【クレジットカードのことならCredictionary】

国内・海外旅行にクレジットカードは必要?選び方やメリットを徹底解説!

国内・海外旅行にクレジットカードは必要?選び方やメリットを徹底解説!

国内・海外の旅行で気になるのが、現地での支払い方法です。盗難や紛失のリスクを考えると、現金をたくさん持ち歩きたくないと考えている方も多いのではないでしょうか。

現金の持ち歩きが不安な方は、クレジットカードを持ち歩いて、現金は最小限に留めておくのがおすすめです。また、クレジットカードのなかには、旅行保険や優待特典が充実しているものもあるので、こうしたカードを持っておくと旅行先で役立つ可能性があります。

本記事では、国内・海外旅行にクレジットカードを持っていくメリット、最適なカードの選び方、旅行におすすめのカードなどを紹介していきます。旅行の計画を立てている方や、近々旅行にいく予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

国内・海外旅行ならセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード国内・海外旅行ならセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

旅行に最適なクレジットカードの選び方

旅行に最適なクレジットカードの選び方

クレジットカードもいざ選ぶとなると種類が多く、旅行のためのカードとしてはどれが最適なのか悩んでしまう方も多いかもしれません。

旅行に最適なクレジットカードを選ぶ際には、いくつか確認しておきたいポイントがあります。旅行に最適なクレジットカードの選び方について見ていきましょう。

旅行先で使える国際ブランドを選ぶ

クレジットカードの国際ブランドには、VisaやMastercard、American Expressなどがあります。

国際ブランドとは、クレジットカードを世界中で利用するための決済システムを提供・整備する会社のことで、クレジットカードはカードに記載の国際ブランドに加盟している店舗でのみ利用できます。

国際ブランドの加盟店数は国や地域によって異なるため、特に海外旅行のためのクレジットカードを選ぶ際には、旅行先で利用しやすい国際ブランドのクレジットカードを選ぶようにしましょう。

国内・海外旅行傷害保険の有無と補償内容を確認する

クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯しているものと、付帯していないものがあります。

海外旅行を目的にクレジットカードを選ぶのであれば海外旅行傷害保険、国内旅行を目的にクレジットカードを選ぶのであれば、国内旅行傷害保険が付帯しているカードを選ぶようにしましょう。

また、旅行傷害保険の内容を確認することも大切です。クレジットカードによって旅行傷害保険の適用条件や補償内容は異なります。

例えば、補償内容に関しては、最高1,000万円程度の場合から最高1億円などさまざまです。

年会費を確認する

一般的に、クレジットカードは特典やサービスが充実するほど、年会費は高めに設定されている傾向があります。

旅行をする頻度は人によって異なるため、クレジットカードの機能と年会費のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

旅行をする機会が多いのであれば、年会費は多少かかっても空港ラウンジを利用できたり、旅行傷害保険が充実していたりするクレジットカードを選択するのが、おすすめです。

そのほか、旅行で使えるホテルやレストランの割引優待の内容もクレジットカードごとに異なります。ご自身のケースで使えそうな特典があるのかも、あわせて確認しておきましょう。

ポイントやマイルの還元率が高いか

交通費や旅行先での買物など、旅行をするとなると、どうしても出費は多くなってきます。出費が気になる方は、現金払いからクレジットカード払いへの切り替えを検討しましょう。ポイントやマイルが貯まるので、旅費の節約に貢献してくれるはずです。

例えば、セゾンの「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」や「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」であれば、ポイント優遇(※)で、国内で1.5倍(1,000円(税込)で1.5ポイント=約7.5円相当)、海外で2倍(1,000円(税込)で2ポイント=約10円相当)の永久不滅ポイントが貯まります。

さらに「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に入会すれば、利用金額に応じて自動的にJALのマイルがたまります。「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」であれば年会費4,400円(税込) 、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」であれば年会費無料でSAISON MILE CLUBへ登録が可能です。

クレジットカードを上手く活用すれば、旅行前の準備でも、旅行先の支払いでも効率的にポイントやマイルをためることができます。

(※)SAISON MILE CLUBに入会している場合は対象外となります。

旅行にクレジットカードを持っていく5つのメリット

クレジットカードにはさまざまな特典が付帯していたり、便利な機能が備わっていたりします。クレジットカードの特典や機能を活用すれば、旅行をより快適に楽しむことが可能です。

ここでは、旅行にクレジットカードを持っていく5つのメリットをご紹介します。

現金を持ち歩く必要がない

一般的に、海外は日本に比べて貴重品の盗難リスクが高いといわれているため、海外旅行中に多額の現金を持ち歩きたくないと考える方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードはキャッシュレスで支払いができるため、海外旅行中に多額の現金を持ち歩かなくてよいというメリットがあります。

万が一お財布を盗難されてしまった場合、クレジットカードであればカード会社に連絡を行い、カードを利用停止にできます。

さらに、クレジットカードには不正利用されたときに損害額の補償を受けられる保険が付帯しているため、被害を最小限に抑えることが可能です。

現金が必要になった場合キャッシングができる

クレジットカードはキャッシュレスで支払いができるものの、旅行中に現金が必要になることもあります。

そのようなときは、クレジットカードのキャッシング機能を利用して現金を借りることが可能です(利息がかかります)。

なおキャッシングは、国内はもちろん、海外でも利用できます。海外キャッシングは旅行先のATMやCD(現金自動支払機)で現地通貨が借りられるため、両替所にいく手間が必要なく、海外旅行ではとても便利な機能です。

ただし、海外キャッシングはクレジットカードのキャッシング枠を設定していなければ利用できないため、海外キャッシングを利用したい方は旅行前にキャッシング枠が設定されているかを確認しておきましょう。

また、海外では日本人にとってあまりなじみのないチップの文化がある地域も多いです。現金で支払う場合は、チップをどのタイミングでどのくらいの金額を支払えばよいのか悩んでしまうこともあります。

一方、クレジットカードの場合は通常のサービス料とチップの支払いを同時に行えるため、チップの支払い方法に悩むことが少なくなるメリットもあります。

国内・海外旅行傷害保険が付帯している

クレジットカードによっては、旅行傷害保険が付帯しているものがあります。旅行傷害保険があれば、旅行先でケガや病気があった際に治療費用などの補償が受けられます。

特に海外では日本の健康保険が適用されないため、ケガや病気になった場合は医療費が高額になる可能性があります。海外旅行傷害保険があれば、万が一のときも安心でき、海外旅行をより楽しむことができるでしょう。

クレジットカードの特典を利用できる

クレジットカードにはさまざまな特典やサービスが付帯しています。

旅行関係の特典やサービスが充実しているクレジットカードも多く、このようなカードを持っていれば旅行をよりお得に楽しむことができます。

クレジットカードによって、特典内容は異なりますが、以下のようなものがあります。

● ホテルやレストランの優待
● ショッピングのポイント優待
● 自宅から空港間の手荷物宅配サービス

一般的にクレジットカードのグレードが高くなるほど、旅行関係の特典やサービスが充実する傾向があるので覚えておきましょう。

また、ゴールドカード以上になると、国内の空港ラウンジを無料で利用できたり、一部のカードでは、世界1,300カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス(通常年会費429米ドル/プレステージ会員)」に優待価格で登録できたりするものもあります。

海外旅行先から日本語のサポートデスクが利用できる

クレジットカードを持っていれば、海外旅行の際にカード会社のサポートデスクを利用できます。

サポートデスクではトラブルの際の各種手配やアドバイスなどを日本語で対応してくれるため、海外旅行ではとても頼りになります。

カード会社によってサポートデスクの名称や対応可能な内容は異なります。

例えば、セゾンでは、親切なスタッフが日本語で対応してくれる海外アシスタンスデスク(世界40都市以上)が用意されており、以下のようなトラブルに対応してくれます。

● 事故・トラブル時の各種手配&アドバイス
● クレジットカード、パスポートなどの紛失・盗難時の手続きの案内
● 日本人医師、または日本語が話せる医師・医療施設の案内
● トラブル時の現地警察・保険会社などの各種案内

そのほか、海外アシスタンスデスクでは、海外旅行先の都市情報の案内やエンターテインメント情報の提供など、トラブル時以外のサービスも豊富にあります。

旅行でクレジットカードを利用する際の注意点

旅行で便利に使えるクレジットカードですが、いくつか事前に確認しておくべき注意点もあります。旅行でクレジットカードを利用する際の注意点を見ていきましょう。

サインをする前に明細を確認する

旅行でクレジットカードを利用する際は、サインをする前に必ず明細をしっかりと確認するようにしましょう。

とくに海外のレストランで会計する際は注意が必要です。

先に触れたように海外ではチップの文化があります。レストランによってはチップ欄と合計欄が空欄になっていることがあり、この場合はご自身でチップの金額と合計金額を記入する必要があります。

チップ欄と合計欄を空欄のままでサインしてしまうと、「レストラン側で好きに記入してよい」と認めたことになってしまうため、レストラン側が随意にチップの金額を記入して合計金額を請求されることになります。

カード会社の緊急の連絡先や会員番号をメモしておく

旅行にクレジットカードを持っていく場合は、旅行中にカードの紛失や盗難があってもすぐに対応できるように、カード会社の緊急連絡先や会員情報をメモしておきましょう。

クレジットカードの紛失や盗難があった場合は、対応が早ければ早いほど不正利用のリスクを抑えることができます。万が一、不正利用されてしまったときの被害を最小限にするためにも、事前の対策が重要です。

なお、国内であればネットから連絡先を検索して対応できますが、海外の場合は国ごとに番号が異なります。特に海外旅行に行く場合は、前もってメモをしておくことを忘れないようにしましょう。

出発前にカード利用枠やキャッシング枠、有効期限を確認しておく

旅行にクレジットカードを持っていっても使えなくては意味がありませんので、最低限として旅行前に「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「カードの有効期限」を確認しておきましょう。

とくに日ごろから利用しているクレジットカードを旅行に持っていく場合は、ショッピング枠に余裕がないケースも考えられるため注意が必要です。

旅行に行くならクレジットカードは複数持ちがおすすめ

旅行をする際は、異なる国際ブランドのクレジットカードを2,3枚持っておくと使い分けができて便利です。

例えば、Visaとアメリカン・エキスプレス(R)・カードを持っていれば、Visaが使えなくてもアメリカン・エキスプレス(R)・カードは使えるというケースがあるため、カード払いができる対象の店舗数が増えます。

キャッシングに関しても店舗と同様に、国際ブランドごとに利用できるATMやCD(キャッシュディスペンサー)が異なるため、利用できる幅が広がるでしょう。

また、複数枚のクレジットカードを持っていれば、1枚を紛失してしまっても予備のカードがあるため、カード払いが可能になります。

ただし、クレジットカードを複数枚持っていく場合は別々の場所にカードを保管するようにしましょう。

同じお財布やカードケースなどに入れてしまうと、紛失や盗難の際に複数枚のクレジットカードを同時に失ってしまうため、注意してください。

旅行におすすめのクレジットカード

旅行におすすめのクレジットカード

旅行を予定している方のなかには、これからクレジットカードの申し込みを検討している方や、2枚目、3枚目のカードを検討している方もいると思います。

セゾンが発行するクレジットカードなら、約40の有名ブランドの海外、国内パッケージツアーが最大8%OFFになるtabiデスクの優待が利用できて、お得に海外旅行を楽しめます。

また、スタッフが日本語で対応してくれる海外アシスタンスデスクも利用できるため、海外旅行中にトラブルが発生しても安心できるのではないでしょうか。

そのほか、クレジットカードによって異なる特典もありますので、その点を含めてカードを紹介していきます。

年会費無料のデジタルカード「SAISON CARD Digital」

セゾンカードデジタルは、申し込み審査完了後、最短5分でセゾン公式アプリ「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行されます。国際ブランドは、海外でも利用できる店舗が多いVisa、Mastercard(R)、JCB、American Expressから選択可能です。

後日郵送で届くプラスチックカードは、券面にカード番号の記載がないナンバーレスカードなので、カード番号の盗み見を防止できます。旅行用に使うクレジットカードとしてもセキュリティ性が高く、安心して利用できます。

プラスチックカードを使えば、通常のICチップ付きカードと同様に実店舗でのカード決済も可能です。

なお、プラスチックカードについては「タッチ決済」にも対応しています。コンビニなどのレジにあるリーダーにカードをかざして支払いが可能です。

選択できる全ての国際ブランド(Visa、Mastercard(R)、JCB、American Express)でタッチ決済が利用できます。普段のお買物でも、旅行先の支払いでも便利に支払いができます。

また、アプリ上の「着せかえ」ボタンから複数の券面デザインを選択可能で、気分に合わせていつでも好きなデザインに変更できる点も魅力です。

旅行傷害保険は付帯していないため、旅行に持っていく2枚目以降のカードとしておすすめになっています。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

QUICPay™(クイックペイ)の利用で還元率アップ「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」

こちらも申し込み審査完了後、最短5分で発行できるデジタルカードです。セゾン公式アプリ「セゾンPortal」上でカード番号を確認し、すぐにスマホのキャッシュレス決済、ネットショッピングなどで利用できます。

特典で注目なのは、QUICPayでの3%相当のポイント還元です。QUICPayの加盟店で「Apple Pay」「Google Pay™」「QUICPay」のいずれかでお買物すると、利用金額(税込)の3%相当が還元されます。普段のお買物でも、旅行先の支払いでも効率的にポイントが貯まります。

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」でも、カード券面にカード番号の記載のないナンバーレスカードが後日自宅に郵送で届きます。他人からのカード番号の盗み見を防止でき、旅行に使うクレジットカードとしても安心して使用できます。

年会費は初年度無料、2年目以降は1,100円(税込)で、前年に一度でもカード利用があれば無料になります。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

充実した旅行特典が付帯!「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのゴールドカードです。

ゴールドカードに恥じない充実した旅行特典が付帯しており、例えば、以下のようなものがあります。

● 海外ショッピングの利用で永久不滅ポイントが2倍
● 国内、海外で優待を受けられる「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用可能
● 国内の主要空港ラウンジが無料で利用可能
● 空港から自宅までスーツケースなどの手荷物を1個無料で宅配してくれる「手荷物宅配サービス」
● 空港でコートを預かってくれる「コートお預かりサービス」を割引価格で利用可能
● 最高5,000万円の国内、海外旅行傷害保険
● 年間最高200万円のショッピング安心保険

さらに、海外の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に優待価格(通常年会費429米ドルが11,000円)で登録ができたり、JALのマイルが自動でたまる「SAISON MILE CLUB(※)」に登録ができたりもします。

海外旅行に持っていくメインカードとして、おすすめの1枚になっています。

なお、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は11,000円(税込)ですが、初年度は無料になります。そのため、お試しとして利用してみることも可能です。

(※)年会費として4,400円(税込)必要です。永久不滅ポイントは通常の1,000円(税込)につき1ポイントから、2,000円(税込)につき1ポイントへ変更となります。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

上質な旅行を体験したい方におすすめ!「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」

ゴールドカードよりさらに充実した旅行特典を利用できるのが、年会費22,000円(税込)で持つことができるセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。

プラチナカードならではの上質な旅行特典が付帯しており、まさにプレミアムな海外旅行を体験できるでしょう。

一部ですが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの旅行特典をご紹介します。

● 海外ショッピングの利用で永久不滅ポイントが2倍
● 国内、海外で優待を受けられる「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用可能
● 国内の主要空港ラウンジが無料で利用可能
● 自宅から空港間の往路、復路で手荷物を1個無料で宅配してくれる「手荷物宅配サービス」
● 空港までのハイヤー送迎
● 国内、海外の最高級ホテルが優待価格で利用できたり、お部屋のアップグレードや朝食が無料になったりする「オントレ entrée」を利用可能
● 最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険
● 年間最高300万円のショッピング安心保険
● 「プライオリティ・パス」に年会費無料(通常年会費429米ドル)で登録可能
● 「SAISON MILE CLUB(※)」に無料で登録可能

また、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを持っていれば、プラチナ会員専用の「コンシェルジュ・サービス」を利用できます。

コンシェルジュ・サービスでは、24時間365日専用のコンシェルジュが、さまざまな要望に対応してくれます。

例えば、旅行の手配や渡航先情報の案内(レストラン、エンターテインメント、ショッピングなど)、ホテルの手配などを頼むことも可能です。

海外旅行はもちろん、帰国後もセゾンの一般カードやゴールドカードより充実したサービスが利用できるおすすめのカードになっています。

(※)永久不滅ポイントは2,000円(税込)につき1ポイントに変更となります。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

マイル還元率は業界最高水準の最大1.5%!「MileagePlusセゾンプラチナカード」

MileagePlusセゾンプラチナカードは年会費55,000円(税込)で、国際ブランドはVisaとアメリカン・エキスプレスから選択できます。

いつでもカードの利用額1,000円(税込)につき最大15マイルがたまり、2年目以降は毎年5,000マイルをサンクスマイルとして受け取ることが可能です。

獲得したマイルはユナイテッド航空をはじめ、ANAなどのスターアライアンス加盟航空会社の特典航空券に交換可能で、マイルには有効期限がないため、ご自身のペースでためられる点も魅力でしょう。

旅行傷害保険は国内、海外ともに最高1億円が付帯し、本会員の家族も最高1,000万円まで補償を受けることができます。

また、国内主要空港ラウンジを無料で利用できるほか、ユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッドクラブ」の利用パスを毎年2枚(118米ドル分)もらえたり、ユナイテッド航空運航便で優先的に機内へ搭乗できたりと、より快適に旅行を楽しめる特典も付帯しています。

プラチナカード会員専用の「コンシェルジュ・サービス」も利用できるため、渡航先の情報を知りたいときやホテルの予約をするときなども便利です。

とくにマイルを使って海外旅行を楽しみたい方やユナイテッド航空をよく利用する方におすすめのクレジットカードになっています。

MileagePlusセゾンカード新規ご入会キャンペーン実施中MileagePlusセゾンカード新規ご入会キャンペーン実施中

まとめ

旅行にクレジットカードを持っていくことで、多額の現金を持ち歩く必要がなくなったり、カード会社のサポートデスクを利用できたりとさまざまなメリットがあります。

旅行に持っていくクレジットカードを選ぶ際は、旅行先で利用しやすい国際ブランドを選ぶほか、旅行傷害保険の有無と補償内容も確認しておくとよいでしょう。

また、セゾンが発行するクレジットカードであれば、tabiデスクの優待や海外アシスタンスデスクが利用できます。

とくにセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードやMileagePlusセゾンプラチナカードは旅行特典も充実しており、旅行に持っていくカードとしておすすめとなっています。この機会にぜひ申し込みをご検討ください。

(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
(※)TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved.
(※)iPhone、Apple Watch、Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
(※)Google Pay 、Google Pay ロゴ、Google Play 、Google ロゴ、Android はGoogle LLC の商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事