Credictionary

クレジットカードなしでも海外旅行へ行ける?考えるべきデメリットは?

クレジットカードなしでも海外旅行へ行ける?考えるべきデメリットは?

クレジットカードは、VISAやMastercard、JCBやAmerican Expressなど国際ブランドと契約のある店舗であれば海外でも利用できます。キャッシュレスで便利な支払方法ですが、海外に持っていくのが不安な方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、クレジットカードなしで海外旅行へ行く際のリスクやデメリットを詳しく解説します。クレジットカードを作れない時の対処法もおさえておくと安心です。後半では、海外旅行におすすめのクレジットカードをご紹介します。現金よりもクレジットカードが安全で便利であることがより理解できるでしょう。

クレジットカードなしでも海外旅行へ行くことはできるのか

クレジットカードなしでも海外旅行へ行くことはできるのか

クレジットカードは旅行中に便利なアイテムですが、「クレジットカードなしでは海外旅行へ行けない」というわけではありません。通関可能な額の現金を持ち出して旅行することもできれば、銀行によっては海外のATMでも利用できます。

ただし、海外では身分証がわりにクレジットカードを求められることが旅行者に対して多くあります。特にホテルではクレジットカードを担保に宿泊を許可するケースもありますので、クレジットカードを持っていない方は宿泊できないこともあります。

海外では、現金よりもクレジットカードのほうが経済力の証しとして信用度を高く評価される傾向にあるといえるでしょう。

クレジットカードなしで海外旅行をするデメリット

クレジットカードなしで海外旅行をするデメリット

クレジットカードを持たずに海外旅行へ行く予定の方は、現地でのリスクやデメリットを理解しておかなければなりません。旅行先へ入国ができない可能性や、保険が適用されない点も把握しておきましょう。現金のみで海外旅行をする際のデメリットを6つご紹介します。

現金を多く持ち歩く必要がある
クレジットカードを持たない場合は、常に現金を持ち歩かなければなりません。現地通貨に両替する手間がかかるだけでなく、盗難・強盗に遭遇した場合のリスクもあります。

クレジットカードであれば盗まれたとしても、カード会社に連絡すれば利用停止できます。現金は日本円であってもすぐに両替されてしまいますが、クレジットカードからお金を盗み取るには特殊な技術が必要です。他人に不正利用される前に連絡すれば、現金が盗まれるより被害を最小限に抑えられるでしょう。

また、海外でのトラブルは手続きに時間がかかるうえ、言葉の壁もあります。他の国よりも裕福なイメージが強い日本人は狙われやすいので、海外旅行では現金よりもクレジットカードがおすすめです。

ホテルやレンタカーを利用できない
海外では、ほとんどのホテルでチェックイン時にクレジットカードの提示を求められます。クレジットカードがなければ、チェックインを断られるリスクがある点も把握しておきましょう。あらかじめ日本で予約を済ませていたとしても、クレジットカードは必要です。

クレジットカードなしで利用を認められた場合でも、保証金として宿泊費とは別にデポジットを請求されます。

レンタカーの利用なども、ホテルと同様にクレジットカードが必要です。故障や事故の責任が課されるため、クレジットカードを必要とする可能性はホテルよりも高いと考えたほうがよいでしょう。せっかく予約をしていても、利用できないことがあるので注意が必要です。

支払いに手間がかかる
国が違えば通貨も異なります。現金で支払う場合、その国の通貨に両替しておかなければ使えません。紙幣や硬貨の形も違えば、それぞれの数字が示す価値も日本円とは異なります。事前に知識をつけておかないと、すぐに利用できないでしょう。

クレジットカードであれば、その都度現地通貨のレートを計算しなくてもそのまま決済することができます。現金を使うことは計算するストレスが溜まるだけでなく、治安の悪い地域ではリスクも伴います。

「現地通貨に詳しくない」と認識されると、お釣りをごまかして差し出されるなどの可能性があるためです。人の多い店舗や焦りが出やすい方ほどリスクが高まるといえるでしょう。

キャッシングができない
現地でお金が足りなくなった際に、クレジットカードからカード会社に借りられるのがキャッシング機能です。クレジットカードを持っていれば、海外にいてもキャッシングができます。必要以上に現金を持ち歩く必要がないため、安全な手段です。

海外では日本と物価も異なるため「想像以上にお金を費やしてしまった」ということもあるでしょう。クレジットカードなしで出かけた場合は、キャッシングができません。現金が用意できなければ買物もできず、場合によっては所持金がなくなるというリスクもあります。

付帯保険がない
海外旅行に行く際は、万が一の事態に備えて「保険に加入したい」と考える方もいるでしょう。クレジットカードは、海外旅行保険が「自動付帯」しているものも多く、非常に便利です。また、旅行費用をそのクレジットカードで支払うことで補償が受けられる「利用付帯」のカードもあります。

クレジットカードなしでも保険を適用したい方は、クレジットカードとは別に保険会社と契約しなければなりません。特別な手続きが不要なクレジットカードの特典に対し、費用面での負担も増すことになります。

アメリカへの入国に必要
アメリカでは9.11(アメリカ同時多発テロ)以降入国審査が厳しくなり、ESTA(電子渡航認証システム)の申請が義務化されています。そのため、飛行機・船に乗る前の段階で申請・認証を完了しておかなければなりません。

ESTA申請の支払いは、クレジットカード払いしか認められていません。認証されないままアメリカに渡った場合は、入国を断られます。現地で所有しているかどうかではなく、準備の時点でクレジットカードが必要になることを認識しておきましょう。

参考:『米国渡航者のESTA申請

クレジットカードなしで海外旅行をするメリット

クレジットカードなしで海外旅行をするメリット

現金のみで海外へ出かけた場合、クレジットカードがないことによるメリットも少なからず存在します。紛失や不正利用といったリスクが避けられるためです。しかし、紛失や不正利用はクレジットカードを持っていたとしても、現地で回避できます。

ここからは、クレジットカードを持たないメリットと、持っていてもリスクを回避する方法を見ていきましょう。

クレジットカードの紛失リスクを防げる
クレジットカードをスマホケースに入れたりポケットに入れたりして持ち歩く方も少なくありません。しかし、クレジットカードだけを持ち歩くことは紛失の危険性があります。

海外で落とした場合は戻ってこない可能性も高く、日本で紛失するよりもリスクがあるといえるでしょう。クレジットカードの最大のリスクは、高額利用です。現金の持ち歩きでも紛失する可能性はありますが、そのとき持ち合わせていた金額だけの被害に抑えることができます。また、現金が盗まれるときは財布ごと盗まれることが多いので、日本で使用している財布をそのまま利用することは避けましょう。人によっては、免許証や保険証など大事な身分証明書までなくしてしまいます。

不正利用のリスクを防げる
クレジットカードの盗難や紛失でカードが他人の手に渡ると、意図しない場所・用途で不正に利用されるリスクがあります。クレジットカードを保有していなければ、他人に不正に利用されることもありません。

クレジットカードは各所有者に応じて利用額の制限を設けていますが、50万円・100万円・300万円と限度額が高くなればなるほど被害も大きくなりやすいといえます。

ただし、不正利用が怪しまれる場合は事前にカード会社から連絡が来たり、不正利用が認められた場合は損害を補償してくれたりします。ただし、暗証番号を利用した不正利用の場合は補償対象外になることが多いので、暗証番号を入力する際は手などで隠すようにしましょう。

クレジットカードを持つメリット

クレジットカードを持って海外へ行くと、現金では得られないメリットを数多く実感できるでしょう。カードのグレードやカード会社の規定によって異なりますが、代表的なメリットは以下のとおりです。

・ホテルなど各施設で身分証の代わりになる
・不正利用に気づいた時点ですぐに利用を停止できる
・カードの種類やカード会社によっては不正利用の返金が可能
・保険が自動付帯されているカードであれば、カードを所有するだけで保険適用
・ゴールドカード以上のランクでは空港ラウンジ利用が可能

紛失や盗難といったリスクはあるものの、カード会社の連絡先を控えておくと早急に対応できます。ゴールドカードやプラチナカードは空港ラウンジを無料で利用できる特典もあるため、飛行機の乗り継ぎや待ち時間もストレスなく過ごせるでしょう。

デビットカードやプリペイドカードを使うのはあり?

「クレジットカードの代わりにデビットカードを持って行きたい」という方もいるかもしれません。海外での利用自体は可能ですが、クレジットカードほどのメリットがない点を理解しておきましょう。プリペイドカードについても同様で、以下のようなデメリットがあります。

・店舗や地域によって利用できない可能性がある
・決済に対応していない時間帯がある
・残高が不足すると利用できない

特に注意したいのは、クレジットカードとは異なり口座残高やチャージ残高で支払っている点です。利用できる金額が少ないまま海外に出た場合、残高以上の支払いはできなくなります。クレジットカードとの併用であれば便利に活用できますが、デビットカードやプリペイドカードのみで海外旅行に行く選択はおすすめできません。

どうしてもクレジットカードを作れない場合の対処法

どうしてもクレジットカードを作れない場合の対処法

クレジットカードなしで海外旅行に行くことは、金銭面・安全面でのリスクが高まります。しかし、収入状況や時間の都合で「どうしてもクレジットカードが作れない」という方もいるでしょう。そのような場合は、デビットカードや家族カードの活用で対処できます。万が一の事態に備えて保険に加入することも大切です。

デビットカード・プリペイドカードを使う
クレジットカードを作れない方は、デビットカードやプリペイドカードを持って行くと良いでしょう。キャッシングができないなどの利用制限もあり、クレジットカードより使い勝手はよくないですが、現金のみで過ごすよりは安心です。

現地での支払いをデビットカードで済ませる場合は、口座残高は多めにして出かけましょう。クレジットカードと同じく不正利用のリスクがあるため、紛失・盗難の直後に対応できるよう連絡先を控えておくことも大切です。

プリペイドカードは、あらかじめチャージした金額内でしか支払いができません。口座ではなくカードに入っている金額が利用対象となるため、可能であればデビットカードとの併用がおすすめです。それぞれリスクを把握したうえで使い分けましょう。

家族カードを使う
家族にクレジットカード所有者がいる場合は、家族カード(ファミリーカード)を発行してもらうのもひとつの方法です。クレジットカードを申し込む際には審査が必要ですが、家族カードであれば基本条件以外は問われません。

所有者がグレードの高いクレジットカードを持っている場合、同等の特典を受けられる場合もあります。支払いの内訳は所有者に通知されるケースがほとんどであるため、使いすぎや払い忘れの防止にも効果的です。

保険会社の海外旅行傷害保険に加入する
クレジットカードの多くは、海外旅行時に適用される傷害保険を提供しています。クレジットカードなしで旅行する場合は、別途保険会社と契約して海外旅行傷害保険に加入したほうが良いでしょう。

日本とは環境が異なる海外では、事故やトラブルなど万が一の事態を想定することも大切です。何事もなく終えられると安心ですが、被害に遭う可能性がゼロではない点を理解しておきましょう。

海外旅行におすすめのクレジットカード

海外旅行におすすめのクレジットカード

海外旅行に備えてクレジットカードを申し込みたい方は、旅行中もサービスを活用できるような券種を選ぶのがおすすめです。ここからはセゾンカードが展開するクレジットカードの中から、海外旅行で利用しやすい2種類をご紹介します。自分に合ったカードを選んで有意義な海外旅行を実現しましょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
カードの年会費を抑えたい方には「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめです。初年度の年会費は無料、以降年間3,300円(税込)で利用できます。25歳以下の方は年会費が無料になる「U25応援キャンペーン」を実施中なので、若い方には特に魅力的といえるでしょう。

海外旅行に関する特典には以下のようなサービスがあります。
・海外・国内旅行傷害保険:最高3,000万円の補償
・海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス:会員限定料金で利用可能
・手荷物無料宅配サービス:手荷物1個を無料配送

高校生を除く18歳以上であれば申し込み条件を満たすため、学生でも申し込みしやすいカードです。初めてのクレジットカードにうってつけの1枚です。

参考:『セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
サービスを充実させて満足感を高めたい方に適しているのが「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。学生・未成年を除いて収入が安定している方であれば申し込み可能です。年会費は11,000円(税込)、初年度は無料です。さらに、さまざまなトラベルサービスを付帯しています。以下は、その一部です。

・海外・国内旅行傷害保険:最高5,000万円の補償
・海外用Wi-Fi・携帯電話サービス:会員限定料金で利用可能
・ハーツレンタカー優待:5%~20%オフを適用
・ショッピング安心保険:カードで購入したあとの破損・盗難を補償
・空港ラウンジサービス:国内外の対象ラウンジが無料で利用可能

移動から現地まで役立つサービスのほか、レンタカーの優待が受けられる点も特徴です。海外旅行に行く機会が多い方はぜひご活用ください。

参考:『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

まとめ

まとめ

日本では、クレジットカードなしでも不便に感じない方もいるかもしれません。しかし、海外旅行では複数のリスクを伴います。ホテルやレンタカーの利用で提示を求められたり、現金よりも紛失リスクが高かったりします。どうしても発行できない場合を除いては、事前に申し込んだほうが安心です。

セゾンカードは、海外で便利な「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をはじめ日常的にお得なカードや法人向けなど自分のニーズに合ったカードを選ぶことができます。海外旅行が好きな方は、ぜひこの機会にお申し込みください。

おすすめのクレジットカード

人気記事