Credictionary

JALのマイルのおすすめの使い道は?ため方も紹介します

JALのマイルのおすすめの使い道は?ため方も紹介します

JALカードやマイレージサービスに対応したクレジットカードを利用すると、JALのマイルがたまります。利用頻度が高いほどお得に活用できますが「どのように使えば良いか分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、JALのマイルを有効活用するためにおすすめの使い道を紹介します。JALのマイルが効率的にためられるクレジットカードもピックアップしています。クレジット決済でためたJALのマイルを活用することで、より充実した生活を満喫できるでしょう。

JALのマイルのおすすめの使い道

JALのマイルのおすすめの使い道

JALのマイルがたまったときには、国際線特典航空券・国内線特典航空券などに交換して活用できます。これまでためたJALのマイルを希望の手段で有効活用できるよう、お得な使い道を把握しておきましょう。おすすめの活用方法を3パターンに分けてご紹介します。

JAL国際線特典航空券への交換

JALでは、片道7,500マイルから国際線の航空券と交換が可能です。片道を例にあげると、以下のようなエリアへ移動できます。なお、価格は2020年2月28日時点の情報です。

7,500~マイル:ソウル・プサン
10,000~マイル:広州・上海・グアム
18,000~マイル:シドニー
20,000~マイル:メルボルン・ホノルル
22,500~マイル:ロンドン
25,000~マイル:ロサンゼルス・ニューヨーク

還元率の高さが魅力でもあるため、海外旅行が好きな方には特におすすめです。

提携航空会社特典航空券への交換

ワンワールド アライアンスに加盟する航空会社の航空券に交換するのも、おすすめの活用方法です。その他、JALの提携空港会社から、ご利用目的に応じて航空会社をお選びいただけます。以下、提携会社の一例です(2020年2月28日現在)。

・アメリカン航空(アメリカ)
・ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)
・キャセイパシフィック航空(香港)
・フィンエアー(フィンランド)
・イベリア航空(スペイン)
・カタール航空(カタール)
・S7航空(ロシア)
・ジェットスター・ジャパン(日本)

提携航空会社を利用することで、アジア・欧米・欧州・中東と世界中に移動できることがわかります。

JALグループ国内線特典航空券への交換

国内旅行を楽しみたい方は、JALグループの国内線にも利用できます。必要マイル数は、往復で12,000マイルから交換でき、片道利用の場合は6,000マイルから交換できます。普通席のほか、2,000マイル(片道)追加すれば普通席よりワンランク上のクラスJも対象です。以下の対象路線もチェックしておきましょう(2020年2月28日現在)。

・日本航空 (JAL)
・日本トランスオーシャン航空(JTA)
・日本エアコミューター(JAC)
・琉球エアーコミューター(RAC)

また、ジェットスター・ジャパンとのコードシェア便であればジェットスターの航空券にも交換可能です。国際線ほど還元率は高くないものの、国内旅行の移動費用を節約するためには有益な使い道といえるでしょう。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

そのほかにも利用できるJALのマイルの主な使い道

そのほかにも利用できるJALのマイルの主な使い道

JALのマイルの活用方法は、特典航空券への交換のみではありません。座席をアップグレードしたり、電子マネーWAONに交換したりといった使い道もあります。「飛行機に乗る機会が少ない」という方でも、適切に活用できるでしょう。航空券以外に利用できる、JALのマイルの使い方を5つ紹介します。

座席のアップグレード特典の利用

JALの国際線を利用する場合、JALのマイルとの交換で座席クラスのアップグレードが可能です。必要なマイル数は行き先やクラスにより異なりますが、9,000マイル~48,000マイルの範囲で定められています。アップグレードの内容は以下のとおりです。
※対象となる航空券には条件がございます。

・エコノミークラスからプレミアムエコノミークラス
・エコノミークラス・プレミアムエコノミークラスからビジネスクラス
・ビジネスクラスからファーストクラス

e JALポイントへの交換

「少しでもお得に旅行を楽しみたい」という方は、e JALポイントへの交換も有益な使い方といえます。JAL WEBサイトから航空券やツアーを申し込む際、eJALポイントをお金の代わりに利用する方法です。5,000マイル単位での交換が可能で、その場合は1ポイント=1円相当となっています。

特典航空券に交換するにはマイルが不足している場合でも、eJALポイントであれば5,000マイルから交換でき、有償航空券やツアー購入代金に充当できるためおすすめです。

電子マネー特典WAONへの交換

飛行機に乗って出かける機会が少ない方には、電子マネーとして活用できるWAONへの交換がおすすめです。3,000マイルから交換することができ、交換すると以下のような方法で電子マネーを受け取れる仕組みです。

・WAONステーション(全国のイオングループ店舗・国内の主要空港に設置)
・イオン銀行ATM
・Famiポート(全国のファミリーマートに設置)
・WAONチャージャーmini

パートナー特典の利用

「複数の選択肢から好みの交換特典を選びたい」という方には、パートナー特典の活用がおすすめです。JALのマイルの数や、条件に合った使い道を選べます。以下は2020年2月28日時点でのパートナー特典と交換率の一例となります。

・Suicaへの入金:10,000マイル(10,000円相当)
・Pontaポイントに交換:3,000マイル(1,500Pontaポイント~) ※交換マイル数により交換率が変わります。
・マツモトキヨシギフトカードに交換:10,000マイル(10,000円相当)
・Amazonギフト券に交換:10,000マイル(10,000円相当)
・スターバックスカードへのチャージ:10,000マイル(10,300円相当)

JMBワールドマーケットプレイスの利用

2019年7月、JALマイレージバンクのサービスを拡大する形で「JMBワールドマーケットプレイス」が開設されました。国内外のホテルやレンタカーの予約をはじめ、マイルをつかって世界各国の商品への交換も可能です。

550,000軒以上のホテル・30,000ロケーション以上のレンタカー・電化製品やキッズ用品など500種類以上の商品から選択ができ、おトクに活用できるでしょう。

JALのマイルをためるためのポイント

JALのマイルをためるためのポイント

JALのマイルがためられるカードを持ち始めて間もない方や「なかなかためられない」という方は、効率的にためるポイントをおさえておきましょう。飛行機の利用回数が多い方は、特にたまりやすいといえます。JALマイレージモールの利用も有益な方法です。実践しやすい3つのポイントを紹介します。

飛行機への搭乗

飛行機で移動する機会が多い方は、搭乗の際にためるのがおすすめです。航空会社によってはJALのマイルの対象外となる場合もあるため、予約する前の段階でチェックしておきましょう。JAL、ワンワールド アライアンスに加盟する航空会社の利用でもためられます。

また、JAL WEBサイトからキャンペーンなどのお得な情報をリサーチするのも良いでしょう。JALのマイルの還元率があがる時期に利用すると、通常よりも実質負担額が軽減できるかもしれません。

JALカードの利用

JALのマイルに対応したクレジットカードやJALカードを所有している方は、ショッピングや食事などの支払いに利用することで、通常200円で1マイルためることができます。

ホテル予約からネットショッピングまで、幅広く対応している点もJALのマイルの魅力です。

JALマイレージモールの利用

ネットショッピングで買物をする際には、オンラインショップのご利用でマイルがたまるJALマイレージモールを経由するのがおすすめです。「Amazon」、「ビックカメラ.com」、「LOHACO」といった人気サイトも利用できます。また、以下のJALカード特約店でJALカードを利用した場合には、ショッピングマイルを2倍ためることも可能です。

・ENEOS
・トヨタレンタカー
・大丸
・イオン

航空券やホテル予約といった目的に縛られないため、普段から利用できる使い道を探している方にも適した方法といえるでしょう。

JALのマイルをためるならおすすめのクレジットカード

JALのマイルをためやすいクレジットカードを探している方は、ぜひ「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をご検討ください。初年度の年会費は無料で、以降年間11,000円(税込)で使い続けられます。ファミリーカードの年会費は1枚1,100円(税込)です。

SAISON MILE CLUBに登録すると、1,000円のショッピングにつき10マイルがたまります。家族カードで決済した金額も対象となるため、利用金額が高いほどお得さを実感できるでしょう。JALのマイル以外にも以下のような特典が付きます。

・国内・海外旅行傷害保険
・海外Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス
・ハーツレンタカー優待
・会員限定チケットサービスe+

また、ワンランク上のサービスを利用したい方には「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」もおすすめです。ゴールドカードの特典に加え、以下のサービスも対象となります。

・国内外の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」:通常45,000円相当の年会費が無料
・コンシェルジュサービス:航空券の手配、国内外レストランの予約など電話1本で24時間365日対応

参考:『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
参考:『セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

まとめ

まとめ

これまでにたまったJALのマイルは、特典航空券をはじめ、さまざまな場面で利用が可能です。日本円に換算した際の価値も計算すると、高い価値をもった活用方法を見つけられるでしょう。

今後JALのマイルをためて有効活用したい方は、ぜひこの機会に「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をお申込みください。年会費4,400円(税込)のSAISON MILE CLUBに登録すると、航空券やホテルの予約、ネットショッピングでも自動的にJALのマイルがたまります。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードであれば、SAISON MILE CLUBの年会費も無料になります。クレジットカードの年会費も把握したうえで、ひとつでも多くメリットを実感できるような券種を選びましょう。

※JALの詳細や最新情報については、JAL WEBサイトをご確認ください。
JAL WEBサイトはこちらから

おすすめのクレジットカード

人気記事