期間および目的は、それぞれ概ね以下のとおりです。

期 間 数週間~1ヵ月程度
目 的 ● 語学習得
● 国の雰囲気や文化に触れる
● 長期留学の前のお試し

短期留学のメリットおよびデメリットについて、説明します。

短期留学のメリット
短期留学のメリットの1つは、国によってはビザ不要で入国可能ということです。

学生ビザやワーキングホリデービザは申請から取得まで時間がかかることが多いですが、短期留学であればそのような手続きなしで渡航が可能です。

また、期間が短い分、長期留学と比べると費用を抑えられるのもメリットなので、長期留学に向けての自信を付けることができます。

長期留学やワーキングホリデーの場合、期間が長いため学生でも大学や短大を休学しなければならない可能性が高くなりますが、短期留学であれば長期休暇を利用することで休学せずに留学できます。

短期留学のデメリット
留学の目的を言語の習得とする場合、短期留学の期間では十分な成果が得られない可能性があります。

ようやく留学先にも慣れてきたというタイミングでの帰国になることも多く、物足りなさがあるかもしれません。

また、航空券の費用は留学期間によって変わるわけではありません。

そのため、留学にかかる費用の中で航空券代が占める割合を考えると、短期留学の場合は割高になってしまうことが多いです。

●長期留学

長期留学の期間および目的は、それぞれおおむね以下のとおりです。

期 間 3ヵ月~
目 的 ● 語学習得
● 国の雰囲気や文化に触れる
● 現地の大学や大学院に進学

短期留学と長期留学の期間の違いに関しては、ビザが必要となる3ヵ月以上の留学を長期留学とするケースが多いです。

長期留学のメリットおよびデメリットについて、説明します。

長期留学のメリット
短期留学と比べると海外に滞在している期間が長い分だけ、語学力が上達しやすいというのは、長期留学の大きなメリットです。

また、短期だと語学の習得にしか時間が割けないことが多いですが、長期だとボランティアなどいろいろなことにチャレンジしやすくなります。

現地の生活をよりリアルに体感できるため、将来的に移住を検討している場合などにも、長期留学を経験しておくのはおすすめです。

長期留学のデメリット
渡航している期間が長い分、費用が高額になる傾向にあるのは、長期留学のデメリットです。

また、期間が長いことは必ずしも良い方向に作用するとは限らず、期間が長いゆえに慣れてマンネリ化してしまう可能性も考えられます。

大学の場合は休学や退学、社会人の場合は休職や退職が必須など、キャリアに与える影響がよくも悪くも大きいことに関しても、きちんと認識しておかなければなりません。

帰国後のキャリアをある程度想定したうえで、長期留学に行くという決断を下すことが重要です。

●ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの期間および目的は、それぞれおおむね以下のとおりです。

期 間 基本的に1年、国によっては最長2年
目 的 海外で働きながら語学習得や現地を満喫

ワーキングホリデーのメリットおよびデメリットについて、説明します。

ワーキングホリデーのメリット
ワーキングホリデーで渡航する場合、ワーキングホリデービザという専用のビザが発行されます(留学の場合は学生ビザか観光ビザ)。

学生ビザや観光ビザでは現地で働けません。

しかし、ワーキングホリデービザの場合は現地での就労が可能というのが、短期留学や長期留学にはないメリットです。

海外で現地の言葉を用いながら働くという経験は、見聞を広めるという観点でも異なる価値観に触れるという観点でも、貴重な経験になるでしょう。

短期留学や長期留学と比べると自由度が高いため、留学先での生活を自由に楽しみながら、語学の習得などが行えます。

ワーキングホリデーのデメリット
ワーキングホリデーは協定を結んでいる国同士でしか行うことができないため、世界中どこでも行けるというわけではありません。

2022年1月現在、日本と協定を結んでいる国は26ヵ国です。

また、たいていの国では「18歳以上30歳以下」という年齢制限が設けられています(若干の例外あり)。

自由度が高いゆえに、ワーキングホリデー中にどのようなことを学び経験したかも重要になります。

ワーキングホリデーに行く前後でとりたてて変化がない場合は、「海外で1年間自由に過ごしていたただけ」という印象を与えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう。

留学にかかる費用

短期留学、長期留学、ワーキングホリデーでは、主な目的や渡航している期間が異なるため、かかる費用もそれぞれ異なります。

短期留学、長期留学、ワーキングホリデーそれぞれにかかる費用について、以下で説明します。

●短期留学のおおよその費用

アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドに短期留学に行く場合のおおよその費用は、期間が1週間の場合と1ヵ月の場合でそれぞれおおむね以下のとおりです。

費用(1週間)
費用(1ヵ月)
アメリカ 30~40万円 60~120万円
カナダ 30~40万円 60~120万円
イギリス 30~50万円 70~130万円
オーストラリア 30~40万円 60~120万円
ニュージーランド 20~30万円 40~80万円

航空券の費用が固定費用として含まれるので、1週間→1ヵ月と期間が約4倍になるからと言って、費用も単純に約4倍になるわけではありません。

●長期留学のおおよその費用

同様に、長期留学のおおよその費用についても、以下に表でまとめます。

基本的に3ヵ月未満の短期留学とは異なり、長期留学の期間は人によりかなり異なりますが、後で説明するワーキングホリデーと比較しやすいように、期間は1年間とします。

費用(1年間)
アメリカ 400~500万円
カナダ 400~480万円
イギリス 400~500万円
オーストラリア 300~400万円
ニュージーランド 300~400万円

ワーキングホリデーのおおよその費用

ワーキングホリデーにかかる費用は、国ごとにおおむね以下のとおりです。

費用(1年間)
アメリカ 200~250万円
カナダ 200~280万円
イギリス 200~300万円
オーストラリア 100~200万円
ニュージーランド 100~200万円

渡航先で働くこともあり、長期留学と比べると比較的少ない費用で行くことが可能です。

留学前に準備するべきもの

留学に向けて準備するべきものはいろいろとありますが、主なものとして以下のようなものが挙げられます。

貴重品  ● パスポート
● ビザ
● 航空券
● 現金
● クレジットカード
● 入学許可証
● 海外旅行保険契約証
衣類 ● 下着
● パジャマや部屋着
● フォーマルな服
● サングラス
● 防寒着や水着(季節による)
生活用品 ● バス用品
● 歯ブラシ、歯磨き粉
● 化粧品
● 常備薬
● 日焼け止め
● ひげ剃り
電子機器 ● ノートパソコン
● 充電器
● 変換プラグ、変圧器
● 電子辞書
● 海外で使えるスマートフォン
その他あると便利なもの ● 爪切り
● 耳かき
● 日本のお土産
● 日本の食品
● 虫よけスプレー

家にあるものがあればそのまま持って行けますが、買わなければならないこともあります。

その際には、貴重品として挙げたクレジットカードを利用することで、クレジットカードのポイントが貯まります。

クレジットカードのポイントを効率的に貯めたい方は、留学前にクレジットカードを発行しておくと良いでしょう。

留学するならクレジットカードを持っておこう!

海外に留学する場合、現地での買物ではクレジットカードを利用する機会が多くなります。

クレジットカードがあれば現金を持ち歩く必要がなく、現金が必要な場合でもキャッシングを行えるので、非常に便利です。

また、クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯しているものもあります。

一般的に留学に行く場合は、その期間中掛け捨ての保険に加入する必要がありますが、クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯していれば、わざわざ保険に加入する必要もありません(保険の期間には注意が必要)。

海外留学では出費が負担になることも多いですが、クレジットカードで支払いを行うとポイントが貯まります。

先ほど触れたように、留学に必要なものを揃えるための買物をクレジットカードで行えば、ポイント還元分で多少なりとも出費を補えます。

留学におすすめのクレジットカード

留学におすすめのクレジットカードとして、セゾンが取り扱うセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)カードと、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)カードの特長を、以下で紹介します。

●セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、26歳未満であれば年会費無料で利用できるのが非常に大きな特長です。

26歳以上の方は初年度の年会費は無料で、翌年からは3,300円(税込)になります。

適用条件を満たすことで、海外旅行・国内旅行ともに最高3,000万円まで補償される旅行傷害保険も付帯しているので、留学時でも安心です。

海外ではポイント還元率が通常の2倍になるので、留学先での買物もポイントを効率よく貯められます。

さらに、「優待のあるお店」という優待を利用すれば、特定のお店で割引価格でお買物ができ、留学前の準備にも役立つかもしれません。

ほかにも、毎月月末の金・土・日には全国のロフトでのショッピングが5%オフになります。

アメリカン・エキスプレス・カード会員限定のキャンペーンや優待プログラムがまとめられた「アメリカン・エキスプレス・コネクト」や、コンサートやイベントなどの公演チケットを先行や割引で予約できる会員限定チケットサービス「e+」など、うれしい特典も多数付帯しています。

26歳未満の方で、海外留学時だけでなく普段の生活でも使いやすいクレジットカードをお探しの場合は、非常におすすめです。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

●セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は11,000円(税込)で、初年度は年会費無料です。

高い還元率が特長で、国内では通常の1.5倍、海外では通常の2倍の永久不滅ポイントが貯まります。

そのため、留学に必要なものを日本で買いそろえる際や、留学先で買物を行う際に本カードを利用すれば、永久不滅ポイントが貯めやすいです。

年会費4,400円(税込)で「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に加入すれば、永久不滅ポイントの代わりにショッピング1,000円(税込)につき、JALのマイルが10マイルたまります。

付帯する海外・国内の旅行傷害保険は、適用条件を満たすことで、どちらも最高5,000万円まで補償してくれるので、留学時の強い味方となります。

また、本カードを提示するだけで国内の主要空港のラウンジが無料で利用できます。

海外の空港でもラウンジを利用したい場合は、世界的なラウンジサービスである「プライオリティ・パス」の通常年会費429米ドルがかかるプレステージ会員に、優遇年会費の11,000円(税込)で登録可能です。

毎月月末の金・土・日のロフトでのショッピング5%オフや、アメリカン・エキスプレス・コネクトでの会員限定の優待、一休プレミアサービスの「プラチナステージ」を体験できる優待なども付帯しています。

国内でも海外でも便利に使えるカードを探している方や、カード利用でマイルを貯めたいと思っている方にもおすすめできるカードです。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

まとめ

留学の種類は「短期留学」、「長期留学」、「ワーキングホリデー」の3つに大きく分けられ、それぞれで特徴やメリット・デメリットなどが異なります。

そのため、留学に対する目的意識によって、どのような形で留学に行くかを決める必要があります。

必要な費用もそれぞれ異なるので、留学に行く場合は計画的にお金を貯めておくことが望ましいです。

留学に行く前にはさまざまなものを用意する必要がありますが、必需品のひとつであるクレジットカードを早めに用意しておけば、そのクレジットカードを利用してほかに必要なものを購入することで、ポイントを効率的に貯められます。

セゾンが取り扱うクレジットカードのなかには、海外旅行傷害保険が付帯していたり、海外で利用する際のポイント還元率が高めになっていたりするものがあります。

海外留学に持っていくクレジットカードを選ぶ際には、ぜひ検討してみてください。

おすすめのクレジットカード

人気記事