【クレジットカードのことならCredictionary】

個人事業主がクレジットカードで経費を支払うメリットと注意点を解説

個人事業主がクレジットカードで経費を支払うメリットと注意点を解説

個人事業主のなかには、経費の支払いを現金で行う方やプライベート用のクレジットカードと一緒にしている方もいると思います。

しかし、経費の支払いは事業用クレジットカードを利用することで、経費管理が楽になったり、経理業務の効率化ができたりと、多くのメリットを得られる可能性があります。

今回は、個人事業主が事業用クレジットカードで経費を支払うメリットと注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主がクレジットカードで経費を支払う6つのメリット

個人事業主であれ、事業を行う際は備品の購入や車のガソリン代など、経費としてかかるお金は発生します。このような経費は、事業用クレジットカードを使って支払うことで、さまざまなメリットを得られます。

また、事業用クレジットカードは年会費を必要とするケースが多いですが、事業用クレジットカードであれば、年会費を経費として計上することができるため、節税の効果も期待できます。

ここでは、個人事業主が事業用クレジットカードで経費を支払う主なメリットを6つ紹介します。

①経費の管理が楽になる

事業用クレジットカードで経費を支払えば、経費の管理が楽になるメリットがあります。経費としての毎月の支出はカードの利用明細で確認できるため、何にお金を使ったのか一目で確認することが可能です。

また、クレジットカードはインターネットで利用明細をダウンロード、プリントアウトすることができますので、領収書やレシートのように保管しておく手間が必要ありませんし、利用明細は確定申告の際に経費の証明としても使うこともできます。

さらに、クレジットカードと連携できる会計ソフトも多数あり、連携すれば会計処理が自動化されるため、業務の効率化にもつながります。

②事業用とプラベート用を区別できる

事業用クレジットカードを利用することで、事業とプライベートを区別することができます。

事業で利用する備品などの購入に個人向けクレジットカードを使った場合は、あとからプライベートで利用したのか、事業の経費として利用したのかの確認が必要になります。

しかし、事業用クレジットカードを使えば、あとから仕分けの必要もなく、すぐに事業の経費として利用したことが確認できます。

③キャッシュフローに余裕が生まれる

一般的にクレジットカードは、決済してからカードの支払いとなるまで1ヶ月から2ヶ月の期間があります。そのため、現金資産の流れであるキャッシュフローに余裕が生まれます。

また、リボ払いが利用できるクレジットカードであれば、支払いを分散できるため、毎月の支払いをある程度一定にすることも可能です。事業用クレジットカードは、リボ払いなどの支払方法が選択できないものもありますが、セゾン発行の事業用クレジットカード(ビジネスカード)であれば、リボ払いをご利用いただけます。

④急な出費にも対応できる

クレジットカードを持っていれば、手持ちの現金がなくても、カードでの支払い、あるいはキャッシングしてお金を借りることが可能ですので、急な出費があっても対応できる可能性があります。

また、予期せぬトラブルなどで現金が不足した場合でも、クレジットカードは実際の支払いが1ヶ月や2ヶ月後となるため、急いで現金を用意しなければならないという不安を軽減できます。

⑤ポイントやマイルをためられ、経費削減につながる

事業用クレジットカードは、個人向けクレジットカードと同様にカードの利用金額に応じてポイントが付与されます。ポイントは、景品や他社のポイントプログラムへの移行などができるほか、カードの利用料金に充てることができるものもあるため、経費の削減につながります。

例えば、セゾン発行のクレジットカードは、カードの利用で貯まる永久不滅ポイントをカード利用金額の支払いに使うことができます。

また、クレジットカードの種類によっては、ポイントのほかにマイルをためられるものもありますので、出張などで航空機を利用する方は、このようなカードを選ぶのもよいでしょう。

⑥クレジットカードに付帯する特典を利用できる

個人向けクレジットカード同様に、事業用クレジットカードにもさまざまな特典が付帯しており、ビジネスシーンで利用できるサービスの割引など、事業用クレジットカードならではの優待特典が利用できるものが多いです。

事業用クレジットカードに付帯する特典を有効的に利用すれば、コストの削減につながることも多くありますので、カードに付帯する特典内容も確認しておくとよいでしょう。

個人事業主が事業用クレジットカードを使う際の注意点

個人事業主が事業用クレジットカードを使う際の注意点

個人事業主は、経費の支払いに事業用クレジットカードを使うことでさまざまなメリットを得られます。しかし、事業用クレジットカードを持つ場合の注意点もありますので、覚えておきましょう。

個人向けと事業用でカードのポイントが分散される

個人向けクレジットカードと事業用クレジットカードを使い分ける場合、それぞれにポイントが貯まるため、ポイントが分散されてしまうことに注意が必要です。

また、クレジットカードのポイントに有効期限がある場合は、カードごとにポイントの管理を行う必要があることを覚えておきましょう。

セゾン発行のクレジットカードであれば、ポイントの有効期限がない永久不滅ポイントが貯まりますので、ポイントが失効してしまうこともなく、有効期限を気にする必要もありません。

年会費が必要となる場合が多い

一般的に事業用クレジットカードは、年会費を必要とするものが多いです。そのため、年会費が有料の個人向けクレジットカードを利用している場合は、年会費が2枚分必要になります。

ただし、事業用クレジットカードの年会費に関しては、個人向けクレジットカードとは違い、経費として処理することが可能です。

白色申告と青色申告の記帳方法が違う

事業用クレジットカードで経費を支払った場合、白色申告と青色申告10万円控除の記帳方法と青色申告55万円控除(電子申告で65万円控除)の記帳方法が異なりますので、覚えておきましょう。

・白色申告と青色申告10万円控除:単式簿記
・青色申告55万円控除(電子申告で65万円控除):複式簿記

単式簿記は、取引をひとつの科目に絞って記載するため、複式簿記より単純な記帳になります。

一方、節税効果が高い青色申告55万円控除(電子申告で65万円控除)については、取引を複数の科目で記載するため、やや複雑な記帳になるほか、クレジットカードの引き落とし口座が個人用か事業用かによっても記帳方法が異なりますので、間違いがないように注意しましょう。

記帳する際に覚えておきたい点
一般的にクレジットカードで支払いを行った場合は、利用明細書が支払い履歴として扱われることが多く、領収書が発行されないこともあります。とくに、インターネットを利用して商品を購入する場合は、領収書の入手が難しくなります。

そのため、クレジットカードで経費を支払ったときは、領収書の代わりとしてWEBで利用明細書をダウンロードし、紙に出力して保管しておくようにしましょう。

また、経費の支払いにクレジットカードを使ったときの手数料、ポイントやマイルを利用したときの仕訳に関しては、一般的に下記のようになります。

・リボ払いや分割払いの手数料は「支払手数料」で処理
・商品券やキャッシュバックは「雑収入」

クレジットカードで支払いをした場合は、仕訳の手間がかかってしまうこともありますが、会計ソフトとクレジットカードを連携すれば、自動で仕訳ができるケースも珍しくありませんので、仕訳に不慣れな方は会計ソフトの利用がおすすめです。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主におすすめのクレジットカード

事業用クレジットカードは、経費の支払いに利用することで得られるメリットが多いですが、カードによっては作成の際に申告書や各種届け出書類の提出を必要とするケースがあります。そのため、開業間もない個人事業主にとっては、作成が難しいこともあります。

しかし、セゾンが発行する事業用クレジットカード(ビジネスカード)には、決算書や登記簿謄本を必要とせず、本人確認書類のみで申し込みができるカードがあります。

ここでは、本人確認書類のみで申し込みが可能な「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」を紹介しますので、ご検討してみてはいかがでしょうか。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費無料で保有できるビジネスカードです。

経理業務の効率化に役立つ小規模事業者向けのクラウドサービス「かんたんクラウド」を3ヵ月無料で利用できる優待特典が付帯していますので、お得に会計ソフトを利用することができます。

また、永久不滅ポイントを使ってカードの支払いができるため、コストの削減につながりますし、ニーズに合わせた限度額の設定に対応してくれるため、事業規模にマッチした限度額の設定が可能になっています。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンとクラウド会計ソフトfreeeを提供するfreee株式会社が提携して発行する事業特化のクレジットカードです。

会計ソフトfreeeの優待特典を利用できるほか、freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと会計ソフトfreeeを連携させることで、事業の状況に応じて与信判断がされるため、事業の成長に合わせた最適な限度額を設定することができます。

また、コンシェルジュサービスや世界中の空港VIPラウンドを利用できる「プライオリティ・パス」に年会費無料(通常429米ドル)で登録できるなど、プラチナカードならではの充実した特典も付帯しています。

本会員の年会費は22,000円(税込)となりますが、年間200万円以上のショッピングの利用で年会費が11,000円(税込)になる優遇特典もあるおすすめのカードになっています。

個人事業主が事業用クレジットカードで経費を支払うメリットと注意点のまとめ

個人事業主は、事業用クレジットカードで経費の支払いを行えば、経理業務の効率化や経費の削減につながる可能性が高いです。事業用クレジットカードは年会費を必要とするカードが多いですが、年会費は経費として計上できます。

ただし、事業用クレジットカードは、申し込みに決算書や登記簿謄本が必要になることもあるため、設立間もない個人事業主の場合は、申し込みが難しくなることもあります。

セゾン発行の事業用クレジットカード(ビジネスカード)であれば、本人確認書類のみで申し込みができるものもあり、会計ソフトの優待特典も付帯しています。事業用クレジットカードの申し込みを考えている個人事業主の方は、ご検討してみてはいかがでしょうか。

監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

竹下FP事務所代表、㈱メディエス代表取締役、TAC専任講師。兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ。立教大学卒業後、池田泉州銀行、日本GE、タマホームなどを経て現職。タマホームFPとして600件超のFP相談実績あり。サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています。得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください。

【保有資格】
CFP、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、住宅ローンアドバイザー

おすすめのクレジットカード

人気記事